2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

強行軍…

青年部のささやきに手を入れる間もないくらいに書類に埋もれ書類を作りのカオスの中で、6月24日金曜日「宣伝カー」( …街宣車と呼ばないで )の運転手を拝命。 御覧の通りに机の上はヒッチャカメッチャカ…それでも一路恵比寿駅へ

ご当地に着くと渋谷支部の書記局&役員さんのお出迎え…「ここに停めて」の誘導なんだけど\(;゚∇゚)/ 渋谷支部の駅宣には総勢95人が参加…もの凄ェキボでした。

110622_144128リハーサルから会場準備と、ナントカこなした拡大執行委員…いょいょサマキャンの準備に、と思いきや今月は中執当番だ∑(゚∇゚|||)

担当書記のたな、青年部とは名ばかりの齢シジューそこで信じられない事件が勃発モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! 不惑のたな、奥歯が2本折れました別段、タ○ンチュに折檻をサレタわけでもS次長のドロップキックを受けた訳でもないのだけれどニューカマー登場!天敵の名は「歯ぎしり」です  たな

‘大きな視点’と‘青年部でできること’・・・震災支援

いきなりですが・・・6月と11月に開催する‘拡大’執行委員会は、夜の会議だけでは、出席もままならないので、各支部の四役、担当書記の皆さんにも出席いただく大切な会議です。

午前中に橋本さんの講演を入れたことで、午後の基調報告で‘お目通しください’が多かったとの様子は、感想文や中野のブログで読みました。当日のシミュレーションを含めて、タイムスケジュールの確認等は、率直に反省しています。すいませんでした。

もうひとつ、棚澤さんとしっかり打ち合わせをしておけばよかったな、と思うのは、今回の拡大執行委員会が、3月11日に発生した東日本大震災後の大きな会議であったことです。

現在の情勢(政治情勢や仲間の仕事やくらしをめぐっても・・・)が良くも悪くもこの大震災の復興を中心に動いている‘大きな視点’と私たち自身が、組合で、青年部で、また、個人で‘自分たちがやってきたこと’、‘これから必要なこと’を確認しあう場でもあるべきでした。

この間の組合(全建総連や東京土建)の取り組みは、知っているはず、ではなく、あらためて会議参加者に資料としても配布しながら、確認し、さらには、地震発生後から街頭に立って募金活動をおこなってきた支部青年部の報告やその際の感想、また、ボランティア活動に参加した仲間の報告などがあってもよかったと思います。

※東京土建の活動については、‘けんせつ’やこのホームページのPDF。全建総連の活動の様子は、支援対策本部ニュース(PDF)でも見ることができます。プリントアウトの上、支部の部会などでも資料として使ってね。

その上で、西多摩支部青年部が8月におこなう、岩手県大船渡市での子ども工作教室は、機動力のある青年部、技術・技能をもった建設の仲間だから‘できる’これからの取り組みとして参考にしながら、全都のみんなでも協力しよう、とか、自分たちの支部でも‘何ができるのか’の議論につなげることが大切ですね。

次の本部執行委員会は8月25日。これは夜間の会議なので、やっぱり9月の活動者会議でしっかり話し合うことができるようにしたいです。

青年部活動推進小委員の皆さんの経験とお知恵も拝借します。よろしくです。民ぞう

2011年6月28日 (火)

青年部 『東日本大震災支援募金』

拡大執行委員会当日(6月26日・日曜日)、会場受付にブサイクな募金箱を設置した。

建設産業に従事する青年の年収の低さは…社会的な問題として、もっと大きく取り扱って欲しいくらいに深刻だ。青年部長のチャン奈良くんは四役会議のたびに「ボクの月収って青年部の仲間にも分からないでしょうね」…チャン奈良の悩みは「青年部で頑張るほど、会議に出続けるほど、ヤレばヤルほど“ゆとり”があるように見えてるんですね」である。

拡大執行委に向けた21日の四役会議に、若者だけが持つ正義感の本質を見た。

110626_113244 「金額の大小じゃないッスよ俺たち貧乏でも東北で困ってる人がいるんですよ。イイじゃないッスか。募金箱置いて、俺たち青年部だけで被災地ボランティア行きましょうヨ例え1時間でも死ぬ気で働きますから。」

日ごろ、チャラいチャラいと言われるペーテツの演説だ。「俺とたなさんは絶対行くからミンナはどーよ」…え?俺も?!と巧みにオッサンを巻き込むペーテツの手口に開いた口がフサガラなかったが、打てば響く四役に、知らず胸を打たれてしまった(ノ_≦。)

そこまで言うなら、と胸に誓う。「お前たちの腕力、必ず被災地で活躍させてやる!」

6月26日、70余人の青年部にオジサン2人…集まった募金の額『15,000円』…千円札は10枚、後はジャリ銭だった。数多くの部員さんが入れてくれた…気持ちプライスレス!

込み上げるものを抑え四役に言う。復興支援はこれからだ。金がねぇから被災地にいけねぇじゃ恥ずかしいゼ。

「本部四役ならよ、一班・二班送れるくらいの金額を集めてみようや!」       たな

2011年6月27日 (月)

第3回拡大執行委員会

2011年度の第3回拡大執行委員会は昨年に引き続き、三多摩開催となりました(^◇^)      ~ マロウドイン八王子に24支部・75人が参加! ~

110626_113218_2  午前中は、東京建築カレッジ教務幹事の橋本英夫先生の講演、午後に議案提案と分散会…日ごろの仕事の疲れもみせずに熱心に耳を傾け、活発な交流を行いました。

久々のアップなので、詳細は明日にでも…

担当役員の民ぞうさんの「ゴシテキ」の通り、実務に追われる日々(-"-)

今は昨日の議事録作りに追われております            たな

 

2011年6月24日 (金)

たなのささやきが・・・ないでしょ

このブログは青年部のブログなのに、ちっとも青年部ネタがないじゃん、とお思いのみなさま、現在、担当書記の棚澤さんは、日曜日の拡大執行委員会のために昼夜、大奮闘中です。

アクセス解析をみると、このブログで一番見ていただいてるページが、副部長の福士くんと彼女のツーショット写真のところ。青年部ですから、仲間のネタが必要だよね。どんな彼女?ってのも気になるし・・・。

そんなこといったら、今年3月に結婚したぺーてつこと、笠原鉄平くんと彼女のスライド的動画だっていまだにyoutubeにアップされたままだよ。紹介しちゃえ!エイ

笠原家・・・あやしくないのでクリックしてね

それから斎藤ユータ副部長も地元、目黒青年部のブログのトップページでは、こんな感じで登場します。なんか中心にいて、主役っぽいし(・∀・)ニヤニヤ

目黒支部青年部のブログ

まあ、繰り返すようですが、担当書記の棚澤さんは、日曜日のために、苦手?なエクセル入力、議案の作成、次々と寄せられるサマーキャンプの申し込みの集計など、休んでいる時間がないのです。

「土曜日に出てきて印刷するの?」と聞くいじわるな上司にも顔色を変えず「いや、明日までに終わらせます」、だそうです。

昨日は「ブログも更新してよ~」と上司に言われたのに・・・忙しかったんだね。アスベスト集会から帰ってきたらもういなかったけど・・・

その上司的には、明日あたり、すぐるくんが1階の印刷室にいて、手伝っているような気がする。

いや、土曜日かも・・・本部四役の皆さん、日曜日の松井は、八王子には行きませんよ。よろしくね。

2011年6月21日 (火)

ブログ開設から2週間・・・アクセス1000件突破!

いやぁ~、ホントに梅雨って感じでジメジメだねι(´Д`υ)アセアセ

節電は大切ですが、本日のしんぶん赤旗には、「暑さ我慢せず、十分な対策を」と少々ウレシイ主張が載っていました。中野の工藤さん、バカンスはともかくとして、我慢しすぎはいけないのです。水着での仕事もいかがかと思いますが・・・嫌いではありません(ノд・。)

そんなことを言っている間に、ブログアクセスも1000件突破秒読みです。

一部、棚澤さんが何度もクリックしているのではないか、とのウワサもありますが、そんなことはありません。幹部学校であった三鷹支部の須藤主任書記も「ブログみてますよ!、なんか見ちゃうんですよね」って言ってました。

1日1回、みんなが立ち寄ってくれればいいかな?と思います。

2011年6月20日 (月)

うれしいね~一昔前の青年部の仲間に会えるのは

第37回幹部学校が終わりました。

幹部学校のスローガンは「たたかって学び、学んでたたかう」・・・仲間の要求実現に向けた運動の中でそのたたかいの成果や教訓に学び、次のたたかいにつなげる。さらに政府や財界のねらいを理論的にも理解して仲間に伝え、運動を広げる。

先輩方が自分たちの仕事やくらしのため、そして未来の建設職人(私たち)のために運動してきた教訓が「たたかって学び、学んでたたかう」には詰まっていると改めて感じました。

幹部学校の出席者は38支部から567人。案内版の各支部の出席者のうち、私が知る1990年代、2000年代の支部青年部の仲間がざっと数えて24支部・40人いました( ^ω^ )

支部の四役・常任執行委員になっている人はもっとたくさんいるのですが、日・月なので欠席なのかな?とにかく、青年部出身の仲間が支部の役員になって参加し、顔を合わせるのはうれしいことです(o^-^o)

全体会議の中では支部の特別報告として西多摩支部の高山さん(支部厚生文化部長)が東日本大震災で救援物資をもって宮城県や岩手県に行った報告をしてくれたり・・・「2011061920_takayama.pdf」をダウンロード

私の出席した組織・共済・後継者の分科会では、青年部の先輩である江東支部の名越くん(支部副委員長)が昨年のBBQや支部青年部結成50周年式典の報告をしてくれました(まあ、こちらでお願いしたのですが、これもとってもいい報告でした)。「2011061920_nagoshi.pdf」をダウンロード

夕食時には、東村山支部の飛田さん(支部労働対策部長)からビールをいただきました。ごちそうさまでした。飛田さんとは松井が支部で青年部担当をしていた時からなので、20年越しのつきあいかな~今、豊島支部にいる碇谷Aちゃんが東村山支部で担当だったときからだからね。お父さんとは、仕事対策のときに結構、一緒だったんだけど。

でも、飛田さん、松尾書記次長のこと「まつお~」とかって呼ばないで!同じ多摩北ブロックで一緒に活動してた仲間なのは分かるけど・・・こっちがドキドキするよ。

2011年6月16日 (木)

向上心!

さて、最近やたらとニコニコ顔のタツなのだが…一体どうしたことだろう

何か良いニュースがあったのだろうが…なんだか気味が悪い(ゲボッ)

Stil0240_3  タツについて一言述べたいことがある……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

彼がなかなかブレない軸を持った好漢であることは有名だ。

腕っぷしも強いし、仲間を守る時には体を張ることさえイトワ

ない…

タツはかなりオシャレだから、弱音を吐くこともしないしナキを

入れることもない。強気一辺倒の彼を傲慢に見てしまう人々

さえ少なくないだろう。昨晩、彼は機関会議の議長を務めた。

部長の事情を察して休みを与え、業務に追われる書記長の代わりに買って

出た大役だ。勝算や打算のカケラもないまま、彼は会議に立ち向かった

議事進行や運営の難しさを思い知ったに違いない。彼は人目を避けてはいた

が、激しく悔しがっていた。洗顔して戻った彼の顔を見て確信する。

「コイツはモノになる」と。日本の未来も捨てたもんじゃナイネ

~ コウヘイくんの報告 ~

『お世話になります。先日は一日お疲れ様でした。あの会議がきっかけで森田さんと連絡先交換し、何か合同でできればなんて話もしました。今後に期待です。ありがとうございました。 - 東京土建豊島支部 佐藤耕平』

ってな感じのメールを頂きました、アリガトね(゚▽゚*)

担当書記会議でツナガリを…とは有意義でしたね。村山大和のモリモリにとっても

大きなプラスになるはずです( ̄ー ̄)ニヤリ

左は豊島支部青年部の住宅デー制作の風景

右は城北ブロック会議の後の飲み会風景

Tosimajtday Jouhokubnomi

第3回サマーキャンプ実行委員会(^○^)

3回目のサマキャン実行委員会が開催されました!

青年部の機関会議では“画期的な”システムを導入(^◇^)…と、言うとオオゲサだけれど。

本部5階会議室の大きなスクリーンを活用して下見の報告(一流会社のプレセンみたい)。

初めての清水公園での開催に戸惑いながら、諸々と決めてみました。

サマキャン呼びかけチラシを作成しましたので支部青年部でご活用ください!!

議事録も出来上がったので添付します。是非、お目通しのほどを。

「2011070910.pdf」をダウンロード     「samakyan3roku.doc」をダウンロード

「2011070910dantaisama.xls」をダウンロード

2011年6月15日 (水)

サマーキャンプ…準備中です

チャン奈良・ペーテツ・岸・スグル・ゆーたの四役&時ちゃん・ごうちゃんの執行委員、担当書記たな…総勢8人で清水公園に下見に行きました。第3回サマキャン実行委員会に向けて、ネタを整理するのが目的です。…ひ、ひ、広いあ、あ、暑い

「20110605simizukouenn.pdf」をダウンロード

小平支部仲町分会の子ども会

先週の6月8日、主婦の会の女性・母親学習会の講師をやりました。昨年、後継者対策の担当になって、本部で3回、三鷹支部で1回と、主婦の会で楽しく講演させてもらっています。

後継者と主婦の会?と思う人もいるかもしれませんが、ママたちの理解が広がらないと子育て世代の仲間の組合活動への参加も広がらないし、組合だけでなく主婦の会でも新しい役員の登用がすすんでいないこともあります。まあ、理由は単純です。

昨年の主婦の会は子育て実行委員会をつくって11月のファミリーふぇすたの企画なんかをやっていたので、各支部の住宅デーの映像なんかも見てもらったりしました。最近の住宅デーは子ども向けの企画がたくさんあって楽しいです。お子さんが来ると親も来る、そこに住宅相談コーナーがあれば、「ちょっと相談してみようかしら・・・」となる、大切な戦略でもあります。

主婦の会の講演では、すでに8回を数える杉並支部の「子育てフェスタ」の様子を紹介したり、2009年から実施している小学生を対象にした「夏休み宿題お助け塾」も映像で流したりしています。

その結果、とはいいませんが、昨年は小平支部で中学生までを対象にした「夏休み宿題サポート塾」が開催されました。子どもを通じてママたちが顔を合わせることができる、組合のことを知ってもらう環境をつくる、素敵な取り組みです。

さらに先週の女性・母親学習会では、小平支部仲町分会が独自でおこなっている分会の子ども会「よつば子ども会」の活動報告があり、「こりゃすごい!」と思った次第。

分会で組合員の子どもを集めて、ジャガイモほり&食べよう会、ディキャンプなどに取り組み、社会福祉協議会へ補助金も申請しているとのこと。

発足の経緯は・・・・小学校の地区子ども会の世話役経験で子ども会の良さをしった。夫が分会長になる話があり、4人の子育て真っ最中なのに「家族の大切な時間が取れなくなるのでは・・・」という不安。それじゃ、分会で「子ども会」を発足しようとなったそうです。

子どもの会員数は22人(3歳から中学2年生まで)。当然、親(組合員とその家族)の年代は20~40歳代・・・・こりゃ、広げずにはいられない取り組みです。

2011年6月14日 (火)

上司は大変だ!

110614_161708

たなの尻拭いで時間を取られた松井さん

ブログ更新の後、必死に自分のお仕事に掛ってます…

タバコを吸う間もなく「キヨの尻拭いは大変だ

石巻でのボランティア活動

たなちゃんから現地で撮った写真が来たのだけれど、ファイルの容量が大きくてこのページにはアップできず。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もっと携帯電話で写真をとっておけばよかったです。

1日目・6月11日、まずは朝から共同支援センターの前で打ち合わせです。

2011061108530001_6 とんこの中にいるのがご主人の阿部さん。実は板金屋さん。過去には民商の仲間と石巻建設センターをつくって仕事していたそうです。外にいるのが宮城県労連事務局の小玉さん。立川総合病院で働いていた彼女と結婚し、故郷の宮城に戻ったところ震災発生。この2ヶ月間、家に帰らず常駐しています。奥様は一度、ボランティアでいらしたそうですが、阿部さん、小玉さんともに休むことなく本当にがんばっています。

さて、土建班の6人とプラス3人は午前中、御所入(ごしょのいり)地区の熊谷邸の床下からヘドロをかき出します。

午後からは加島さんと松井が魚町のヤマトミ水産の側溝ヘドロかきだしへ。あとの4人は、石巻から女川町などの被災地を回りました。

2日目・6月12日は、保育園や公園の周りの側溝のヘドロや泥の除去。愛媛大学で土木工学を勉強している学生たちと一緒に汗をかきました。

動画アップしました→ここをクリックっす

ということで、写真がアップできない策として、下記のファイルを見てください。本当は、棚澤さんががんばっている動画も見てほしいんだけど、容量が大きくて・・・失敗したぁ

「2011061112_isinomaki.pdf」をダウンロード

2011年6月13日 (月)

震災から3カ月・・・区切り

3日間のエピソードは、たなちゃんが書くとして・・・12日(日)は、共同支援センターの近くにある保育園や公園のまわりの側溝のふた(コンクリートの奴・・・1枚30キログラムとのこと)をはがして、底にたまった泥やヘドロをかきだして土のう袋に詰めるお仕事。

側溝のヘドロかきだしは、市では対応せず、ボランティアがおこなっているそうです(集めた土のうは市役所が回収)。

土建班は大工さん2人が民家の床下の清掃(ここにも津波によるヘドロが溜まり、悪臭を放っています・・・かきだして土のうぶくろに入れ、消毒液や石灰を撒きます)に行き、書記2人を含む4人は、側溝の泥・ヘドロかき出しに参加しました。

共同支援センターでお手伝いをしている21歳のリョータ君(口と耳にピアス・・・でも岸君に似てるの)が、言っていましたが、3月11日から3カ月たったことで、行方不明だった人たち「死亡」とされる・・・

その翌日だった6月12日、ボランティアで汗を流す中、その近所で喪服を来た方々を3回見ました。それぞれのご家族のお葬式でしょうか。

遺体が見つからないなかでの葬儀。だとすれば、家族の決断、あるいは区切りなのかもしれません。

つらいです。

2011年6月 8日 (水)

出席者集約中・・・青年部拡大執行委員会

朝から雨だったのでジメジメして、湿度も高いですね。

さて、6月26日(日)に青年部の拡大執行委員会を開催します。

会場は八王子です。遠い支部も近い支部も全都の仲間が集まる会議なので、ご出席をお願いします。

ただいま、参加集約中。よろしくお願いします。

下の文書ファイルを使ってね。

「20110601.doc」をダウンロード

2011年6月 7日 (火)

四役一家

親分の松井さんは役員テーブルに┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

我ら四役新年会に立つΣ(゚д゚lll)アブナッ !

Photo_2

担当書記会議の出席お疲れ様でした

春の拡大月間、住宅デーが終わった矢先の6月6日、しかも月曜日にもかかわらず、ご出席いただいた青年部担当書記会議。30支部もの参加は過去にもなかったかと思います。ありがとうございました( ^ω^ )

私も年齢を重ね、20~30代前半のみんなとのジェネレーションギャップを感じずにいられませんが、みんなが青年部の仲間を愛してやまないことが分かり、嬉しかったです。

さて、東京土建のHPにあった青年・後継者のページは廃止しました。この後、各支部のレク・イベント情報や機関紙などの紹介、みんなで参加できるHPをつくっていきたいと思ってます。

とりあえずは、やる気を示すためのブログ開設です。無料サイトなので許してね。民ぞう

トップページ | 2011年7月 »

SNS

  • facebook