2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

ジュタカさんのおヒゲ

ジュタカさんのおヒゲ
会議中ですが、こんな感じです(^O^)

第5回拡大中執に来てます

第5回拡大中執に来てます
本・支部230人を超える幹部の皆様と拡大中執に来ています。会場は箱根湯本の「ホテルおかだ」です。
青年部からは書記長の品川さんと担当書記のたなが参加、担当常任の民ちゃん&ジュタカさんが壇上提案席に着いてます
…ジュタカさん、漱石をホーフツとさせるゲーヒーが…思わず指摘したら「モノカキ(作家)になったンだょ!」とのコト… たな

秋の拡大月間の成功に向けて・・・今日・明日と拡大中執なり

6月からスタートしたこのブログ。7月は怒涛の勢いで1日も書くことなく、いや欠くことなく更新し続けてきました。

しかし、ブログってスゴイですね。書いたこと、掲載されたことが瞬時にみんなに届いちゃう。そして反応も見ることができる。これまでの月1回の機関紙だとか一般のホームページの更新とは違いますね。

全国の各地域で絶えず仕事をとっている元気な地元工務店や建設会社は、そのほとんどがブログでお客様とのコミュニケーションをとったり、仕事の掘り起こしをしたりしている、と仕事対策の担当をしているときの講演で聞きましたが、その意味がなんとなくわかる気がします。

青年部的には仲間との距離を縮めることかな?まあ、実際縮まっているのは、ブログを通じた担当書記とのコミュニケーションだけど・・・隣の席にいるんだから話をすればいいじゃん!ってツッコミが聞こえそうですが・・・。

さて、今日で7月も終わり、いよいよ秋の拡大月間のスタート!ってなわけで、各支部の組織部長や書記長、もちろん中執となる委員長らを集めた拡大中央執行委員会が箱根湯本にて開かれています。

このあとは、会議中なので多分おもしろいことはありません。きよが会議の合間をぬって誰かの写真とか入れるかもしれません。やっぱり会話していないので、あとでコメントを交わします┐(´д`)┌ヤレヤレ

2011年7月30日 (土)

今も変わらずに‘世話焼き’してくれる大切な仲間

土・日はめっきりアクセスが減り、ランキング(民しかわからないけど・・・)が下がるこのブログ。また、本部で書記を集めた会議なんかがあると、これまた激減。

統計ではなぜか木曜日のアクセスが多くなっています。なぜだろ?

さて、昨日のソーメン祭り、先週の第9回子育てフェスタの話でも登場した大工の修さん。

今は分会長ですが、民が書記になってはじめて参加した青年部会で自己紹介したら「ネコかぶってんじゃねーぞ」Σ(゚д゚;)っていきなり暖かいお言葉をもらった支部青年部時代からの8歳年上の先輩であり、大切な仲間です(これ書くと驚く人がいるかもしれないけど、本部の高見書記と同じねずみ年です)。

写真左のカメラをもった、どう見ても元ヤンキー風な人が修さんです。

P1000034_2昨日も「何時に行けばいいのか電話してもでねーしよー」と藤澤書記をやさしく攻めていましたが、ほぼ自主的なお手伝い。

流しソーメンでもかき氷でも楽しそうに子どもたちのお世話をしていました。

青年部時代から部員たちはもちろん担当書記にもにやさしくて、面倒見がよく、ご自宅にお呼ばれしてごちそうになりました。4WD仲間のツーリングや河原でのBBQ、支部青年部の一泊なんかで楽しい時間を過ごしました。

仲間のことや仕事のこと、青年部活動でも熱くなれる人。

「こないだサー、昼飯食いに行ったらよー、ペンキ屋が入ってきたんだけどサー、店の奴が困りますって言うから、頭にきてこっちが帰ってきた」って怒ってたのも修さんだったような気がします。

青年部を卒業してから支部の常任執行委員として青年対策部長、社会保障対策部長になって、分会長になりました。

1994年ころかな?本部の定期大会に行ったら分散会で「どこの支部でも小選挙区制反対の運動してるっていうけど、うちは何もやってないだろ、報告する事がなくて、恥かいちゃったよ」・・・修さんを含む青年部出身の若手役員や青年部長の意見から、はじめて青年部で独自に駅頭宣伝にも取り組みました。

グダグダ言ってるなら、まずはやってみる。失敗しても次は繰り返さないように総括する。青年部活動の根本はここにあるかもしれません。

ともあれ、青年部時代から20年以上たった今でも仲間たちや子どもたちの世話焼き活動の先頭に立つ役員は本当に立派だし、頭が下がります。

一方、青年部の会議の日に事務所で突然ズボンをぬいでコピー機にまたがり、○ム○をコピーしたりΣ( ̄ロ ̄lll)、泊まりに行ったホテルのルームランナーを最大速度にして走り、こけてピューっと流されたり( ^ω^ )、そこで出た鯛の刺身のおかしらで○ム○をくわえたりΣ(゚□゚(゚□゚*)・・・まあ、いろんな姿を見てきましたが、まあ、ここに書けることはこれくらいです。

アッ、活動者会議では一緒に匍匐(ほふく)前進もしました。そこには佐藤豊後継者対策部長も一緒です(^^ゞ

さて、昨日はお疲れ様でした。今日はたぶん「腰イテー」って言ってると思います。暑い日が続くので体調だけは気をつけて、ソーメンばっかり食べてるとおなかも痛くなりますよ。

2011年7月29日 (金)

朝から流しソーメンマシンのセットで汗流し・・・(-_-;)

あの~、きよしさんの言っているラジオ体操の認識には少々間違いがありまして・・・。子ども会じゃなくて、各町会がそれぞれラジオ体操を主催しているの。

でも、子どもたちがこないとお年寄りばかりだから、近隣の小学校のPTAにお願いしてラジオ体操に子どもたちが来るように呼びかけてるの。そして、補助金とかも出してくれるの。

だから、うちの町会では近隣の4つの小学校から子どもたちが来てるし、PTAのママたちも毎日当番でお手伝いです。小学校が違っても保育園とか幼稚園が一緒だったママたちが朝からスッピンでがんばっています。

それも明日で終了( ̄ー ̄)ニヤリ・・・やっと解放されるわ。

と、いうことで、本題は杉並支部の宿題お助け塾のフィナーレ、流しソーメン祭り! (勝手に名付けました)。写真が多くて長いのでウェブページにリンクです。

モバイルだと見られないかな?m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

以下のアドレスにジャンプしてね。

http://tokyodoken.cocolog-nifty.com/blog/so-men2011.html

http://tokyodoken.cocolog-nifty.com/blog/so-men2011-2.html

ラジオ体操…

過日、民ちゃんがラジオ体操について触れていた。たなの家の小学生達にも夏休みがきた。たなの不勉強もあり、実は最近、ラジオ体操は子供会の単位で行われていることを知った。フーン、そうなの

2009年10月の渋谷ジャック、2010年の5・16や諸々のイベントで4土建が行動を共にする際、色々と思案があった。当日にどーするとか細かな申し合わせの中に朝の揃ってのセレモニーも悩んだ記憶がある…。そこで ― 「俺たち建設業は」的な要素&「本番一発で」的な要素のあるもの ― を検討し、“土建青年部”をアピールできるのでは、の期待を込めて白羽の矢があてられたのが『ラジオ体操』だった。

日本人のだれもが知っていて(誰もが踊れる)、多くの部員が毎朝現場で行っているし、まさに打ってつけではないか!って盛り上がったモンですヽ(´▽`)/

思えば…たなも小学生だった頃…夏休みに毎朝通ったラジオ体操って大切だったんだね。社会に出て何年ブランクがあったって「ちゃっちゃちゃららーん♪」のイントロだけで体が動く国民性たなの地域でこの夏休みはラジオ体操はありません

「あわれドラゴン&ムーン」…一人ホゾ噛むたなでした。  たな

2011年7月28日 (木)

いつの時代も青年の結集は必要なのに・・・

昨日、今日と全建総連の全国組織部長会議に行ってきました。新潟県は越後湯沢です。全建総連の組織担当中執は、清水‘ボス’次長、奈良組織担当と私ですが、組織部長会議なので野澤部長と松広書記も一緒です。窓から見た越後湯沢の駅と山々の写真。

2011072717360000

昨日の夕方、今日の午前中と全国の組合の組織部長さんや担当書記の皆さんなんかと分散会でしたが、だいたい、青年部の話になると「考えてることがよくわからん」とか「自分たちでなにかやろうとしない」とか、の話になるヽ( )`ε´( )ノ

記録者だからガマンしてだまっているんだけど、我慢しきれずに爆発する民ぞう( ゚皿゚)キーッ!!

先輩たちは、自分たちも通り過ぎたことを忘れ、すぐに「今の若い人たちは・・・」と言いだす・・・。いつの時代も青年たちには‘新人類’とか‘団塊ジュニア’とか‘ゆとり世代’とか勝手に呼んで、その時代背景を理解せず、自分たちのころと比較する・・・。

でも建設産業に働く青年は、現場でも少人数でバラバラだから、組合の青年部に結集して遊びや活動の中で‘将来につながる=仕事で助け合える’仲間を作るんでしょ!それは今も昔もかわらないじゃないですか!って言ってもダメな人はダメ。

どこの組合のだれかを名指ししたいけど、組織問題になるのでやめますワ。

一方で、青年やファミリー世代を集めるための努力をしている県連・組合も少なからずあり、勉強になりました。仲間の活動参加を促すためにポイント制にしてのちにポイント交換するとか・・・スーパーとかドラッグストアとか、どこでもポイント流行りだから、なじみやすいみたい。

ということで、さすが米どころの新潟県。夕食会場では、大きなオカマで魚沼産のコシヒカリを炊くもんだから暑いのなんのって・・・(;д;)

2011072718410000

でも、おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

越後湯沢についたとたん、清水ボスが低い声で「夜のアレ買ってくるから・・・」と離脱。ンッ?夜のアレって、怪しい・・・まあ、もちろんお酒でした。これもごちそうさまでした。

明日(7/29)は杉並支部の宿題お助け塾の最終日。支部会館の屋上でスイカ割りと流しソーメンです。流しソーメンマシンの組み立てに朝から行ってきます。

ついでに息子もつれて宿題詰め込み作戦です( ^ω^)おっおっおっ 民

2011年7月27日 (水)

夏休み・・・親父に現場へ連れていかれ(>_<)

7月もあと数日・・・。子どもたちの夏休みも序盤戦が終わります。普段は7時過ぎに起きる息子もこの夏休みはラジオ体操で6時起き。夕方帰宅すると決まって寝ています(ノ_-。)

青年部の仲間は、学生時代の夏休みってどうしてた?

これまでいろんな仲間の話を聞いてきたけど、高校生ぐらいになると親父さんから「オイ、ちょっと現場手伝えよ」なんて言われて車に乗せられ、現場での資材搬入や片付けなどの手伝いを‘やらされていた’仲間は少なくありません。

気がつくと就職活動もせず、そのまま親父さんと一緒に仕事してた・・・こんな話はたくさんあります。

でもきっと、現場では他の専門工事業者の皆さんに可愛がられ、お客様にも優しい声をかけられるなどして現場の雰囲気が多少なりとも心地よかったんじゃないかなとも思います。

なんといっても自分の手がけた仕事が「形になって残る」、「お客様に直接感謝される」、「日々の現場での経験が自分の技術・技能になって活かされていく」・・・建設業の素晴らしさってこういうところだと思う・・・まあ、町場での話になるけどね。

親父と話をするって、高校の時はほぼ皆無。なかったネ。まあ、高校3年のときに親父は単身赴任で北海道から茨城県に行ってしまったし・・・。互いに話ができるようになったのは、こっちが組合で働き始めてからかな・・・。

日々現場で家族と一緒に働いている仲間も少なくないと思います。最初は指示されっぱなしだったかもしれないけど、経験をつんでいくことで現場を任されたり、仕事のことで‘対等’に親父さんと話ができるようになったりしていく。

自分たちはあまり自覚していないと思うけど、親父さんにとってはうれしいことだと思います。職人としても大人として息子が‘一人前’に成長していくんだから。

まあ、ずっと親父さんと一緒だと「甘えが出る」として、自ら外(別のところ)に行ってのちに帰ってくるとか、親父さんから「外の飯食ってこい!」って出されるってのもあります。

でも、親はずっと親なんです。息子のことは心配だし、できれば一緒に現場に出て、自分の経験や技術・技能を伝えたい、教えたいと思っているはず。

一定の経験を積んで、仕事に多少の自信もついてくる20歳代。

今までの自分の仕事を見つめること、少々寄り道をすること・・・・無駄なことなど一つもありません。

が、親方と職人の関係と親子の関係、両面で見ることも大切だよ。20歳代だと一直線だから、これがなかなか両面では見られないんだよな・・・おっと、またまた老婆心。年とったな。

2011年7月26日 (火)

酷暑のカーポート…

昨日も今日もホントに暑かったよね…先週末が驚くほど涼しかったからコタエカタは倍増です(ノ_≦。)...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

110726_171723さて、クドい様なのですが…たなは書記です、車屋ではありませんにもかかわらず、であります

昨日は登録日でS支部の書記さんが午後に総務に来ました。「スイマセン、バッテリーがあがっちゃったんですケド」 ― ハイ、サービスフロントはこちらです ― なんてコトは書記局ですからありえないワケです。箱形の軽か…昔打った篠塚、無視する訳もいかず(だってコノアト色んな支部が来るし)ブースターケーブルを手に取りました

今日は今日で仕事対策部の活動者会議やら事業所対策の担当書記会議、主婦の会と会議も目白押しの日。当然、駐車場も込み合うし「出るの」「出れないの」大売り出し宣伝カー(街宣車は)の発進から駐車まで、Y並くんのグロリアを地下に隠すために自転車でカギを取りに行ったりと、まるで駐車場の番人゚゚(´O`)°゚俺ってカーポートの専従だったのか

車でお越しの皆さんにお願いですホンの少しの心配りと事前のお声掛けを総務部宛にたなは組織部のシマ、後継者対策の担当です

2011年7月25日 (月)

暑さに負けない熱い発言!資本従事者決起集会

熱い夏日「7・24資本従事者決起集会」が日比谷公会堂で行なわれました。
会場ではゼネコンや住宅メーカーの現状が包み隠さず語られ、外の「暑さ」に負けないくらいの「熱い」発言が飛び出しました。
東京土建は寸劇「あるゼネコン現場のの朝礼」でアピール!↓↓↓
●●建設の朝礼で、現場所長の軍隊調の挨拶の強要、工期短縮に伴う早朝7時からの朝礼時間、残業代は払わないなどの暴言に対し、黙ったままの職人達が、昨年完成した「現場の憲法」で学習し、権利意識を持ち、法令違反を厳しく所長に追及し、現場を改善していくストーリー!
会場から大きな拍手が巻き起こりました。
デモ行進も迫力がありました~
1500人の作業服を着た現場従事者がプラカードや横断幕を持ちシュプレヒコールを行い、建設業界を良くしよう!と日曜日の銀座の街を練り歩きました。
※賃金対策担当の唐沢書記に記事をお願いしました。ありがとですo(_ _)oペコッ

大きくなったなぁ…

なかなか可愛い写真だな、と思うのは当然かなo(*^▽^*)o カワイー5つの後ろ姿はたなの身内衆です

110724_145939 ドラゴン&ムーンはたなの息子と娘でスリーサークルがたなの甥っ子達です両端の男の子が龍、女の子がルナ。真ん中の左から楽和&聖和&豊和です。スリーサークルの漢字は初見では絶対に読めませんが…カワイー子供たちを『ポケモン~ビクティニと白き英雄レシラム』の上映会場までお連れするので、車を出しました

思えば、たなが現役の指揮官でせーなとりゅう、そしてバブのがくとを連れて映画に行った時、ふーわもるなも生まれてなかったんだよな…光陰矢のごとし、今じゃ小6小5を筆頭に小3、小2の右二人が最年少の構成となりました。

映画館では、たなは申送りのみで何も手を出しません。ただ、5人にはミミタコの「オオカミと7匹の子ヤギ」の話は健在(  ̄^ ̄)ゞ  ― 知らない人に何を言われてもツイテっちゃいけないし、騙されちゃいけない訓示です。トイレのフォーメーションを確認したらたなは御役御免!デビエーション(別行動)ッス

彼らが映画館にポップコーンとコーラを持ち込む準備を見送る時の写真です。「お~、賢い買い方だな…」と一人ホクソエムたななのでしたオシマイケル    たな

2011年7月24日 (日)

行ってきました第9回子育てフェスタ

2011072411370001昨日の地域班の子ども会に続き、今日は杉並支部の第9回子育てフェスタ。メインは西村直人さんのえほんうたライブ。

歌がうまいな~、ウクレレもいいな~なんて思いつつ、プロフィールをみるとなるほど・・・プロミュージシャンなんだ~と、あらためて関心。

西村さん、失礼しましたヾ(_ _*)ハンセイ・・・

メールの返信、ありがとうございました。

んなわけで写真は子どもたちも一緒に‘いのち’のポーズ。決してTIMのまねじゃなくて、いもむしの歌のなかの大切ないのちのポーズです。

三びきやぎのがらがらどんに出てくるトロル(おに)があのトトロのモデルとは知りませんでしたΣ(゚д゚;)・・・♪がらがらどん、がらがらどん♪のフレーズは耳に残っています。物語を歌にして、しかも子どもも大人もその世界に引きこんでしまう・・・尊敬&素敵でした。

西村直人さんの活動は、NPOえほんうた・あそびうたのHPにジャンプしてみてください。

調布にお住まいということです。ぜひ、支部のイベントに呼んではいかがでしょうか。今回の出演は、やはり調布に住んでいる前青年部担当(今は本部の小委員)の藤澤書記のはからい。今年から主婦の会の担当になり、イクメンを意識する藤澤書記のチョイスはグッドでした。

フェスタはライブコンサートだけじゃなく、新・旧の会館をフルに使っています。

1階の駐車場では縁日の模擬店をセットして2011072412120000入口には青年部OBで現分会長の修さんがポップコーンを配布。

カレー味とココア味って、食べたことないなぁ~。

中に入ると青年部、後継者対策部、主婦の会、シニア友の会のみなさんがそれぞれに販売や遊びのコーナーを担当します。

青年部の仲間もたくさん来ていて、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、駄菓子の販売などを手伝っていました。ご苦労様です。

一方、そんな仲間の奮闘を邪魔する輩が一人。そう、うちの息子です。

スーパーボールとヨーヨーは、家でお祭りするのかよ!と突っ込みたくなるぐらいゲット。

2011072413580000

そんなわけでヨーヨーが少なくなり、前青年部長のコーヘイくんは普通の風船に水を入れた特製ヨーヨーをつくりました。

それにチャレンジする松洵です。残念ながら、この水を入れた風船、家にあります。どーすんだよ!

P1000019旧会館(左の建物)の1階では住宅相談コーナーが常設されているので、そのまま住宅相談を受け付けていましたが、お客様は・・・スルーかな。

その3階では、カレーライスが準備されていてライブのあとは大賑わい。

主婦の会のみなさん、ごちそうさまでした。

そのカレーを食べ過ぎて、苦しいといいながら、息子はたくさんの風船ヨーヨーを袋に詰めて、家に帰りました。

2011年7月23日 (土)

流しソーメンマシンフル回転(*^^)v

ふぅ~ι(´Д`υ)アセアセ 無事に地域班の子ども会が終わりました。

前半は、体育館で‘ふやしおに’とか‘どろけい’をやって、後半は流しソーメン。これまではあまりよくわからないけど、今回の子ども会は、高学年の児童班長・副班長にがんばってもらい、開会のあいさつやルール説明、いただきますや終わりのあいさつの分担もしながら、体育館では低学年の子どもたちにケガなどがないように気をつけることなどを打ち合わせして臨みました。

それでも大人的には、「ふやしおにとどろけいで1時間もつの?」とか不安をあおりながら、「みんながあきてきたらドッヂボールもやっていいよ」とふったりして・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

さらに「だけど、低学年はどうするの?6年生のボールが当たるとケガするよ」と疑問を投げかけ、「高学年は左で投げるとかにすればいい」と、立派な答えが返ってきたのでOKしました。体育館に行くと口を出したくなるので、行かずにソーメン準備の松井です。

2011072315340000_2以前、コレ、な~んだで紹介した三鷹支部大沢分会の荒井上さん製作の流しソーメンマシン。子どもたちが群がるとこうなります。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

マシンが見えないし・・・。

ソーメンを入れるとその瞬間からなくなって、下流の子たちからは「ぜんぜん、流れてこな~い」との声。

よって、3方向から順次流すってことにしました。

2011072315340001

小さな子たちはすぐに満腹になるものの、流れてくるソーメン、ミカンの缶詰などにおはしを伸ばし、はし使いが下手な子は手を入れる始末(ノ_≦。)

飴やグミなど流したものなら、そりゃ大騒ぎです。

ちなみにゼリーは水車にひっかかるのでNGです(´Д⊂グスン

2011072315420000

一方、高学年向けには風流に竹の流しソーメン・・・と思いましたが、こっちもみんなで大騒ぎしながら、ソーメンの取り合いでした。

うちの息子は、最初、マシンの真ん中に座って、「ほら、入れろ!」といばって、片っぱしから奪っていくので、「高学年はあっちに行け!」と追い出し、こっちで舌鼓。

前日の夕方から買い出しをはじめ、今日は朝から本部に行ってグッズを運び、さらに買い出し。

終わってからは見ての通りのソーメン掃除をして、マシンを杉並支部へ。

杉並支部は明日(7/24)第9回子育てフェスタを開催。7/25からは3年目となる夏休み宿題お助け塾が始まります。その最後の日にスイカ割りと流しソーメンをやるそうです。

マシンは10人くらいで平和に食べるのがよろしいかと存じます。

追伸 流しソーメンマシンを見た全ての大人が、‘すごい!’の一言。

学校の警備さんは、ステンレスの加工って大変なんだよねって、通なことを言っていました。

東京土建の職人さんはやっぱりスゴイのです。

2011年7月22日 (金)

青年部だって‘出会い’は作れるし・・・

後継者世代(30~40歳代)の婚活話が続きました、すいません。少々昔話ですが、松井の支部青年部担当時代は、自分の要求も合致してたので、それこそ‘出会い’の場づくりは常に部会の裏の議題でした・・・一番力が入ってたけど(*^-^)

当時、青年・後継者対策部長が町内会のお祭りで保育園の先生と仲良くなって帰ってきて「運動会の手伝いに来てほしいっていうけど、どうする?」っていうので二つ返事で「そりゃ行くさ!」と青年部の仲間も誘って力仕事に行きました。テントを張ったり、競技に使う道具を運んだり・・・。そのあともバザーの‘警備要員’として来てほしいとかね。

そりゃ、手伝いはするのだけれど、そのあとの打ち上げが一番の目的。若い保育士さんと知り合う、仲良くなる。もちろん、お付き合いに発展した部員もいたけど、打ち上げのときに舞い上がる=ハイテンションになる部員もいて、こっちは冷静にならざるを得なかったな。書記の職業的なものかな(酔っ払うときは最初に宣言すると、部員が助けてくれるけど)。

保育園のお手伝いよりも毎年代表を送る原水禁大会での‘出会い’の方がカップルができて結婚までいったかな。支部の部長だったテーラーこと寺田くんも区職労の子と結婚(今は息子が同じ小学校に通ってます)。

本部青年部の役員だったヤスオ(そのころ日野支部)も杉並の部員(もちろん女の子)と原水禁大会で仲良くなって結婚。みんなからバカップルって言われてたけど、長くは持ちませんでした・・・(;д;)ちなみに結婚式の司会を松井がやりました(。>0<。)

最近でも原水禁大会に一緒に行った保育士さんとの交流は続いてるんじゃないかな?もちろん、しっかりと目で見て肌で触れて・・・学んで帰ってくるんだけど、まあ、ラブ&ピースってことかな?

帰ってきてからも地域で平和活動や青年の集まりを定期的に持っていくことは大切ですよ。もうすぐ原水禁大会。今年は長崎です。すぐるくんもゆうたくんも、足立の関さんもしっかり学んできてね。

まあ、ボウリングはよくやったし、スキーツアーは毎年。部員が「屋形船で花火が見たい!」って言えば、じゃあ、企画してねとやりたい人が率先してすすめる。そんなことばかりやってました。もちろん、そこに女の子を誘う、ってのは鉄則です。しかし、自分の彼女を連れて行ったりすると酔っ払った先輩部員たちに連れ去られたりします。詳しくは、どこかにあるであろう、杉並青年部のウラ機関紙「男性自身」を参照くださいヾ(_ _*)ハンセイ・・・

ところで、運動会やバザーのお手伝いにいった保育園。それから8年たって自分の息子が入ることになるとは考えてもみませんでした。面接に行ったら園長も事務長もみんな覚えてるし・・・そのあと9年間、私はずっと運動会やバザーのお手伝いを続け、父母の会の会長もやりました┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

婚活Pをめぐるせめぎあい!?

昨日の後継者対策部会の続き。いわゆる婚活パーティーをめぐっては支部の部会でも独身者と既婚者との間で‘せめぎ合い’があるようで、独身者の要求で企画しようとすると、既婚者たちが「オレたちはどうするんだ」となったり・・・。

それでも独身者の要求を汲み上げて、既婚者は裏方に徹するとか、話を盛り上げるとか決めてるみたいです・・・・・・でも話が上手なのは既婚者だったりして( ^ω^ )

まあ、これまでは、子育て世代の家族が参加できるイベントが主流だったので、‘出会い’のある企画は大切です。また、ファミリーのイベントでもママたちは若いですから、ママの職場の同僚とか後輩とか、友達などを連れてきてもらう、ってのも主催者的にはいいと思います。

日曜日に朝早くからイベントの準備をして、バーベキューで汗をかいて、自分自身は楽しくネー凸(`Д´メ)って思っている主催者のみなさんは、チョットした‘仕掛け’をつくって、おくといいですよ。

北支部のなかじーみたいに組合のBBQで10歳年下の女の子と出会って、そして結婚ってのも現実的にあるのですから。

2011年7月21日 (木)

盛り上がる婚活P話・・・後継者対策部会にて

本日、今年度第2回目の後継者対策部会。各支部のとりくみ報告で質問が出るのは、やはり婚活パーティーなり。しかし、‘婚活’と聞くと引いてしまうのが男の方=うちの仲間ってのが共通点です。だから、‘婚活’じゃなくて、サマーパーティーとか独身パーティー(これも少々違和感あるか・・・)とか、名称を変えるって手もあるね。

「女性はどうやって集めるの?」の質問に「いやー、どこからでも集まりますヨ」って簡単に答える中野の阿部部長。

これまでに文京、中野、調布などで開催されている‘出会い’を目的とした企画。今年はさらに目黒や渋谷でも計画されています。

建設業は男の仕事場、って感じだけど、女性だけの職場もたくさんあるよ。松井も9年間にわたって保育園に息子を預け、送り迎えやイベントのお手伝いをしてたけど、ここでは「男性との出会いがない」のが園長さんたちの危惧するところ。

だから、「なにか企画してほしい」ってよく言われてたし、「誘ってあげて」とも言われてました。

健康診断なんかでお世話になっている医療機関には看護師さんもいるね。

今日の部会の資料に文京の青年交流会や目黒の要請文なんかをつけてあるので自分の支部でも検討してみてね。

部会の中ではなかなか要求として発言しにくい取り組みかも・・・でも、他の支部の経験は、支部の部会でも報告して話のキッカケにするのもいいかも。

それでは、午後の部に入ります。 民

2011年7月20日 (水)

東村山支部青年部のブログみっけ

以前、書きこんだ各支部の夏休みの宿題お助け塾。

あらためて各支部の取り組みアンケートをとったら、東村山支部でも8月21日(日)にやるって書いてあった。元学校の先生にも協力してもらって小学生の国語と算数やるって。

うれしいですね、これで5支部まで広がりました。小学生は今日が終業式、明日から夏休みです。子どもたちをたくさん集めてね。

ってなわけで、東村山支部のホームページに出てるのかな?と思って検索したら、なんと、青年部のブログを見つけました。

実験段階とは言うものの、早速リンクしましたよ。

まっすん、がんばって更新してね。民

役割、か…

後継者対策部会の準備も終わり、台風の影響でモノ凄く蒸す夕方に…たまにはマジメな書き込みを…と(゚ー゚;

民ちゃんが昨日書いた内容についてです。

たなは2児の父であり、オクサマも一人います。ジィちゃんとマコを入れて6人家族。本部青年部を担当して早3年目。この間、様々なプライベートの変化もありました。例えば…地域貢献は明らかに減りました ― 仕事に集中したいと地元の監督にソフトボールチームの休部を願い出、「働き盛りだもんな!心配せずガンバレ!」と送り出されたのがツイ昨日のよう…。たなが所属していたファイブローターズは“地域に貢献する集団”をモットーに掲げ、地域イベントには必ず選手を要員派遣するチームです。どんなに試合で活躍しても地域に身を捧げない選手はスタメンを外す…とても徹底的な姿勢で、たなはそんなチームカラーをこよなく愛していました。

110720_182340 「パパ、今日も仕事?」週末の度に、祝祭日の度に我が子に聴かれる今日この頃…でも、その都度、小五になった息子に説きます。「う~ん、仕事っちゃぁ仕事だねぇでもね、パパは仕事って思って出掛けてないんだよ」…小五のドラゴン君(四役にはTJって呼ばれてます)は不思議そうな顔をします。そりゃそーだ(笑)!「全都(東京都全部のことだよ、の説明はしました)でね、パパにだけ来るお願いってトッテモありがたいし、嬉しいんだよ。」と、四役によく言う、やせ我慢の話を混ぜて最後にこう言うのです。

「これがパパの役割なんだよ。」と。

クシクモ、民ちゃんが用いた“役割”という言葉を私は好んで使います。若い担当書記の皆さん、誤解しないで下さいね。あなた方に「そーせい」と強いるつもりは毛頭ないのです。かつて私自身がそうされてきた…と事実を聞いて欲しいだけなのです。「新人」だとか「若手」だとか言われてきたし「歴の浅い書記」として扱われ、その庇護を十分に受けてのコンニチです。気付けば…私よりも歴の浅い新人君が次々と入局し、私の年齢の半分ほどの若手が出てきました。

青年部そのものを考える部署です。青年部のためには頭脳労働も肉体労働も厭いません。ですが…です。“育てる”という概念が明確になったのはたな自身の変化でした

今のチームメイト(たなと民ちゃんのネ)の写真です身を粉にし、すべてを費やした同僚はきっと疲れていることでしょうでも、黙々と生き生きとデスクに向かっているサマに同情よりもホホエミが先に出ます。モチベーションの塊・役割の化身がそこにあるからです。ワタクシを排斥し、「だれかのために」頑張る姿をココでは過ぎるほどに感じます。

その一員として傍らに“ただいるだけ”でも「ガンバロウ」って思えるのです。青年部のために尽くすことが役割です。バカにでもオニにでもなれますよ    たな

部会準備…

本日、専従役員会議(本部の役員書記が一同に会します)です。

その会議の間隙(かんげき:ホンのチョッチのすきま)を縫って、民ちゃんがたなの仕事を作ってくれました。そう、明日は第2回後継者対策部会です。レジメ×130、資料集①×130、資料集②×130…それぞれ印刷だけに仕上げてくれました。「たな絶対ェにお前ェがヤレ」の申し送りがあったのに、淋しがり屋のたなはオオタマンのヘルプを画策( ̄ー ̄)ニヤリ

110720_131914 たなにお願いされたオオタマンナインティーンはカクノゴトク後継者対策部のために印刷業務にイソシンデくれています。

因みに、本部のオオタくんの渾名はたなが名付け親去年は18歳だったからオオタマンエイティーン、今年は19歳だからオオタマンナインティーンです。略してオオタマン彼氏は今、本部の大半の印刷業務に携わり、書記の運動を支えてくれる貴重なバイプレイヤーです

110720_131934 オオタマンの仕事は、それはもう堅実で、たなは印刷室では「太田主任」と呼んでいます。

「太田主任、これは白130、こっちとこっちは色紙で裏表紙使用130です。」だけで依頼内容はケーオツ

― 印刷後はどうしますか?…には、

「76とあまりに分けて角2押印です。」だけで理解されます。太田主任はマッコト優秀です(たなにツメのアカを飲ませろ!)さて、オオタマンのネタを美談にはさせじと教宣のカズヤがパチリ…。

110720_132638 「オオタマンに仕事をさせて自分はセクハラですか必ず告発します」と、冗談とも本気とも付かずに、撮られちゃいました…

ば、ば、ばか…本気にされるだろヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

部会の準備はこうやって(皆でガンバッテ)進みます  たな

2011年7月19日 (火)

仕事や活動じゃないオレらの役割

突然ですが、松井が支部青年部の担当になったのは書記になって3年目の23歳のとき(もう、20年も前のこと・・・)。当時の青年部は20歳代後半の仲間が中心で20歳代前半の部員は少なかった。部員のほとんどが年上だし、人生の先輩だし、ゴツイし、コワイし、命令するし・・・だから、20歳代前半の仲間には意識的に呼びかけたりしていました(書記も部員も同年代がの仲間がいないとネ)。

部会やイベントの呼びかけは、まあ、通常当たり前のことですが、一度、顔を出してくれた部員のところには、酒とかつまみを買って、他の若手部員と一緒に何度も自宅に行ったり、、親方からケガして休んでる、なんて聞くと昼間から飛んで行きました。

あのころは携帯電話もないし、メールもないし、一時期はポケットベルだったりして・・・度が過ぎて、「また、部会に行くから、もう来ないで!」なんてこともありました

鳶職だった部員の働き先は親戚だったんだけど、バブル期に事実上倒産。その子は青年部の先輩の工務店で一から大工見習いとして働くようになり、今は別の工務店で立派な大工として活躍しています。本部青年部の役員にもなってたその子は、今年から分会の組織部長になっていました。本人曰く「だまされた」そうですが・・・。まあ、書記としてはウレシイ限りです。

建設業にケガはつきもので、青年部員たちもケガをしたとか、倒れたとか・・・若いから無理してがんばっちゃう子たちが多かったです。労災だけでなく、病気で長期に休んじゃうと仕事も組合活動も復帰しにくくなっちゃときもあるよね。そんなときの声かけや後押しなんかがとっても大切だと思う。

普段からどんなふうに仲間と連絡をとりあうか=どう、つながるか・・・・担当書記と役員だけじゃダメ。役員と部員、部員と部員・・・いろんなつながりがどれだけあるか・・・その網の目が細かければ細かいほど、仲間とのつながりがしっかりすると思います。

病気やけが以外にも、休みの日には‘手元’として現場に駆り出されたり・・・「民ぞう、今日ヒマ?」とか電話がくるし。田舎に帰省するときに高速道路で交通事故を起こしてしまった仲間もいて、退院後、事故現場の栃木県まで一緒に行って車から私物を引き上げてきたり・・・。

若手の部員が朝方、電話をかけてきて「民ぞう・・・今、車が横転しちゃって・・・」なんてこともあり、現場に行ってみるとガードレールを乗り越えて、コンクリートの壁にタイヤのあとが・・・そして車が横転。主要な部員たちに連絡してウインチで車をもどして・・・なんてこともありました。

考えてみれば、担当書記も青年部の仲間も‘万が一の時’‘もしものとき’‘困った時’は真っ先に連絡をする、相談をする人なのかもしれません。書記にとっては、それは仕事でも活動でもない、青年部員たちとの信頼。書記と部員って立場は関係ない、もっとも大切な土台です。

土曜日の群会議に出て、予算要求ハガキを書きながら他の群の話を聞いてたら、青年部員のお母さんが来ていて、その子が仕事で頑張りすぎてヘルニアになり、今はあまり、青年部にも顔を出してないとのこと・・・そういえば、春の拡大月間も事務所で見かけることはなかったな、と思う松井。

この2年間で仕事でも青年部活動でもいろんなものをどんどん吸収して見る見るうちに成長していた子だったから、そのギャップも大きいんじゃないかな?

それじゃあ、だれの出番?・・・・ってオレがいうことでもないか。老婆心でした。年取ったことを自覚しなきゃ。民ぞう

たなの休日…

普段の祝祭日や週末は青年部四役と過ごすことが多くなってきて、家族にその存在をアピール出来ずにいるカワイソーな勤め人たな

110717_184004 天気が良い日の休日は愛車“トミサブロウ君”と“マンタロウ君”の洗車に精を出します。家内に力仕事があれば無条件にオリテきます(例えばお米ツキとか…)。

テレビも大好きです。この時期は何と言っても高校野球でしょう!県の予選から甲子園まで見続けます。

野球だけでなく、スポーツ観戦は全般ですので、もちろん日本国民として『なでしこジャパン』の世界制覇は見逃しません!日本スポーツ界の今世紀最大の快挙かも知れませんね

久々に子供たち(ドラゴン&ムーン)とDVD鑑賞ハリーポッターでした。珍しくテレビゲーム(wiiスポーツ)にも興じ、“いかにも!”の一家団欒の体をヨソオイます。

奥様&おかーさまにもアピールします。今回は子供たちを駒に使い、お掃除でした。…と、言っても大仰なものでなく、1階に掃除機をかけてモップがけの程度です

ジィちゃんが地域の祭りで運営に精を出す頃(会場のヤグラ組みや盆踊りの指導ナドナド)、我が家のお姫様にチョットしたイベントがΣ( ゜Д゜)ハッ!

110718_125439 ルナちゃん、自慢の長く綺麗な黒髪をバッサリと切りました。本人も悩んだようですが「一度はショートを試したら?」の家族の意見に耳を傾けたようです30~40㌢は行ったかしらでもでも、その仕上がりたるや周囲の予想をはるかに凌駕(りょうが:超スゲェこと)した出来栄え

さすがはマコ(たなのおかーさま・ルナちゃんの御祖母様・ジィちゃんの奥様)です。家族をはじめ、親しいご近所さんの髪型を一手にプロヂュース&手掛けているだけあって『腕は本物』です(*^ー゚)bグッジョブ!!見た目も若く、たなの奥方に間違えられることもシバシバ(見た目はヤンキーですが)。と、まぁ、タマの休日でした。  たな

2011年7月18日 (月)

まるで海水浴

早起きして女子サッカーの決勝戦を見て感動し(T_T)そしてまた、川遊び。

2011071810460000_2


息子はパンツ一枚でまるで海水浴気分。昨日の夜、この川のホタルがキレイでした。

2011071810020000_2


今日は父がオニヤンマゲットです。

2011年7月17日 (日)

昨日から群馬にいます

昨日の書記研修会で民ぞうは日本丸を見ずに馬車道駅からから直帰。
群会議に出席して予算要求のハガキを書いて、原水爆禁止世界大会の署名とカンパ・・・そして、義父母と息子2人を乗せて関越道をひた走り、群馬はみなかみ町へ。

今、湯宿にいます。義母の実家です。犬のモコと妻は留守番です。

2011071711210000

田舎に来ると下の息子(右)は狩人となってカエル、サワガニ、カマキリ、オニヤンマを捕獲しています。

2011071714330000

↓中2になる兄・悠人もとんぼを追いかけますが・・・・先に川の中の石に足を滑らせ、濡れるのは兄でした。

P1000002

水が冷たくて気持ちいいっす。

2011年7月16日 (土)

幹事の皆様お疲れ様でした

幹事の皆様お疲れ様でした
今日、16日の土曜日も酷暑と言える、とっても暑い一日でした。
2年振りの本部書記局研修は以下の日程で無事故で終えるコトが出来ました!
本部⇒三渓園…横浜の名所を見学(ガイドの皆さんには色々な方々が…)
三渓園⇒みなとみらい…ランチクルージング&日本丸・博物館の見学
みなとみらい⇒元町で解散
企画から準備・運営まで、本部書記局のみんなのために頑張って頂きました幹事6人の皆様、本当にお疲れ様でした(o^-')b

戦士の休息…

民ちゃん、カテゴリーの件ホントにゴメンね(汗)…日頃の激務がこーゆートコで出るのょね。
たながテノヤケル部下なんで、他の役員書記よりもハードな民ちゃんです。たながあまりにストレスを溜めさせるので目を閉じても眉間にシワが寄っちゃいます…(ノ><)ノ
そんな民ちゃんを優しい奈良(大きい奈良さん)さんが見守ります
民ちゃんお疲れ様です

110716_094914

書記局研修のはずだけど…

書記局研修のはずだけど…
2年振りの本部書記局研修のはずだけど(-_-)…バスを間違えたかも。怖い人達が((゜Д゜ll))
M次長とK済会のG藤に似てる…。

2011年7月15日 (金)

たなの悪態 ないし たなの不満タラタラ

カテゴリーのネーミングは申告制ではなく出来あいだったんだよな。別段、不満はないけれど、「ささやき」ってチョッチあれだね…タオヤカっちゅ~かさ、ムーディーっちゅ~かさ、使っていると気恥ずかしい時があるよね(/ー\*)

たなの場合は明らかに「ささやき」ではなく「悪態」だとか「不満タラタラ」的な方がピーンと来る気がするし あ、こんなコト書くと“オメェー不満なんじゃねーか”って誤解されちまうよね

民ちゃんがゆーように今日は都連大会…本部は上司=役員の性質上、書記局が閑散としているね。さながら休日出勤…かと錯覚してしまうΣ( ̄ロ ̄lll)

静かな本部に電話が鳴った…「たなちゃ~ん、後継者対策だけど分かる?」一同失笑…。

青年部のささやきでどーかと思うが、あらためて伝えるョ

「たなは青年部の担当書記と、後継者対策部の担当書記を兼任してマッ( #` ¬´#)」

2011年7月14日 (木)

現場なぅ

現場なぅ
今日もバリバリ仕事してます。奈良です。
写真ちゃんとアップされてるかな?写真の人は自分じゃないです。みんな見覚えあるんじゃないかな?そうです副部長のタツです(笑)仕事が空いて暇だそうなので、今日1日バイトとして来てもらいました☆
遮音マットの敷き込み作業をしています。タツもやっぱり職人ですな、細かい所まできっちりやってくれてます。
楽しいっすけど、慣れないことだから難しいっす。
なんて本人は言ってますが(笑)
仲間と仕事するって楽しいですなぁ。それに、
仕事の事を気軽に頼めるは同じ組合の仲間の強みですよねヾ(^▽^)ノ
さて、今日は目一杯タツをこき使ってやろうと思ってます(笑)
タツ、楽はさせねぇぞ?(笑)
って事で午後も頑張ります☆

結局は…こうなのネ

やはりと言えばそうなのだけれど、やっぱり書き込みがされていました(。>0<。)

たみんちゅさんこと松井さんの書き込みです。― にしても凄いよね、流しそうめんマシーン我が家でも話題になりました。今日の午前中、たなは組合員さんと一緒にアブナイ街まで出掛けます。怪しげな界隈になりますが事情が事情なもので…

せっかく施工した店舗改修工事だけれど、元請けからの入金はされないは、施主からは「そんな工事はしてませんよ」だは、まさに踏んだり蹴ったり(# ゚Д゚) ムッカー

どうなっているのか状況を見てきますネ。ソノアトはシッカリと引き継ぎです

あ、あと、自慢ですこのブログのアクセス「4000件目」はワタシでーす( ̄▽ ̄)

2011年7月13日 (水)

コレ、な~んだ

下の書き込み・・・なんだか長くてウザったいけど・・・今や松井のことを民ちゃんなんて呼ぶ人は数少ないのに・・・副部長の岸君が‘たみんちゅ’って呼ぶんだよね。今はひそかにそれが好きです。

昨年は小学校のPTA役員をしていてこんなTシャツを作りました。これを運動会のお手伝いのときに着るんだよね、

2010101409350000松ノ木人で‘まつのきんちゅ’。

松ノ木小学校なんでね。

なんでも人をつければ、‘んちゅ’ってなわけです。

うちの息子二人は、それぞれに悠人、洵人なので、○○んちゅって呼んでください。

下の子は、自分は松洵っていってますけど。

と、いうことで今日は野暮用が多くて、仕事を休んでいます(*_ _)人ゴメンナサイ

でも、朝から三鷹支部の事務所に行って借りてきましたよ。コレ!

2011071313460000_3

カッコイイでしょ、三鷹支部大沢分会が所有する、な・な・なんと、‘流しソーメンマシン’です。我が家の駐車スペースで試験的なセッティングをしてみました。車は近くのサミットストアに止めてますm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

以前に紹介した京建労左京支部の‘ハンドマイカーZ’もなかなかのものでしたが、こうしたマシンを設計して、作ってしまう職人さんの心意気に胸打たれますね。

この内と外に子どもたちが群がって慣れない手つきでソーメンをゲットする姿が目に浮かびます。

2011071313450001

この‘流しソーメンマシン’のステンレス製のフォルム、水車を回すモーターのエグゾストノート(ウソです。音はしません。静かです。)、そして流れる水が、涼しさを際立たせます。排水溝もコックでしっかりできていてい、水の入れ替えもバッチリです。

実は、小学校の地域班の子ども会ってのが夏休みを前後してあるんだけど、リクエストが流しソーメンなの。

以前、三鷹の須藤主任書記に「うちの分会で流しソーメンの機械をもってるところありますよ」って聞いたことがあって、今回、お借りしました。主に低学年用です。

高学年は、上から下に超スピードで流すので「ほら、取ってみろ!」でいいのですが、低学年はなかなかとれないので、これはもう願ったりかなったり(v^ー゜)ヤッタネ!!

朝一番から搬出にお手伝いいただいた三鷹支部の書記局の皆さん、ありがとうございました。それから須藤主任、ギックリ腰は大変です。しっかり治して秋の大運動に備えてください。

民ちゃんの留守に…

青年部のささやきをアップして6週間…瞬く間にアクセス数が3,800を超えた。この間、無双のモバイラーよろしく、民ちゃんがコツコツ毎日更新を続けてきた。振り返ると、凄いことなんだとシミジミ思う。今日、民ちゃんは不在だ。今頃はドコかで青年部のささやきを覗き「更新してねぇ」事態に気を揉んでるかも知れない…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

と、なれば一念発起元国大健児のはしくれ(箱根駅伝シード校)として、襷(たすき)をつなぐ使命感に燃えてしまう

過日、民ちゃんと一緒に石巻へ出掛けた時のお伴は「のぼうの城」だった。疲労困憊なのに寝食忘れて読みふけった作品(来年の秋にロードショー)は単純に面白かったヽ(´▽`)/…。たなは元々、成田っ子で今は故あって伊奈町民。埼玉県に実在した“成田氏”の物語にコジツケのエニシを感じてしまった。

ツマルトコロハ、豊臣軍勢(命を受けた石田光成)2万余騎から、わずか500人の軍勢で忍城を死守した成田長親(のぼう様)のお話だ。これは時代小説を読まない人にも、読書を習慣にしない人にも「面白いから読んでみて」的な作品だ。読んでいると頭の中には映像活劇が自然に想像でき、映画化も当然うなずける。

マッチャンの「さや侍「sayazamurai2011.pdf」をダウンロード 」 が話題になったが、「昭和の男たな」としては時代劇が脚光を浴びることに幸せを感じるわけだ。究極のヒーローイズム&男の中の男的な要素を、これほど端的に教えてくれる世界って他にないと思っている。

男とはいつの世も変わらぬものよ…言い尽くされても幾度も表現される美の究極は、われら日本人の姿勢に現れる ― と思い込んでいる(もちろん謙遜だ)。青年部四役には「我慢なら誰にでも出来る。人の前を歩く者に必要なのは如何なる時にもヤセ我慢が出来るかにある…」と滅茶苦茶な精神論を説くヘキを持つたなである。

― 武士は食わねど高楊枝 ― 

ホントは欲しいけど他人に譲り、ホントは怖いけど自ら進む…他人を立てて自分が盾る…これこそが、たながこうなりたい的指針なのです。アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!! たな

2011年7月12日 (火)

宴のあと…

今年のサマキャンも事故なく終わった…とりあえずの重圧から解放されたのは事実だ。

とは言え、である。組合活動は取組後の集約&報告などなど、実はこの後の仕事の方が、正確さを要求される( ̄◆ ̄;)

にもかかわらず、である。サマキャンから帰って2日にもなるのに、未だ集約に着手できず、精算もチュートだ∑(゚∇゚|||)

月曜日は運搬車のステップワゴンをはじめ、各種の洗い上げ&拭き上げに終始(ここでも炎天下だった)、火曜日には看板作りをはじめ、後継者対策部(担当書記がたなだとはあまりしられていない)業務…結果、前述の様である。

朝から江戸川支部の大ちゃん(賃対部)にタバコ室呼び出しを受け、昼には大ちゃんと川崎(貫禄ありすぎだろッ)池田(日に焼けたゴツい奴)三書記(その様はまるで柔道部)の恐喝をかわし、夕方には村山大和の青年部担当書記(書記の皮を被ったヤカラないし不良)だとか、清瀬久留米の青年部担当書記(彼の話す若者言葉は私の知り得る言語には該当しない)にお見舞いされ、結果「一日って早ぇなぁ…」等と無能の限りを思い知らされる有様だ。

「立て、俺立ってくれ」と自身を励まし、慰めるものの「明日だな…」と現実逃避にくれる日々を始めるのだった…。たな

110710_164402

震災から4カ月がたちました

楽しかったサマーキャンプの余因に浸る暇なく、棚澤さんは昨日、大汗かいて後片付けをしてました。たつやすぐるたちと事務所で徹夜して準備してきたんだもんね、片付けも大変です。手伝いもせず(*_ _)人ゴメンナサイ

昨日、7月11日は東日本大震災から4カ月。ニュースでは仮設住宅での高齢者の孤独死が相次いでると報道しています。

16年前の阪神淡路大震災を教訓に仮設住宅の入居も今までの集落や地域ごとにと配慮されていたはずなのに、残念です。

日を追うごとに被災地のテレビ報道が少なくなっています。本来ならばいち早く復興に向けた道筋をつけるべき政治の状況はここに表現するまでもありません。情けないですね。

日常の忙しさに追われ被災地の状況を忘れてしまいがちですが、地元の新聞社(岩手日報河北新報など)のHPは、被災地の状況、復興の様子、地元の人たちの声を伝えてくれています。たまに覗いてみてください。

また、遠く神戸新聞でも東日本大震災の被災者を日々、励まし続けています。

東日本大震災直後に神戸新聞に寄せられたメッセージを紹介します。今も掲載されています。

「生きるために生まれてきた
        生きる人に力は出る
             生きることはカッコイイ」

 

 16年前の阪神・淡路大震災。
中学3年生だった私は、先の見えない不安に怯えていました。
そんなとき、卒業文集に同級生が上記のような言葉を書いていました。

 

 生きることがカッコイイなんてそれまで思ったこともなかった。
でも今は、生きていることそのものが素晴らしいこと。
生きているということは、きっと何か意味があるはず。
自分ができること、しなければいけないことをやりなさい。
神さまがそう言っているんだと思い直しました。

神がいるかは人それぞれが思うことです。でもこのメッセージには心打たれます。小学校の卒業式で話そうと思ったけど、私が軽々しく口にできる言葉ではありませんでした。民

2011年7月11日 (月)

無事に終わりました(^◇^)

2011年のサマーキャンプも無事に終わりました。

実行委員のみなさま、本当にお疲れ様でした(*^ー゚)bグッジョブ!!そして本当にありがとうございました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

サマキャン始まって以来初の開催地変更…不安と重圧で当日に臨みました。

110710_122019_2  まったく勝手が違う環境の中、準備からガンバロウまで奔走した実行委員長のタツ(四役)、細かな気遣いで運営を支えた山ちゃん(豊島)…みんなで取り組んだおかげで素晴らしいサマーキャンプとなりました

もちろん、成功したればこその総括をこの後シッカリやって来年につなげようね!以下、例年と違った点を列挙です。

◇ 実行委員の参加者が例年より多かった

◇ 参加者の夕方までの集まりが早かった

◇ それゆえ、夜のイベントの前に大交流会が持てた

◇ 園内施設の活用で子供たちも楽しめた

などなど、企画をたたいた四役も、詳細を決めてくれた実行委員も大満足のイベントでした。特に、夜のイベント前に100人近い仲間が共に飲食(1.5時間で生ビール57㍑)したなんてヨカッタよね

どの取り組みにも、参加支部のみんなが顔を出したし、全般を通して「やってヨカッタ」と口々に帰路に着きました。

至らない担当書記の不手際を、まったく感じさせない実行委員のみなさんの頑張りに、あらためて感謝です(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

…JTBの加藤さん、アリガトねボクタチとっても助かりました。

関東地方も梅雨があけましたネ

サマーキャンプに行っている間に関東地方も梅雨明け。例年よりも2週間ほど早い梅雨入りだったこともあり、明けるのも早いです。みんな感じていると思うけど、絶対に季節の変わり目が速くなっている。そして着実に気温が上がっている・・・。地球温暖化問題には詳しくないけど、そう感じます(*`ε´*)ノ

高校を卒業してサラブレッドと昆布が名産の北海道沙流郡(サルグンって読むよ)門別町から東京に出てきたのが25年前(ウヒョー、生まれてない青年部員や書記もいるでしょ)。そもそも北海道に梅雨はないのですが、上京後、東高円寺の4畳半のアパートから始まったエアコンのない生活はほぼ5年つづきました。あの頃は窓を開けてビール飲んで寝れば大丈夫でしたが、今は窓を開けてた方が暑いです(#゚Д゚)y-~~

さて、サマーキャンプに参加された皆々様、本当にお疲れ様でした。楽しかったですか?盛り上がりましたか?明け方までずっと熱く語っていた仲間たち。やっぱり、青年部っていいです。だから先輩方もたくさん来てたのかな?・・・まあ、後継者対策世代もご家族で、ってよびかけたんだけど、いろんな議論をよんでしまってすまなかったですヾ(_ _*)ハンセイ・・・

足立の近藤くん、北の中島くん、清瀬久留米の三浦くん、東村山の高橋涼くんに軍曹こと菊池くんなど、担当書記時代の仲間に会えてうれしかったです。ありがとうね、今後とも支部青年部のこともよろしくね。

ということで、サマーキャンプのエンディングは、お立ちよりいただいているみなさんがコメントで閉めてください。各支部でも部会の中で参加者の報告や総括(良かったこと、悪かったことなど出し合ってネ)してください。

本当にお疲れ様でした。全面的に裏方としてがんばった棚澤さんのささやきは後日かな?

梅雨が明けたけど、PC版のページには、職人さんならいつも気になる天気予報を表示しました。デザインも夏っぽくひまわりに変更します。

それでは、下のコメント(?)を‘ポチっとな’・・・・エイ!

2011年7月10日 (日)

そして帰っちゃう・・・杉並の2人


2011071006430001_2

杉並の前部長のコーヘイくんと元部長で今年から支部の後継者対策部長になった平田君の2人。夜遅くに来て、朝一番で帰っちゃいました。お疲れ様です。うーん、いいツーショット。

ちなみに現青年部長の小山くんとのスリーショットは杉並支部青年部ブログを参照ください。

と、いうことで松井も息子のサッカーの試合のため、9時前に出発。あと片づけを含めて最後までいられなくてm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

準備からいろいろとがんばった、みんな、おつかれさまでした。JTBの加藤さんもありがとうございました。

おはようございます

おはようございます。

キャンプ2日目。朝から調理する大田元青年部長(現厚生文化部長)。エライナー

2011071006420000_3

こうして青年部出身の仲間が組合の役員になって、自らの経験も活かして援助してくれるってのがどこの支部でもあれば、青年部は不滅なんだけど・・・とぎれてる支部もあるよね(ノ_≦。)

大田さんは、この後、早めに帰ってしまいました。おつかれさまでした。ありがとね。

2011年7月 9日 (土)

あかつき印刷参上!

2011070916580000

あかつき印刷のみんなが午後5時、到着です。

昨年、青年部活動マニュアルを作る際にサマーキャンプの写真を見ていたら、ここに写っている営業部の森くん(前の右側)が土下座している姿がありました。

あかつき印刷って、こんなところまできて営業してたんだ~と思った松井ですΣ( ̄ロ ̄lll)

土下座の訳は聞かないとしても、来たとたんに東村山の剛ちゃんに、おせーよ、って突っ込まれてました。

でも、剛ちゃんはやさしいので新宿支部の女の子たちのお布団は運んであげてしまうのでした。

2011070913590000_2

あかつき印刷さんのほかに前進座さんからも3人が参加してくれました。佐藤後継者対策部長の料理を絶賛していた3人。ありがとうございました。

料理人・藤原さん・・・・そしてみんなで乾杯&花火

2011070916450000

夕食時、おもむろにシェフ藤原博さんがお料理の下ごしらえをはじめました。助手はすぐるくんです。

ちなみに足立支部の今宮くんのステキな料理が足立支部青年部のブログで紹介されていました。ジャンプしてみてね→今宮書記の手料理

と、いうことでこの後、BBQ場に集合がかかり、参加者みんなでカンパ~イ。

ビールサーバー3台で生ビールをじゃんじゃん、飲み、そしてキャンプファイヤーへ。

キャンプファイヤーの様子は中野支部のブログにジャンプです。

各支部の参加者に自己紹介をしてもらい、ビンゴゲーム。そのあとは花火をやったよ。

2011070921020000

手前は、棚澤さん風に言うと‘まっすん’こと東村山の増田くん、奥は北支部のなかじーこと中島後継者対策部長の奥様ですね。

なかじー(37歳)は本部青年部の役員もやってた先輩です。昨年、10歳年下の彼女と結婚。なかじーが奥様を紹介してくれたので‘それって、犯罪じゃね?って言っときました凸(`Д´メ)

青年部のBBQで知り合ったとか・・・おめでとう!末永くお幸せにね(o^-^o)

二人の部長が包丁研ぎの講習会

2011070914270000

佐藤後継者対策部長(奥)と奈良青年部長(手前)。

ここにきて包丁研ぎの手ほどきを受けていました。まじめだな~。

目黒支部では、最近まで住宅デー前に包丁研ぎ講習会をやっていました。講師は畳屋さん。「エーッ畳屋さんが講師なんですか!?」とオドロキの奈良部長でした。

佐藤部長には、おいしい深夜と朝に2種類のパスタをごちそうになりました。たくさんお酒を飲んだ朝のトマトの冷製パスタは本当にうまかった。うちの息子は帰ってきてからも言ってました。

佐藤部長は昼間に現れ、イスやテーブルを出していなくなったと思ったら町に買い出しに出かけていたそうです。

そして気がつくと料理してて、こんなお父さんだと家族でキャンプとかも楽しいだろうなあ、と思いました。

お互いのつきあいも20年以上なんだけど、深酒しないと本当にいい人です。LOGOSのキッズチェアありがとうございました。大切に使います。民ぞう

もうすぐチェックイン


2011070912470000

いやー、海のない、内陸の千葉県野田市。ここはあついっす。

もうすぐガンバロー、じゃなく、バンガローにチェックインです。バンガローにはエアコンがある!冷風にあたりたい!と思いつつ、豊島支部青年部のテントの下で日射しをよける奈良部長(前左)、たつこと福士副部長(前右・サマーキャンプ実行委員長)。

後ろの左が清瀬久留米の山内(やまのうち)書記です。赤い帽子は棚澤さん。コーラの小僧がMJこと松井ジュニア、たつのうしろにはTJこと棚澤ジュニアがいます。

お昼ごろだね。

本部ブタいも到着したよ


2011070911150000

ということで、本部会館出発組=本部ブタいの到着が11時をすぎたので、豊島の山ちゃんからテントを借り、松井家のBBQ用テーブル、椅子を出して受付開始・・・東村山のみんな、村山大和のモリモリこと森田くんなどが順次到着。

そして、本部ブタいが到着したので、受付を本部青年部の‘名誉担当書記’の藤原さん(実は江東支部所属)に引き継ぎました。

見ての通り、棚澤さんは予算要求集会のときと同じブタボTシャツ。おれだけじゃなく、まひるちゃんも同じTシャツって言ってたよ。(^^)

松井は、息子たちが‘釣りしたい!’っていうので、マス釣りです。しかし、釣った魚は買取なので、釣れば釣るほどお金のかかるシステム。

ポンポンと釣りあげる息子たちを遠目で見ているとどうしても「チャリン、チャリン」と音が聞こえるので、あわててやめさせました。「あと一匹!あと一匹!」という子どもの願いもお金には変えられません。

以下は釣果です。写真の7匹プラス4匹・・・しめて3,360円なり(>_<)。夕食時に食べました。おいしかったですよ。

2011070917370000

清水公園到着・・・トップは豊島の山ちゃんでした

2011070909520000

杉並区から一時間かからず清水公園に到着。駐車場がわからず、トンネルをくぐってしまいました。

第3駐車場につき、早速、自然と同化してバッタを捕まえる息子なり(写真がボケてたね)。

つづいて‘すぐるくん’が到着。車のマフラーが若干ヤンキー風。

その前に豊島の山ちゃんこと山川部長が奥様になる方と一緒に到着しておりました・・・8月8日に挙式だそうです。おめでとう(o^-^o)

2011070910090000

そして、清瀬久留米の山内書記も到着。10時過ぎたんで、受付準備でもはじめるか、とみんなで荷物を運びました。

2011年7月 8日 (金)

スグルくんのサマキャン…

「燃え尽きたぜ…真っ白い灰のようにな…」

サマキャンを明日に控え実行委員長のタツと共に、たなの後方支援に奔走したスグルくん…ホントにお疲れ様でしたヽ(´▽`)/

いよいよ明日が本番みんなでスグルちゃんをモテナスからね         たな

110708_212515

サマーキャンプに思い出なし・・・それは・・・

いよいよ明日から青年部のサマーキャンプです。村山大和の森田君の大先輩である松尾書記次長が本部青年部の担当書記だった2000年からスタートしたこの取り組みも、エート、1、2、3、・・・・・12回目になります。

12回目にして会場を何をやっても許されてきた山梨県西湖のほとりから千葉県の公的な公園に変更しての開催。清水公園はホームページもこんなにステキ。そして、何をするにもお金がかかる、ってのも、ある意味ステキ。

松井としては、他のお客様に迷惑をおかけすることがないように・・・・・酔っ払って悪いことをする子がいませんように・・・・・・棚澤さんのいびきがおさまりますように・・・・と祈るのみです(^-^;

松尾さんを引き継いで2001年、2002年と担当であった松井ですが、サマーキャンプにあまり思い出はありません。朝早くから現地に到着して、仲間が来るのを待ちきれず、飲み続けるものだから、みんなが集まったときには寝ていた、という話は‘他の人から聞いた’ことがあります。

そして、「民ちゃん、このあと、どうするの?」って何度も聞きに来る本部四役や手伝いに来てくれていた中宿さん(私の後の担当)に「いいから、勝手にやれヨ!」とか、罵声を浴びせ、そのまま寝ていたとか・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

翌年の2002年は若干反省し、5歳になる前の息子(今や中学2年生)と2人で行ったのですが・・・これもあんまり記憶なし。勢い余ってバンガロー全てを貸し切ったとか、偽造された花火師の証明をもって購入した大型の花火が派手だったとか、昨年まで支部の組織部長をしていた練馬の大高くんと住友くんが朝から氷をガリガリと削り、かき氷を食べていたとか、そんな思いでしかありません。

夜の思い出は文章にできないので、きっと本能的に忘れたのだと思います(・_・)エッ....?

いずれにしても9年ぶりのサマーキャンプかな?30代前半でもすぐに寝てしまったのだから、今度は、さらに早く寝ると思います。あっ今度は小学5年の息子を連れていきます。あいつは、酔っ払うとウルセーから気をつけます。

とにかく、みなさん、道中も、会場についてからも、大人も子どもも、事故のないように楽しく過ごそうね。

追伸 昨日も‘たつくん’が昼間から事務所に常駐。棚澤さんとお買いもの=買い出しに出かけていきました。棚澤さんは前日、仮払いした現金を机の上に置いたまま帰宅していたようで、それを見つけた松井は、だまって隠し、バタバタとお金を探し始めたころを見計らい「なに探してんの、金か!」「ゴメンナサイは!」と諭してあげました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

2011年7月 6日 (水)

集会終了につき、護送中

日比谷野音での予算要求集会とデモが終わり、解散地点の鍛冶橋駐車場から宣伝カーで大久保の事務所に向かってます。

‘たつ’を収監し、護送中・・・ってな感じ(^-^;

2011070615520000_2

奥は元青年部長・大田隆樹さん(本部厚生文化部長)です。熱い仲、いや暑い中、二人ともお疲れ様でした。

2011070616020000_2

日比谷に‘たつ’現る!

たつ、見参
日比谷に‘たつ’あらわる。
「暑いからきをつけてねー」、とデモ隊に優しい言葉をかける‘たつくん’です。
日比谷野音の外で待機していた仲間のデモが出発し、あとは集会終了後にデモ出しです。

110706_132252

オレの知らないうちに足立支部副部長の関女史と写真とりやがって・・・\(*`∧´)/

全国で見ておられる皆様へ・・・たつくんの仕事はホストではありません電工です。そして東京土建青年部の本部副部長です(*^-^)

2011年7月 5日 (火)

子どもたちの夏休みの宿題手伝います

早いものであと半月もすると子どもたちは夏休みだよ(`ε´)・・・エッ?なんで怒ってるかって?そりゃ、子どもたち‘だけ’が休みだからだよ。そして、思わしくない通知表も返ってくるし・・・(-゛-メ)

ということで、夏休みに向けた各支部の企画をご紹介。イベントやBBQはともかくとして、標題のとおり、「夏休みの宿題のお手伝い」が広がってきました。

20090721_shukudai_02 ★杉並支部・・・2009年からスタートした「宿題お助け塾」。今年は7月24日(日)に子育てフェスタを開催し、翌25日から29日までの5日間で実施。最終日はスイカ割り&流しそうめん大会です。詳しくは杉並支部ホームページを参照してください。

また、2009年の様子はyoutubeでも見ることができます→杉並宿題お助け塾2009

※写真は杉並支部のお助け塾の様子。2年前の我が息子(当時、小学3年)なり。

★小平支部・・・2010年から中学生までを対象にした子育て応援企画「宿題サポート塾」を開催。ココの目玉は、①実験教室と②家庭科。今年は7月24日から28日までの5日間。実験教室は27日・・・オーブレックという粉末状の不思議な物質を水に溶かした時、どうなるかを観察!?初日の24日は家庭科で小平糧うどんづくりです。冷たい盛りうどんをアツアツのおつゆで食べます。糧はうどんに添えるさまざまな野菜のことだそうです。

★世田谷支部・・・‘みんなで宿題をやっつけて、遠足に行こう!’ってことで、宿題教室&社会見学ツアーを8月3~5日で企画しました。3・4日は自習形式のお勉強タイム。もちろん先生もいるので、なんでも質問できます。5日は秩父のキャタピラ三菱へ社会見学ツアーです。さらに、3・4日は、保護者を対象にした教育相談も同時に開催です。

★府中国立支部・・・昨年、企画するも子どもたちが集まらず、不発。今年は8月25日~27日の3日間で開催。担当者いはく、「今年は必ず開催します!」とのことです。チラシは府中国立支部のホームページを見てください。

建設職人の組合から子どもの宿題って考えると、工作教室のお手伝い、って感じですが、これらの取り組みは、自分の夏休みの宿題・・・計算ドリルや漢字の書き取りから、読書感想文に、自由研究まで、各地元の先生方の組合や子育て支援の団体、母親連絡会などの協力を得て実施しています。

今年もたくさんの子どもたちと、ママたち(もちろんパパでもイイッス)が、組合事務所に集まって、大人も子供も顔見知りになってくれると組合活動にも広がりが出て楽しいですね。

もちろん、楽しいイベントなどの次の企画のお知らせもお願いしますゾ! 民ぞう

2011年7月 4日 (月)

泣き・・・(。>0<。)

棚澤です
日曜の朝、折れた歯の仮ドメが外れまして…一日中難儀しておりました。
むきだしになった部分の神経に障り、イタイイタイの状態です。
朝一番で歯医者に行かせて下さい(:_;)

2011年7月 1日 (金)

初投稿ヾ(^ ▽^)ノ

本日、中央執行委員会に参加しています青年部長の奈良でございます。
本部会館も節電に取り組んでいるため、エアコンの温度設定が高く、着慣れないスーツって事もあり暑くて暑くてたまらんです。
普段、作業着で熱中症になりかけながら仕事してるのにね(笑)
仕事よりこっちの方がしんどく感じるのはなんででしょうか?(^-^;

中執出てていつも思いますが、いやーみなさん本当に提案がうまいです。
自分もまだまだだなぁって反省です。今日も新しい発見があったので、これからに生かしてみようと思います☆
初投稿はこの辺でm(_ _)m

7月!サマーキャンプももうすぐだね

7月!早いもので今年も半年が過ぎました。ってことでPC版はかき氷からビールに画面を変えました(探したらあったよ)。

アクセスもあれよあれよと言う間に2000件を超え、お立ちよりいただくお客さまも増えたのだと感謝です・・・先のことはわからないけど、この分だと半年たたずに10000件突破するかな( ̄ー ̄)ニヤリ

今頃か、と言われそうですが、本来の目的(青年部の仲間の登場や情報交換など)を忘れないために本部四役(奈良部長をはじめ、アドレスの分かる人のみ・・・ゴメンね)が携帯から投稿できるように設定しました。

サマーキャンプまであと一週間余り、梅雨が明けて天気になってくれるといいね。

ちなみにサマーキャンプのチラシをこのHPの「第3回サマーキャンプ実行委員会」の記事からダウンロードできるようにしましたが、こっちのチラシの方がセンスがよくて、青年部のみんなにおすすめです。

中野支部青年部ブログ・・・部会ですを見てください。松井はおっさんです。組合チックなチラシしか作れません(´・ω・`)ショボーン

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

SNS

  • facebook