2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

婚活パーティーの様子をアップしました

Dsc_0208_2


おまたせ?しました。

日曜日の婚活パーティーの様子をウェブページにアップしました。

プライバシーも多少考慮しつつ、全体の流れをザクッとご紹介です。

参加者は男性:229人(要員含む)、女性:105人(要員含む)=全体で334人となりました。

ホントはもっとたくさんの写真があるし、カップルは10組もできたので載せたいんだけど、このくらいですね。

当日の様子はビデオ撮影もしています。

2月には実行委員会で総括会議をやりたいと思ってるのでそこで公開しますね。

あと、支部でも婚活パーティーをやる場合のグッズ(いいなカードとか、名前ビンゴとか)のフォーマットはご相談ください、いつでも提供いたしますよ。

2012年1月30日 (月)

仲間の道具が復興と建設職人の団結に

ふぅ~、昨日は東京土建本部初の婚活パーティー

お昼ころからみんなで準備して、あれよあれよという間にスタート。

想定通り、受付は人がならび・・・開始時間も30分押しで・・・。

これから人数は確定させるけど、最終の集約は380人を超えていました。

まったく集約されていない女性の参加も増え・・・呼びかけっていろんなところに広がっていくんだね。

ともあれ、支部の後継者対策部長のみなさん、本部青年部の四役&東村山の剛ちゃん、本・支部の書記のみなさんなどなど、ホントにお疲れ様でした。

主催者側としてみんなの充実した顔をなんとも言えませんでしたね。

詳細は私ではなく、相棒・きよ氏さんが報告します。いい仕事しました。ありがとうね。

さて、本日のしんぶん赤旗に出ていた記事をご紹介。

よく見えないかもしれませんが・・・全国の仲間から寄せられた大工道具。

全建総連の仲間だけじゃなく、現地の大工さんたちにも渡されて、それを力に復興にむけて力が湧いた。

そして、あらためて‘けせん建設職組合’を結成しました。

Photo

うれしいですねぇ~。

仲間のみんなが提供してくれた道具が地元の復興と建設職人の団結につながっていくんです。

Photo_2

忘れない、被災地のこと。

続けるよ、被災地支援。

2012年1月29日 (日)

今日開幕

さ〜、いよいよ今日開幕どぇ~す。今宵 貴方・貴女を一夜限りの夢と未来を占うTOKYO Doken Presents「One Nigth Carnival」が開催されます。
淑女・紳士よ「」誘いin歌舞伎町へ
スタッフ一同お待ち申し上げます。豊

2012年1月28日 (土)

仙台89ers

小5の息子が朝7時25分集合でサッカーの試合に行くって言うので、早起きして、起こして、ご飯食べさせて、送り出して、机に座ってPCに向かうと・・・おしりに妙な感触が伝わり・・・「地震だ!」

午前7時43分、富士五湖を震源地にした震度5強の地震です。

富士山の噴火がにわかにささやかれているのも根拠がないわけじゃない・・・と、思いました。

2度にわたる大きな揺れにも、午前9時集合で練習予定の中2の兄は起きず・・・呼びかけても「う~ん・・・

おまえ、ケガするぞ

さて、息子のサッカーの試合は、少々見るだけにして、今日は午前中だけ明日の準備で出勤。午後からは再び在宅ワークってな感じで、明日の案内表示などの小物を作成。

準備するもの・・・なんてのもつくって、相棒・きよ氏さんにメールで送信です。

さて、夕方からは小5の息子のプールのお迎え。

以前、このブログでも紹介したイルカプールですが、なかなか出てこないので、numberのバックナンバーを読んでました。

そこで目にしたのが、仙台のバスケットボールチーム89ers(エイティナイナーズ)の記事っす。

3月11日の震災でホームの体育館も使えなくなり、15日にはチームは一時解散。

選手たちは他のチームにレンタル移籍して、再建を待つ・・・でも、背番号はみんな89にしようって。

代表の中村氏の再建に向けたがんばり・・・河北新報にも出ていましたよ。

そして、チーム再建後の10月29日のホーム開幕戦・・・う~ん、いい記事だった。

少々、涙ぐみながら、読んでいたら予定よりも10分遅く、息子登場。

洵:「なんで、泣いてるの?」

民:「んー、本読んでたら、感動したから」

バスケットは、息子のサッカーチームが雨の日の体育館練習の時とか、スラムダンクでしか、かかわりがないんだけど・・・これからは注目していこうと思いました。

ファイナルカウントダウン…

さ、今日一日ツメコムダケ詰め込んだら後悔は出来ないょ

本番は明日にまで迫りました 洋楽みたいな この記事のタイトル…確かこの曲って…ボクシングを連想してしまいますね この間、ただただ遮二無二やってきました。励ましてくれた音楽は洋楽ではなく太田○美ちゃんの歌声が多かったよーに思います(゚ー゚) 「70’s ~ 80’s」歌謡曲だったら苦手なトコはありません ― たなはテレビっ子

細かな作業が山積みされていたものの民ちゃんが鎮圧してくれたおかげで、ホントに助かったんだよ 実務家の民ちゃんは書記の中でも飛び切り優秀だ 「役員にしておくのはモッタイナイぜ

民ちゃんが細かく繊細な仕事なら、「オラオラ」感がみなぎる“あらぁ~い”仕事はたなの専売特許…何が荒いって人遣いも荒い ってソレは違うょ 出来の悪いたなには優秀な人材が、人物がチャイチーなたなには寛大な人材が ~ そりゃもう水は高いトコから低いトコに流れるのが森羅万象における常とやら

あぁ、たなはみなさまのおかげを持ちまして生きているのです(/ ^^)/アリガトネ

120125_221728ペーテツは俗に言う男伊達

青年部きってのお洒落さんです「たなちゃん、手伝うわ」と夜中に景品の買出しに駆け付けてくれました― 青年部+後継者対策部=後継者対策部です。

ペーテツ≒後継者対策部のエースです 今年、たなは彼氏に尽くします。本当に感謝です「みんな、ありがとう

2012年1月27日 (金)

いよいよ、あさってに迫ったよ

今日は午後から在宅ワーク。

なぜなら、職場にはカラープリンタはあるものの、レーザーだし、共有だし、厚紙の用紙も通さないし・・・。

よって、インクジェットのカラープリンタがある自宅に戻り、あさっての婚活イベントに必要な小道具たちの印刷っす。

差し込み印刷なんて、年賀状のときにしかやらないし、それは、毎年同じフォーマットだから簡単なんだけど、今回は参加者の名札(自筆で書いてもらうのだが、チェック&最後の抽選に使うのであらかじめ裏面に名前をいれておく)、しかも男性と女性は別々に、さらにスタッフメンバーなど・・・フォーマットも変えてなんてやってると・・・こりゃ大変だってなってます。

そして、できあがったのがこんな感じっす。

P1000249_2

職場でもモノクロプリンタで男性の名札は作ったの46シート×5=230人分・・・こっちはそっけなく黒。

女性のは名前を書く表面に罫線を入れて、花束もあしらってみました。これが22シート×5=110人分。

そして、ピンクの罫線で囲んでみたのが、また会いたいなカードっす。

昨日までは、途中の段階でいいなって思った人を書くいいなカードを2回分つくってたんだけど、やっぱり最後はまた会いたいな、ってことにしなきゃ!と相棒のきよ氏さんに力説されました。

と、いうことで、明後日の婚活パーティーの参加者はスタッフ40人ほどを加えて370人をこえました。

男性2人に対し、女性1人・・・激戦?っていうよりも建設業は男性職場。

女性との出会いが少ないので、一人でも多く顔見知りになってもらって、それこそ、お互いにまた会いたいな、ってなってもらえるとうれしいっす。

果たして、どうなることやら・・・報告は来週の本ブログにて!こうご期待

されても困るかな、ふぅ~

2012年1月26日 (木)

中野ゼロホール

P1000247

本日、国民春闘共闘会議と東京春闘共闘会議の主催による「怒りの2012国民春闘総決起集会」で中野ゼロホールっす。

っていいますか、今日の夜の集会の(本部)担当はだれ?なんて言っていたのですが、どうもハッキリしない。

集約も森山さん一人?ってなわけで、いったんチャリで家に帰り、原チャリに乗り換えて、あらためて中野ゼロホールへ。

ん、あれ?すぐるくんといっしょにキャンプに来てた子じゃないかな~

と、思ったりしたんだけど、受付の手伝い(したうちに入らず)のあと、帰ってきました。

どうも、のどがおかしくなってきたぞ。

インフルエンザも流行っているらしいぞ、やばいぞ。

ってなことで、もう寝ます。おやすみなさい。

2012年1月25日 (水)

Fって誰だ

いきなりですが、月曜から3日間続いた会議・かいぎ・カイギ・・・

しかし、日曜日にせまったワンナイトカーニバル(婚活P)の参加者も刻々と増え続け、ついに本日、300人を突破、女性も100人を突破

この段取り(準備)をすすめなきゃならないのですが、私の方は、会議ばかりでは何もすすまず、相棒・きよ氏さんも各支部から送られてくる参加者集約のと、2月の定期大会の議案づくりでグダグダになりつつあります(いや、なってるかな)。

明日からは、婚活Pモードで準備に全力あげますよ(ホントかよ)

ってなわけで、タイトルにしたF(エフ)とは・・・西多摩支部青年部のブログが気になったのでつけました。

私としては・・・西多摩支部と言えば、Fこしさん(本部副主任書記)でして、本部の担当は、仕事対策、昼食のお味噌汁づくり、いやし(おやじギャグ=だじゃれ)です。

そのFこしさんは明日(1/26)が誕生日。みんなでおめでとうって言ってあげてね。

そして、もうひとりはFわらさん・・・言わずと知れた相棒・きよ氏の宿敵?いや、愛してやまない元本部主任書記っす。

しかし、前記の西多摩支部青年部のブログに出てくるFさんは、同じFわらさんなのだけれど、女性っす。

な~に?いい雰囲気で食事してんじゃん。

タウン誌に出て、地元に配られて・・・友人はともかく、組合員・家族に見られて「1川くん、見たわよ~」なんて、主婦の会の人に言われるぞ。

私が東京土建で働くようになり、地元・杉並で女の子と歩いていると「ま・つ・いくん~」って呼ばれたかと思うと主婦の会の役員さん

「じゃあ、じゃましちゃ悪いから」って・・・オイオイ、それじゃ、最初っから声かけなきゃいいのに!なんてことがまあ、多々ありましたなぁ~

主婦の会の会議のときにも「このあいだの子はだれ?看護婦さんだっけ?」「それは別れたのよねぇ~」って、オイオイ、人の恋路を応援してんのか、ちゃかしてんのか?

さらに・・・ことあるごとに「太ったわねぇ」、「結婚しないの?」と言われた20歳代後半

結婚して、規則正しい生活になってやせたら今度は「やせたんじゃない?」「ちゃんと食べてるの?」って・・・つい先日の支部の旗びらき(新年会)でも言われましたよ。

ある意味、今でも私にはたくさんのおふくろがいます。ホントにありがたいっす。

さて、1川くん、大切な愛?は、大事にしっかりと育ててね。

2012年1月24日 (火)

ごめん、思い出したよ

いやぁ~東京は朝から道路がガリガリくん

前日の夜から降った雪がとけて、朝方に凍ってます

深夜に雪かきを横着してお湯でもまいたのか、雪はないものの、どうみても凍ってるお宅の前をそろり×2と歩くまあ、スパイクのついた防寒靴だけどぉ

最近のアスファルトは、温暖化防止効果のある、耐水性のあるタイプに変わってるとこもあって、ここがまたツルツルっす

前日の雨でチャリを職場において帰り、朝はバスと地下鉄で仕事へ

バスは路面を気にして、トロトロ運転。

地下鉄は異常な混み具合。

疲れました

午前10時から会議だったんだけど、八王子からきた佐藤賃金対策部長は、「(来るまでに)3時間かかった」と疲れ顔でした

しかも、会議は午後5時までみっちりっす

Img074

帰宅後、小5の息子がアルバムを持ち出して見ていました

中2の兄の同級生が小さいので大笑い

そこで発見した6年前の写真。

大寒の東京に大雪が降った時の兄(当時8歳)・・・しかし、弟の姿はありません。

よく考えると、このとき、私と当時4歳の洵は、母の一周忌で北海道にいました

家の周りの雪かきをした雪の山でソリ遊びやミニスキーで遊んでたかな?

でも、寒すぎて遊びは続かず、北海道の暖かい家の中でいとこたちと過ごしてたっけ。

母上殿、今頃思い出してすいません、明日は命日でしたね。

タイミング良く、アルバムをみていた洵に感謝です。

2012年1月23日 (月)

雪やこんこん・・・なう

P1000246

雪やこんこん、霰やこんこん

ってなわけで、東京の夜はいま、雪がこんこん?・・・いや、シンシンと降っています。

窓から外の様子をを写してみましたが、携帯ではここまでか、無念。

なんでだろ、子どものころから雪が降るとワクワクするよ。

洵:「そと行ってきていい?

民:「だめに決まってるでしょ!

といいながらも、実は外に行きたい父・民ぞう。

北海道で育った子どもの頃・・・朝一番で外に行って、だれも足を踏み入れていないところを歩く。

そして、体全体を雪の中へ・・・。そんなこともしたっけ・・・。

東京の雪は水分が多く、べたべた・・・北海道はサラサラだからね。

夕方は雨だったから職場に自転車を置いて地下鉄&バスで帰宅。

明日はどうやって職場に行こうかなぁ~

やべ、雪かきしなきゃダメかぁ

パーティーまで1週間を切りました…

予想されたことではあるものの、ここ数日の“集約テロ”に手を焼いているたな 久し振りに弱気になり心が折れそうになるたなを民ちゃん&青年部四役が励ましますo(*^▽^*)o

『弱気は最大の敵』 ― は、たなが愛してやまない広島東洋カープの「伝説の守護神」故・津田恒実投手の言葉です。抑えのエースとして「カープの黄金期」「投手王国」を支え、闘志むき出しの投球スタイルは『炎のストッパー』としてファンの記憶に残った名投手です 変化球でかわそうと投じた1球で本塁打を打たれ、甲子園を去ることになった津田少年は、生涯、グイグイと直球で押す剛球一筋の人生を貫きました。えぇ~、ここでストレートはないだろうという、周囲の声を介せず勝負の世界に身を置いた津田投手の享年32。

普段は怒ることのない、実に穏やかな方だったそーです

仕事が煮詰まってきて、どーにもならなくなっちゃう時、たなが連想するのは「抑えの局面」だったりします「あーくそっ」「キーッ」~ついついイライラしてしまいがちの状態でフッと我に帰れるのは津田投手の思い出が心の奥底にあるからだと思ってます 穏やかに、静かに、…を自身に言い聞かせ、山積みにまで溜めた仕事に対しては「熱く」「激しく」臨むのですね

青年部定期大会議案も最終盤なら、後継者対策部主催のイベントパーティーも集約の最終盤を迎え、本番目前 只今、32支部からの参加申し込み「♂147人」「♀83人」、スタッフ要員を含め、263人まできました なぁ~に、まだまだ頑張れる やらなければならないことは少なくないけど、強い気持ちを持っていきます

先日、往年のカープの名投手2人が野球殿堂入りを果たしました 一人は精密コントロール北別府学 もう一人が、若くしてこの世を去った故・津田恒実でした。

たなが赤いキャップ(2種類あるのよ)を被っている時に注目して下さいね たなのキャップは愛しのカープのモノなんですヽ(´▽`)/

2012年1月22日 (日)

将棋大会なう

P1000244

本日、東京土建本部の将棋大会っす。

東京土建の書記となって23年、はじめて将棋大会の様子を見ましたよ。すいません。

しーんと静まり返った会場内。

A級からD級までランク分けはあるけれど、みな真剣な表情っす。

なんで、将棋大会をのぞいたかと言うと小5の息子が出たいからって。

P1000245

午前中は1勝1敗。

午後からは「オレ、もういいから帰りたい」って・・・

でも相手があることなので、強制的に出場です。

果たしてどうなることやら・・・・

一方、本部四役は本日、定期大会に向けた四役会議。

大笑いしながらの1日会議ですが・・・逆に静まり返っている方が心配だけどね。

2012年1月21日 (土)

ジャパネスクの果てに…

パワースポットが効いた訳でもないけれど

ジィちゃんの調子も上々なので、ドライブを継続です 日暮里を後に明治通りを進みます目的地はハンリュウの代名詞「大久保」です(たな&民ちゃんの勤務地だったりして)。

王子ではパトカーと消防車が多かったです(今朝の火災現場はまだ大変京浜東北線も宇都宮線&高崎線、SSLも運行停止になったくらいだもんね 池袋を通過して大久保通りに入ります

韓流の勢いは人の流れに顕著に出ます キャーと騒ぐ奥様とお母様、それも当然。小道に入ると人・人・人… エス○ィマが通るため、道の両端にママさんたちが張り付くように避けてくれます( Д) ゚ ゚ みんな協力してくれてアリガトウ(ゴメンね、たなは運転手だから写メがここでは撮れなかったの)。

けんせつプラザに立ち寄り(Mr.Tは仕事中)、ルナちゃんをおトイレに。大久保通り→山手通り→高松で首都高に。ジィちゃんの大好きなPAは蓮田で寄りました パンやソフトクリームを買い食いし、夕食は鰻屋さんで…ってことで久喜ICで大宮栗橋線。

120121_193801_2 120121_195400_2 120121_200824

やっぱり和食で〆ましたヽ(´▽`)/

本当に、ジィちゃんが良く食べてくれた一日となり、家族6人仲良く幸せ

思い切ってヨカッタと口々に、帰宅後、テレビで団欒…お風呂に入りました

おしまい

 

ジャパネスクⅡ…

キメの細かいアンコは繊細さの極み 平型の品の良い形は究極の芸術

羽二重団子の形容は、幾らでも湧いて出るから不思議 やはり和菓子って観るもんなんだね。五感で味わう至福のときヽ(´▽`)/

120121_162430_3実は、羽二重団子の庭って知る人ぞ知る『パワースポット』なんデス

明治神宮の夫婦楠(めおとぐす)とか皆知ってる?

まぁ、霊感のかけらもないたな…でも、ジィちゃんが元気になるのならナンでもいいよね。曰くささやかれてるトコがこちらです

120121_163038

こんな素敵な日本庭園を観ながら、タバコが吸えちゃうからヤメられません 写メも落ち着いて撮れるしグッドポジション

120121_163237美味しいお団子と、ウマイたばこハイライトでシッカリ充電完了o(*^▽^*)o

グルメとは…お洒落だけを追求するものではありません。和のテイストですね。

心を落ち着かす癒しの時間…これが日本人の一服です

なんて素敵だジャパネスク…

久々の完全オフで家族勢揃い

午後から、ドライブに出掛けました  特にドコに行く…って決めたわけじゃないんだけれど、天気も雨だし「車から出ないで済むんじゃないの(゚ー゚)…」って割り切れたのも奏功し、とにもかくにもジィちゃんが元気になってくれれば ― と、出発しました

120121_155450

当然、は外せないよね(*^-^) 122号→明治通り→白髭橋→東向島のルート。今日みたいな雨降りでは…期待はしなかったけど、霞ぐあいがまたヨカッタりして

120121_160231

浅草を抜けてくにはだね。誰ですか?ウ○コビルとか言っちゃってるのは 眩しいビール会社は建物からなんだね。雷門を右手に車を走らせ日暮里に向かいます

120121_163100

こんな竹林があるんですよ、都会の一角にも 北区→荒川区→台東区→墨田区→台東区→…の順列で来れば、一服所は決めてました こんな寒い日には日本茶を飲みたくなるもんです 荒川区は日暮里うん、お団子だね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙~と、言えば『羽二重団子』は有名です。そこの庭園にてパチリ

甘いもので一息。休憩中に民ちゃんにメールしてみました

2012年1月20日 (金)

おっとっとっ…

いやぁ、アブナイアブナイ

更新しないで寝ちゃうところだったよ 今日は何だか慌しかったなぁヾ(.;.;゚Д゚)ノ 起きたら雪が降ってるし 積もって電車が動かなくなる前に出勤しました

降雪の日に本部会館で「第5回後継者対策部会」 会議準備でチョットばかり忙しい時間を過ごしたのも、昨晩、チャン○○とタツと出先から直帰したから ペーテツには伝えたいことは伝えたつもり…今度の日曜日(明後日だけどネ)は一日四役会議

会議が始まると、なんとなくだ一安心 それは恵まれたたなの環境による

こうゆー時の民ちゃんの背中はコトサラでかい 次々と重要案件をサラッと片付けていく感じがオシャレ(゚0゚) ホントに出来る人って難しいことを事もなげに「大した事ないよ」的にやっつけていくんだね

大会議案を議論している間に1/29の芸能プロの方と打ち合わせ

午後から再開の会議に戻ると、後は婚活イベントTHE PARTY に向けてトップギアです。現在、参加される女性も70人を超えてきて、全体の集約も200人を突破です

アベちゃんとケンさんの叱咤によって、こんな天候でも新年会を敢行 いよいよもって意気上がる後継者対策部 ここまで来たら、あとはもうイケイケどんどん お馴染みリョーメンカ○に急遽ムリ言って開けさせた飲み会です 中華テーブルで怪気炎

「大丈夫だコノヒトタチとだったら絶対に上手く行くに決ってら」ケィちゃん、今年の議長はヨロシクね

2012年1月19日 (木)

折り紙作品をウェブページにアップしたよ

息子の中学校は、新学期になるとスペリングコンテスト=略してスペコンがあります。

この英単語などの試験に合格しないと部活に参加できない(部活中も再試験があり、合格した者から部活参加が可能になる)ことから、中2の兄は、筆記のあと、覚えているかどうかを自らチェックしようと大きな声で読み上げています。

悠:「あい、ういる、しょうゆー、はー、ぴくちゃー、とぅもろー」

民:「私は明日、絵にしょうゆをかけてほしい?」

と、傍らでちゃかしながらも彼は、身振り手振りを加えるという独自の方法で覚えていましたが、果たして無事にスペコンに合格することができるのでしょうか?

う~ん、ダメじゃね?

ってなわけで、この2日間、青年部と後継者対策部のアンケートをにらみつつ、少々説教じみた記事を連続して載せてしまいました。

心の怒りや憤りを落ち着かせるべく、その息子の折り紙作品をウェブページにアップしました。

小5の次男と兄の作品箱をほじくり返してみると・・・見たこともない作品があるわ、あるわってことで写真に撮りましたわ。

今年の年賀状に使用したドラゴンほどのインパクトはないものの、いつのまにか折ってる作品やら、昨年の夏の折り紙コンベンションでの作品など、いろいろです。

折り紙作品①動物はこちらから。

なんでもディアルガはyou-tubeを見て折ったとか・・・もう、何やってんだか。

折り紙作品②いろいろも見てやってください。

ちなみに次男のお気に入りは・・・コレ。

P1000243

ナウシカにでてきそうなオウムでした。

2012年1月18日 (水)

話し合い以前の問題・・・(-_-;)

前記事の続きではないのですが・・・

あさっての後継者対策部会と大会アンケートの集約を並行してすすめています。

今日は後継者のアンケートをサクサクっとめくりつつ、おおまかな支部の取り組みなんかをまとめようかと思っているのですが・・・

各支部の後継者対策部会の開催状況で、ある意味納得しました。

何を納得したかと言うと、今年からはじめた後継者育成PG(プログラム)がなぜ、分会部長まで伝わらないか、です。

今年度、部会を一度も開催していない支部が今のところ(アンケートが全支部から着てないからね)3つ・・・前年度はどうだったのかと資料集をめくってみると・・・台東と港の2つ。

都心・港支部は変わらないのだけれども、武蔵野支部と小金井国分寺支部が部会を開催していない。

支部で部会を開催しなけりゃ、執行委員会に議題も出ないだろーし、分会の部長にも直接は伝わらないから、そりゃ、参加もないだろーさ。

分会から選出された部長はこの1年、どうしてたのかね?

支部の部会がないから、分会に行って報告することもない。

したがって、分会にいく動機付けもない。だから、いかない。

分会が子育て世代の仲間を部長に選出しても、出席する部会=注ぐ器がなければ、話にならないね。

支部(四役、常任執行委員、そして書記局)が人づくり=役員づくり、新しい仲間の参加をどこでかちとるか、どの年代の仲間に重点をおくか、このことから話し合わないとダメ。

一度も部会を開催していない支部と後継者対策活動者会議で活動報告してもらった支部・・・ここでも温度差が生じています。

このことは支部の大きさとかじゃないです。

今日・明日は困らないだろーね。

でも、5年先、10年先の組合役員の後継者育成に誰が責任をもつの?

そりゃ、今の担当者は変わっていないかもしれないけど、活動の先頭に立つ子育て世代の役員もういなくなるんじゃないかな?

部会(会議)の開催は青年部でも同じことです。‘集まる’、‘話し合う’、‘顔を合わせる’機会がなければ、いつまでたっても変わらない。

いや、人間は毎年1歳ずつ年をとるから現状維持じゃなく、年代層はあがっていくことになる。

20120118nenreikousei

65回大会向けに集約した年齢構成の推移・・・若い世代の仲間の減少と組合員の高齢化は何もしなくてもすすんでいきますよ。

2012年1月17日 (火)

話し合ってないだぁ~(-_-メ)

各支部の青年部担当書記のみなさんから寄せられた大会に向けたアンケートを見ています。

これをまとめるのは相棒・きよ氏さんの仕事なんだけど、こっちが見たかったのは、東日本大震災の支援活動について。

地元での募金活動とか、被災地への物資輸送、そして現地へ出向いての工作教室の開催や被災地でのボランティアなどをこのブログでも紹介してきました。

※カテゴリーの東日本大震災関連を参照してください。

一方で、各支部の青年部会や役員会での話し合いはどうだったのか、を見ていくと14の支部で‘話し合っていない’との報告がありました。

この1年、とりわけ3月11日以降の部会や役員会で東日本大震災の復興支援活動について、一切話題にならなかったってこと?

部会や役員会は担当書記が部長などと打ち合わせて準備するだろうけど、問題意識をもっていれば、‘どうしようか?’って話になるはずでは?・・・と思います。

支部の年度替わりの時期=担当書記の変更もある昨年の3月の終わりに以下の文章を支部向けに送付しました。

「20110330_shinnsaitaio.pdf」をダウンロード

震災発生後すぐに街頭募金活動をはじめた青年部もあったし、メーデーのデコレーションの予算を募金に・・・なんて話もあったので、青年部の対応は‘こうあるべきじゃない?’ってな意味で出したものでした。

でも、浸透していない支部が多かったんだと、今更ながら思います。

話し合いをしていないんだから、具体的な活動にならないのは‘当たり前のこと’

でも、青年部ならではの被災地支援の取り組みを‘検討するキッカケ’は、コチラ=本部から提起してきたつもりですし、各支部の取り組みも紹介してきたよね。

部会の中で話し合っていても「実行できない」支部もあります。

でも、中野では毎月の部会や役員会で活動費からカンパしてるって書いてありました。

また、地域から石巻市内のボランティアに参加した森田書記(村山大和支部・本部青年部活動推進小委員)はアンケートの中で・・・

「必要なものが必要な人に届いていない。(被災地の状況を)現実として受け止めることができなかった。想像以上の光景で言葉が出なかった。」

そして、「地域団体と一緒に機会があれば積極的に参加していきたいです。また、ブロックなどでも取り組んでいければと思っています。」と今後の活動について記載してくれました。

同じ青年部なのに、話し合っていない支部と毎月、実践している支部の温度差はなんだかわかりますか?

キッパリと・・・先頭に立つ青年部役員の熱意や行動力、青年部の取り組みを仲間の気持ちを汲んで提案できる担当書記のレベルです。

おりしも今日は、6434人の死者を出した阪神・淡路大震災から17年目の日。

これから本・支部の青年部大会も予定されています。

大会に向けた、話し合いの中で、もういちど、青年部の仲間でできる‘被災地支援’の取り組みについて考えてみようよ。

部会で検討中、って支部もたくさんあるし、3月にボランティアに行くって支部もありましたよ。

神様に愛された人…

このブログでも“神様”についての表記がされてきました。人類の叡智(えいち:すぐれた知恵)をもってしても解することがかなわない時に、ツイツイ使ってしまいます。

もちろん、たながバリバリの無神論者かと言えば、必ずしもそうではない気もします。全面的に否定することも肯定することも出来ずにいる未熟者ゆえに、議論することが出来ません。でもでも、人として生きていくには、「信仰」って大切な気もします。とは言え、どんなに「神様」と叫んでみても、抗えないものだってある気もします。

40を超えた「たなの本厄」については先日も報告したところです。

先日、東京土建の将来を担うはずだった「若き巨星」が旅立ちました。練馬支部の佐藤委員長(故人)です。昨年、一昨年と佐藤委員長は後継者対策部の担当中執として、2年間、たなの面倒をみてくれました。それはもう、厳しさとユーモアを幹として、とても寛大に端的に、距離を縮めてのお付き合いだったのです。53歳の若さで…つきなみではありますが、これ以上の表現も見当たりません。

先週末、後継者対策部でパーティー会場の下見に出掛けました…その入り口でオクサマからの着信が…。イヤな予感がしたもので、すぐに取るつもりのない携帯を手にしました。従兄のサトちゃんが逝ったとの報 ― 43歳でした。

時期の近くして旅立ったお二人…ともに多くの参列者をみる義理場となりました。多くの方々がすすり泣き涙を流した ― それもそのはずだ、と思います。

「惜しい人を…」悔やんでも悔やみきれない話です。ナゼどーして ― 説明なんかできません。強いて言うなら、「神様に愛されちまって…お側においておかれたかったんだ」と。たな個人の思い込みによる自身への慰めだ ― 例え、そう言われても、私は固く信じているのです。そして、固く決意します。「俺、もっともっと頑張りますから!」

佐藤さん、サトちゃん、同時期に若い二人はつらいよ。

「心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

2012年1月16日 (月)

結成65周年を迎えました

20120115_3
1947年1月15日に東京土建が結成されました。

そして昨日は、東京土建の65周年記念式典を開催。

全国からお客様がお見えになります。

朝から開催していた中執(中央執行委員会)は予定時間を30分オーバーして終了。

主催者側だからね、早く行ってお客様を受け入れなきゃいけないのに・・・電車で移動っす。

四ツ谷駅からホテルへは徒歩徒歩・・・ホテルの前には案内要員のきよ氏さんが寒そうな顔をして立っていました。

民:「だから、ホテルの外(で案内)だって言ったろ・・・

きよ:「いやぁ~寒いっす

とまあ、こんな会話をしつつも足早にホテルへ・・・しかし、ホテル内はうちの参加者ともう一つの宴で人がいっぱいっす

もう一つの宴とは・・・政権政党の会合でした。

消費税を上げるってな話かよぉ~党内もまとめることができないくせに国民に押し付けるなっての

首相もいたよ、SPがたくさんついてね・・・

報道陣もたくさん・・・なかにはうちの受付に来たのもいたらしいっす。

それもあってか、リハーサルの音出しが制限されていて、開場ギリギリまでリハ。

入場までは混乱するかとおもったけど、わりとスムースに人は流れたのでホッとしたのも束の間、遅れてくるご来賓(特に政党の先生方ね)の対応もあるので、ずっと受付で待機したり、すでに開会してテーブルの札も撤去されているところへの案内でまあ、歩いたねぇ~

案内を終えて事務局部屋に行くと・・・

P1000229

四谷駅前の唐澤くんとホテル前のきよ氏さん。

案内役から開放された二人は、いっぷく中っす。すかさず写真を撮る私。

このあと、この事務局部屋がたばこ部屋となって・・・どんどん人が押し寄せるようになりました。

支部の後継者対策部長もたくさんいてね、そこで盛り上がる‘婚活パーティー話’っす。

そこで元本部青年部副部長の‘いがちゃん’こと五十嵐くん(荒川支部・現組織部長)をつかまえて主催者が着なければならない‘はっぴ’着せて、これまた撮影っす

P1000230

民:「それあげるから、もう、そろそろ本部の役員になったら?」

いが:「民ちゃんが支部に来てよ」

って言われてもねぇ~ まあ、通えない距離じゃないか。

んでもって式典の終わり頃に義兄からメールが入り・・・

タカ:「関谷くんと飲みに行くから、付き合って・・・」

民:「オレ、お金ないんだけど・・・

ということで、大阪の建設組合の委員長である、関谷さんとタカさんとともに四谷の飲み屋を‘はしご’したのでした

明日は健康診断なんだけど、延期しよーかなー

2012年1月15日 (日)

支部では継続して取り組んでいるのに・・・

新年を迎えて早くも半月が過ぎようとしています

年をとると時間が経つのが早く感じられるのですが、1月も後半っす

んで、今日は東京土建の中央執行委員会=中執、そして夕方からは65周年の記念式典です

今日の会議は3月に開催される第65回定期大会の大会議案の基調報告(案)の議論なんだけど、この議案は、昨年の12月後半から話し合いをすすめてきました。

年が明けて11日の常任中執で、中央執行委員長の巻田さんは、東日本大震災の募金の集約状況にふれながら・・・西多摩支部の高山さん(青年部出身・現在、支部の厚生文化部長)が支部の共済事務費(かな?)を今後10年間にわたって被災地支援に活用することを支部で決めたと紹介。

続けて、3月の定期大会までに各支部が目標の80%を超える募金活動をすすめることは決まっているけど、そのあと、東京土建としてどうするのかがないと「支部では(継続して)支援しているのに」と言われてしまうのでは?

と問いかけました。

う~ん、委員長がこう言ってくれるとホントにうれしいっす。巻田さんステキっす。

って、ノートにメモしちゃった。

そうです。各支部では継続して被災地支援の取り組みがすすめられてきました。

その様子は青年部だと・・・拡大執行委員会での支部報告活動者会議での報告を載せてきたし、主婦の会でも・・・被災地支援のとりくみを紹介したりしました。

民の出身支部である杉並支部主婦の会でも岩手に支援物資を運んでいます。

そして、この年が明けても東村山青年部の街頭募金は継続されています。

瀬田副委員長も・・・昨年の3月11日以降、娘さんが休みの日になると石巻に出向いていることを紹介し、昨年の秋から暮れにかけて、魚の加工品を送ってこられるようになったとのこと。

そして、「(労働組合として)国・政府に物申すのも大切だが、被災地の人たちが経済的に自立できるような支援・・・働いて、生活ができるようにしてあげることも大切ではないか。そのためには、被災地の特産物などを仕入れて販売するなどの取り組みもあるのではないか」と発現されました。

そのとおりです。

もちろん、支援活動には一定のお金がかかります。

でも、お金のことだけが先行しては、何もできないし、前にはすすめません。

基本は、自分たちができることを考え、実行すること・・・何もしないでは、何も変わらない。

組合本体の方針は、今後、議論を深めていくとして、被災地支援の取り組みは青年部でも各支部の活動に学びながら、自分たちができることを継続してすすめていこうね。

組合本体より、青年部の定期大会の方が早いんだった。

2月26日(日)が第55回青年部定期大会っす。

2012年1月14日 (土)

あと2週間が‘勝負どころ’っす

う~ん 前記事のタイトルだけで判断されると・・・いかにもこれから歌舞伎町に飲みに行ってきま~すって感じでいやだなぁ

もちろん昨日、歌舞伎町には行きましたよ、後継者対策部の面々がずらずらとならんで歩いて徒歩10分、1月29日(日)のいわゆる婚活パーティーの会場の下見に・・・。

ただいま、参加者集約は100人を超えたところ。

しかし、男女の比率は男性2に対し、女性1って感じ。

まだまだ、女性の参加が足りないねぇ。

現場調査に出かける前の会議で実行委員長の阿部さん(中野支部・後継者対策部長)は・・・・

「はじめてのことだけれど、定期的にできるように、(今日は)現場を見て、(参加)集約をすすめて、成功させましょう!」

副実行委員長の檜山さん(多摩西部支部・副委員長兼後継者対策部長)も・・・

「せっかくやるのだから、定期的にできるように。そして、みんながさみしくなくなるようにしましょう!」

ってなわけで、打ち合わせの後、現地調査に行きました

さすがはみんなイベントなれている面々だけあって、受付の場所やクローク、人の流れや配置、タバコはどうする?などがイメージされたみたい・・・しかし、200人を押し込むのは少々、難があるかもと思う民

それでも実行委員長の阿部さんは「300人を集めるつもりで呼びかけをすすめましょう!」ってことで、現地解散しました。

あと、2週間。イベント成功にむけてがんばりますよ

定期的に開催するかどうかは、このあとの2週間と当日の成功にかかっています。

‘勝負どころ’ですねぇ

んで、今日はお休みの日・・・息子のサッカーの手伝いっす。

年末・年始と他校との練習試合、5年生は新人戦(公式戦)などがあったので、ほとんどはゲーム形式の練習。

今日は先日の新人戦の2試合目・・・相手チームに裏をとられ、うちのディフェンダーたちは追っかけることに終始したことを教訓にMコーチによる‘スペースをつくる、スペースを利用する’お話のあと、スペースを意識した練習っす。

P1000226

話は違うけど、校庭は乾燥し、風が吹き、砂ぼこりが舞い上がる状態

スプリンクラーがあるんだけど、先日の練習のときに動かそうとしたら「ポンプ異常」のランプがついていて作動せず・・・そのあと、修理してないのか・・・寒さで凍ったのか?

それにしても、砂ぼこりがつらかったっす。

スペースを意識してのゲーム形式の練習は、6年生はいいけど、5年はまだまだかなぁ。

とはいってもあと2カ月ちょっとで6年生だからねぇ~

スペースも大切だけど、自分自身が勝負どころで逃げずにドリブルで仕かけるか、仲間を信頼してパスを出すか・・・やっぱり、瞬時の判断は練習でしか培われないよねぇ~

こっちも‘勝負どころ’で一人ひとりががんばってほしいっす。

2012年1月13日 (金)

コノアト歌舞伎町に出掛けます…

我らが後継者対策部…年明け早々にビッグなイベントが控えてます

そう、未だ迷い道クゥネクネ…周囲の喧騒が重圧となって、気だけ急いてきます今月最後の日曜日、29日の夜は「飲んでぇ飲んで、飲んでパーリィナイッ」のアレです。ハイ、このクダリだけですと品も格もない、ド下品な中味を想像されちゃいますが、担当部署の我々(たみ&たな)はイタッテ真剣そのものです

朝からヒタスラ、そりゃもうタダヒタスラにゼクセルをフル稼働 数字と御名前に埋もれ続けて完成させたペラ1枚(A4なの…)

「あ~、お前にゃ難しいかもだが…」と民ちゃんが覗き見るのは、たなのデスクトップ 耳も貸さずにマウスを動かす たな。「あれ?ナンダお前こんなコト出来たの?」と失敬な民ちゃんも若干クリビツ気味…そりゃ出来るよ(多少なら…)やばい部分は口に出さずに心の中で呟くのが社会人

たなのエクセルはイィ機能(E機能)が抜けてるから通称ゼクセル ― でも今日ばかりはソンことも言ってる状況ではない後継対なのでした。やらねばならない積もり積もった処理に次ぐ処理…殺人的なスケジュールを「お荷物背負って」コナサネバならない民ちゃんは、日本一不幸な上司

ホントに器用で情報処理能力はピカイチの民ちゃんも、さすがに「たなの手も借りたい状況」では苦戦気味 何とか仕上げた今夜の会議のレジメを片手に一抹の不安もヨギリマス「大丈夫なのか後継者対策部」そんなこんなで間もなく会議→会場下見です。

13日の金曜日っす

とはいっても、不吉なことがあった訳でもなく、普通の金曜日っす

んで、今日は婚活イベントの実行委員会となっておりまして、打ち合わせのあと、現地視察に行く予定です

29日(日)の本番までいよいよ2週間余り、今日の会議と来週の後継者対策部会で打ち合わせは終了。

あとは、参加者を集めるべし。事務局は準備をすすめるのみっす

年明けの仕事はじめから一週間ってのもあるんだけど、集約はあんまりすすんでいないの。

支部では機関会議もあったりして、大変だよね

しかし、日は刻々とすすむわけで、自らの参加もふくめて呼びかけ、集約のほど、よろしくお願いいたします。

さて、昨日は、誕生日でありまして、相棒・きよ氏さんからプレゼントをいただきました

P1000224


はい、ナミさんっす

大田隆ちゃんといい、フィギアがつづきますが、どうやって家に持って帰るのか

息子たちに何と説明するのか・・・飾ることはできないし・・・悩みまする

さて、誕生日といえば、今度の日曜日、1月15日は東京土建の誕生日・・・結成65周年記念式典が開かれます

まあ、その前に日中は中央執行委員会なので、会議が続くのですが・・・。

ということで、日曜日も出勤です

青年部四役のみんな、青年部のOBのみんなにも会えるかな?

取ってつけたように、今年もこのペガサスのように大きく飛躍するのだぁ~

P1000225

2012年1月12日 (木)

組合の一番のメリットは人とのつながり

昨年の8月末、練馬支部のサマージャンボ後継者交流会に招かれて、小5の息子と一緒に参加しました。

親子で参加する大イベントでしたが、大人は‘学びの時間’があって、その間、子どもたちは保育士さんたちと‘遊びの時間’。

うちの息子は、他の小学生たちとゲームしてたみたいだけど・・・。

大人の学びの時間で最初に講演されたのが、練馬支部委員長の佐藤康治さん(53歳・大工)。

佐藤さんは、後継者対策部のできた2005年は支部の部長として、2006年から2010年までは、支部の委員長兼後継者対策部の担当中央執行委員として、組合と産業の後継者育成の先頭に立って奮闘されてきました。

その佐藤さんの講演レジュメはこちらです↓

「20120109_12satousan.pdf」をダウンロード

レジュメだけでは伝わらないことが多いけど、のちにいただいた感想文集には、「委員長の熱意が伝わった」「組合のことがわかった」などのコメントがたくさん書かれていました。

民もココに書いたとおり、聞き惚れてしまうお話でした。

本当なら、たくさんの青年部の仲間にも聞いてほしかった、と今でも思っています。

その佐藤さんが1月9日に亡くなられました。

講演レジュメにも書いていますが、一昨年に入院・・・昨年8月は元気にこのイベントで楽しそうにしてらしたのに、残念でなりません。

青年部の仲間や子育て世代の組合員と家族に・・・「(組合の)一番(のメリット)は人とのつながり」であることを伝えたかった佐藤さん。

あなたの想いを受け継いでいくのが私たちの役割です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

佐藤康治委員長が書かれた機関紙「けんせつ北部」新春号の年頭のあいさつが1月12日の通夜で配付されました。最後のメッセージとしてご覧ください。

「img073.pdf」をダウンロード

リアルな攻防の様子をどうぞ(-_-;)

なんだか年明けから‘病ネタ’に終始しているこのブログ

未来ある若者のブログなんだから、もっと明るい話題が書けないものかねと思う民

いずれにしても、とりあえずは、‘職場復帰’を果たした相棒・きよ氏さんですが、昨日の中年の星☆にある‘誹謗中傷’とやらの様子は以下の通り。

P1000220

うしろから忍び寄って、病状を聞いて笑いをおさえられない豊くん

P1000221_2

足の痛みをリアルに表現し、必死に応戦するきよ氏さん

P1000222_3

それでもけっして病人扱いせず、ののしりつづける豊くん

まあ、冬休み明けに久しぶりに会った高校生が、バカっ話で大笑いしているとしか見えないっす。

んで、民はというと、元青年部長の大田くんにこんな素晴らしいものをいただきました

P1000219

キャー、スーパーサイヤ人の悟空っす

すでに大人の民ではありますが、大好きっす

ちなみに本日、1月12日は私の誕生日・・・44歳になりました

2012年1月11日 (水)

中年の星☆…

年をマタイで実に10日ほど…たなの寝たきり生活が続きました イタイイタイのアンヨを引きづり、衰えまくった体力を実感しながら、久々の出勤と相成りましたヽ(´▽`)/

運動不足もここまで来るかって位に重たく感じるテメェの体 ― 減量が必要なのかな?朝のSSLはいつもながらの満員電車 周囲のまたに細心の注意を払って吊革に

ホウホウのティで出勤すれば「ここは病院の待合いか」っつ~くらいにヤジ怒号を含めた評論大会 無責任極まりない論客達がアーでもないだのコーでもないだのと、たなに説教を喰らわせます 列挙しはじめると、その泉のように湧き出るワルクチの数々は「枚挙にいとまがない」ってゆーアレですよ

日本尿酸党だとか糖尿土建とか、笑うに笑えないダジャレ達…。全国の党員のミンナを代表して、この場でアエテ申し上げます

いぃですか、日本全国の健常者及び、低尿酸値のみなさん、我が友「痛風」でウンウン唸っている同志に向かって「痛風?あぁ贅沢病ね」だとか「あぁ、日頃からイィもん食い過ぎてんだろ」だとかのセリフは厳禁です、つまり、絶対にメーダーです(`◇´*) しかも、そのセリフをウスラ笑いなどを浮かべながらノタマワッタあかつきにゃぁ、ニンジョウザタは避けられません

いいですか、「痛風=贅沢」は=でも≒でもありません!強いて言うなら≠です!ゆえに「痛風=贅沢」はメーシンですよ、迷信と、断固、訴えたいのであります それでも、理解頂けないのなら、それはもう、誹謗中傷やセクシャルハラスメントであります

肉食のターブーと呼ばれて幾年月…ご愛顧頂いているブタ体型も、これもヒトエニ不摂生と、不規則な生活による「タユマヌ努力の賜物」なのです 決して食材の単価や財力に影響されるものではありませんので、悪しからず

でもね、こんなトゥーフゥーのワタクシでも、ささやかながら役に立つことだってあるンです

若くしてスーチに悩む予備軍、高い数値を維持しながらも未だ見ぬ発作の痛みに怯える民衆、節々に痛みが走る度に「もしや」とヨギル人達… 心に一抹の不安を抱えて生きる国民にとって発作の痛みに果敢に挑み、無残…ウナルだけのティを晒すブザマな姿にこそ「密かに憧れるヒーロー」よろしく、辛い世を生きる心の支えなのであります。本厄を迎えた男にもナニガシカあらんことはイワズモガナ!まさに「中年の星☆」…メリー○ェーンとともに40年、つ○だひろ☆にも匹敵する(つもり)のであります(自称)

― 立て、日本尿酸党!大日本を闊歩だ、糖尿土建!

『皆様の入党を心よりお待ち申し上げますが、入党拡大よりも…いち早い同志の離党を歓迎致します!』~皆様のご健康を切にご祈念申し上げ、挨拶と致します o(_ _)oペコッ

2012年1月10日 (火)

やはり厄年・・・風邪は治るも持病がぁ~

この度は、うちの相棒・きよ氏さんにたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました

本日、連絡があり、風邪は治ったものの、持病の痛風が出て足が腫れたので病院へいくとのこと

良かったのか悪かったのか・・・にありましたが、きよ氏さんがお酒を飲まないのはこのためでありまして、下戸という表現は間違いです。

下戸とは・・・お酒を全く飲めないか、他と比較してお酒を飲む量が少ない人のことをいいます。

自ら‘飲まない’人は下戸じゃないのです。

兎に角、やっぱり40歳は体調の曲がり角っすねぇ~

ちなみに、民は下の子の小学校入学と同時にサッカーのお手伝い(ちびっこを統制するための通訳みたいなもの)をはじめたのが39歳。

学生時代は吹奏楽部でしたから、スポーツとは無縁の人生を送って民にとってサッカーとの出合いは革命的でした

んで、まあ、とにかく週に1~2回、ちびっこたちと走るようになり、早5年。さらに厄年のころから自転車通勤(片道7キロ程度)をスタートさせました

だって、子どもたちに走り負けるようになってきたんだもん。

おかげで、風邪はひかなくなったし、いたって健康。下半身は強化されましたね。

たまにじんましんがでるけど

以前も書いたとおり、周りには迷惑をかけたことが多いけど・・・雨男っす

♪年明けてぇ、仕事スタートしたもののぉ、相棒病気で、先に進めずぅ~♪

では、外会議=都連の執行委員会に行ってきまっす

2012年1月 9日 (月)

お参りに行ってきました…

大宮一の宮…大宮にある氷川神社のことです 昨年はここでお祓いをお願いしました 今年は「なるたけ家に近いとこの方がイイんだってさ」と、健気に訴える女房殿の云う通りにして自宅近所の伊奈町の氷川神社に行ってきました

120109_141502

とってもコジンマリとした境内穏やかな昼下がりに、本厄のお祓いをお願いし無事に帰宅しましたヽ(´▽`)/

2012年1月 8日 (日)

良かったのか悪かったのか…

ホントに数年ぶりの“大病”感…かれこれ1週間は寝込んでいる

長年通っている町医者の先生とも会話が弾む…

― あれほど、酒を飲むなと言ったろう

先生は、今でも「たなが酒飲み」と信じて疑わない( Д) ゚ ゚

でも、実は、、、今のたなはドコに行っても1滴もアルヶホーを口にしない そう、たなは土建屈指の下戸なのであります。若い頃は“誰よりも強く”“誰よりも多く”酒を飲むことが男の美学…と思い込んでいたのですが

随分と自分が変わってきているのだと感じます…信じられないことに、他人から「働きすぎだヨ」などと言われることもチラホラ嘘でもいーからソンナこと言われちゃうと「早く治して頑張らなくちゃ」ってソノ気になっちまいます 民ちゃん、この1週間怠けて申し訳ありませんでした。早く治して今週からエンジン全開で行きます

40を超えた2児の父、今年が本厄です。なんとか、明日あたりにお祓いに行きたいと思っています

2012年1月 7日 (土)

七草って言える?

唐突ですが、思えば12月23~25日の3連休があり、26~28日までが仕事。

子どもたちは22日が終業式で、中学生は部活で起きるものの、下の子は寝たままに26~28日は出勤。

大人の体と気持ちは、この3連休で‘俺も冬休み?’と錯覚していましたが、なんとか年末を迎え、12月29日から1月4日まで年末年始で休んで、1月5・6日と出勤。

そして、今日から再び3連休って、ホントに仕事してないっす。すいません。

休み明けからフル回転でがんばりますが、これまた連休明けに会議が続くので、この休みは1日くらい仕事しないと・・・と思っています。

が、自宅にいると様々な誘惑に負けてしまうので、ダメかもしれません。

さて、年末年始休みだけでもネタがなくて家族ネタに終始した私。

ちなみに本当に申し訳ないって言ってる、相棒のきよ氏さんは、5日に出勤しましたが、調子が悪くて早退。そして6日の書記局会議にも欠席して病院に行ったのでお休みっす。

鬼のかく乱?厄年の前兆?いずれにしてもご自愛ください。

私なら家にいても静養できないんですが(^^ゞ

そういえば、23歳の厄年のときは、原チャリで事故って入院しました。右足の小指と薬指を骨折っす。

20歳代の厄年の男たちも気をつけなはれや!

と思いつつ・・・今日は七草がゆを食べる日です。

春の七草は言えますか?

小学校の音読で子どもたちが読んでたので、父・民ぞうも覚えています。

せり、なずな(ぺんぺんぐさ)、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(はこべ)、ほとけのざ、すずな、すずしろ(ダイコン)・・・これぞ七種(ななくさ)って奴。

3連休の搾りだしたネタですが、まあ、覚えておくといいかも(^^ゞ

2012年1月 6日 (金)

年明け早々、会議三昧っす

昨日(1/5)から仕事がはじまりました。そして明日からまた3連休に入ります

そんな合間をぬって会議日程を入れるのが組合のサダメ

曜日で動く組織ではないので、どうしても決められた日程に会議を入れる必要がある。

ってなわけで、仕事始めの昨日の夜は地元・杉並支部での四役会議っす。

民が支部にいた2000年頃までは、新春の四役会議は1日会議。

1月は本部の中央執行委員会が15日なので支部独自の課題で議論ができました。

まあ、4月の支部大会に向けて・・・①仲間の仕事確保や職域防衛など産業対策の視点から地域戦略課題、②運動をすすめる、仲間の声を汲みあげるための組織確立・強化の課題、③そうした運動の先頭に立つ役員選出や書記局体制の検討などなど・・・。

専門部ごとに毎月の方針や課題がたくさんあるし、書記のみんなも日常の実務に追われるなかで、じっくりと腰を据えて役員と書記局で議論して、課題や問題点を共通の認識にする・・・とっても大切なことなんだけど、なかなかできてないね。

これは組合本体だけじゃなく、青年部でも同じこと。

担当書記と青年部の仲間の想いを一つにする。

そのためにじっくり時間をかけて議論する。

夜の会議じゃ「発言すると終わるのがおそくなっちゃう」と思って自分の意見にふたをしがちです。

んで、1月のスタートから1日会議をするためには、やっぱり正月の1日はその準備に追われます

40歳をすぎた今は、正月ボケを回復するのに少々時間がかかるのですが、20代後半から30代前半は脳の切り替えも早かった、いや、常に組合のことが優先されてたかも

次男坊が生まれてからかなぁ~、オンオフの切り替えができるようになったのは…

そんな感じで昨日も会議が終わったのは午後10時半過ぎ

そして、本日は本部の書記局会議が午前10時から・・・って、12時間経ってないじゃん

なんだか、ひさしぶりに組合の話を書きました。

そう、このブログは一応、青年部のブログっす、と思いつつ・・・家族ネタをひとつ

正月休みの1月4日、また初詣でにでかけた私。

息子が帰ってきたので食事がてらに出かけました。

P1000216

東京のおへそこと、大宮八幡宮っす。

そこで息子がひきあてた‘おみくじ’は↓

P1000217

なんと、大吉っす!

こりゃぁ、春から縁起がいい!

息子曰く・・・「神だ!」

最近、よく「神だ」って言ってます。マイブームみたい

ちなみに父・民ぞうは‘吉’でした。

おみくじには、自分の必要なところを読むべしと小さな字で書かれていました。

いいことは信じる、悪いことは忘れる・・・ってことかな?

どっちもよく忘れてしまう今日この頃です

2012年1月 5日 (木)

年始のあいさつ

1月3日の深夜、すでに日付は1月4日に変わった丑三つ時に次男坊が帰ってきました。

義兄(息子にとっては伯父にあたる中村タカさん)の車が到着した途端にワンコ・モコ♀が愛するジジ・ババが帰ってきたのかと吠えまくり、帰ってきたのが息子だけなので、‘なんで?なんで?’と言わんばかりにキャンキャン吠える。

そして、そのキャンキャンキューン、キューンに変わり、再びキャンキャンキューン、キューンと・・・繰り返されること朝6時まで(ノд・。)

P1000200

もう、仕方ないので、朝日の昇る、一番寒い時間に散歩に連れ出しました(-_-メ)

さて、もうお昼近くになって、起きた息子の土産話を聞きつつも「○○先生から年賀状が来てるから、洵も年賀状書いてね」というと・・・

洵:「なんで、年賀状なんて出さなきゃならないんだよ。学校行ったときにあいさつすればいいじゃん」

心では「そのとおり」と思いつつも「新年のあいさつだから」、「それに始業式までまだまだ日にちがあるでしょ」と諭して書かせるも、小5のくせに‘ひらがなだけ’で「あけましておめでとう」と書いただけ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

そこに親のコメントを入れてポストイン。

P1000215

先生からいただいた年賀状がコレ↑‘出会えてよかった’って言葉に親としては正月から感動・・・こんなガチャガチャな息子なのに・・・ありがとうございますぅ(´;ω;`)ウウ・・・

さて、群馬の田舎では、初日は雪がなかったものの、ドカッと降ったらしくお年玉としてもらったばかりのスノーボードの試乗を道路でしたみたい。

まあ、山だからね、道路でもできるんだけど・・・私も故郷の北海道ではもっぱら‘ミニスキー’(プラ製・長靴につける・値段も350円くらいだったような・・・)で遊んでました。

あんまり雪が降る地域じゃなかったし(いわゆる道南=日高の海側)、小中高と体育の必修はスケートだったし、スキーは東京に来て、組合で働くようになって、さらに青年部の担当になってはじめてすべったの。

かなりスパルタ式で(-_-メ)

ところで、自らの年賀状もドラゴン(折り紙だけど)を載せたのですが、辰年ってことで、今年は辰、龍、ドラゴンのデザインされた年賀状がたくさんありました。

本部青年部の副部長の辰くんって今年が年男?そして厄年ってことかな?

んで、我が家に届いた年賀状でインパクトのあるのがコレ↓

P1000214

う~ん、やっぱりここに到達するよね。

これはプロの作品です。

あけましておめでとう辰でうちの辰くんが浮かんだの。

厄年はきよ氏さんも一緒だけど、怪我や病気に気をつけてこの1年を過ごしてね。

民なんて、自分の体は大丈夫だったけど、担当する住宅デーや小学校の運動会、PTAで企画した日食観測などなど、ことごとく雨を降らせましたε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

厄年は、自らもありますが、「周りにご迷惑をおかけする」ってのもあるようです(-_-メ)

2012年1月 4日 (水)

本当に申し訳ない…

この冬期休暇、一度もブログ更新に携わらずじまい…内心、ドキドキヒヤヒヤでした

土建に入って寝正月を経験したことがありました ― 2011年は比較的、長患いもなく気力が続いたので冗談で「冬休みに具合悪になり、寝正月かも」なんて軽口をキイテました 今になり、軽はずみな言動を後悔(/□≦、)

111225_194746

↑年賀状の準備も“追い込み”が例年以上に馬力が効いて準備も万端 連休に、通常出来ない家族サービスに打ち込もうか ― など、ガラにもないこと考えてました

仕事納めも無事に終わり、29日には大掃除女房殿に請われ、30日の出勤予定を繰り下げて年の瀬の諸々に貢献…ここから一気に記憶が飛んじゃってマス アンヨの激痛(骨折疑惑も出たくらい)から、38度を超える熱発により、ポンコツたなの動力が活動停止

本日の昼前の受診まで、まったくの寝たきりでした…とほほ

「民ちゃん、恩に着ます 今年もコンナ(本厄の)ワタクシですが…ヨロシクお願い申し上げます

2012年1月 3日 (火)

近所のお風呂屋さん

いやぁ~、すっかり箱根駅伝に見入ってしまったこの2日間。

東洋大学の総合優勝おめでとうございますヽ(^。^)ノ

レースも良かったのだけど、昨日の‘山の神’こと、柏原くんのコメントが泣けました(ρ_;)

「僕が苦しいのは1時間ちょっと。福島の人たちに比べたら全然苦しくなかったです」

彼は福島県出身。今でも避難されている人たちへの思いが伝わります。

インタビューを聞いてて、ボロボロと涙が出てきました・・・(ノд・。) 

もうひとつは昨年、21秒の僅差で早稲田大学に負けたことも大きなバネに・・・。

選手10人で割ると一人2秒・・・その悔しさをバネにがんばってきた結果が総合優勝につながったんですね。

本当におめでとうございます。

ってなことで、お正月も3日目に入り、ダラダラがつづきます。

昨夜は長男の同級生とそのママたちが我が家に集まってお正月の飲み会。

いつ寝たのか覚えておらず、朝、犬の散歩に行こうとしたら、玄関に見慣れぬクツとサンダルが・・・ん?

中学生たちはお泊りだったようで、朝まで起きてたみたい(-_-;)

当然、妻も起きてこないので、おなかのすいた私は味噌汁をつくり、目玉焼きを焼いて、自分だけ朝食を済ませるのでありました。

一方、いるとうるさい次男坊は田舎から帰って来ないのですが(関越道もUターンラッシュが始まってるのに・・・)、大みそかの日にその次男と犬の散歩をしていたら・・・「お風呂屋さん行こうよ」ってことで、行ったのがここ

P1000213

歩いて5分とかからぬ所にある今どきのお風呂屋さん。

大みそかは混雑していて、待合室で順番待ちっす。

露天風呂もあるんだけど、年末は麻布温泉のなんちゃら美人湯って黒い温泉でした。

それが、熱いの、水温計は45℃・・・(-_-メ)

まあ、お風呂もさることながら、そのあとの生ビールがウマイ。息子はソフトクリームね。

銭湯もすっかり減っちゃってるから、さみしいっすよ。

大人450円、小学生は180円。近いけど、そう頻繁には行けないなぁ~

2012年1月 2日 (月)

初詣では行きましたか?

1月2日、お正月の静かな朝です。

早起きして、散歩の嫌いな我が家の黒ポメを連れて近くの神社に‘初詣で’。

境内に犬は入れちゃいけないので、モコ♀はちょっと待っててね。

P1000208

にぎやかな東京のおへそも近いんだけど、散歩コースではないので、ホントに近所にある白山神社っす。

秋のお祭りのときは、近隣の小・中学校PTA役員も出店のお手伝いをします。

ちなみに中野支部のだいちゃんが元日に東京のおへそ=大宮八幡宮に行ったようですね。

ここ白山神社も歴史ある神社でありまして、歴史は大宮八幡宮と同じくらいって書いてありました。

♪村の鎮守の神様のぉ~♪って歌が頭をよぎります。そう、ここは成宗村だったのです。

近くには松ノ木遺跡ってのもあります。それは後日、ご紹介(-_-;)

P1000209

杉並って、関東大震災以降に移ってきたお寺がたくさんあったりするんだけど、この神社の歴史は写真を参照くださいな。

さて、テレビなどでは‘初詣’って記載されていますが、辞書を引くと‘初詣で’が正しいようです。‘はつもうでで’ではありませんヽ(^。^)ノ

さらに、神社をお参りするのは、‘初参り’というそうな。40歳代半ばにしてはじめて知りました。

初参り・・・正月に(生まれて)はじめて‘神社’へお参りすること。

初詣で・・・正月に(生まれて)はじめて‘神社やお寺’へお参りすること。

そうかぁ~、だから近くにある厄除けで有名な‘妙法寺’も‘初詣で’なのかと納得。

んで、辞書を引いていると、この並びにはこんな言葉も・・・

発毛・・・毛が生え出すこと。

民は髪の毛は白いのですが、うすくはありません(^^ゞ

白山神社には、家族の健康、被災地の復興、組織の前進(神頼みでいいのか)、青年部活動の前進(これもだよ)など、さまざまな願いを・・・う~、このお賽銭でかなうのか?

と自問したものの、手持ちのお金もないので、勘弁してください神様。

2012年1月 1日 (日)

お年玉はもらったかな?

あらためまして、新年おめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

たくさんの年賀状をいただいたのですが、恥ずかしながら老眼がすすみ、メガネのままでは、細かい文字や写真が分からない(ノд・。)

そもそも、テレビを見ながらご飯を食べていたら、ご飯がぼやける・・・私の老眼はそこからはじまりました(u_u。)

前記事の白髪に続き、今回の老眼・・・まさに初老の民であります(ノ_-。)

さて、我が家は同居の義父母が田舎に行っているので、年末年始のせわしなさもなく、ダラダラと新年を迎えました。

子どもたちは年に数回のイベント(クリスマス、お正月、誕生日・・・くらい?)の一つであるお正月ってことでうれしいはずなのですが、サンタのプレゼントを逃した小5の次男としては、はたしてお年玉がもらえるのか!?と不安げな年明け( ̄▽ ̄)

しかし、年末もわりと積極的に買い物やお掃除の手伝いなどをした次男にママからのお話が・・・

ママ:「洵は、クリスマスプレゼントもなかったけど、(年末は)お掃除とかお手伝いしてたね」

洵:「うん

ママ:「お正月だから、色んな人からお年玉をもらうと思うけど、それは全部、ママが預かります」

洵:「エーッ

ってな話を聞きつつ、届いたばかりの年賀状を家族のあて名ごとに振り分ける父・民ぞう。

ママ:「そのかわり、洵人がほしがっていたプレゼントがあります」

ってなわけで、車の中に隠しておいた大きなプレゼントの箱をとりに行って・・・ジャ~ン

P1000206

サンタがフィンランドに持ち帰ったはずのスノーボードっす。

ママは年末30日に自転車でお店にいったんだけど、途中で運ぶことを断念・・・車で迎えに行きました。

う~ん、ママはやさしいなぁ~息子たちには(-_-;)

今日から伯父(って言ってもタカさんだけど)たちと祖父母のいる群馬に行った洵人。

スキー場に行く予定はないみたいだけど、雪が積もっているので、このスノボを持って行きました。

よかったねぇ~、いいお正月だねぇ~

ということで、我が家は静かです。

お正月から‘サンタク’の復活話を見てボロ泣きのジジイっす。

あけましておめでとうございます

大みそかの昨日、やっと散髪に行きました。

息子に切ってきて、じゃなく、「染めてきて」と言われた白髪は2カ月しか隠すことができませんねぇ~

12月後半の3連休で、「洵人パパの髪の毛、黒と茶色と白があるぅ~」って子どもたちに言われ続けましたが、それでも忙しくて散髪は後回し。

昨日の大掃除のノルマ(お風呂場、玄関&外回り)を終え、大手を振って大みそかに散髪っす。

40歳代前半も終わりに近づきましたが、ホント、頭が白くなっていきます。

薄くなるよりはいいかも・・・と心に思う、私です。

2012nengajo_2


さて、本題。あらためまして

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

ってなわけで、みなさんに送ることにできなかった我が家の年賀状は、これでございます。

空白は住所と氏名が入りますけど。

たくさんのみなさんにコメントをいただいたそのドラゴンは違うって(-_-;)に載せた、息子が作ったドラゴンを年賀状に使いました。

辰年なのでドラゴンっす。

すでに中2の息子は、家族と一緒の年賀状とはならず、別に書いているわけでして、いよいよこのタイプも終わりかなぁ~と思ったりしてます。

青年部のみんなは、仲間への‘あけおめ’も含めてコメント入れてくださいね。

組合の仕事は5日から始動っす。

合間に何かあれば、きよ氏っちか民に連絡してね。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

SNS

  • facebook