2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 会場前乗り… | トップページ | 卒業式と言えば思い出す(-_-メ) »

2012年3月18日 (日)

♪旅立ちの日に♪

昨日は息子の通う中学校の卒業式。

とは言っても息子が卒業するわけではなく、新年度(2012年4月以降)のPTA役員は来賓のお茶出しでお手伝いっす。

そう、1年間の充電期間を経て、新年度から中学Pにデビューする民。

役職は「書記」

今更ながら告白すれば、昨年度、一昨年度と小学校のPTA会長として、近隣校の入学式、卒業式は行かなくてはならず、3年連続の中学の卒業式っす。

でも、式に出るのではなく、完全なる裏方仕事

まあ、2年間の小学校PTAでの活動は活かされるわけでして、町会や商店会の会長さん、近隣小学校の校長先生、地域の育成委員といったご来賓の方々のお顔は知っているので玄関でお迎えして、控室である校長室にご案内です。

朝から雨降る中で、まあ、玄関の寒いこと・・・

そんな中でも生徒会では東日本大震災の募金活動をしていました。

エライなぁ~ もちろん、募金したっす。少々背伸びして、チャリンってならない奴で

さて、卒業式には出席しなかったのですが、式次第には、♪旅立ちの日に♪や民の中学時代も歌っていた♪大地讃頌♪の歌詞が印刷されています。

大地讃頌は・・・♪母なる大地のふところに われら人の子の喜びはある
大地を愛せよ 大地に生きる人の子ら その立つ土に感謝せよ♪

ってな歌詞ですが、う~んこの曲よりも♪木琴♪が好き。

もう、30年ほど前、中学の合唱コンクールで優勝したの。校内のだけど

※大地讃頌も木琴もyou-tubeで検索すると聞くことができます。便利だねぇ~ そのほかにも一日に何度もとか、山のいぶきとか・・・なつかしいっす。

ところで♪旅立ちの日に♪をつくったのは中学校の校長先生だったって知ってました?

その小嶋登先生は昨年の1月に80歳でお亡くなりになりましたが、小嶋先生がこの曲をつくったエピソードというか、きっかけは感動的でした

なんで知ってるかっていうと、昨年の小学校の卒業式のときに祝辞を考えてて、目にとまった記事だったし、テレビでも特別番組の放送があったような・・・。

以下、昨年の新聞記事から引用っす。

1988年に、荒れていた秩父市立影森中の校長となり、「歌声の響く学校」として再生を目指した。「旅立ちの日に」を作詞したのは定年退職を控えた91年。

当時、同中の音楽担当だった高橋浩美教諭(49)から「卒業生に贈る歌詞を作って下さい。歌にしたい」と依頼され、「白い光の中に 山なみは萌(も)えて」などという歌詞を一晩で書き上げた。

歌は同年3月、3年生を送る会で初めて披露され、翌年、音楽教師向けの専門誌に掲載されると、全国の学校に広まった。

秋川雅史さんやSMAPら歌手も歌い、CMソングにも使われた。小嶋さんは退職後、高橋教諭に「すごいことになったな」と話していたという。

一晩で書き上げた歌詞、この歌詞に曲をつけた音楽の先生・・・すばらしいっす。

3年生を送る会の先生方の‘出し物’として歌われた♪旅立ちの日に♪は今や全国の学校に広がり、中学校だけでなく、小学校の卒業式でも歌われています。

来週、卒業式を迎える毎度おなじみ次男坊・洵の小学校でも6年生が歌うそうです。

洵:「6年生の歌、うまいよ」

民:「へぇ~、そうなんだぁ。ところで卒業式の案内ってもらってない?」

洵:「最近もらった手紙はないよ。旅立ちの日に‘入れて’」

民:「入れてって、音楽プレイヤーに?」

洵:「そう、入れて」

ってなわけで、洵は♪旅立ちの日に♪を聞きながら、一人で合唱(今、今、別れのとき~ってな感じ)しつつ、就寝するのでした

おかしいなぁ、前年度のPTA役員は学校評議員だから、お呼ばれするはずなのに・・・。

多分、3学期の修了式のあとに学校の机か道具箱の中から手紙は発見されるのだろうと思う民なのでありました

« 会場前乗り… | トップページ | 卒業式と言えば思い出す(-_-メ) »

音楽」カテゴリの記事

子育てって楽しいよ」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪旅立ちの日に♪:

« 会場前乗り… | トップページ | 卒業式と言えば思い出す(-_-メ) »

SNS

  • facebook