2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 記録を作成しています… | トップページ | 「代打、たな!」… »

2012年4月18日 (水)

交渉団の団結を感じたっす

昨日は私目も企業交渉だったのですが、前日からモチベーションは低めに保ちました

ここのところハウスメーカー・・・いわゆる住宅企業に割り当てられるんだけど、TV-CMでは、聞きなれたフレーズの会社なのに、担当者の対応が‘子どもレベル’だったりするので、最初からモチベーションを上げていくと空回りしちゃう。

昨年の秋の天下の○○ハウスがその例で、なんだこりゃ?って対応だった。

昨日の交渉先は、神奈川の仲間に言わせると住宅企業のリーディングカンパニーであるヤマトハウス(仮名)。

しかも、1次下請け業者が倒産して工事代金がもらえていない案件があることを聞かされていて・・・最初からモチベーションをあげていくと自制心が保てなくなる、う~ん、それはいかがなものか?と思っていまして・・・

だから、受付で「交渉先を変更する方はいますか?」なんて聞き取りをしていた和也くんに「俺が変わりたい・・・」って半ば本気で言ってました

P1000332

しかし、交渉団長が紹介されて、団結がんばろー、そして、交渉先ごとに打ち合わせに入ると、不払いの案件がもう1件あることが判明。

そして、工事代金をもらっていない仲間も参加してるってことでスイッチオン

こちらの要請に対する企業側の回答を30分におさえ、あとはこちらこらの再質問の連発

不払いの案件があることは交渉団のみなさんも分かっていたので、1時間を経過したところで、具体的な案件について交渉をはじめました。

そもそも、このヤマトハウスは、不払いの際には誠実に対応するって確認書を取り交わしている会社。

しかし、それは事実上、絵に描いた餅で、誠実さのかけらもない回答にやっぱりキレる私、ん、いや、その寸前くらいかな?・・・評価はほかの人にお願いします

2000年に本部に異動して、記録者を数回続け、2003年からは事務局長ってことで、進行なんかをしてきたけれど、昨日くらい交渉団が一体になった企業交渉ってなかったような気がする。

やっぱり、工事代金がもらえない仲間がその場にいるってことで、集まった仲間たちが団結する。

なんとか、いい返事を引き出そうと、本気になる。

その場での支払う回答はもらえないものの、それじゃ交渉のテーブルをいつまでにセットするのか・・・これが最後のツメのところで、来週には回答するってことになりました。

交渉後、不払いの被害にあっている仲間からも発言をもらい、少々感動っす

ゼネコンよりも利益をあげているこの住宅企業。

もちろん昨年の利益には被災地の仮設住宅建設がある。

それは昨年行った○○ハウスも同じ。

どちらも石巻の仮設住宅に施工業者としての看板が立っていた。

でも、どうなの?

1次業者が相次いで倒産って、なにかがおかしいとしか思えない。

何よりも自分の会社の看板が掲げられた現場で働く技能労働者に工事代金が支払われない。

ダ●ワマンって正義の味方なんだっけ?

« 記録を作成しています… | トップページ | 「代打、たな!」… »

東京土建のいろんな活動」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交渉団の団結を感じたっす:

« 記録を作成しています… | トップページ | 「代打、たな!」… »

SNS

  • facebook