2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 拡大執行委員会の集約はこちら | トップページ | もうすぐ住宅デーだよ »

2012年6月 1日 (金)

建設アスベスト訴訟「我慢しろ」に等しい判決

本日、6月1日は東京土建の中央執行委員会(略して中執)。

出席された各支部選出の中央執行委員(その多くは支部の委員長)の皆さんは、前日の夜まで奮闘していた春の拡大月間の疲れもあってか、静かです。

中執の冒頭、首都圏建設アスベスト訴訟弁護団の山下幹事長から、5月25日の横浜地裁の判決についてお話がありました。

山下先生は、横浜地裁の不当判決を以下のように切り捨てました。

①アスベストの被害に向き合っていない

②建設現場で働く仲間の実態に向き合っていない

③(アスベストの健康被害を)我慢しろに等しい判決・・・だと。

アスベストによる健康被害は悲惨な職業病なのに裁判官はそのことに向き合っていない。

労働者の命と健康と石綿(アスベスト)の有用性を天秤にかけて判断しただけだと・・・。

これは、泉南アスベスト訴訟第1陣の大阪高裁判決も同じだと・・・。

ここのくだりを聞いただけで涙が出てきました。

5月25日の判決日、他の会議があって横浜地裁前の集会には行くことができませんでした。

でも、京都の弁護士さんによるリアルタイムなツイッターの情報を注視しながら、勝利判決を確信していました。

しかし、原告の訴えを退けて全面棄却。

判決後の目黒支部青年部のブログを見て、本部のHPに記事をリンクしたけど、やっぱり動きもほしいと思い、作ったのがこのスライドショーです。 

※広告が出てしまうので、題名をクリックして大きくしてご覧ください。

提訴から約4年、横浜地裁に提訴した70人以上の原告団のうち、すでに44人が亡くなっています。

横浜地裁の審理は早めにすすみ、裁判官も被害者である原告のことを思って早めにすすめているのかと思っていましたが、そうではありませんでした。

結論は、早くから決まっていた?

中身のない判決。

仲間をバカにした判決。

※不当判決に対する原告団、弁護団の声明はココをクリックしてください。

9月26日には、東京地裁で判決が言い渡されます。

前記した泉南アスベスト裁判でも第1陣は地裁で勝利、大阪高裁で「社会の発展のためには人の命や健康が犠牲になっても仕方がない」というような逆転敗訴。

でも、第2陣は再び勝利判決でした。

東京地裁判決は、逆転勝利ができるよう、法廷外での運動が大切になります。

「勝利判決の旗出しを見るまでは死ねない・・・」原告団長の宮島さんの言葉を胸に、多くの人たちに向けてアスベストの被害を訴えていきます。

« 拡大執行委員会の集約はこちら | トップページ | もうすぐ住宅デーだよ »

東京土建のいろんな活動」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建設アスベスト訴訟「我慢しろ」に等しい判決:

« 拡大執行委員会の集約はこちら | トップページ | もうすぐ住宅デーだよ »

SNS

  • facebook