2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« つながっている被災地への想い | トップページ | 大船渡に到着、あいにくの雨模様 »

2012年7月13日 (金)

歳を重ねて

今年は13日の金曜日が3回もあるんだね。

1月、4月と来て、今日が3回目。

チョット、いやな感じかもしれないけど、たまたま13日が金曜日なだけ。

今日が誕生日の○○さん、あらためておめでとうデス。

もう、この年になると・・・なんて思ってたけど、ある人に言われたのが「歳を重ねることの大切さ」「人間として輝きを増す」って。

そう、人は歳を重ね、人間性に磨きがかかり、人としての輝きも増す。そんなことが分からなかった20歳代の前半は、早く年を取りたいって思ってた。

単純に、若いだけで、小僧扱いされるから。

なんだか、説得力もないし、理屈で話しても「そんな経験もないくせに・・・」って思われているはずだと。

20歳代の後半は、「太ったね」と「結婚しないの?」とよく言われ・・・

結婚したら「子どもは一人じゃダメだぞ」って・・・。

子どもがやっと小学生になり、保育園の送り迎えがなくなってホッとしていると、「ホントに大変なのはこれからだよ」と言われる。

経済的に?それとも子どもの成長の過程で?

それが何を指すのか分からないけれど、人生の先輩方は、色んなことを諭してくれます。

その意味のいくつかが分かり始めた40歳代。

組合のことや青年部のこと、人と人との関わりを傍から見ていて、客観的に判断できる。

物事の意味、なぜ、そんな風に思ってしまうのか、このあとどんな風に展開するのかが、大筋で見えてくる。

だから、あわてずに構えていられる?

ん、そうでもないけど、大抵のことは大丈夫だと思ってる。

今、心配なのは、経験のない受験生の親としての自分かな?

自分自身の中学3年生のころは?なんとなく毎日を過ごしていたっけ。

でも、高校は毎日部活三昧だった。

その3年間があるから今がある。

その頃のことも客観的に見ることができる。

もちろん、後悔もある。

「高校に行くとさ、こんなことがあるよ」って具体的には言えないけれど、その3年間は人間としての成長の入り口なんだと思う。

学校公開とかに行って見ても、高校ってこんなんだったっけ?と思っちゃう。

う~ん、何書いてんだか(-"-)

一度くらいは長男坊と話し込むかな?

« つながっている被災地への想い | トップページ | 大船渡に到着、あいにくの雨模様 »

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歳を重ねて:

« つながっている被災地への想い | トップページ | 大船渡に到着、あいにくの雨模様 »

SNS

  • facebook