2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

杉並区民集会なう

杉並区民集会なう
脱原発杉並有象無象の聖地、蚕糸の森公園で消費税増税・原発再稼働反対、杉並区民集会を開催中です。
これからチョウチンデモっす。

これじゃあ、手が足りねーぞ【参加者募集】

11月11日(日)に開催される東京土建結成65周年記念土建まつり・・・・の実行委員会だったんだけど、いよいよあと、2か月ってなことで最終的な意思統一。

各支部ともに出店する模擬店なんかの話でQ&Aが永遠と続く・・・・。

20121111

そんな会議の合間で・・・いよいよ2週間にせまった、被災地支援のとりくみを一人検討する民。

9/15(土)の宮城県石巻での「炊き出し&なんでも相談会」の際にできることは・・・・

①コッパトイやモザイクタイルなどの工作教室

②かき氷やポップコーンなどの模擬店

③半日以内で終わる住宅内の小修理

って感じなんだけど、現状で参加確認が取れているのは、6人・・・って(・_・)エッ....?

どー考えても、そんな人数じゃ対応できないじゃん!ってことになる。

だってさ、③の小修理は、鉄平と豊くんの二人の大工さんが対応するじゃん。

受け付けて、現地調査して、手元もいるから書記つけて・・・一組(大工&書記)が対応していると受け付けられないから、もうひと組が必要でしょ・・・これで4人。

①の工作教室は来場する子どもの人数にもよるけど、最低2人~4人はほしいよね。

そのなかでコッパトイは書記でも大丈夫なんだけど、目黒の伊達直人さんからいただいたモザイクタイルの木枠があるので、タイル屋さんや左官屋さんの手も欲しい・・・実はタイルそのものも欲しい(-_-メ)

②は、最低でもかき氷に1人、ポップコーンに1人。ジュースやお菓子なんかも用意すれば、もう1人から2人はほしい。

と、いうことで、最低12人は必要ってことです。

だから、募集します。

各支部の青年部員、または担当書記のみなさんで、9/14(金)の夜から9/16(日)まで宮城県石巻の支援活動に参加できる方は、ご一報ください。

そりゃね、秋の拡大月間だし、みんな忙しいってことは承知しています。

しかし、自分一人では行けないけど、青年部の仲間と一緒なら参加したい・・・って仲間はいるはずっす。

個別にも打診しますが、行きたい!って仲間のみなさんの連絡、お待ちしています。

追伸

工作教室のキットなどを提供いただける支部がありましたら、こちらも募集しておりますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

2012年8月30日 (木)

夏休みの宿題

8月もあと1日・・・。

今週になっての大誤算は、次男・洵の夏休みの宿題。

民:「洵、宿題大丈夫なのか?」

洵:「うん、大丈夫、大丈夫」

ってな会話を信じていたものの・・・今週になって、夏休みの宿題のメインとなる国語と算数のドリルが7月からまったくもって、すすんでいないことが判明Σ( ̄ロ ̄lll)

学習指導要領が改訂されて授業のコマ数が月曜から金曜では間に合っていないのか、どうしても夏休みの‘家庭学習’にしわ寄せがきているかのようなドリルのページ数・・・国語32ページ、算数36ページってオイオイ(u_u。)

3年前の兄のときにはなかったような算数の問題が並んでいる。

民:「洵、円周率っていくつ?」

洵:「え?何それ?」

民:「3.14だろーが!」

とか、いいながら問題を解くのだが、あとになって、1学期では円周率まで習っていないことが判明。

民:「何回、同じこと言わせんだよ!(`◇´*)」

と、説明しても分からないわな、習ってないんだから・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

一方で、比とか、割合とか、百分率とか・・・Xとyで式を表せとか・・・子どもの頃ちんぷんかんぷんだったことが、大人になって、実は大切だったと反省し(組合なんか、○○率、○○.○%なんてのばっかりだし・・・)、これは大切と、教えるのだが、

洵:「割合?習ってない」

民:「うそつけ!、ここに5年生って書いてあるぞ!」

洵:「あっ、そう?」

こんな会話を続けつつ・・・月曜からこの木曜まででなんとかドリルを終えました(ノ_-。)

息子よりもうれしい父・民ぞう(-_-メ)

宿題のために今週は・・・2度の午後休みをいただきました。すいませんでしたm(__)m

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

話は変わり・・・今日になって7月とか、8月のコメントメールが届いてた。

HP上はアップされているのに、メールが届かないなぁ~なんて思ってたの。

おまけに・・・携帯から送られてきた、投稿記事、しかも7月ものがいきなりアップされていてビックリ(-_-;)

理由はこちら↓

Photo


ココログの障害だったのね(-_-;)

しかし、投稿記事については載ってないね。

なんで、今頃になって目黒支部の大船渡での住宅デー記事だったんだろ?

日程に合わせて、7月に移動しておきました。

純さんがPCに向かってブログの記事書いてるのかな?

お疲れ様っす。

2012年8月29日 (水)

青年部の仲間を増やす!拡大月間

昨日は秋の拡大月間の支部訪問。

10年前に組織と青年部の担当書記をしていたころは、秋と言えば全支部訪問でして、運転手として回ってました。

当時の棗田組織部長の高級車でナビにきゅきゅっと電話番号を入力して、サクッと検索。

スーツやワイシャツ姿の役員のあとにTシャツ姿で支部事務所に入っていくと、本部の人じゃなくて、組合員的に扱われ「どんな、ご用でしょうか?」なんてこともありました(-_-メ)

まあ、昨日も運転手なので変わらないんだけど、暑いからといってTシャツで行くわけにもいかず、かと言ってポロシャツもNG、致し方なくワイシャツ姿。

そしてかろうじて、本部の人として認識される。

まあ、本質的には今もかわらないけど、本部に12年もいると、支部の特徴は認識してるので、拡大月間に向かう姿勢、準備、書記局の顔色・・・月間モードかどうかは分かります。

そう、すでに秋の拡大月間。

前にも書いたけど青年部の活動者会議には出番がないので、過去の会議から支部青年部の話をご紹介。

Nnn_2

これは、10年前、支部青年部の担当書記を終えた杉並の熊切さんにお話をしてもらった時のレジュメの一部。

支部青年部の担当書記を終えると、日常の忙しさのなかで青年部のことを忘れそうになるんだけど、2年とか3年とかにわたって仲間と一緒に歩んできたことをまとめておくことが大切です。

そのことは、必ずのちの組織活動のなかで活かされます。

‘まとめる’ってことも書記としては大切な課題です。

10年たった今でも、レジュメだけ見てもおもしろい話です。青年部活動の本質は変わっていないと思います↓

「2002kuma.pdf」をダウンロード

Mmm

↑同様に・・・支部の青年部担当書記としてやってきた活動をまとめて報告してね、ってことで2年前の2010年に報告してもらった杉並の藤澤書記のレジュメの一部。

これもまた、どんなふうに支部の青年部と接して、どんな活動をしてきたか、が書かれているので、読むだけでも参考になります↓

「2010fuji.pdf」をダウンロード

各支部の青年部活動や組織状況の到達点に照らしてみて・・・何からはじめればいいのか、ってのが分かると思います。

さらに、現在の杉並支部と照らしてみても、何が必要で、何が足りないかが分かります。

分かったら改善する。

それが担当書記の‘仕事’ではなく、‘役割’です。

二人の報告で共通しているのは、大変だったろうけど、楽しんで活動してるってこと。

そう、組合活動は楽しんでやる。

耳にタコだろうけど、‘仕事’として青年部に対応していては、何も変わらないし、青年部がダメになる。

秋の拡大月間では、また新たなドラマや伝説が生まれるかな?

まずは、しっかり作戦会議ね。

2012年8月28日 (火)

9月の宮城ボランティアの概要

DSC_0259

8月25日の出陣式の写真を見ていたら・・・こんなのもありました。タツがかつらかぶってはしゃいでる・・・。

それはさておき、朝からいくつかの電話を受けまして・・・西多摩支部の市川書記から9月の被災地ボランティアの詳細を教えて下さいって言うんで、先日の青年部執行委員会の議案をみましたが、日程しか出てなかったので、以下のように‘やろうかなぁ~’と思っている、いわゆる素案を書いておきますね。

本部青年部とはいっても、そんなにメンバーはいないので、できることを、できる範囲でやろうってことです。

詳細は9月1日の中央執行委員会の際に笠原部長と佐藤豊仕事対策部長(前後継者対策部長)たちとツメますね。

日 程・・・9月14日(金)の夜出発→9月16日(日)まで。

目的地・・・宮城県に向います。宿泊はちょっと離れているけど古川市内となりました。

行 動・・・9月15日(土)は宮城災対連が主催する‘炊き出し&なんでも相談会’に参加して、 工作や仮設住宅の小修繕なんかに対応したいと思っています。

会場は山元町・・・地図で言うとこの辺かしら・・・?

地図画像

9月16日(日)は、石巻市内の仮設住宅で住宅デーみたいなことをやりたい・・・。

実は、いつもお弁当なんかでお世話になっている新宿民商青年部の安井くんたちがちょうど、この日程で石巻に行くらしいの。現地でコラボ?

これから具体化しますので、もう少々お待ち下さい。

いずれにしても、あっという間にこの8月も終わりっす、

拡大月間、活動者会議なんかと同時進行ですすめるので大変っていえば、大変なんですが、がんばるっす。

2012年8月27日 (月)

拡大出陣式の様子っす

土曜は本部、日曜は支部で秋の拡大月間の出陣式がおこなわれました。

今更ながら、携帯の動画で撮ればよかったのですが・・・そんな余裕がなく、静止画です。

それも少々寂しいので、つなげてみました。

2012.8.25東京土建秋の拡大出陣式にて・・・

決意表明の前に・・・・

笠原:「民ちゃん、決意表明は何て言えばいいですかね?」

民:「青年部員を増やさないと支部が滅びるって言えば?(-"-)」

笠原:「・・・・・・・(ToT)」

民:「うそうそ(ホントだけど)、青年部員拡大の協力をお願いします!って大きな声で言えばいいと思うよヽ(^。^)ノ」

ってな会話をしたような、しないような・・・。

登壇の前にタツがうろうろと、清水ボスのところに来て・・・一緒に舞台に上がってって、言ってるみたい。

次は民のところに来て、あがれって言うので、いやだって言ったら、抱えられて連れて行かれました(-"-)

でも、下で写真撮影っす。

山ちゃんも元気そうだったね。

けっして悪い人ではないのですが、雰囲気が○○○っぽいので、BGMは仁義なき戦いのテーマを入れてみました。

う~ん、やっぱ動画にすべきだったと後悔。

そして、翌日の8月26日は、前記事にも書いたように寝すぎまして、夕方から杉並支部の出陣式へ・・・。

圧倒的な高齢者層・・・でも、それなりに新しい仲間の参加もありますね。

分会の決意表明に続いて、支部でも青年部の仲間が登壇。

001

青年部OBで分会長の修さんが組合に加入させたばかりの子(もちろん、青年部も同時加入)も含めて・・・小山部長がスローガンを紹介。

杉並支部青年部の拡大スローガンってさ、もっとインパクトのあるやつじゃなかったっけ?

まあ、いいけど・・・。

ってなわけで、本部青年部の活動者会議は9月9日(日)だけど、全都的には秋の拡大月間がスタートしています。

青年部の仲間を増やす、同年代の組合員を増やす・・・現場で、材料屋で、地元で、飲み屋で・・・。

気持から拡大モードに切り替えなきゃ(^^♪

2012年8月26日 (日)

寝すぎ

いやぁ~、申し訳ないんだけど、ここ数年では考えられないくらいに寝ました。

昨日の本部、拡大推進委員決起集会から帰って・・・午後11時から午前7時。

洵のサッカーの練習が午前7時からってことで、とりあえず起きて、ご飯食べさせて・・・いってらっしゃい(>_<)

ホントなら一緒に練習に行くんだけど、どうも食欲も無く、少々寝るかな・・・って。

そして、午前7時から午後2時まで・・・。

すいません、よく寝ました。

夕方からは杉並支部の拡大出陣式に・・・。

昨日・今日よ高円寺の阿波踊りがあって、青梅街道は大渋滞だったね。

出陣式であいさつして・・・いよいよ拡大月間って感じです。

写真と記事は明日入れますよ。

ごめん、いっぱい寝たのに・・・また、寝ます(-_-;)

2012年8月25日 (土)

地域から草の根の運動【追記】

毎週金曜日におこなわれている首相官邸前の脱原発の抗議行動

また、同時に各地でおこなわれている脱原発に向けた様々なとりくみ。

おおきな‘うねり’が「原発ゼロ」に向けて世論を動かしていると思います。

今やマスコミも無視はできず、報道されるようになりましたし、首相も首都圏反原発連合のみなさんと面会(北海道新聞8/23社説)、といったところまで来ています。

すごいですよね。

9月1日の中央執行委員会に向けて、各支部が各地域で参加したり、協力したりしている「脱原発」のとりくみを集約しました。

集会・デモはもちろんのこと、学習会や映画の上映会、そして議会への要請など・・・様々なとりくみが各地域でおこなわれていることがあらためて分かりました。

なかでも東村山支部の活動は素晴らしかったっす。

ブログもあるので見てほしいっす→原発なくそう!東村山の会

一方で、脱原発の運動は個人が主体となっていることから、従来の労働組合チックな「組織動員」として対応できず、「自主参加」としているところも多いようです。

多くの組合員・家族のみなさんが、組合からの要請で参加するのではなく、脱原発の願いを自らのものとして、主体的に、自主的に参加するためには、地域の情報をいち早く発信していくことが必要だと思うのですが、組合の毎月の会議のペースだけでは、無理かもしれません。

若手・子育て世代や主婦の会の子育て実行委員会のメンバーなど、いずれも20~40歳代の組合員・家族に向けては、リアルタイムで発信できる、ツイッターやフェイスブック、インターネット掲示板などの活用も早急に構築する必要があります。

また、官邸前の抗議行動を主催している首都圏反原発連合では「所属よりも主張を」ということで、団体・組織ののぼりや旗を規制しています。

うちののぼりや旗は、集まる仲間の目印的な役割もあるんだけど、デモやパレードはやっぱり主張ですね。

組合ののぼりや旗のうしろで、だまって歩いていても想いや主張は伝わりません。

情報発信や集会・デモのあり方など、私たちが当たり前だと思ってきたスタイルをあらためて考える時期が来ているのだと感じます。

そもそも、各地域で様々な活動に参加している支部がある一方で、まったくない支部もあります。

こんなことをいうと失礼かもしれませんが、地域の民主的な団体として認識されていないのでは?と、思ってしまいます。

少なくとも、毎年、子ども向けの工作教室なんかをやっている団体なんだから、子どもたちの未来のために・・・って視点で地域の諸団体との協力・共同ってできないもんですかね?

また、自然エネルギーの活用って視点からは、消費者に対して様々な提案をしていくことが求められている建設業っす。

地域における日常的な活動が、あらゆる団体・個人との結び付きをつくり、草の根の運動になっていきます。そして、その運動が世論を変えていく。

このことも忘れちゃダメっすよ。

Bon_org

↑ちなみに杉並でおこなわれた脱原発・盆踊り(きよ氏さんお気に入りのイラストだわ)・・・自主参加ですが、やぐらはうちの仲間が組み立て・解体しています(^_^)v

P1000253

↑このときは、子どもたちを乗せてデモするための「お散歩カー」を青年部の仲間がつくりましたヽ(^。^)ノ

日頃からうちの活動が見えていて、「土建さんにお願いすれば・・・」となるか、どうか。

これも、大切なことっす。

2012年8月24日 (金)

ひとりぼっちの仲間をなくす

お盆休み明けの会議ウィークが終了?しました。

トドメは昨日・今日の全建総連組織部会の泊まりの会議。

民はさ、東京土建の専従役員(書記)なんだけど、総連の中央執行委員って各県連や単組(県の連合会参加の組合ってことね・・・うちだと東京都連合会の東京土建っていう単組になります)のお偉方(委員長とか副委員長ね)のみなさんだから、そんな会議に出席するのも場違いかな?ってずっと思ってました。

2005年から5年間は工務店対策(住宅対策に統合されたのでもうないけど)、そして2010年からはこの組織部にいます。

ここ最近の会議では、各組合ともに高齢化がすすみ、青年層対策が重要・・・なんて文言が出てくるようになり、今年の2月には特別報告ってことで、青年・子育て世代の仲間をどうやって組合に結集させるか、ってな話をしました。

昨日・今日の会議は10月の定期大会の議案討議だから、当然、青年層対策が急務とかって出てくるんだけど、具体的にこうしましょう、ってのがない。

おまけに、青年部の課題は、全国青年協議会の活動の経過と方針にとどまってる。

全国青年協議会=全国青協、議長の森川くん(京建労出身)が組織部会に出席していたんだけど、バッサリと「提案が(胸に)響かない」と言いきった。

そりゃ、そうだよね、と思いつつも黙ってましたが、想いは一緒です。

森川くんは、全国青協でつくったポスター「絆」の話、神奈川の仲間が亡くなってしまったことにふれながら、「ひとりぼっちの仲間をつくらない」ことが青年部の役割であることを語りました。

そう、青年部の大きな役割はそこにあります。

思えば21年前・・・1991年の夏くらいから本部に呼ばれて、東京土建の青年部再建・活性化に向けた議論に参加してきました。

その当時の担当は今や参議院議員の大門さん。

工務店の2代目の青年が自ら命を絶った話・・・お父さんと一緒に大工として働くようになったが、そのお父さんが急死。自分で現場を切り盛りしようとしたが、うまくいかず・・・各専門工事業者さんたちも離れていってしまう・・・そして、追いつめられた彼は丸ノコで首を切り、自らの命を絶ってしまった。

そんな話を聞いて・・・なんで同年代の仲間がそばにいなかったのか、なんで組合に相談しなかったのか・・・身近なところに青年部があって、相談できる仲間がいれば・・・くやしくてたまらなかった(だから、活動者会議や担当書記会議で話すんだけどね)。

そんな想いから、支部の青年部の仲間を増やすのはもちろんのこと、同年代(そのころは20歳代前半よ)の青年部員と一緒に他の支部のイベントにも参加して、仲間のつながりを広げてきたし、本部の活動者会議は「みんなで参加する!」ってことで十数人で参加して、各分散会で支部の活動を伝えてきました。

そもそも建設現場に若い仲間がいない・・・だからこそ、支部の青年部にはたくさんの仲間を集めようぜ!

だって、俺らさ、将来は独立して親方になるんだぜ、そのときに仕事をたのめる同年代の仲間がいなかったら大変じゃん。

だから、住宅を建てるためのすべての職種の仲間が必要。

青年部は卒業があるから、常に次の世代(ここでいう次の世代は、20歳代前半とか20歳代半ばの仲間ってこと)の人づくりをしなきゃ。

20年を経て、こんな想いを共有してきた仲間たちは支部や分会の役員として、そして技術・技能と経験をもつ立派な建設職人になって活躍しています。

思えば、この青年部時代に「次の世代の人づくり」を心がけ、実践してきた仲間だから、わざわざ「後継者対策」なんて言わなくても次の役員につなげることができるんだね。

やっぱり、青年部活動は、組合活動の原点だと思う。

全国にはね、35歳とか40歳までの組合員は全員が青年部員、なんてところがたくさんある。自動的に青年部に登録されるから、拡大しなくていいかもね。

でも、組合員をふやすときになって、声かけられるの?組合のこと説明できるの?できないんじゃね?

20歳代の青年部のころから、青年部のことも、組合のことも、仲間や未加入者に語ってきたから、今や書記以上に説明の上手な役員がたくさんいる。

しつこいけど、青年部活動は組織活動の原点なの。

なんて、ことを昨日・今日の総連組織部会の議論を聞きながら思い出してました。

9月9日の青年部活動者会議まで二週間。

ひとりぼっちの仲間をなくす=青年部の存在を伝え、青年部に迎える=青年部の仲間をふやす。

支部担当書記の頃は、青年部員たちと一緒に活動者会議で部員拡大の寸劇(ん?コントか?)もやったっけ・・・。

20歳代の支部青年部担当書記のころの想いと経験は、書記という「生き方」を続ける上での大きな財産となっています。

感謝です。

2012年8月23日 (木)

ちっ(#`皿´)

まあ、いろいろあって、ひさしぶりに出勤したので「たまにはブログ更新しろよ」と言っていたのに、すでに日々のルーティンワークから外れているらしく、ブログは更新されてないねぇ(#`皿´)
いけね、今日は執行委員会だったね。
おいらは活会でも出番がないらしいので、黙って受付でもしてるね。

話は変わり、義父(おやじ)さんの葬儀には青年部の仲間がたくさん来てくれてたねぇ。
青年部の担当書記冥利につきるねぇ(^o^)ありがたいことです。
秋の拡大は、その恩返し。しっかり、頼むよσ(^_^;)?

2012年8月22日 (水)

ひとり行動(デモ編)ムービー

休み明けの連続会議ウィークも3日目。 

今日は常任中央執行委員会。 

休み明けは、ずっと、一人で仕事してるから議案も自分で印刷したの。 

そして、会議室に自分で持って行ったんだ・・・。 

あっ、当たり前か・・・だって、一人なんだもん・・・そう、ひとり行動(会議編)っす。 

朝から青年部長の鉄平が登場し・・・ 

鉄:「明日、(青年部の)執行委員会ですよね」って言うので・・・ 

民:「あっ、そうだっけ?」と答え・・・。 

鉄:「棚ちゃん、はがき出しましたかね?」っていうんで・・・ 

民:「ありゃ?どうかね?」 

なんて、やりとりがあったんだけど、藤原さんが出してくれていたのね・・・ありがたいっす。 

本日の会議の専門部提案は、後継者対策と青年部からってことで、午前中で提案が終わり、あとは他の提案を聞いてるのみ。 

お昼には、目黒支部の大船渡の仮設住宅での住宅デーの様子を見て、豊くんと鉄平(そもそも二人とも大工さん)は、9月の宮城県での取り組みをシミュレーション(具体的には9/1の中執のときに打ち合わせることになったよ) 

午前中で出番が終わりと思いきや、午後からの拡大推進委員会でいきなり、「それじゃあ、青年部と主婦の会からも・・・」なんて清水ボスがふるので、焦る鉄平。 

なぜか、手帳を開きつつ・・・ 

鉄:「9月9日に活動者会議を開催して、そこで意思統一をしていきます。よろしくお願いします。」とか、なんとか言って、その場をしのぐ。 

会議の合間の休み時間に2階の事務所に戻るとタツ登場。 

辰:「棚さん、来てないんですか?」 

民:「うん、来てないよ。明日からくるみたい・・・」 

ってな会話。 

会議室にもどって、鉄平に「タツが下に来てるから、行ってきな」と促し、気もそぞろに会議参加。 

まあ、そんな感じで3日目の会議は終了っす。 

と、いうことで、 

明日(8月23日)は青年部の執行委員会です

午後8時からね。ご出席のほど、よろしくお願いします。 

棚さんは、明日は来ていると思います。 

ちなみに民は明日から出張です(今月3回目だよ・・・(T_T))。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

話は変わり・・・以前、4コママンガをムービーになんて紹介したんだけど、すでにこの「ひとり行動(デモ編)」は完結しておりまして、いつかは完結版を作りたいなんて思っていたら、すでにセリフからバックの音声、音楽等を入れたムービーがyou-tubeで公開されておりました。

 
 

ちびた母さんすいません、つくると約束していたのに・・・。 

でも、たくさんの人たちに見てもらいたいって、想いの人がいたかと思うと嬉しいっす。 

ありがとうございました。 

ってなわけで、あらためて、ひとり行動(デモ編)をご覧ください。

2012年8月21日 (火)

2回目のお盆

一週間ほど前、お休みして群馬にいた夕方。 

NHKのニュースでは、被災地の「2回目のお盆」を報道していました。 

昨年8月上旬に本部青年部の四役を中心に行った、石巻の弾丸ボランティア。

11_08_06_8928


仲間たちが清掃に携わった墓地で「2回目のお盆」を迎え、手を合わせる人たち。

O0383021412133585225


微力ながらも仲間たちのがんばりが形になって現れたかな?と思うとうれしかった。 

そんなことを思い出しながら、改めてweb上を検索してみたのですが、残念ながら、このNHKニュースはすでに削除されていました。 

一週間ほどたって思いだしたのは、7月におこなわれた目黒支部の大船渡での住宅デーのDVD(52分の報告版)を見せてもらったからです。 

自分たちができること・・・そのことをしっかり話し合って、仲間の想いを胸に支部の代表として被災地に行った彼らの表情や充実した取り組みの内容を見ていて、「俺たちはどこまでできるかな?」なんて思いました。 

でも、身の丈にあった、できることをやればいいのかな?って思います。 

そう、どう背伸びしたって、現地での時間も、使えるお金も限られている。 

そのなかで、どれだけ、喜んでもらえるか・・・それが大切なんじゃないかな? 

片付けても、片付けても終わらない・・・石巻の墓地で仲間がそう思った昨年。 

でも、今年は、多くの方々が「2回目のお盆」で手を合わせてる。 

結果がすぐに出ることと、出ないことがある。 

すぐに結果はでなかったけど、やりきった感のあった昨年のボランティア。 

今度の現地でのとりくみは、みんなに笑顔を届けよう! 

なんて、勝手に思っている、民っす。

2012年8月20日 (月)

休みぐせ(-_-;)

10日ぶりに職場に出勤。

長い間、どうもすいませんでした。

その間、2日間は京都への出張。

もう1日が昨日のフットサル大会。

ってことで、一週間お休みしました。

ありがとうございました。

そして今日から一週間は、会議×5日間のスペシャルウィーク(-_-;)

専従役員会議、主任書記会議、常任中央執行委員会、そしてとどめは全建総連の組織部会で週末は一泊。

全建総連で思いだしたのが8/2~3で開催された全国組織部長会議の分散会報告を8/16までにって言われてたのを忘れてて、今頃やってます。

森くん、申し訳ありませんm(__)m

しかし、休みがしみ込んだ身体が目覚めるはずもなく、お昼を過ぎると昼寝を欲する習慣が・・・(-_-)zzz

とは、いうものの必死で目を開けて会議に参加。

だって、いよいよ、秋の拡大月間がはじまるんだよ、先日お話しに行った京都の左京支部ではこの休み明けから組合員訪問行動がはじまります。

うちの支部だって、昼間の行動や立て看板の取付なんかの行動が始まるよね。

何事も段取り8分です。準備期間にどれだけのことができるか、本番は長いけど、やっぱ、準備期間って大切です。

 

さて、本日8月20日は、上の息子の15歳の誕生日。

P1000107

う~ん、彼ももう15歳。

こっちも歳とるわけだね。

このケーキ、バナナが入ってた。食べてないけど・・・。

ハッピーバースデー、悠人。

連日の夏期講習、受験勉強がんばってよ(@_@。

2012年8月19日 (日)

ヨシッ、フットサル大会優勝っす

おっ、今日から20才以下の女子サッカーワールドカップでした。

メキシコ相手に4-1で快勝。

次代を担う女子選手たちの活躍にこの後も注目ですぞ。

てなわけで、予告通り本日は都連青年協議会のフットサル大会。

昨年は、おしくも準優勝だったんだけど、昨年の記事を見てみたら勝ち点では第1位だったんだよね。得失点差で準優勝。

そして、

今年はついに、優勝っすよ。

P1000106

6チームしか出場しないので、3チームずつでたたかって、各1位で決勝戦なんだけど、1勝(対東建従戦は1-0・・・ゴールは悠人)1分け(対東京建設Aは1-1・・・ゴールは岸本くん)で1位通過し、相手は!?またユニオンか!?と思いきや、東京建設Bさんに負けたので、決勝戦は東京建設Bさんとでした。

あのね、ユニオンさんには、昨年はいなかったむちゃくちゃ上手な23歳の子がいたの。学生時代は都の選抜にも入ってたって親方らしき人が言ってました。あれとあたっちゃぁ~勝てないと思ってたんですが・・・う~ん、分からないものです。

P1000099

その試合・・・結構、攻め込んでいるのにボールを奪われ、カウンター的にゴールを決められて2-0

こりゃ、ダメかな?と思いきや、あかつき印刷もりりんに代わって投入した岸本くんがゴールで2-1

さらに、この夏休みにすっかり夜行性になっている中3息子がゴールで2-2

そして、ピピーッのホイッスル・・・・と、いうことでPK戦に突入。

あっ、いい忘れましたが、うちのキーパーはすぐるくんです。

PK戦といっても時間がないので、どちらかがが決めて、どちらかがミスするとそこで終了というルール(これもゴールデンゴールとか、Vゴールって言うの?)。

うちは先行で本日2ゴールの岸本くんが決め、相手も決める。

つぎはあかつきの吉田ゆきちゃんが決めて、相手のボールをすぐるが止める・・・って、すぐるがヒーローじゃん(-"-)

ユニオンの太田くんいわく、「たまにしか来ないのに、おいしいとこ持ってくなぁ~」・・・うん、その通りっす。

それにしても本日は、あかつき印刷から6人、豊くん(バイク)にゆうたくん(チャリ)、タツとすぐる、そしてうちの親子で12人と例年になくメンバーが豊富。

疲れたら交代する。

やっぱり、充実しているといいねぇ~

あんまり出られなかったみなさん、ゴメンナサイ。

フル出場はすぐると我が息子だけなんだけどね。

ククク、9月の都連の執行委員会議案には優勝って載るわヽ(^。^)ノ

昨年は、「なんで負けたんだ」って、他の役員に突っ込まれたし(-_-;)

んなことなら、応援しにこいっちゅーの。

都連フットサル3カ年計画をもって優勝することができました。

あらためて、ありがとうございました。

クーッ、あのシュート決めたかったわ。夢見るし(-_-;)

ちなみに昨日の試合でボコボコにされた次男・洵人の今日の結果は2試合ともドロー。

「おまえ、明日も負けたら(頭を)丸ぼうずにしろ!」っておどしが効いたか?

洵もがんばったね。お疲れさま。

2012年8月18日 (土)

明日は都連青協フットサル大会っす

今日の天気は変だったねぇ~

小6息子のサッカーの試合で区内の運動場へ。

10時10分試合開始。 

しかし、夏休みということもあって、メンバーがそろっていない(-_-;)

 

青年部のフットサルでおなじみの秀、いつも冷静な昇輝、右サイドを駆け上がる仁・・・交流戦とはいえ、主力を欠いたメンバーで闘えるのか?

 

それにお前たちは夏休みに入ってから一度も練習してないんだぞ(だって、小学校の校庭の工事があったんだもん)。

 

案の定・・・前半から2点を入れられて、あと5分ってところで×サイン。

 

東京23区に大雨・落雷警報発令ってことで、ゲーム途中で子どもたちは屋内に避難。

 

屋内ったって、野外運動場の野球のベンチとか、用具入れとか、隣接する区民集会所とか・・・。

 

試合時間にあわせて来た子どもたちなんか、びしょぬれだよ。

 

てなことで、待つこと約2時間。

 

お昼を過ぎて、雨も弱まり、まずは、開会式(最初からお昼に予定されてたの)っす。

 

P1000093

 

開会式では、「名誉会長の○○先生は、必ずお見えになります」とか紹介されてましたよ。衆議院東京8区選出の○○党幹事長。

 

2009年の総選挙で大敗した後は低姿勢で町の盆踊りにまで顔出してたのに・・・解散含みの政局だから、忙しいみたい。明日もあるからくるんじゃない?

そもそもこの大会は、政党とか議員がらみだから好きじゃないの。 

「○○先生のおかげでこの大会が開催できます」とか平気で言うし(-"-)

 

んで、雷雨で中断した試合の前半5分と後半15分は、気持ちも入れ替わったのか、休みボケが覚めたのか、動きも良かったけど、結局は追加点を入れられて負け。

 

リーグ戦だから、あと1試合。

 

午前中の雷雨がウソのように晴れ渡り、こんどはうだるような熱気に変わった午後2時過ぎのキックオフ。

主力がいないのでいつもはバックの洵といつもはキーパーだが、指を骨折しているという大地(どちらもあんまり走らない)が中盤をまかされたのですが、予想通り、走らない。

 

そして、パスを回されても‘寄せない’から打たれる、センターバックの裏にパスを入れられる・・・など、まあ、やりたい放題やられて、コーチたちの声も聞こえなくなりました(>_<)

写真をとりつつ・・・「洵人!しっかり仕事しろ!」と大声を張り上げたものの、その威力は数分しかもたず・・・。 

ひさしぶりにボコボコにされた試合でした。何点入れられたかもわからない。そんなに強い相手でもないのに・・・。

あーあ(+_+) 

ってなわけで、そんな小学生の試合は明日も続きますが、それはそれ。

 

私たちは東京都連青年部協議会主催のフットサル大会っす。

 
地図画像
 

と き 8月19日(日)午後1時集合、1時30分開会式、1時50分ゲーム開始(終了は午後4時を予定)

 

ところ 品川区立大原小学校・校庭

☆学校には駐車場はないよ。近くのコインパーキングを利用してね→「2012.pdf」をダウンロード

とりあえず、青年部の仲間以外の参加確認はとれてるの。

OB2人、中学生1人、AP5人・・・う~ん、これで8人だわ。あっ、民もいるか。

 

本部青年部四役も来てよね(-"-)

 

フットサルの後は、(自宅で)シャワーして、着替えて、埼玉に行きますよ。

2012年8月17日 (金)

おそばとおうどん・・・姉山の家

京都の出張後の13日(月)からずっと群馬県におりまして・・・本日、戻って参りました。 

インターネット回線のない、妻の祖母の家。 

ブログの更新はすべて携帯電話でやってました。 

帰宅後、写真の向きを変えたりして・・・さらにキラリやポチッとかね(ココログのみなさんご無沙汰しておりました、携帯ではキラリもポチッも出来ないのでゴンス)。 

祖母は何年か前に亡くなったのですが、娘である義母姉妹が改築し、昨年の夏から行くようになりました。 

地図で言うとこの辺↓

 
地図画像
 

関越自動車道は月夜野インターから30分かからないかな?ようこそ、猿ケ京温泉って看板が見えると湯宿(ゆじゅく)温泉。そう、この辺っす。 

湯宿というくらいだから、町の中に公共のお風呂がいくつもあるの。 

それが熱いのなんのって・・・地元の人が入っているときに行くとむやみやたらと水も入れることができず・・・ピリピリとしたお湯につかることになる。 

息子いわく、「地獄風呂」・・・でも、今回は皆さんやさしくて子どものために水を入れてくれました。でも、すぐに熱くなるぅ~(>_<) 

さかのぼれば、23年余り前(1989年)、杉並支部青年部の一泊学習会(賃金討論会)で行ったのがちょいと先の猿ケ京温泉。 

あのとき、タカさんとおばあちゃん家に寄ったの。三春もいたけど・・・。 

それから9年後くらい(1998年)、息子が生まれた翌年の写真がありました。 

そうそう、幼き頃のタカさんの写真もあったけど、ここで紹介すると殺されるので、やめときます(-"-) 

さて、最終日の本日は、「おそばを食べに行こう」ってことで、猿ケ京温泉の民宿街?をぬけ、山の中へ・・・ 

P1000117

この「姉山の家」ってところです。 

なんか、昔行った感じがするんだけど・・・違うかな? 

P1000119

昭和を感じさせる民家なの。 

奈良ナンバーの車があったよ。遠くから来てるんだねぇ~ 

中に入ると普通の民家・・・そこで、おそばかおうどんを注文する。 

待っている間、飛んでくるアブ、歩いてくるアリたちをやっつける。 

店内には「アブ用です。ご自由にお使い下さい」と書いた箱。 

専用のハエタタキならぬ、アブタタキが常備されています。 

お野菜も売ってたよ。きゅうりが一袋100円・・・ってことで、早速購入する義母。 

P1000120

おそばはおいしかったっす。

洵いわく、今までで一番おいしかった・・・ってそんなにかい? 

食事の後・・・義母と洵で記念撮影?ありゃ、洵が目をつぶっちまったよ。 

と、いうことで、月~金の5日間、群馬の休日でした。

そうそう、この休みの間のハンター洵人の捕獲した生き物たちは、ココをご覧ください。

2012年8月16日 (木)

さすがに…

群馬の休日も4日目となり、さすがに飽きてきた感あり(-.-)y-~
今日は入須川の叔父さんのところに行き「川があるから、そこで遊べば…」なんて話だったのですが、きれいな川ではあるものの、生き物がいない( ̄^ ̄)
仕方なく、ハンター洵は叔父さんの畑で野菜の収穫体験。

2012081611040000


ナス(嫌いだから食べないくせに)、ピーマン、プチトマト、トウモロコシ、スイカにキュウリ…八百屋でもはじめるんかい、ってツッコミたくなるほど収穫(゜o゜)\(-_-)

2012081611090000


遊神館っていうお風呂に入ったあとも汗だくで‘はとこ’の涼くん(二年生)と遊んでました。

民のぼやき…インターネットのない環境で早4日。ココログ…キラリもポチッも(ToT)、Twitterも携帯電話のレベルではまったく対応できないわ(-_☆)キラリ
コノキの実もみんな落ちちゃっただろうなぁ。グスン

2012年8月15日 (水)

なるなるグミの実

お休み3日目、朝から雨模様。
持ってきた夏休みのドリルでもやればいいのに、息子は叔母が買って来てくれた「なるなるグミの実」なるお菓子を作っています。

2012081511200000

ねるねるねるね系の大人には少々「きもい」食べ物?ですぅ(°Д°)

2012081511200001


どうして、子どもには、うけるのかねぇ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

2012年8月14日 (火)

みなかみなう

昨日からお休みをいただき、群馬県はみなかみ町の猿ケ京に来ています。

2012081316130000

お盆と言うこともあり、町では日本一小さな花火大会が開催されていました。

2012081319370001

川の近くで線香花火…うーん、なんとなく、もの悲しい感じ(;_;)/~~~
もちろん、昼間は川遊びだったのですが、義母の実家に蜂の巣があり、息子共々襲われました(°Д°)
だって、退治したと思っていたら、もうひとつあったんですぅ(ToT)
クロスズメバチとやらに二ヶ所も刺され、ブルーな夏休みっす(>_<)

2012年8月13日 (月)

京建労左京支部でのお話・・・そして

と、いうことで京都から東京に戻ってきました。 

いやぁ~お盆の東京駅ってスゴイ。 

北海道出身の管理者・民は、もっぱら東京駅って、出張でしか利用しないんだけど、新幹線を利用したお盆の帰省ラッシュ。 

東京駅構内は、人であふれかえってまして、お昼時と言うこともあって食事どころは長蛇の列。階段などには電車待ちの人・人・人。 

子どもたちもかわいそうだけど、その親も大変だなぁ~と思いつつ、いざ京都へ。 

駅に着いて、車でお迎えをしてもらったので、自分自身がどこにいるかずっと分からないまま、ホテルに到着。 

チェックインを済ませてもらい、部屋に荷物をおいて、いざ、京建労左京支部の事務所へ

 
地図画像
 

俺って、どの辺にいたのかな?と、帰宅して調べたよ。 

ホテルは、アピカルイン京都。大浴場は11時まで、門限は12時まで。 

門限!ってあるの?って感じだったのですが、案の定、主婦の会の納涼会の後、飲みに行き、着いたのは午後11時55分。 

寝りゃいいのに、オリンピックサッカー決勝戦を見て就寝。 

やっぱ、メキシコは強かったね。 

京都に行って何を話してきたかと言うと、こんな感じ。 

kyoto1

↑なんで、私が左京支部でお話するのか・・・。 

生でハンドマイカーZも見ましたよ。 

kyoto2

支部長の平山さんも保育園、学童、PTAと活動してきた人。 

しかも、45歳。今年からは、京建労本部の組織部長になりました。 

書記長は非常駐ですが、現役のPTA会長。 

ってなこともあり、地域活動と組合活動をからめた話を少々・・・。 

kyoto3

↑自らのPTA活動と組合の活動を照らしたりなんかして・・・。 

kyoto4

 

↑どんな活動も、やらされてる、じゃなく、笑顔で楽しくね、って。 

kyoto5

       

んで、こんなことは自分の組合では話したことがないんだけど、地域活動や仕事があって、そして組合の役員がある。 

三位一体が理想的・・・なんて話をしてきましたヽ(^。^)ノ 

う~ん、これで良かったのか・・・とは思うのですが、話す側としては、あらためていろんなことを考える機会になって良かったです。 

感想文も書いていただいているので、評価はあらためて・・・ってことで。 

それにしても京建労左京支部の役員の皆さんはアットホームっす。 

しかし、アットホームなだけじゃなく、若い役員さんとそれを支えるベテランの先輩方がかみあうというか、包容力があるというか・・・う~ん、人づくり=若手役員を育てていくには理想的な感じでした。 

この秋の拡大月間では、同じ京建労のなかの北支部、乙訓支部と拡大競争。 

さらに神奈川土建川崎中央支部とも拡大競争をすることになったそうで・・・(-_-;) 

お盆明けには早速、組合員訪問行動がはじまります。 

いろいろと大変なのは、どこの組合も同じこと。 

でも、この大変な中で新たに活動に参加してくれる仲間を増やす・・・これが大切っす。 

拡大月間は仲間をふやすと組織を強くする月間。 

組織を強くする、ってのは、新たな仲間の参加・協力を増やし、役員体制や活動に参加してくれる仲間のすそ野を広げるってことです。 

うち(東京土建)も目標達成(+組織実増+そのまま年越し)にプラスして・・・新たな仲間の参加を広げようね。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に・・・2004年に伏見支部の学習会に行った際に駅まで送ってくれたり、民が総連中執になった2005年以降、同年代の仲間としてよく話もしていた、谷くんが亡くなったことを昨日、あらためて知りました。 

多分、民より2つくらい年下だし、亡くなったのは3年半くらい前だと言うし・・・。 

一緒の書記としては残念でなりません。 

残された家族のことも心配っす。 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

遅くなってごめんね。

2012年8月12日 (日)

京都なう

京都なう

前記事のとおり、昨日から京都にいます。
昨晩は主婦の会主催の納涼会。デリバリーじゃないの。

2012081118480000_2

すべて手作り、すばらしい(^-^)/
忘年会も主婦の会のみなさんが準備するそうです。
さあ、本日は幹部学習会。午前中、二時間しゃべくります( ̄0 ̄)/

2012年8月11日 (土)

京建労左京支部の学習会に行ってきますぅ

2日連続で午前3時45分起き。

そんな生活も今日で終わり。

そう、オリンピックの男子サッカーも終わってしまいました(決勝戦はまだだけど・・・)。

う~ん、そりゃあメダルが欲しかったね、って言えばそれまでだけど、あの世代としては試合を重ねるごとに強くなっていったし、将来的にはA代表になっていく選手たちだから、自分たち自身の課題を明らかにしたり、経験値をあげていくためにも、ベスト4は素晴らしい結果だと思います。

心からお疲れ様でした、と言いたいです。そして、ありがとうです。

さて、オリンピックもあと数日。

世の中はお盆の帰省ラッシュがはじまっているのですが、管理者・民は今日から京都に出張します。

明日の日曜日が京建労左京支部の幹部学習会なの(京建労=全京都建築労働組合ね)。

このブログを通じて交流してたんだけど、講師として呼ばれました。

お題は「仲間のつながりこそ最大のメリット」

う~ん、壮大なテーマ。

情勢とか、拡大の意義とか、役員・幹部の役割とか・・・そんなんじゃないの。

だから、組合チックなレジュメはやめようと思ってつくったんだけど、やっぱり、組合チックになりました(-_-;)

ってなことで、こんな京都の仲間に会いに行きます。

これは約1年前のもの。左京の仲間の被災地支援はここからスタートっす。

今日の夜はね、主婦の会の納涼会?なんだって・・・そこにもお呼ばれしたので前泊っす。

それでは、行ってきます。

暑いんだろーなぁ~(-"-)

2012年8月10日 (金)

目黒支部復興支援報告会

こんにちは、ジュタカです。

昨晩、目黒支部後継者対策復興支援報告会を開催しました。

7月13日夜から16日にかけて、目黒支部後継者世代の仲間12人は、岩手県大船渡の応急仮設住宅で住宅デーを地元気仙地方に新たに結成された、けせん建設職組合と全建総連岩手県連の盛岡建労・釜石大工組合の皆さんと一緒に開催。

復興支援の取り組みは、目黒支部として始めて試みで、昨年の本部青年部の支援活動の立派な冊子を見て、勝間田後継者対策部長が、自分たちより若い青年部が、やってきているのに自分たちにも、 「何かできないか」 と後継者対策部会で討議・検討し、岩手県の気仙地方に人数は少ないが、新しく組合ができたことを知り、 「同世代の仲間もいるだろうから、同じ建設組合として元気付けたい」

 
何とか連絡を取り付けて 「何ができるかわからないけどやってみよう」 けせん建設職組合では、「左官道具が不足している、手に入らないらしい」

左官道具(中古のものや使っていないもの)の調達などを支部の仲間に訴え、復興支援は 「ボランティアで行くぞ」 「行動費を貰ってまでやりたくない」  「でもやっぱり先立つ者が無い」(最初彼らは、部会の行動費をプールして旅費などと考えていたのですが) と不安、 支部の仲間に カンパを募ろう! 「ガンバって行って来い」 「目黒支部の代表だからな」 とカンパと心温まる励ましの言葉、 「やっぱり、もつべき者は、良き仲間」

仲間からの思いを胸に大船渡へ  本部青年部のように立派な者ではありませんが、復興支援参加者の報告集が良くできていました。

14日・15日の取り組みの映像52分(未編集は約4時間)の編集されていて、報告集と同じく最高でした。編集作業をした3人に感謝です。

昨晩の報告会は、支援に参加した12人が久しぶりに全員そろい、一人ひとりから簡単な感謝と感想がされ、最後に勝間田後継者対策部長から、暖かく送り出していただいた皆さんへ感謝と訴えがありました。

昨日の東京都連の議案にも出されていたように、義捐金・道具支援より組合員の方の人的支援、たとえば 「応急仮設住宅での住宅デー」 など、行っていただいたほうが良いと、岩手県連斉藤会長から要請があり、東京都連としても支援をしていきたい旨が、提案がされました。

勝間田後継者対策部長も 「今回に限らず、必ずまた、企画して支援を続けていきたい、支援する必要がある、何年掛かるかわからい復興、忘れてはならないあの災害を」 と涙ながらに決意表明とも取れる訴えがありました。

最後は、支部委員長から、支援に行ってきた仲間に対して感謝と支部としても、支援活動の 「 わ 」を広げ取り組んでいこうと述べられました。

目黒支部後継者対策復興支援へ思いを寄せていただいた皆様ほんとうにありがとうございました。

特に、目黒の伊達直人さん、ありがとうございました。

さすが、伊達直人さん、報告会にも顔を出さず、影からのご支援感謝です。

お察しの通り(>_<)

おはようございます。

お察しの通り、女子サッカーの決勝戦を見るためにブログの更新もせず就寝しました。

午前3時半に起きて決勝戦を観戦。

時折、女子バレーの準決勝も見る(ブラジルに負けて3位決定戦へ)。

う~ん、サッカーは惜しかったね。

キャプテン宮間の涙で、こっちも泣きそうになりました。

オリンピックの試合は中1~2日で次の試合へ。

疲れも蓄積するし、故障もある。

そんななかでがんばった選手たちに大きな拍手です。

お疲れ様でした。

表彰式の笑顔にも感動しましたよ。

お次は男子の3位決定戦。

ワールドカップは中4日程度、オリンピックは男子も中1~2日だもんね。

なんといってもタフさが求められる。

観る方も睡眠不足の中でタフさが求められる・・・う~ん、週末は出張なのに。

昨日は都連の執行委員会。

東日本大震災の被災地支援の活動で地元の建設組合に義捐金や物資支援をしてきた都連ですが、岩手県連からこんな要請が・・・

お金ではなくて、継続した支援、被災地の仮設住宅などで「住宅デー」を開催してほしいとのことでした。

7月に目黒支部の後継者対策部が岩手県大船渡市に出向き、地元のけせん建設職組合のみなさんと仮設住宅で住宅デーを開催。

工作教室(コッパトイやモザイクタイル)やかき氷、焼きそばなどを振る舞い、事前に準備した棚を無料配布(残念ながら申込者多数の為、抽選)。

仮設住宅のゴミステーションに猫が入るため、入口にドアをつける・・・建設職人ならではとりくみをおこないました。

NDN(日本電波ニュース)の矢口カメラマンが同行して撮影した映像は、編集しきれてないので後日、you-tubeにアップするね。

ひとまずは、目黒支部青年部のブログで見てください。

と、いうことで都連でもそんな取り組みを検討するようです。

そう、被災地のみんなと顔が見える関係を継続していく・・・忘れない・・・そのことが大切なんだとあらためて感じました。

【ここで告知】

本部青年部も9月14日(金)の夜から宮城県は石巻に行きます。

仮設住宅で住宅デーみたいなことができれば、と思います。

その前に、来週末は西多摩支部の青年部が大船渡で工作教室です。

う~ん、お盆明けも忙しくなるっす。

その前に週末の京都でのレジュメ完成させなきゃ(-_-メ)

2012年8月 8日 (水)

近いうちと近い将来

う~ん、連夜のサッカーの試合に日本に居ながらにして時差ボケを感じる管理者・民です(実際は海外にもいったことはないのですが・・・)。

さて、NHK風に言うと「政治が動いた」って言うんだけど、政治が動くってこういうことじゃないでしょ、と思う。

6月末の3党合意で「税と社会保障の一体改革」の中の消費税の増税だけが衆議院を通過した。

それから早1カ月余り。

政権党は離党・分裂を繰り返し、今や政権も虫の息。

下手をすれば法案も通らない。

3党合意した一方の野党は、3党合意を反故(ほご)にして、内閣不信任案を提出しようとする。

国民にとっては消費税増税が見送られるわけだから、大歓迎なのですが・・・。

政権党党首=総理大臣と自公の党首が会談し、再び3党で合意。

なんじゃそりゃ?それが「政治が動いた」っていうNHKってなんなんだ?

それも、消費税増税法案を通過させて・・・昼間までは「近い将来」(国会を)解散する。

これが不満な自民党は、持ち帰り、再び党首会談・・・「近い将来」が「近いうち」に変わった。

どう違う?ニュアンスか?

例えば・・・「君たちは近い将来、組合や建設産業を背負って立つんだよ」

「君たちは近いうちに、組合や建設産業を背負って立つんだよ」に大きな違いはない。いずれも、明日・明後日ではなく、中期的な感じがする。

もっと身近な会話で考えると・・・「いやぁ~、近いうちにまた飲みに行こうよぉ~」はあるけど、「近い将来、飲みに行こうね」はない。

「近いうちに飲みに行こうね」って言ったり、言われたりしても実際は飲みに行ったりはしないと思う。

そのくらい「近いうちに」は、「曖昧な言葉」ではないか?

それで納得する外面だけの野党の党首ってなんだ?

そのあいまいさで党内を納得させるのか?

いずれにしても解散、総選挙となれば、現在の政権党議員の多くが落選し、失業者になる。国民との約束=マニフェストをかなぐり捨てたのだから当たり前の結果となる。

もちろん、消費税増税に政治生命をかけるって言った首相は、解散すれば政治生命が失われることになる。

消費税を導入した首相=竹下、増税した首相=橋本、増税を明言して参議院選挙に臨んだ首相=菅・・・と退陣を余儀なくされることは歴史が証明している。

竹下の前に大型間接税を導入しようとした大平首相も党内抗争もあって退陣している。

税制の基本となる応能負担の原則を逸脱した消費税は、失業者にも同じ税率がかけられる。

その重みを思い知るがいい。

とはいうものの、失業したくないからなるべく解散を先送りにして、延命措置を図ろうとする。政治生命なんてかけてないじゃん。

首相の記者会見のバックが「国民の生活が第一。」っておいおい、その公約は捨てたんだろ。だから離党者を出し、その名前の政党もできたのに・・・あえて背景に引用するってのが、国民をバカにしてる。

記者たちも『突っ込み』入れればいいのにって思う。

近い将来解散、近いうちに解散・・・明日は「そのうち、解散しますよ」かな?

どうしようもねーな(-_-;)

2012年8月 7日 (火)

お盆明けは都連青協のフットサル大会ね

いかん、いかん、夜中にサッカー見るために早寝するところだったよ(^^ゞ

昨日?いや、本日午前1時からの女子サッカー見た?

一度、寝てから夜中に起き出し、そしてTV観戦。

う~ん、それは今日(明日)の男子サッカー準決勝のメキシコ戦でも続くんだけどね。

先日のブラジル戦は、序盤の猛攻にひゃぁ~って感じだったけど、フランス戦は、2-0でリードしてからの追撃の恐ろしいこと(>_<)

案の定、2-1と追いつかれて、ペナルティエリアでファール(-"-)

仕方ない、2-2で仕切り直しだな、と思ってたんだけど、PKは入らず・・・逆に非情だな、と思ってしまいました。

しかし、勝ってるとき、攻められてるときって時間が過ぎるのが遅い、遅い。

主審のホイッスルが鳴って、やっと安堵し、就寝です。

さて、オリンピックの寝不足も続くのですが、お盆明けには、毎年恒例の全建総連東京都連合会青年協議会=都連青協主催のフットサル大会があるっすヽ(^。^)ノ

一昨年は、第4位。

昨年は吹奏楽部(実はウソ)の中学生を擁して準優勝。

そして、いよいよ今年は・・・優勝するしかないんですよぉ~

と、私だけが息巻いてもダメなわけでして、青年部の諸君、とりわけ、四役諸君が集まることが求められています。

そう、昨年は岸副部長しか来なかった・・・でも、準優勝した。

岸くんは中学生たちにしっかり覚えられていて、その後のあかつき印刷・もりりん杯のフットサルの時に「来ないんですかぁ~」って言ってたよ。

その、もりりん杯のときに出場の声をかけた前副部長のゆうたくんは「タイミング悪いっすよ」っていうし。

大変申し訳ありませんが、いつも、このブログを見ていただいている、お父さま、都連のフットサル大会には出場するよう、お声かけ下さるよう、お願い致しますm(__)m

豊島支部の平塚主任も息子さんと一緒にくると楽しいよ。小学生はゴールすると2点になるよ。

女子のゴールも2点になるので、高見姉妹が来てくれると心強いよ。うちの子たちのチームの先輩だし(^-^)

と、いうことで、都連青協なのに、東京土建少年部とならぬよう、日程を空けておくべし、体を鍛えておくべし、そして、遅刻せずに参加するべし・・・べし×3

■東京都連青協フットサル大会

と き 8月19日(日)午後1時より

ところ 品川区立大原小学校・校庭(体育館だと思ってたよ・・・トホホ)

住 所 品川区戸越6-17-3

地図画像

最寄駅:東急大井線・戸越公園駅、または地下鉄浅草線・中延駅(地図の左の方っす)

区立の小学校だから駐車場はないよ。

近くのコインパーキングでも探してね。

ってなわけで、我が家の小学生は、サッカー試合があるので不参加っす。受験勉強しない、中3の息子たちの参加はいかに・・・優勝したいなぁ~(T_T)

それでは、メキシコ戦に向けて仮眠します(-_-)zzz

2012年8月 6日 (月)

更新せずに就寝(-"-)

前記事の予告通り、昨日の夜は近くの公園(っていっても杉並支部の旧事務所横)の盆踊り終了後のパトロールってのがPTAの役割としてありまして、踊りの後に中学生が徘徊していないかを見て歩くのでした。

副校長も参加するのね、って思いつつ中学のお母様たちと一緒に懐中電灯を持って町を歩く。仮にも東京の町中なので懐中電灯で照らすほど暗くはないの。

歩くこと30分。無事終了。その帰りにセブンイレブン前で息子の同級生4人が明りに群がる虫のように戯れていた。

「こんばんは~」っと、明るくあいさつされ、「早く帰れ~」という時間でもないので、「じゃあねぇ~」と帰宅(ん、学校の先生もこのブログ見てるんだっけ?)。

そのパトロールの前の夕方から町会青年部の納涼大会の反省会という名の飲み会に出席。小学校PTAのときから納涼大会の反省会は、拡大中執かなんかの出張と重なり、出たことがなかったんだけど、この反省会は、毎年恒例でこれが出るとは聞いていた。

P1000081

まつたけじゃぁ~

商店会の関係もあってお安く仕入れられるのかな?

まつたけの香りと言えば、お吸い物(インスタント)なんだけど、本物はお吸い物を超越した香り(^^♪

おいしかったっす。

ってなわけで、昨日はブログも更新せずに就寝(-"-)

月に一度はお休みです(って、なんどか休んでるんだけどね)。

前の前の記事で長岡の花火大会(写真なし)のこと紹介しましたが、新潟県と言えば、5年前の2007年、中越沖地震の際に調査に行ったっけ、と思いつつ、過去の写真を探してみた。

 

FH020010

↑4年ほど前にリフォームしたと思われる家屋が1階から倒壊。

外装だけじゃなく、しっかり耐震補強していれば、こんなに崩れることもなかったはず・・・と一緒に調査に行った一級建築士のみなさんが言っていました。

「○○そっくりさん」はやっぱり、そっくりなだけってことか?

DSCN0750

↑「希望が丘」という高台の住宅地・・・地面が割れることをはじめて実感した時。

この亀裂の延長線上に住宅があり、住宅にも亀裂が入ってしまいました。

↓そして、新潟県と言えば、東京電力の柏崎原発。

DSCN0767

これは海側からみた様子ですが、近くまでも行ってみました。

もちろん、入ることはできませんが・・・。

宿泊したホテルでは、2004年の中越地震から3年経って、やっとお客さんも帰ってきたところだったんですよ、とおかみさんが話してくれました。

ここ最近も地震が頻繁に発生していますね。

こんなにたくさんの地震が発生する日本列島。

そして、地震はいつ起きるかわからない。

なのに、なぜ危険な原発なの?

長い時間がかかっても、やっぱり原発はゼロに・・・そんなことを思う、ヒロシマの原爆の日です。

2012年8月 4日 (土)

ひさしぶりの休日

ひさしぶりのお休み。

仕事もPTAもない(実際は近くの公園での盆踊りがあるが、パトロール当番は日曜のみ)。

しかし、前日が女子サッカーのブラジル戦ってことで、リアルタイムで見てしまった(-"-)

序盤から攻め続けられて、防戦一方の日本チーム。

コーナーキックの数は数えられないほどで、ずーっと、ひゃ~って感じだったんだけど、リスタートからのゴールは素晴らしかったっす。

「リスタートは早く」ってのは子どもたちがいつもコーチに言われてることでしたよ。

それにしてもツネさまの解説も聞きやすく、分かりやすくてよかったっす。

んで、寝たのが午前3時過ぎ・・・。

朝、午前8時・・・「とーたん、8時だよ」って息子の起こされ、「おっ、梅ちゃんがぁ~」と飛び起きました(^^ゞ

休みと言ってもダラダラするわけにいかず、しばらく放置していた水槽の掃除・水替えをせねば、と思っていたのですが・・・。

その前に、自宅の外のプラケースには、生き係の次男が学校から連れて帰ってきているカメ吉くん(仮名・名はない・・・春先に道路を横断していたカメを息子が拾ってきた。それもポケットに入れて(-_-;))がおりまして、祖母から「面倒見てるの?」とか、「エサあげてるの?」と言われているにも関わらず、「あげてるよ」としかいわない息子。

まずは、これかということで、外の物置にしまってある、使えそうな水槽を出そうとすると・・・

息子のプールバックが出てきた。

確か、終業式の前日がプールの授業のはず。

学校から帰ってきて、面倒だから物置に入れて遊びに出かけた?と思ったら、未使用。

「あの、やろう(さぼりやがったな)」と舌打ちをして、息子を捕まえ、玄関先で「コラ、おまえは、なにやってんだ!」とポカリ。

気を取り直し、カメの水槽の準備。

もうひとつ、近くの公園の池で息子が捕まえてきた小さなザリガニや沼エビの入った水槽もあって、「う~ん、一緒にするか」と外付けの濾過機を用意して、底面濾過で砂利を敷く。

カメは甲羅干しするので、陸をつくる必要があるんだけど、発泡スチロールでいいかな?と思っていたら、すべって上がれないことが判明し、木にチェンジ。

市販では売ってるんだけどね。

と、まあ、そんなふうにセットして、水も循環するようにしました。

ずっと学校にいたこともあってか、このカメ吉ときたら、カメのえさの袋を見ただけで、寄ってくる。

そして、ガツガツと食べる。う~ん、なんか愛らしい。

ちなみにいわゆるミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)じゃなくて、クサガメっぽいな。

クサって草かと思ってたんだけど、臭いからみたい。あまり臭わないけど。

ここで、前日の寝不足がたたり、少々仮眠。

そしたら2時間も寝てた!

再び、室内の水槽掃除に着手。

20年も前は、水のPHチェックとか、いろいろしてたけど、今や「ん、これで大丈夫」ってカルキぬきとアクアセイフ(今日の記事は分かる人に分かればいいので説明なし)くらいしか、入れないの。

と、まあ、長くなったくせに写真もない記事ですいません。

もちろん、そのあとは、男子サッカーのエジプト戦を見ましたよ。

吉田選手のドヤ顔、「俺だ、俺だ、俺だ~」のリアクション、いいっすね。

いよいよ、男女ともにベスト4だからね。

楽しみになってきました。

ちなみに、明日の日曜日(もうすぐ、日付が変わるけど)は仕事で三鷹支部へ。

帰ってきて町会青年部の納涼大会反省会(飲み会)、さらに盆踊りの地域パトロールとフルコースが待っています。

ね、ひさしぶりの休日でしょ。

おやすみなさい(-_-)zzz

2012年8月 3日 (金)

長岡の花火大会

昨日、今日と新潟県は越後湯沢で全建総連の会議に参加してきました。

昨日の朝、予定よりも早めに東京駅の東北・長野・上越新幹線のホームにつくとあふれかえる人。

「夏休みだったかぁ~」

不覚にも準備していた乗車券は「ザ・自由席」

こりゃ、へたをすると乗れないぞ、と思いつつもホームに並んで、乗車。

越後湯沢に到着して分かったのは、長岡の花火大会があるってこと。

どうりで人も多いはず。

さらに今日の朝の「地元」のニュースで分かったのが、長岡まつりの歴史でした。

事務所に戻って、改めて検索。HPには以下のような紹介文がありました。

 

今から67年前の昭和2081日。

その夜、闇の空におびただしい数の黒い影―B29大型爆撃機が来襲し、

午後1030分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。

旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、

燃え盛る炎の中に1,482名の尊い命が失われました。

見渡す限りが悪夢のような惨状。

言い尽くしがたい悲しみと憤りに打ち震える人々。

そんな折、空襲から1年後の2181日に開催されたのが、

長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。

この祭によって長岡市民は心を慰められ、励まされ、

固く手を取り合いながら、

不撓不屈の精神でまちの復興に臨んだのでした。

歴史あるお祭りなんですね。

朝のニュースで映し出された花火も素敵でした。

2012年8月 2日 (木)

コメント返信変えてみた(^_^)v

昨日は、長男が高校見学に行くっていうんで、夏休み中の次男坊(6年)が家に一人きり・・・。

こりゃ、(色んな意味で)いかんということで仕事場に連れて行きました。

「甘え」といえば、それまでですが、受け入れてくれる職場であること、仕事中にも関わらず、かまってくれる職場の皆さんに感謝です。

実は過去(2009年)には・・・

Dsc_0010_2

やっぱり、夏休み中の長男(当時6年生)をつれて職場へ。

船越さんと一緒にお味噌汁をつくり、それをそのまま宿題のひとつにしたちゃっかり息子。

写真は当時、教育宣伝部の小野寺和也くんが撮影・・・写真まで撮らせて、すいません。

次男坊は、リフレッシュルームでDS、きよ氏さんの席でyou-tubeを見るなど、ここまでならいいものの、吹き矢遊び、荷物を乗せる台車のちっちゃい奴での移動など・・・あまり、よろしくない遊びもするので、こっちはヒヤヒヤなのです。

どうも、すいませんでしたm(__)m

さて、6月のブログ開設1周年の時に600件を超えるコメントをいただき・・・なんてことを書いたのですが、いただいたコメントにこっちも返信コメントを入れているから600件で、ありまして、どっかで訂正したいな、と思っていました。

そして、コメントの返信の書きこみ方も変えました。

いただいたコメント欄に返信を書きこんでいます。

サイドバーのコメントには追加されないの。

少々遅れますが、コメントの返信はしていきますね。

とは、いうものの、目黒支部の被災地支援のとりくみはジュタカくんが投稿した記事なので、タイガーマスクこと伊達直人さんには、ジュタカくんが返信しなきゃダメっすよ。

ところで・・・

出張に行くため、2日前に書きこんでおいた言わば‘埋め草’的な記事ⅰフォンとスマホが思いもよらず反響がありまして、ありがとうございました。

きっと、ⅰフォンとスマホはどっちがいいんだろぅ?なんて思って検索した人にひっかかってしまったのではないかと、思っています。

と、いいつつ、また今日・明日と今度は新潟へ出張っす。

たまには現地から‘なう’するかな?

2012年8月 1日 (水)

建設業者をなくしたいのか(`ε´)

昨年の「方策2011」に続いて、「建設産業の再生と発展のための方策2012」が7月10日に発表されたんだけど、これで建設産業が再生できるの?建設産業が発展するの?って聞きたくなっちゃう内容。

そもそも、どんなふうに再生して、どんなふうに発展させたらいいか、って考え方がお役所と現場で働く私たちの仲間とは異なるんだけど、大きな意味では「建設産業で働く若い技能者を育てたい」ってことは同じなはず。

Photo
↑だってさ、このままでいくと建設現場から若い仲間がいなくなっちゃうよ。

しかし、方策2011では、若い技能者を育成するためには、まずは、社会保険(医療・年金・雇用)を適用させるっていうんです。

おいおい、その前に考えなきゃならんことがあるでしょ。

Photo_4

↑そう、このアンケートにも表わされているとおり、「収入が低い」ってとこに大きな問題があるんです。

朝早くから、夜遅くまで、自分の手がけた建物が残っていく仕事なのに、技能者としての評価がない。

技能者としての評価のひとつは、収入でしょ。

若い職人さんの収入が少ないってことは、雇用している中小事業主さんが請負う工事金額が抑え込まれているってこと。

一般的には分からないでしょうが、「子どもに誇れる仕事を」なんてキャッチフレーズで大きな建物(ビルやマンションなど)を建設しているゼネコンの下には1次・2次といった下請さんがいて、さらにその下にも業者さんがいる。

実際に現場で働く仲間のところに入る収入は・・・ってことです。

なのに、まずは、社会保険加入だって(゚Д゚)ハァ?

さらに、今度の「方策2012」では、リフォーム工事にトラブルが多いのは、建設業許可を持ってなくても工事ができるから、だって(*`ε´*)ノ

あのさ、2005年に悪質リフォーム業者が横行して、全国的にも大きな社会問題になったんだけど、多くの消費者が「リフォーム工事はどこに相談していいか、わからない」ってアンケート結果があったはず。

そのために国や自治体が「ここの業者さんは大丈夫ですよ」って紹介してくれる制度をつくれば、よそからやってきて、工事をして、ハイ、さようならってならないでしょ、ってさんざん国に要請してきたのに。

地元の建設業者が地元のお客さんに、あとで問題になるようなことをすれば、仕事はおろか、その街にも住み続けられないんです。

だから、「地元の仕事は、地元にくらし、地元に働く、地元の建設業者にお任せください」なんです。

そもそも、民主党政権になって国土交通大臣になった方は、「建設業者は多すぎる」って言ってました。

その言葉が本音であり、現場でがんばる、地域でがんばる建設業者を排除しようとしているとしか、思えません。

この数年間・・・地震、津波、ゲリラ豪雨に大雪などなど、自然災害が発生したときに真っ先に現場に出向くのは、重機を持ち、地域や現場を知っている建設業者であることは明らかです。

怒りを胸に、大きなたたかいをスタートさせるときです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

SNS

  • facebook