2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 京都なう | トップページ | みなかみなう »

2012年8月13日 (月)

京建労左京支部でのお話・・・そして

と、いうことで京都から東京に戻ってきました。 

いやぁ~お盆の東京駅ってスゴイ。 

北海道出身の管理者・民は、もっぱら東京駅って、出張でしか利用しないんだけど、新幹線を利用したお盆の帰省ラッシュ。 

東京駅構内は、人であふれかえってまして、お昼時と言うこともあって食事どころは長蛇の列。階段などには電車待ちの人・人・人。 

子どもたちもかわいそうだけど、その親も大変だなぁ~と思いつつ、いざ京都へ。 

駅に着いて、車でお迎えをしてもらったので、自分自身がどこにいるかずっと分からないまま、ホテルに到着。 

チェックインを済ませてもらい、部屋に荷物をおいて、いざ、京建労左京支部の事務所へ

 
地図画像
 

俺って、どの辺にいたのかな?と、帰宅して調べたよ。 

ホテルは、アピカルイン京都。大浴場は11時まで、門限は12時まで。 

門限!ってあるの?って感じだったのですが、案の定、主婦の会の納涼会の後、飲みに行き、着いたのは午後11時55分。 

寝りゃいいのに、オリンピックサッカー決勝戦を見て就寝。 

やっぱ、メキシコは強かったね。 

京都に行って何を話してきたかと言うと、こんな感じ。 

kyoto1

↑なんで、私が左京支部でお話するのか・・・。 

生でハンドマイカーZも見ましたよ。 

kyoto2

支部長の平山さんも保育園、学童、PTAと活動してきた人。 

しかも、45歳。今年からは、京建労本部の組織部長になりました。 

書記長は非常駐ですが、現役のPTA会長。 

ってなこともあり、地域活動と組合活動をからめた話を少々・・・。 

kyoto3

↑自らのPTA活動と組合の活動を照らしたりなんかして・・・。 

kyoto4

 

↑どんな活動も、やらされてる、じゃなく、笑顔で楽しくね、って。 

kyoto5

       

んで、こんなことは自分の組合では話したことがないんだけど、地域活動や仕事があって、そして組合の役員がある。 

三位一体が理想的・・・なんて話をしてきましたヽ(^。^)ノ 

う~ん、これで良かったのか・・・とは思うのですが、話す側としては、あらためていろんなことを考える機会になって良かったです。 

感想文も書いていただいているので、評価はあらためて・・・ってことで。 

それにしても京建労左京支部の役員の皆さんはアットホームっす。 

しかし、アットホームなだけじゃなく、若い役員さんとそれを支えるベテランの先輩方がかみあうというか、包容力があるというか・・・う~ん、人づくり=若手役員を育てていくには理想的な感じでした。 

この秋の拡大月間では、同じ京建労のなかの北支部、乙訓支部と拡大競争。 

さらに神奈川土建川崎中央支部とも拡大競争をすることになったそうで・・・(-_-;) 

お盆明けには早速、組合員訪問行動がはじまります。 

いろいろと大変なのは、どこの組合も同じこと。 

でも、この大変な中で新たに活動に参加してくれる仲間を増やす・・・これが大切っす。 

拡大月間は仲間をふやすと組織を強くする月間。 

組織を強くする、ってのは、新たな仲間の参加・協力を増やし、役員体制や活動に参加してくれる仲間のすそ野を広げるってことです。 

うち(東京土建)も目標達成(+組織実増+そのまま年越し)にプラスして・・・新たな仲間の参加を広げようね。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に・・・2004年に伏見支部の学習会に行った際に駅まで送ってくれたり、民が総連中執になった2005年以降、同年代の仲間としてよく話もしていた、谷くんが亡くなったことを昨日、あらためて知りました。 

多分、民より2つくらい年下だし、亡くなったのは3年半くらい前だと言うし・・・。 

一緒の書記としては残念でなりません。 

残された家族のことも心配っす。 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

遅くなってごめんね。

« 京都なう | トップページ | みなかみなう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京建労左京支部でのお話・・・そして:

« 京都なう | トップページ | みなかみなう »

SNS

  • facebook