2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« お察しの通り(>_<) | トップページ | 京建労左京支部の学習会に行ってきますぅ »

2012年8月10日 (金)

目黒支部復興支援報告会

こんにちは、ジュタカです。

昨晩、目黒支部後継者対策復興支援報告会を開催しました。

7月13日夜から16日にかけて、目黒支部後継者世代の仲間12人は、岩手県大船渡の応急仮設住宅で住宅デーを地元気仙地方に新たに結成された、けせん建設職組合と全建総連岩手県連の盛岡建労・釜石大工組合の皆さんと一緒に開催。

復興支援の取り組みは、目黒支部として始めて試みで、昨年の本部青年部の支援活動の立派な冊子を見て、勝間田後継者対策部長が、自分たちより若い青年部が、やってきているのに自分たちにも、 「何かできないか」 と後継者対策部会で討議・検討し、岩手県の気仙地方に人数は少ないが、新しく組合ができたことを知り、 「同世代の仲間もいるだろうから、同じ建設組合として元気付けたい」

 
何とか連絡を取り付けて 「何ができるかわからないけどやってみよう」 けせん建設職組合では、「左官道具が不足している、手に入らないらしい」

左官道具(中古のものや使っていないもの)の調達などを支部の仲間に訴え、復興支援は 「ボランティアで行くぞ」 「行動費を貰ってまでやりたくない」  「でもやっぱり先立つ者が無い」(最初彼らは、部会の行動費をプールして旅費などと考えていたのですが) と不安、 支部の仲間に カンパを募ろう! 「ガンバって行って来い」 「目黒支部の代表だからな」 とカンパと心温まる励ましの言葉、 「やっぱり、もつべき者は、良き仲間」

仲間からの思いを胸に大船渡へ  本部青年部のように立派な者ではありませんが、復興支援参加者の報告集が良くできていました。

14日・15日の取り組みの映像52分(未編集は約4時間)の編集されていて、報告集と同じく最高でした。編集作業をした3人に感謝です。

昨晩の報告会は、支援に参加した12人が久しぶりに全員そろい、一人ひとりから簡単な感謝と感想がされ、最後に勝間田後継者対策部長から、暖かく送り出していただいた皆さんへ感謝と訴えがありました。

昨日の東京都連の議案にも出されていたように、義捐金・道具支援より組合員の方の人的支援、たとえば 「応急仮設住宅での住宅デー」 など、行っていただいたほうが良いと、岩手県連斉藤会長から要請があり、東京都連としても支援をしていきたい旨が、提案がされました。

勝間田後継者対策部長も 「今回に限らず、必ずまた、企画して支援を続けていきたい、支援する必要がある、何年掛かるかわからい復興、忘れてはならないあの災害を」 と涙ながらに決意表明とも取れる訴えがありました。

最後は、支部委員長から、支援に行ってきた仲間に対して感謝と支部としても、支援活動の 「 わ 」を広げ取り組んでいこうと述べられました。

目黒支部後継者対策復興支援へ思いを寄せていただいた皆様ほんとうにありがとうございました。

特に、目黒の伊達直人さん、ありがとうございました。

さすが、伊達直人さん、報告会にも顔を出さず、影からのご支援感謝です。

« お察しの通り(>_<) | トップページ | 京建労左京支部の学習会に行ってきますぅ »

本部役員のオレにも言わせろ!」カテゴリの記事

東京土建のいろんな活動」カテゴリの記事

東日本大震災・被災地支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1879823/51065781

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒支部復興支援報告会:

« お察しの通り(>_<) | トップページ | 京建労左京支部の学習会に行ってきますぅ »

SNS

  • facebook