2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 杉並区民集会なう | トップページ | いよいよ2学期がはじまります »

2012年9月 1日 (土)

活動者会議までほぼ一週間

いやぁ~、9月になりましたねぇ。

中学生は今日が始業式。

PTA(役員&校外委員)は朝から「おはよー運動」で校門の前に立ってあいさつ。

今年も3分の2が終わり・・・残りの2ヶ月間は秋の拡大月間。11月には土建まつり、そして、本部的には大会議案を書きあげていく・・・そして、お正月。

1年ってのは早いものです。

って、たそがれているわけにはいかず、当面する課題を全力でがんばるっす( ^ω^ )

当面する課題・・・それは仲間を増やす拡大月間。

9月から10月末までは、なにを差し置いても組合の仲間を増やす。

青年部は青年部員を増やす。

そのためには、対象者に会うってのが基本だねぇ。

しつこいようですが、9月9日の青年部の活動者会議は出番がないので、ず~っと昔の基調報告を載せてみました。

Hajimeni


11年前・・・本部に異動した翌年の2001年に本部の青年部担当書記になった年の活動者会議の基調報告→「20010909.pdf」をダウンロード

実質的には、7年ぶりに青年部の担当になったの。

年齢も30歳を越えて、青年部の仲間ともギャップがあるかな?なんて思いつつ・・・あらためて東京土建の青年部とは何なのかを問いなおした年。

だから、かなり時間もかけて書き込んだ記憶があります。

青年部とは何なのか・・・なぜ、仲間を増やすのか・・・は、本質のところでは今も昔も変わりないと思っています。

各支部の青年部員、そして担当書記のみなさんが、「自分自身の(将来の)ために」仲間を増やすってことが、できるか、どうかが・・・のちの活動にもつながっていきます。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

8月に岩手県大船渡で支援活動をおこなった西多摩支部青年部の感想文集がきよ氏さんの机の上にあったので拝借してコピー。

勝手ながら、小松部長の感想文から無断転載します。以下、小松くんの文章っす。

ボランティア活動で自分が実践していきたいこと、感じたことがあります。

1つ目に、自分の家族、ここまで仕事ができるようにしてくれた親方、自分のことを慕ってくれる友達、こんな自分のことを理解してくれる人たちのことを本当に大切にしていこうと思いました。

2つ目に生きていく上で、悩みや嫌なことはたくさんありますが、常に前を向き、自分の心に従って、有言実行して挑戦し続ける気持ちを持ち続けようと思いました。

被災地には、若くして亡くなった方、60~65歳の方で年金をもらし、これから老後をのんびり暮らしていこうと思っていた方々もいたと思います。やり残したことがたくさんある方が大勢いたはずです。その方々のことを思うと本当に心がヤキモキして熱くなります。

3つ目に自分の人生で東京土建との出会いは、本当にでかくて東京建築カレッジに行っていなかったら、今この場にいないと思います。これからの組合活動とどう向き合っていくか、本気になれるか、これからの自分の課題でまだ答えは見つかりませんが、被災地に行って分かったことは、やっぱり東京土建って良い組合だって実感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良い組合かどうかは、青年部のみんなが判断してください。

でも、仲間は宝です。

しかも、一緒に青年部の活動を経験した仲間は、かけがえのない一生の宝です。

それは、青年部の仲間も担当書記も同じです。

5年先、10年先にそう思ってくれる仲間をふやす。

青年部の拡大運動は、そういうものだと思っています。

« 杉並区民集会なう | トップページ | いよいよ2学期がはじまります »

本・支部青年部の活動」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活動者会議までほぼ一週間:

« 杉並区民集会なう | トップページ | いよいよ2学期がはじまります »

SNS

  • facebook