2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 週末に向けた準備 | トップページ | 北海道日高乳業 »

2012年9月13日 (木)

たくさんの人たちの想いを胸に

♪明日の今頃は~、僕は汽車のなか~♪

とは、いかないものの、明日の今頃は東北道をひたすら運転中だと思う。

そう、いよいよ、明日、宮城県は石巻に向かいます。

この取り組みの発表から次々と、たくさんの方々からお声かけをいただき、工作教室のための材料などが寄せられました。

このブログのコメントでもおなじみの目黒の伊達直人さんは、モザイクタイルの木枠から、子どもたちにあげてね、とおもちゃ、日用雑貨など。

P1000124

↑先日の青年部の活動者会議の日は、我が、けんせつプラザ東京(東京土建本部会館)の近くにある鎧神社のお祭りで、エントランスは神酒所として貸し出していたのですが、町会の方々に対応していたかつての青年部担当書記=名誉青年部担当書記である藤原さんからは、モザイクタイルに使用するタイルや木工作(状差し)のためのキットが提供されました。

そして、モザイクタイルの主役であるタイルは豊島支部出身で今年から本部教育宣伝部長になられた新井さんが快く提供してくださいました。カラー目地なんかも用意してくれて、ホントにありがたいっす。

まてよ、このタイルは、どうやって砕くの?タイルカッターとかないとダメじゃない?ん?仕上げの目地はだれが・・・と不安になり、杉並支部から参加する、こちらもかつての支部青年部長で現在は支部の副委員長(47歳にして実は一番長い副委員長)のノブくんに恐る恐るメールを入れる。

夕方電話をもらい、タイルカッターや鏝(コテ)なんかも用意してくれることになりました。

なによりもウレシイのは、1990年代に青年部の役員であった仲間たちが、呼びかけに応えて「俺も行こうかな~」と段取りをつけてくれたこと。

今現在の本部部長である笠原鉄平くんと書記長の品川優くん。

1992年の本部部長である中村隆幸さん(45歳、現在は杉並支部書記長)と本部書記長であったジュタカくんこと佐藤豊さん(50歳になる?現在は、支部書記長、本部では仕事対策部長)。

このメンバーが一緒に石巻に行って一緒の場所で活動するってことが私にとっては感動だったりします。

昨年の11月、僕らが東北に行くのは「組合員要求」だからとコメントをくれた京建労左京支部の川西書記次長・・・。

8月には大変お世話になりました。あらためて感謝です。

あなたの言うとおり、被災地支援は仲間の要求の一つです。

だれしもが、自分でも何かしたいと思ってる。

でも、仕事もあるし、一人ではできないこともある。

だから、組合が被災地に行くキッカケをつくる。

もちろん、被災地で不自由な生活を送っている人たちを励ましたい。

同時に、行った仲間が何を得て帰ってくるか・・・そして、支部や青年部の活動にどう活かしていくのかが、問われます。

う~ん、多分、支部にいたら、もっと頻繁に行ってると思うけど(-_-メ)

本部にいなきゃ、こんな取り組みもできなかったと思うし(-_-;)

今は、そんな役割なのかな?・・・と、思っています。

追伸

この取り組みは、私のわがままなお願いを聞いてくれた杉並支部の藤澤さんのおかげで準備がすすめられました。拡大月間にもかかわらず、ホントにありがとうございますm(__)m

また、記事を読んで下さり、影ながら応援していただいている皆様にも感謝です。

現地でも記事がアップできるように準備はしてありますが・・・さて、どうなるでしょうか?

こうご期待?

« 週末に向けた準備 | トップページ | 北海道日高乳業 »

東京土建のいろんな活動」カテゴリの記事

東日本大震災・被災地支援」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たくさんの人たちの想いを胸に:

« 週末に向けた準備 | トップページ | 北海道日高乳業 »

SNS

  • facebook