2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

たのむぞ、おとな。

うー、今日は来年度の中学PTA役員の役職を決める互選会。

しかし、役職が決まらない。

そして、持ち越し・・・。

どんな役職になってもその役員が1年間一緒にがんばることが一番大切なこと。

役職に関わらず、出番は同じ数だけある。

大変申し訳ないが、やっぱり、できればやりたくない?

それとも・・・

まあ、仕方なしです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、都知事選挙の告示日の昨日、我が地元である杉並区高円寺=JR高円寺の北口は、約10,000人の聴衆で埋め尽くされました。

005

004

脱原発有象無象の発祥の地、高円寺だからこそ集まる人たち。

脱原発を公約にかかげて東京都知事に立候補した宇都宮さんが高円寺駅に現れたのであります。

003

しかも、マツケンサンバならぬ、ウツケンサンバも飛び出して・・・東京だけど宇都宮、弁護士だけどけ・ん・じ・・・って感じで(^o^)/

001

この高円寺駅での演説を聞きに行った職場の先輩たちは、朝から興奮気味で「う~ん、高円寺はすごかったよ」「サンバ隊もいたよ」とずっと話してくれました。

※写真はツイッターから借用しました。スイマセンm(__)m

そう、東京は一足早く、選挙戦に入っています。

そこで、いくつかご紹介。

今や圧倒的多数の国民がいわゆる無党派層=支持政党を持たない人たちです。

でも、選挙に行くのか、というと、実は行っていない。

自分自身の議員や行政の首長を選ぶ権利を行使していない。

もったいなくね?

と同時に無責任じゃね?と思わせるのがこのポスター

01

そう、子どもたちは選挙権はありません。大人が見極めなきゃだめなのです。

見極める力を弱める作用として、日常的なマスコミの報道があり、政治に無関心の子どもたちをつくってきた教育制度の問題がある。

日本の現代史って、ほどんどザックリとしか教えられていないし、議会制民主主義とか三権分立とか、言葉を習うだけで、「国民には、議員を選ぶ権利があります」「それは同時に当選させる力、落選させる力があると言う事です」って教えた教師はいないはず。

「選挙権を行使しない=投票に行かない、ということは、国が勝手に決めたことに対し、文句はいいませんよ」ってこと、って教えてあげてほしいです。

学校が教えないのだから、親が教えないとダメなのですが・・・。

そして、チョット大人になって、「黙っていてはだめなんだ」と思ったら・・・

また、子どもたちに「選挙ってなーに?」って聞かれたら、こう答えましょう。

02

ほかにもいろいろありまして・・・まずは、選挙に行こうねってことで↓

03

選挙期間中でも候補者や政党の名前がないので、自由に掲示しておくことができるそうです。

さらに今度の選挙は、脱原発も大きな争点です。

08

↑ストレートっす。

05

↑絵の感じがいまいちなのですが、チョット早めのクリスマスプレゼントってことです。

07

↑ぬりえもありますよ。

ってなわけで、明日の12月1日の中央執行委員会には、餃子で有名な宇都宮、弁護士なのにけんじさんがあいさつに訪れるとの話。

実際はどうなのかは分かりませんが、この選挙戦も「脱原発の運動」として、たくさんの人に呼びかける、ってことが必要です。

04

こんな、可愛いアイテムもある。

今までの選挙とは違う形・・・それってアリだと思いますよ。

2012年11月29日 (木)

シーソーゲーム

いよいよ、東京都知事選が告示されました。

どうですかね?

東京都知事選挙って全国で報道されてますか?

それよりも、ワイドショーなんかでは、どっかとどっかの政党がくっついて、こんな政党ができましたって感じでしょうか?

衆議院選挙は来週からなので、今日から5日間は、都知事選の応援演説なんかで「○○党の○○さんをよろしくおねがいします」とか、「○○党をお願いします」なんてことは、言えないみたいですね。

今回の都知事選も、衆議院議員選挙でも、争点としなければならない重要課題がいくつかあると思います。

その前に近代日本の歴史では、増税した、増税を決めた政権はつぶれることを忘れてはいけません。

しかし、今回の増税・・・2014年4月から消費税を8%に、2015年4月から10%にするというのは、国会で決まったものの、与野党の協議っていうか、談合ですすめられたものです。

政権与党は、敗北する事が予想できるのですが、勝った方だって、消費税増税を決めていたのですから、万が一政権をとっても長く続くはずがありません。

みなさん、お忘れですか?現在の自民党総裁が総理大臣だったとき・・・国会が開会し、所信表明演説までやっておいて、自らお辞めになったことを。

それでも総裁になってるんだから、いかにあの党には‘玉がない’かが分かります。

もう一方で、あの方が総裁になる理由がもう一つあります。

それは、より「右の勢力」を結集すると言うことです。

選挙で勝ったとしても、単独での政権は無理でしょうから、より「右がかった」政党が連立を組む。

なんてったって、日本国憲法と両輪をなす、教育基本法を改正した人ですからね、油断はなりません。

さて、争点としなければならない重要課題ですが、それらは大企業や大金持ち優先の政治か、私たち国民の仕事やくらしを守ってくれる政治なのかで、常に‘せめぎ合って’います。

01genpatu

脱原発をめぐっては・・・政府が全面的に後押しをして、海外に輸出しようとしています。そのためには、日本国内で再稼働させて「安全です」って示したいんだね。

人の命や健康、故郷を失った福島の人たちのことはそっちのけです。

03TPP

TPP参加はどうでしょうか?海外市場で自社の製品を売りたい大企業は、他国の関税は邪魔なわけで、そりゃーTPPに参加した方がもうかるのでしょうが、日本国内のあらゆる産業はズタズタにされます。

これ以外にも知的財産権なんかも「もともとは、うちの企業がつくったもの」なんて言われて、ISD条項で訴えられて、負ける。

ISD条項については、報道されていないんだよね。

TPPについては、以下の動画を見て下さい。

 

02zeikin

税金をめぐっても大企業や大金持ち優遇だし・・・。大企業なんて、輸出もどし税ってのがあるから、儲かってても納めてないんだよ。

知ってた?

04koyo

雇用をめぐっても、同じこと・・・日本国内の工場をつぎつぎと閉鎖して、従業員をリストラし、海外に移転する。

それは、海外の企業に打ち勝つため。

でも、それでいいのか、ってこと。

2001年の小泉構造改革は、自民党がおこなってきた利益誘導型政治、護送船団方式をぶっ壊し、大企業の国際競争力を強めるためのもの。

でも、2008年秋のリーマンショックでどうなった?

金融機関は自己防衛のために貸し付けをやめ、企業は設備投資をストップする。

そして、リストラや工場閉鎖を強行し、従業員を次々と解雇する。

そもそも、すぐに辞めさせることが出来るように非正規雇用や有期雇用。

その法律をつくったのは、その当時の政権です。

だから、翌年(2009年)の選挙で敗北し、民主党政権ができた。

08年の暮れ・・・仕事も住まいも失った人たちが日比谷公園に集まって野宿した、年越し派遣村。

その時の名誉村長が、東京都知事選挙に立候補しました。

東京都知事候補だけど、宇都宮。

お仕事は弁護士なんだけど、名前はけんじさん(検事とかけてるのね)。

ってなわけで、都知事選挙もそのあと告示される衆議院議員選挙も大きな‘せめぎ合い’のなかでおこなわれます。

それは、候補者同士のせめぎ合いだけじゃなく、私たち国民、有権者のせめぎ合いでもあります。

自分自身の仕事やくらし、子どもたちの未来を託せる人。

いよいよもって、ここで歯止めをかけなけりゃ、「なんで、こんな風になっちゃったの?その時、何してたの?」って子どもたちに怒られるどころか、恨まれます。

それでは、最後に、シーソーゲームをお聞きください。

bankbandの探したんだけどなくなってた(T_T)スキマスイッチとのコラボだったのに

2012年11月28日 (水)

ボクノート

今日は朝から分散会。

座長なので参加者の発言はメモする。

最近はファミリーマートで売っているダブルリングノートを愛用中。

だって、20年来使ってきたマルマンのスパイラルノートが生産されなくなったから。

うー、カムバック!スパイラルノート!

スパイラルノートは東京土建では教宣ノートとも言います。

教育宣伝部の仲間が取材やメモに使う縦型のノート。

横に広がっていないので、短い文書をサラサラと書き綴っていく。

会議での発言はもちろん、次の会議の議案や大会に向けた方針や政策を考えていくノート。

支部にいた頃からのメモノートは自宅と事務所に約100冊程、保管してあります。

さて、今日の分散会でのメモは、こんな感じ↓

P1000234

他人が見ても分からないと思うけど・・・同じ単語から接続詞を省略し、もっぱら⇒で引用する。これが仕事の話なら、こうしていても分かるんだけど、PTAの会議とか、先生のあいさつとかは無理っす。

あー、企業交渉も難しいの。

今は大丈夫だけど、本部に来て、はじめて記録者だったときは、ラーメン工法だとか、総価請負契約だとか・・・分からない言葉でグルグル(@_@。でした。

新入書記研修で講師だったときの冒頭、あいさつ代りに言っていたのは・・・「最近はメモをとらない人が多いけど、よっぽど頭がいいのか、まったくやる気がないのか、どちらかだと思います」・・・と、いうとあわててメモをとりだす。

これと同じことを巻田委員長がどこかの会議で言ってたのでプププッって思っちゃった。

しかし、レジュメにメモする人もいるんだけど・・・レジュメってうちの場合、いろんな分野の同じような会議がたくさんあるし、会議のための会議もあるので、見返さない。

だから、メモはノートです。

てなわけで、ボクノートをお聞きください。

この動画好きっす。

ミスチルの桜井さんも一緒っす(^o^)/

とまりの会議に行ってまして・・・

昨日・今日と一泊で主任書記会議に行ってきました。

んで、昨日は更新はできず(>_<)

神奈川県箱根湯本は紅葉シーズンでして、平日にもかかわらずロマンスカーも箱根湯本の駅も観光客が多かったっす。

そんな箱根にスーツ着用で御一行様は会議です。

1日目は、秋の拡大月間の総括や書記長による中期課題の提案、さらに労働者供給事業とか書記の教育制度などを提案し、午後3時半からは、神戸大学の二宮厚美先生の講演。

先生は・・・今の政治も経済も最悪の状態、と切り出した。

最悪ではあるが、最悪だからこそ、これ以上ひどくはならないし、来るべき総選挙で政権交代が起きても短命に終わることなど・・・90分余りの時間で飽きることのない話をしてくれました。

その内容は、追ってお知らせしますね。

最初の下りだけ書いておこうかな・・・

21世紀の第3の転換期として現代日本

第1の転換:利益誘導政治から小泉構造改革へ(2001年だね)

第2の転換:構造改革からの転機に向けた政権交代(2009年っ)

そして、現時点:政権交代に続く第3の転換期へ突入・・・って感じです。

総選挙前に色んな政党がくっついたりしてるけど、惑わされてはダメだよね。

脱原発、消費税増税NO、反TPP・・・そもそも構造改革路線だった政党や議員もこの3つの影に入れば当選できると思ってるのか?

国民はそんなにアホじゃない。

いずれにしても、全国的には東京都知事選の状況は報道されていないんだって。

前知事の後継者として出馬するイノシシみたいな名前の人と脱原発、反貧困をかかげて立候補した宇都宮けんじさん。

日本の未来、ん?子どもたちの未来のためには原発はいらない。

そのことを前面に立候補した宇都宮さんですが、明日、高円寺駅にやってくるよ。

今度の土曜に開催される中央執行委員会にも来てくれるようです。

2008年秋のリーマンショック、そしてその年末の年越し派遣村。

派遣村の名誉村長だった宇都宮さん。

きっと、私たちの願いも都政で実現してくれるはずです。

2012年11月26日 (月)

まっちゃんからのプレゼント

もう、ダメ

今日は寝ます。

昨日の様子は、中野支部青年部のブログを見てね。

そして、今日、まっちゃんこと、西多摩支部の王子、松本くんから愛媛で自ら?収穫したみかんとキウィが届きました。

ありがとうございます(*^^)v

みかんのなかにはお手紙が・・・

P1000233

そうなんだよね、まっちゃんはもうすぐ愛媛に行ってしまうの。

さみしいけど、盛大に送別会してやるぞ(^u^)

2012年11月25日 (日)

右でも左でもなく、前を選ぶ

この三連休の初日、雨の中でのサッカーの試合の最中・・・。

テントを組みたてて、息子の試合を見てから、一度、家にもどり、少々温まってから再び雨の試合会場へ行った際に、遠くから手をふる応援ママがいるので、うしろに知っている人でもいるのかと振り向いたりしたのですが、私でした。

Yさん:「芸術会の6年生の動画って、あれ、松井さん?」

民:「え?・・・」

Yさん:「6年生の合唱が見られなかったから、よかったぁ~」

民:「あー・・・」

ってな感じで、一部の人にしか見られていないと思っていたのですが、you-tubeにアップした動画は見られているようです。

Yさん:「呆れたイベントって、あれは?」

民:「となりの学校のイベントですよ・・・(-"-)」

う~ん、なんだかんだ言って、このブログも身近な人に読まれている、息子の学校の先生も見ている・・・いよいよもって、こりゃ、無責任なことは書けないわ、と思いつつ、本日のお題はこれです↓

001

このポスターは今年2月の京都市長選挙のときに京都の仲間がつくったもの。

選挙になると右だとか左だとかってなるけど、今度の市長選挙は違う、子どもたちの未来がかかった選挙だから、右でも左でもなく、前=未来に向かってくれる人を選ぶっての。

いやぁ~、キャッチコピーが最高っす。

002

↑子どもたちの未来を考えれば、脱原発は当然の選択。

いよいよ今週、東京都知事選挙が告示されます。

12月16日投票の東京都知事選挙は、誰を選ぶか・・・青年たちや子育てのパパママ、子どもたちの未来・・・若者の仕事と雇用、住民と建設に働く仲間の仕事につながる住宅リフォーム助成制度の創設や耐震診断・改修助成制度の拡充、そして何よりも社会保障と福祉が充実していれば、安心してくらせるよね。

この間の都政は、都営住宅の建設をゼロにして、いわば民間まかせにしてきたの。

学校の耐震化は一定すすんだけど、学校選択制によって教室の足りない学校と単学級(1学年に1クラス)の格差がすすんでいる。

保育園だって東京都は全国に先駆けて基準を緩和してるから、狭い所に詰め込んで、お散歩にも行けないような劣悪なところが増えている。

小学生の学童(放課後)クラブは市区町村まかせ・・・。

そして、東京にも原発をつくればいいとか、核武装すればいいとか・・・辞めてからも勝手なことを言っている人がいる。

それでいいの?それでも、あれくらい強い人(じいさんだけど)じゃなきゃ、って言うのかね?

なによりも許せないのは、東日本大震災を天罰だと言い放ったこと。

それが国政に戻るってんだから、投票する人の顔が見てみたいよ。

その息子は杉並区から出てるんだけどね・・・(-"-)

ってなわけで、東京都知事選挙と同時に衆議院選挙の投票日も12月16日です。

これまた、京都の仲間のポスターですが・・・↓

003

さらに!

004
ってなことで、インターネット上で選挙の話が出来るのは告示前だからね。

少なくとも今度の東京都知事選は、京都市長選のときと同様に「右でも左でもなく、前を選ぶ」ってことで・・・反貧困や脱原発で選んではどうですか?

東京都選挙管理委員会は、昨年4月に引き続いて、AKBで知事選の宣伝してるけど↓

005

こんな感じだそうです(-"-)

期日前投票もあるからね!

2012年11月24日 (土)

スポーツの秋なんだけど(-_-;)

昨日は朝から雨模様。

しかし、毎年恒例となっている、地域の青少年育成委員会が主催する小学生のサッカー大会。

やるのか?やらないのか・・・それは朝、7時15分に決まる。

決まるって言っても、その前にはお弁当を用意したりするので、妻は早起き。

息子・洵を起こすものの、すでに小雨が降っていて、8割がた中止かな?って感じ。

しかし・・・「開催の方向で準備しています」とのメールが入る。

こっちは朝食もとらず、これまでも大活躍しているテントをもって会場へ(我が家の裏の都立公園の競技場なの)。

前回使ったのが青年部のサマーキャンプ。

これが素晴らしくキレイに収納されていて、職人さんたちってやっぱすごいなと今頃になって感心しきり。

性格からすると・・・健太くんか?なんて思いながら、すでに小雨が降る中でササっと組みたてて、試合観戦。

洵のBチームは初戦敗退。Aチームは初戦PK戦で勝利、2試合目もPK戦で勝利、そして、決勝戦もPK戦・・・しかし、敗退。残念だったよぉ。

その様子を見守りつつ、時間は12時20分。

午後からは12時半集合でこんな取り組みが・・・

P1000227

中学PTA学校対抗のインディアカ大会っす。

うー、この間毎週水曜日に練習があったんだけど、一度も行けず、ぶっつけ本番で参加します。小学校のPTAだとバレーボールとか卓球があるんだけど、これはチームや個人が参加。

でも中学PTAは役員も参加することになっているの。

P1000230

今年の春までわが校の副校長だったM先生(写真真ん中)が校長となって異動した中学が優勝。

だって、むちゃむちゃ強いんだもん。

インディアカって、先生の頭についている羽根をね手で打つの。

バレーボールっぽいけど、片手だけしか使えず、コートはバトミントンの大きなだから、バシッてやられると、あーあ、みたいな感じ。

戦力にはなりませんでしたが、今日は左腕(きき腕)があがりません。

そして、本日はあかつき印刷のもりくんが主催する、フットサル大会。

P1000232

会場は、新宿コズミックセンターの体育室でした。

けんせつプラザから・・・土曜の休日で大賑わいの新大久保駅をすぎて、明治通り沿い。

う~ん、便利な所にあります。

本部でお仕事中のきよ氏さんに送り迎えをお願いしてしまいました。

ありがとうございました。

今日は小学生2人、中学生4人で参戦。

しかし、前回優勝の法会労チームが連続優勝。

最終結果は、今頃もりりんが集計してるだろうけど、3位には入っているような・・・気がします。

それにしても、このトロフィーを我が家に、いや、けんせつプラザに持ち帰りたかったっす。

P1000231

今度の大会は、2月・・・中学生たちはお受験だからね、進路が決まっていないと参加は無理。

と、なると青年部の仲間にも参加をお願いしなければ・・・

結局、今年は3回参加しました。

しかし、前の日に・・・インディアカの打ち上げで飲みすぎたことがたたり、体が重たくてダメでした。

もりりんも、最初のアップでばててました。

なんで?それは彼自身に聞いて下さい。

2012年11月23日 (金)

タブレット型PC学習会

前記事のつづきです。

仲間の感想文で反響が大きかったのは、目黒支部の支援活動同時にコレっす。

32pc

西多摩支部のタブレット型パソコン学習会っす。

大泉部長の活動報告のレジュメは→「20121118_32.pdf」をダウンロード

アンケートもとっているので参考にしてみてください→「32an.pdf」をダウンロード

それにしても・・・タブレットほしいなぁ~(>_<)

2012年11月22日 (木)

みんないろいろやってるね…支部後継者対策部の活動

今度の日曜日(25日)は、青年部の拡大執行委員会です。

午前10時からです。

よろしくおねがいします。

さて、この前の日曜日(18日)に開催した後継者対策活動者会議の支部報告のレジュメやチラシなどをアップしますね。

16
↑ちなみに目黒支部の報告はみんなの心に響いた・・・から見ることができるので、ダウンロードしてみてください。

↓中野支部の石憲くんの報告っす。

20121118_20

最初の4行は「恥ずかしくて読めません」って言ってました(^<^)

いただいたPDFファイルが1メガを越えていてアップロードできませんでした。すいません。

↓多摩西部は夏の大イベントっす

261_2

↓写真もいただきましたよ。流しソーメンじゃスゴイっす。職人さんたちはこだわっちゃうんだよねヽ(^o^)丿

262

263_2

↑今年は、夏休み宿題サポート塾やお助け塾が増えました。

多摩西部のとりくみは子どもたちがいっぱいです。

お助け塾は継続して取り組んでほしいなぁ~

さらに、日野支部の後継者対策部長、奈良諭志さん(前本部青年部長)の活動報告もありました。

奈良さんの報告は「36.pdf」をダウンロードしてください。

つづく

2012年11月21日 (水)

今日は全建総連の予算要求集会っす

今日は、朝から都庁前での予算要求集会。

P1000221

都庁は工事中とか言って電気つけてくれないの。

午後からは、日比谷野外音楽堂で全建総連の中央総決起大会

清水ボスが全建総連の組織部長として、全国の仲間を紹介します。

P1000225

「謙一ぃ~がんばれ~」とヤジったりしましたが、本人は緊張してたみたい。

日比谷野音のうらでは、なんだか見たことのある3人がタバコを吸ってました。

P1000223

左から葛飾の山屋くん、府中国立の世並くん、杉並の藤澤くんです。

いずれも青年部活動推進小委員会のメンバー。

村山大和の森田くんは髪型がまじめになっていたので・・・「恋でもしてるの?」ってからかっておきました。

本日、夕方からは清水ボスなどの送別会が開催されます。

それでは、行ってきますね。

2012年11月20日 (火)

みんなの心に響いた青年の想い、支援活動

本日、午後からは大塚のホテルベルクラッシックで全建総連の中央執行委員会。

明日が日比谷野外音楽堂で予算要求総決起集会ということで全国の組合から仲間が集まりました。

予算要求は来年度の国の予算が出される年末まで続くのですが、国会は解散、総選挙に突入なので予算は19年ぶりに越年になるようです。

10月の大会以降、全建総連に移籍して、組織部長となった清水ボス。

専門部に分かれて打ち合わせをしたのですが、民も奈良さんも組織部は変わらずで、清水さん曰く、「座る席がこっちになりましたが・・・」と今後の日程を提案。

さらに、今度の会議では、こんなことを提案したい・・・なんて、お話もありました。

12月に第1回目の部会をやって、1月の終わりに全国の会議。

清水ボスが、どんな提案をするのか楽しみです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━

そんな、清水ボスも来てくれた日曜日の後継者対策活動者会議。

拡大月間、本部の土建まつり・・・そんなこともあって、10支部から出席者なし(T_T)

練馬支部だって住宅デーだったけど、伊藤けいちゃんと書記の石田くんが来てくれたのに(-_-;)

こっちも基調報告を印刷したのが会議当日の朝という、切羽詰まったなかでの会議でしたが、感想文を読んでいて、仲間の想いってうれしいと思いました。

ひとつは、被災地支援のこと。

東京地評(東京地方労働組合評議会)の青年担当である阿久津くんに半ば無理にお願いした、被災地支援や脱原発に立ちあがる青年たちの特徴は、うちの青年部の活動や自治体や医療機関で働く青年たちの気持ちやはじめの一歩、口に出す勇気など、この間の青年の想いや行動を彼らしく丁寧に話してくれました。

P1000220


うちの青年部の活動は、3月に報告集に書いたものからの引用なのですが、それでも新鮮でした。

聞いてるこっちもグッとくるものがありました。

また、そのあとの目黒支部後継者対策部の岩手県大船渡での住宅デーの報告と映像による報告。

仲間からの感想文には、自分たちもなにかできることをあらためて考えたい、いまさらながら(そんなことまったくないけど・・・)、部会でも話し合っていきたい・・・そんな言葉がたくさんありました。

目黒の取り組みは、書記のみなさんの感想が多かったと思います。

今後の被災地支援をどうするか、青年部や後継者の活動を裏方として支える書記としても目黒の取り組みは非常に参考になったと思います。

■目黒支部の報告文書は→「20121118_16.pdf」をダウンロードしてください。

そして、何よりも仲間の熱い想いが報告文書にも映像にも表れていた・・・それが、会議の参加者に伝わったんだと思うよ。

10月の江東支部青年部の石巻の支援活動に一緒に行った江東支部の鈴木後継者対策部長と約1カ月ぶりに再開。

民:「鈴木さん、ご無沙汰をしております。先日は大変お疲れ様でした。新車の調子はどうですか?」

鈴木さん:「ブログにさ、車しか載ってなくて、がっかりしちゃったよ」

民:「え?あー、江東青年部のブログですね、確かに車はしっかり出てましたね。うちでつくった動画には鈴木さんと名越くんがしっかり出ていますよ。」

なんて、話をしながらも、鈴木さんの感想文には「だまされたと思っても、一度は被災地に行った方がいい。作業ができなくても、子どもたちと遊ぶとか、お年寄りの方と話をするとか、そんな人もいた方がいい」って書いてありました。

せっかくなので、鈴木さんの写真を載せておきますよ(^u^)

Dsc00525

仮設住宅に棚をつりました・・・左は名越副委員長、右が鈴木部長っす(ともに江東支部)

・・・確かに、被災地に出向くとみんなが時間を惜しんで食事もとらず、一所懸命になって活動する。

ホントは現地の人たちの話を聞いたり、子どもたちと話をしたり、遊んだりしてあげることも大切だと感じていました。

写真やビデオの撮影も余裕がないとまったく撮れなくなっちゃう。

とにかく現地に行ってみてほしい・・・その想いは3月の報告集でたくさんの仲間が書いていました。

いまさらなんてことは、まったくない。

被災地にはみんなに行ってほしい。

多くの仲間の胸のなかに「何かやらなきゃ」とか「一人じゃ難しいけど、仲間と一緒なら」って想いが小さくてもいいから宿ってほしい。

目黒支部の報告をした日下くんの感想文には「仲間となら何でもできる」って書いてありました。

そう、仲間とならなんでもできます。

あっ、ひとつは被災地支援って書いて、ふたつめを書き損ねました。

そう、ふたつめは、「仲間とならなんでもできる」・・・来年1月27日(日)、再びやるよ、婚活パーティー。

詳細は後日(*^^)v

2012年11月19日 (月)

最初で最後の芸術会・・・まとめてみました

昨日(11/18)は30~40歳代の役員を中心に構成する後継者対策部の活動者会議でした。

青年部よりは年齢構成は高いものの、集まるとみんなで飲みに行こう!となるので、会議が終わると午後4時前だというのに飲みだす。

そして、たくさん飲む。

だから酔っぱらう。

と、いうことで、3時40分から7時前までいつもの中華屋で飲み続け・・・自宅に戻って、床で寝てしまいました。

洵:「とーたん、お風呂入った方がいいよ」

民:「ん、う~ん(-_-)zzz」

記憶はないのですが、そんな会話があったそうで、洵が土曜日の振替休日ということもあり、民も5日から休みなしだったので、今日はお休みしました。

と、いうのも、我が家は13年間同居しておりました、義父母が、もともと住んでいた義兄と同じ建物に引っ越し(戻り)まして、その後、部屋の模様替え・・・が続いていたのですが、土日もいない私の机や荷物が移動しないと全体が移動できない・・・「いつ、やるの?」的な雰囲気が漂っていたので、まあ、この際だから、やっちまおう!ってことで一日中、大掃除のように片付けをしておりました。

んで、なんとかインターネット環境も確保し、こうしてPCに向かっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココログ上では、前記事が被災地そっちのけ・・・のむかつく話になっているのですが、土曜の夜ギリギリに最初で最後の芸術会・・・未来へのメッセージを更新しています。

さらに今日はその続き、というか動画で撮影したものも加えて、編集したので見てやって下さい。

2012年11月17日 松ノ木小学校芸術会っす。

あわてて作ったので音楽を入れるの忘れました(T_T)

うー、やっつけたみたいで、くやしんだけど、こんな取り組みでした。

昨年のじゅげむもよかったんだけどね、合奏や合唱もいいものです。

とりわけ、合奏はパーカッションチームがカッコ良かった。

バスドラム(大太鼓)のたっちゃん以外は、ステージでティンパニをたたくコータも含めてみんなサッカーの仲間たち。

パーカッションチームがカッコいいっす(^o^)/

みんなで役割分担して、何日も練習して、みんなでつくった未来へのメッセージとヤマトの合奏は感動的でした。

卒業まであと4カ月あまり・・・早いなぁ~

この子たちが制服着て中学校だもんなぁ~

チョットさみしいけどね(T_T)

2012年11月17日 (土)

最初で最後の芸術会・・・未来へのメッセージ

う~ん、更新が間に合わなかった。

そりゃ、そーよ、明日(実は今日)の会議のレジュメが間にあってなかったんだから(T_T)

こういった文書を毎日書いていると、会議用の文書が書けなくなってる?

いや、今週(実は先週)はホントに日程的にきつかった。

たかちゃんごめんよ、事前にレジュメを送ることができなくて(T_T)

と、まあ、会議の準備はあるものの、こんなときに限って、もう、二度とやってこないイベントが重なるものでして・・・

P1000210

そう、土曜日は小学校の芸術会・・・ん?芸術会って?と思われる貴兄、まあ、学芸会みたいなものなのですが、学校中に子ども達の絵画や工作などが展示されているの。

P1000214

↑フリーの教室・まつのきルームっす。

P1000215

↑こんな感じで学年ごとにね。

P1000211

↑そのまつのきルームのイスをしまう小部屋が暗幕で仕切られていて、のぞいてみると6年生の共同作品がブラックライトで光っていましたヽ(^。^)ノ

↓なかなか見ごたえのある作品・・・だけど暗いから少々つらいっす。

P1000212

体育館では、各学年ごとに合奏や合唱のステージがあり、その合間に体育館に展示されている作品を見に来てくれた保護者に説子ども地たちが明する「作品ガイド」というはじめての試みがありました。

↓これは子どもたちは大変だけど、立派に説明していましたよ。

P1000218

うちの洵以外は・・・(T_T)

洵は友達のお父さんやお母さんが「洵人、ガイドお願いします」っていうと逃げちゃうの(-"-)

↓彼の作品もありましたよ。

P1000219

糸ノコなんかの作業は楽しかったらしいんだけど、色を塗るときは自信がないのでサボタージュ(T_T)

先生からは電話はくるし、困った奴ですが、まあ、なんとか完成したみたい。

と、まあ、朝から夕方まで展示はしてあるのですが、6年生の体育館でのステージはいわゆる‘おおとり’でありまして、お昼のチョット前。

こどもたちは、おそろいのオリジナルTシャツにバンダナ。

そして、子どもたちが作詞して、渡部先生が作曲した「未来へのメッセージ」という曲を歌いました。

もうすぐ45歳となる父・民ぞうは、ビデオ撮影しながら、涙ぐみそうになりました。

まだ、卒業式でもないのに・・・。

帰宅し、PCに取り込み、YOU-TUBEにアップロードしました。聞いてあげて下さい。

1分30秒あたりから歌になると思います。

午後3時に職場に行って、ずっとこの曲を聞きながら議案をつくりましたが間に合わず、さっきおわりました。

もうひとつ、合奏もあります。

そのアップはまた後日っす。

2012年11月16日 (金)

被災地そっちのけで流用される復興予算2

前記事のつづきです。

(4)復興予算は米日独占企業の懐に入る予算として組まれている

 こうした政府、民・自・公3党合意による流用・横取りは問題の一部でしかなく、この復興予算そのものが、当初から米日独占企業の懐に入る復興予算として組まれていることに根本的な問題があります。福島第一原発事故の収束・除染・廃炉事業はその典型です。

 福島第1原発事故は、米国の要求により、地震国である日本に原発をおしつけた結果です。

 特に福島第1原発は、米国の原発技術者から欠陥品であるという指摘をされているGE(ゼネラル・エレクトリック)製原発であったことに問題があるとされています。

 ところが福島第一原発事故の収束、除染、原発廃炉事業をうけおっているのは、GEや日立、東芝、三菱など、原発建設でぼろ儲けしてきたアメリカと日本の重工業・電気などの独占企業です。

 これらの独占企業は、1基5,000億円にもなる原発建設事業で大儲けをし、さらに事故を起こしても、原子力損害賠償法では事故の責任を一切取らなくともよく、そして原発事故がおきると原発事故対策事業に入り込んでいます。

 福島第1原発の廃炉には最低でも30年はかかると言われ、廃炉費用は40兆円以上にもなると言われています。GEや日本の原発企業には原発建設で儲け、さらに原発事故で大儲けできるというこのうえない儲け話しとなっています。

(5)政府の復興方針は、米国の指示に基づく「ショックドクトリン(災事便乗型資本主義)」〈大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革〉

 世界最大の複合企業であるGEは今年4月に東北本社を仙台市に設置し、「復興支援・サステナブルシティ(持続可能な街づくり)推進本部」を新設しました。原発事業だけでなく、電力、運輸、医療、先端農業などさまざまな分野で市場参入をはかりつつあります。

 また、大手ゼネコンは「復興特需」で大儲けをしており、鹿島、清水建設、大成建設、大林組の大手ゼネコン4社の官公庁発注工事の受注の中心は、岩手、宮城、福島各県のがれき処理であり、政府はガレキ処理について、3年間で総額1兆円以上になるとの見通しを示しています。阪神大震災の3倍以上の金額です。

 阪神大震災のがれきは約2,000万トンで、1年で処理はほぼ終わり、総額3,246億円でした。東日本大震災のがれきは、2,300万トンで、阪神大震災と大差がないにもかかわらず、2012年3月時点の1年後でも処理が終わったがれきはわずか7%でしかありません。

 この原因は、がれきの広域処理にあり、遠くまでがれきを運んで広域処理することで運搬費用はゼネコンの懐に湯水のように入り込んできます。

 1年以上たっても被災者の復興住宅の建設は1%しか進んでいません。しかし2012年1月時点で復興計画を策定した66自治体の内、祈念公園・施設の整備を策定した自治体は27自治体あり、宮城県だけでも東京ドーム52個分の異常な公園建設計画となっています。

 このような政府の復興方針は、米国の指示に基づく「ショックドクトリン(災事便乗型資本主義)」〈大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革〉と言われるもので、被災・災害につけいり、国民に犠牲をおしつけながら、規制改革・構造改革を強行し、米日独占企業に市場を提供し、大儲けさせようという事業展開です。

 

被災地そっちのけで流用される復興予算1

土建まつりやその後の会議でドタバタしてて(まあ、今もなんだけど)、ムカついてたけど書けなかったことがありました。

土建まつりを開催した11月11日は東日本大震災から1年8カ月の日でした。

その前々日の都連執行委員会の議案には、以下のような情勢報告が載っていました。

聞いているだけでも、腹立たしさや憤りを感じます。

でも、現実なのでここでも載せておきます。

被災地そっちのけ GEなど米日独占企業に貢がれる復興予算

(1)未だ約33万人が避難生活を余儀なくされている

東日本大震災から1年半以上が過ぎましたが、未だ329,777人(復興庁調べ96日現在)の方が自宅を離れ避難生活を余儀なくされています。

避難者の大半(313,153人)が仮設住宅や民間の賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」での生活を続けています。そのうち福島県の避難者は16万人にのぼり、避難者全体の約半数を占めています。

これ以外に自主避難した人が福島県だけで8,756人いますが、この人たちは避難者としては数えられていません。

(2)復興予算は被災地に使われていない 復旧にほど遠い被災地

国道・新幹線・電気などのインフラ復旧は進んでいますが、居住環境や就業環境の復旧は進んでいないのが、被災地の現状です。

 住まいの再建は、青森、岩手、宮城、福島の4県で約27,600戸の災害公営住宅の整備が計画されていますが、91日現在で着工したのは1.6%しかありません。

 

 また営農再開できた農地は38%、陸揚げ機能が回復した漁港は34%しかありません。

 被災地の商店街や漁港などを対象とした中小企業グループ補助事業は、「国の予算が足りない」などの理由で申請件数の63%が却下されています107日東京新聞)。

(3)復興予算流用・横取りとは国による復興の妨害・「官制復興妨害」

復興予算が被災地の復興とは関係のないところに使われている予算が数多くあることが明らかになり、NHKの調べによると2兆4,500億円にのぼることが報道されました。

 人の不幸を踏み台にして肥え太るという、誰が見ても酷い内容で、政府と官僚のデタラメぶりが改めて浮き彫りにされ、野田政権に対する国民の不信感はますます高まっています。

 復興予算は、2011年度の補正予算、2012年度の復興特別会計5年間の合計で約19兆円組まれており、今年度までに既に17.5兆円を盛り込み、2013年度の復興特別会計の概算要求4.5兆円も含めれば総額23兆円におよぶ巨額であり、うち横取り・流用が1割近くされていることになります。

 この問題は、もともと、20116月に成立した「東日本大震災復興基本法」の第2条で、基本理念として「単なる災害復旧にとどまらない活力ある日本の再生を視野に入れた抜本的な対策」という文言を潜り込ませたところから発しており、さらに政府の「東日本大震災からの復興の基本方針」(2011年7月)では被災地域の復興は、活力ある日本の再生の先導的役割を担うものであり、また、日本経済の再生なくして被災地域の真の復興はないとの認識を共有する」とされ、「日本経済の再生のため」として、都合よく予算を「流用」できるようになっていたものです。

 このように、「被災地以外に流用できる」制度を3党合意でつくり、そのうえに各省庁の官僚に都合のよいように復興予算のぶん取りをやらせるだけやらせた結果によるものです。

                                  つづく

 

2012年11月15日 (木)

明日(11/16)国会解散!?

いかん、こんな時間になってるし

土建まつり後の今週は、今更ながら「なんで、こんなにチマチマと会議ばかり入れたんだろ?」と、グチってしまうようなスケジュール。

月曜日は、まつりの片付けがあると思って何も入れてませんでしたが、

火曜日は午前が事業所管理システムで開発業者と打ち合わせ。

午後からは、産業対策の事務局会議に出席して、労働者供給事業についての話し合いに1時間ほど加わる。

水曜日は午後から専従役員会議。

そして、木曜の今日も午後からIT戦略小委員会。

うー、日曜日が後継者対策の活動者会議だっていうのに、ちっとも準備が進まないじゃん!

と、まあ、愚痴ばかり言っていても仕方ないので、明日はフルに日曜の準備にあたります。

なんだ、かんだで12月16日(日)の東京都知事選挙に、いきなり、衆議院議員選挙まで入ってくる様相。

明日(11/16)、国会は解散!?

ホントにやるの?

まあ、あれだけのカードをきったんだから、やるんだろうね。

しかし、ここだけの話、党首討論は茶番と言うか、学芸会チックじゃなかった?

バカがつくほど正直って通知表に先生が書くかな?

よっぽど教師と保護者の間に信頼関係あるとか、注釈をつけることができなければ、バカがつくって、文字にはしないんじゃないかな?

しかも通知表でしょ?

「この間、○○くんが‘近いうちに’って約束したのに、まだやってないです。それじゃ、うそつきだ」

「■■くんだって、このことに賛成って言ったのに、賛成してくれないじゃ、ないか」

って感じのやりとりが国会で行われる。

しかも、解散・総選挙でどこが政権をとって、誰が首相になるかも分からないのに、約束をする。

それも国民のみなさんと、だって。

そもそも、国民との約束は「4年間は消費税を増税しません」じゃ、ねーの?

社会全体で子どもたちを育てるって言って、年少扶養控除廃止と引き換えに子ども手当を導入したのに、今じゃ、子育て世代には年少扶養控除の廃止によって残ったのは増税だけじゃん!

源泉徴収の人はすでに取られてるし、確定申告の人は計算するとビックリするんじゃね?

なんで控除ができないの?って。

さて、明日、衆議院は解散だそうです。

日程的には、来年度の予算編成もままならぬ状況。

予算が決まらないと、お金が回らない。

生活に必要な公共事業、被災地の復興もまた滞るのでは?

政治家ってなんだ?

今回の選挙の争点は?

そりゃ、もちろん、民自公で談合して決めた「消費税増税をやめさせる」ことでしょ。

それがそもそも「うそつき」なんだから。

※ちなみに民自公の民は民主党の略で、このブログの管理者・民(たみ)ではありません。

2012年11月14日 (水)

おかたづけ

オマーン戦勝ったね

1-0のときに風呂に入り、居間から叫び声が聞こえたので・・・

民:「ありゃ、入れられたな、1-1だと思うよ」

洵:「え?なんて言ってた?」

民:「ママがギャーって言ってたような気がする・・・」

そんな会話の後、洵が風呂から出て・・・

洵:「やっぱ、1-1」

との報告。

そのあと・・・岡崎くんのゴールで逆転、よかったねぇ~

話はさかのぼり・・・昨日から、使わなくなったおもちゃを片付けるように言われていた洵。

そのおもちゃは、今度の日曜日に開催される保育園のバザーに出すことになるのですが・・・

民:「おもちゃ、片付いて良かったね」

洵:「(ため息交じりで)う~ん」

民:「え?バザーに出すのいやなの?」

洵:「まあね、俺のおもちゃだからね」

ふ~ん、そそくさと片づけていたのに、と思いましたが、それなりに思い入れはあるんだねぇ~

それにしても、今や中学3年の兄が小さい頃から(おもに父が)買い続けたおもちゃの数々。

ちょうど、仮面ライダーがはじまったの。

クウガね。

これがハマったハマった。

そんなおもちゃの類がたくさん。

しかも、箱もとってある。

P1000209

う~ん、実はこの後ろにもひと山あるのでした。

そんな、おもちゃ類を片付けている最中に見つけた懐かしい写真をお見せしましょう。

Image082

1993年7月ってなってるねぇ~支部青年部のキャンプかな?19年前、みんな若かったよ

Image083

これは8月だから、本部の活動者会議だと思う。

後ろの列の真ん中二人は、隆幸さん(タカさん)と貴之さん(JACK)です

この活動者会議は8月最後の日曜日でね、中央道が大渋滞・・・河口湖だったと思うけど、到着したのが夕方だったような・・・気がする。

こんな集合写真は見せられるのですが、見せられないような写真もたくさんございました。

それは、それで、またいつか~

2012年11月13日 (火)

土建まつりが終わりました3

う~ん、土建まつりの余韻にひたるというか、疲れがとれぬというか・・・それでも話題はつきないもので、溜さんがデスクにやってきて「動画が送られてきた」とUSBメモリーを渡してくれました。

民:「あれ?俺たちゃ建設労働者は?」

溜:「長くて送れないって」

長いっていうか、データが重たいんだと思いますけど(-_-;)

と、いうことで、土建バンドのステージをyou-tubeにアップしましたので見て下さい。

今回のステージの助っ人、きん・バンドさんのオリジナルです

↑民は、ステージの裏で黄色いスタッフベストを着てウロウロしています。

この曲を聞いて・・・「いつもの土建バンドとちがうねぇ~」なんて声を聞きましたが、土建バンドの曲ではないのです(T_T)

主婦の会のテーマソングっす

↑この曲は、溜さんが主婦の会の集会に向けてつくった曲。

♪うれしい時も、悲しい時も、この手のひらをキュッとにぎる♪・・・このフレーズが好き。

歌っていても気持ちがいい曲ですよ。

♪かあちゃんより、付き合い長いぞ、俺の軽トラック♪

↑最後は、土建バンドオリジナルの♪俺の軽トラック♪です。

♪俺たちゃ建設労働者(公契約条例の歌)♪が賃金対策部、♪アスベストバスターズ♪が労働対策部、ってきたので今度は仕事対策の歌だ、とつくったかどうかは分かりませんが、仕事が少なくなって相棒たる軽トラックに元気がないって歌ってます。

う~ん、これを見るとやっぱり、ステージで歌いたかったなぁ~と思う私。

♪俺ぼ目の黒いうちは♪もいい曲ですよ。

最後に・・・昨日の記事にもリンクしてあるけど、葵と楓の浅草においでよ!をお楽しみください。

中学1年と小学6年の姉妹ユニット・・・毎週日曜日は浅草花やしきのステージに出演中っす。

↑東京土建葛飾支部の組合員さんのお孫さんです(@_@。

2012年11月12日 (月)

土建まつりが終わりました2

昨日の夜、寝るか、書くか、迷った挙句の記事にたくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます

‘やっつけ’に近いと言われそうなので、もう少々紹介しますね。

写真は、facebookのお友達から‘パクリ’ました。

もちろん、了解はもらっていません。

でも、許してくれると思います。

62212_389146221165007_446604165_n

前記事のゴーバスターズのショーは、こんなに人が集まっていました。

ショーの後の「握手会」の場所まで、レジャーシートを敷いて・・・10:20と12:20の2回、やっぱり、ヒーローは子どもたちのあこがれなんです。

481723_448971438494129_1290148977_n

↑一方、ステージが始まる前の午前9時・・・そりゃ、舞台の前は誰もいないのですが、土建バンドのリハーサルっす。

今回は、助っ人・金バンドをひきつれて、溜口(ためぐち)師匠(書記)が歌います。

民は、役割上、ステージで歌を歌う余裕などなく、アンプやドラムセットなどを運ぶのみ

293704_449012005156739_1588542763_n

↑チョット遠いのですが、ステージでは葵と楓の二人が歌っていますよ(リンク先には動画がアップされています♪浅草においでよ!♪を聞いてみてください)

↓建設産業で働く仲間の組合なので、こんなとりくみもあります。549136_302715563176241_164690911_n

東京建築カレッジの仲間による上棟式・菓子まきです。

ホントは‘お餅まき’なんだけど、お子様向けにお菓子をまきます。

↓各支部の準備した模擬店も勢ぞろいですよ

12773_302715716509559_13666982_n

品川支部は前日の夜から、看板をセットしてましたよ。八丈島にも建設に働く仲間がいます。八丈の焼酎にくさやは完売だったそうです。

521576_302715656509565_1264988081_n

↑目黒支部は7月に行った岩手県けせん建設職組合の仲間も来て、さんま1000匹を完売(詳しくは青年部のブログを見てね)。

216318_123515554472320_1443302444_n

↑前日から500パイのイカをさばいて、準備した西多摩支部のイカ焼きは美味しそうッす

売り子は小松くんと松本くん。

他の支部でも青年部や後継者世代の仲間が大活躍でしたね。

その西多摩支部の後継者対策部長の大泉純くんは、今回のイベントの要員でして・・・先月開催した後継者育成プログラム(学習会)のときに「ステージの担当がいい」って聞いていたので、ステージの進行を補助してもらいました。

↓そして、ステージ進行=いわば裏方の役得として写してもらった写真がコレ

A7eybmfceaegtjj

だって、葵と楓の二人も、制服向上委員会もみんなゴーバスターズと一緒に写真撮ってたんだもん。

ゴーバスターズもフルメンバーでそろってたし、こんな機会はないし・・・でっす。

公開しないつもりだったけど、載せちゃいました、ハハハ

2012年11月11日 (日)

土建まつりが終わりました

うー、眠い、泥のように眠りたい・・・と就寝したものの

朝から「ワン、ワン(散歩に連れてって~)」と1階からモコの声がする。

時間は午前4時・・・集合が6時なので、5時までは寝られると思ったのに

仕方なく、散歩に連れて行って・・・洗濯物を干して・・・5時過ぎには自宅を出発。

到着した6時前には、もうみんな集まって、任務についてました

まだ、夜明け前なのに・・・

昨日、最後までねばった練馬支部のお店の看板は、夜露でこんな感じに

P1000208

そして、ステージはまだ、静まり返っています

P1000207

午前8時から実行委員、要員の打ち合わせをやって、午前9時からはステージのリハーサル。

ステージ係(ステージ出演者の依頼、舞台関係者との調整、ステージの台本執筆、そして、当日の進行)の民は、まつりがどんな風にすすんでいるのか、各支部のブースはどうなってるのか、まったく見ることができませんでした。

しかし、このイベントに参加していた仲間たちがfacebookに写真をアップしてくれているので流用っす。

59079_302715596509571_788850857_n_3

子どもの広場に設置したふわふわスライダーっす。

本番は無理なので昨日、試し乗りしたよ、これは楽しいよ。

28744_389146154498347_1967403580_n

ミニSLコーナーでは、SLと新幹線・・・ここだけは、午後から行ってみたの。

担当の東村山支部の飛田さんが「チョット、いっぷくするから変わって」と最後尾のプラカードを持たされました

530957_389146194498343_672012646_n

ステージではやっぱりゴーバスターズショーが大人気

だから、このショーの前にあいさつなんかを入れる・・・そうすると、ステージ前がスカスカにならないでしょ

ステージでは、浅草のはなやしきのステージで歌っている葵と楓や制服向上委員会も登場しました。

また、どけん共済会のブースではプロ棋士による多面指しもあって、他のブログでも早速紹介されていました

ツイッターでも土建まつり、って検索すると「吉祥寺駅で土建まつりの案内が目立つ」なんてつぶやかれていたくらい、会場の外回りの案内・誘導係のみなさんも頑張ったんだと実感しました。

たくさんの仲間のがんばりが支えた土建まつり・・・閉会とほぼ同時に雨が降り出して、撤収は大変でしたが、本当にお疲れ様でした。

ちなみにこの土・日の2日間のうち、19時間、井の頭公園にいました。

今日のまつりを終えて、仲間のがんばりに感動し、東京土建ってすごい組織だとあらためて思いました。

本当にありがとうございました

2012年11月10日 (土)

明日は土建まつり【追記】

いやー、いい天気っす・・・ 今日は(-_-;)

2012111013050000_2

↑すでにテントはならび、着々と準備が進んでいます。

2012111013420001_2


↑打ち合わせしてるのは、駐車場係のみなさん。
お昼には、駐車場の準備も終わり、夕方からの支部の受け入れを待つのみです。

【追記】

と、まあ、夕方からの支部の搬入車両を待っていたのですが、この前日に荷物を運ぶ支部がどこなのかを把握してないし・・・(-_-メ)

だから、どこの支部が、いつ来るか分かんないの・・・(-_-メ)

てなことで、前日準備の終了時間は午後9時32分・・・(-_-メ)

P1000205


↑練馬支部の準備が終わり、唐澤兄さんがトラックを駐車場に入れて終了・・・(-_-メ)

原チャリをすっ飛ばして、15分で自宅についてしまう民なので、仕方なしか・・・(-_-メ)

明日は午前6時から作業開始です・・・(-_-メ)

2012年11月 9日 (金)

主催者の‘構え’

前日の記事の終わりに・・・都連の執行委員会のあとで、非常駐の役員のみなさんと意思統一しますよ、って書いて、まあ、そのとおり短時間(見事に8分間)で明後日にせまった土建まつりの最低限の意思統一をしました。

ほぼ、全員にご理解いただいたと思うのですが、一番、理解してほしい人がどうも怪しい感じです。

目標として・・・1万人の来場者を集めようと確認し、各支部の組合員・家族、とりわけ子育て世代の仲間に多く参加してほしい、もちろん、事故がないようにスムースに進行する。

そのために本・支部の要員のみなさん、国保組合の職員まで駆り出して、朝8時から準備をはじめる。

各支部の模擬店の車両の搬入は午前6時から。

それに対応できるよう、私たちも朝早くから現地でスタンバイ。

もちろん、明日の土曜日も会場設営に1日かかる。

それだけのイベントの‘主催者の構え’やスタンスってどうあるべきだろうか?

「まあ、事務方が全部やってくれているから、我々はそれに乗っかって・・・」

そんなこと言われて、こっちは、モチベーションを維持できるかね?

それでいて、当日は・・・いろんな人から「あーして」「こーして」なんて言われ、できないことまでハイハイって答える。

そりゃ、本部役員は組合の顔ですから、ハイハイってこたえれば、「本部の人がいいって、言ったよ」と、なる・・・そしたら、次から次へと、うちもうちも・・あーあ、最悪のシミュレーション。

そんなんだから、2日前の会議で集まるところを利用して、意思統一してるんです。

11万5千人の労働組合の先頭に立つ役員としての自覚、ありますか?

自覚があっても、それに見合った言動になっていますか?

自分はそうしていると思っていても、周りの人たちは共感しているでしょうか?

思っていないのでは?

だから、「なんであの人がいつまでも役員なの?」って、たくさんの人に聞かれたり、言われたりします。

と、まあ、丁寧に書いたつもりですが、いよいよもって、今度は言葉で伝えなければならないと思っています。

言ってわかるなら・・・とは思うものの、だれも本人に言わなくなってしまっているんですね、きっと。

この先、本人だけじゃなく、組合そのものが問われる時がくる。

そんなことを考えると、まあ、伝えなきゃってことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで・・・小学校の運動会や学芸会で子どもたちが代表であいさつしたりしますが、あれって、先生がすべて用意するんじゃなくて、子どもたちも考えるんです。

先日の運動会の開会式では1年生が「ぼくは、○○をがんばりたいです」、って感じで。

閉会式では6年生が出場した競技のこと、勝敗の結果、そして最後の運動会への想いをこめてあいさつをします。

中学校の入学式の上級生による歓迎の言葉とか、卒業式の在校生による送る言葉なんてのは、PTA役員として出席した際に、何度か聞きましたが、それはそれは立派な文章です。

先生のチェックはあるようですが、中学生はすべて自分たちで考える。

人の前に立って、自分の言葉でお話をする・・・人が書いたものじゃなく、自分で考えた言葉や文章は、自分の想いだから自分のものになって、人に伝わる。

人が書いたものは、一度読み込んで、理解をして、自分の気持ちを入れないと、伝わりませんよ。

さて、明後日のあいさつは自分のものになっているでしょうか?

1万人のイベントの先頭に立って、成功させる・・・この構えやスタンスがあれば、自分で考えなきゃ、と思うのでは?

そもそものところ=‘構え’が根本的に違うんだと思います。

2012年11月 8日 (木)

めまぐるしく時は過ぎ・・・

本日の午前中は・・・京都からの客人に書記長と二人で対応し、お昼に(-_-;)

その内容は予想通り建設業の社会保険未加入問題にからむもの・・・。

この秋の拡大月間での状況や各支部のとりくみ、そして、今後どうしていくか・・・。

民は事業所対策の担当でもあるのですが、この社会保険未加入問題って、そもそも国交省の「方策2011(詳しくは・・・建設業者をなくしたいのかをご覧ください)」に基づく政策だから、うちでは賃金対策部が担当なの。

だから、全建総連東京都連や関東地方協議会の業界や国・議員などへの働きかけのすべてを知っているわけじゃないから、ちょっと困ったのですが、そこは書記長が一緒なので、フォローもあり、こっちは秋の拡大月間での各支部の取り組みや「新たな事業所との接点」などについて、聞きかじったことを伝えるだけでした。

しかし、いずれにしても今後は、建設産業民主化の課題と組合に組織していく課題を同時にすすめていくことが求められます。

今月の支部の四役会議のあとに・・・「増やす(拡大する)だけじゃなく、そのことで産業を変えていく課題がより鮮明になったんだから、あなたの出番だよ」って、くまちゃんには伝えました(^-^)

そんなわけで、午前中が終わり、昼食をとる暇(いとま)もなく、いよいよ3日後にせまった土建まつりの準備が襲いかかって来ます。

当日の本・支部の要員+実行委員+本部の非常駐役員・・・のネームプレートのデザインを考えつつ、エクセルシートから名札のフォーマットに流し込む・・・でも、忘れてる(>_<)

1月の婚活パーティーのときに300人以上の名札を印刷したのにぃ~

やっと思い出し、本部のレーザープリンタで印刷するも・・・厚紙なので、印刷が薄くなるところが出る・・・しかも、1枚につき必ず1カ所=一人分が(-_-;)

それをバラバラにしてもらい、ネームプレートに入れてもらう。

「朝は、それぞれの係で打ち合わせをするので、その係ごとに束ねてください」と指示。

その間に、ステージ業者のメール、電話に対応・・・う~、頭狂うし(T_T)

ってなわけで、昼ごはんも食べずに、2時過ぎに自宅に戻って、なんとか食事をとり、中学PTAの会議に出席。

「チョリーッス(鉄平風)」とPTA室に行くと・・・

「どうしたの?」

「大丈夫?」

「なんか、痩せた?」

と、中学ママたちに心配されました。

疲れが顔に出てる?

いや、ひげ剃ってないし、そのひげも白いし(@_@。

まあ、この一週間、週間天気予報を見ても11日の日曜だけが、不動の曇り雨っす。

書記長がやさしく・・・「住宅デーの3回(3年)は仕方ないよ、梅雨のさなかだったし」といってくれたのがせめてもの救い(^-^)

くー、でも、雨降らせたのは3回じゃなくて、4回だしぃ~(-"-)

まあ、大どんでん返しがあることを祈りつつ、明日もせっせと準備です。

都連の執行委員会のあとに、非常駐の役員のみなさんと意思統一しますよ。

2012年11月 7日 (水)

ボスの送別会

一週間前に・・・ボスのいないデスクなんて、記事にしたんだけど、今日は本部の組織と総務でボスの送別会を開催しました。

会場は・・・後継者対策部(の部会のあとの飲み会)でおなじみの料麺館。

正雄さんが、ボス・清水さんに「5時20分くらいまでに本部に来てもらえますか?」なんて、電話したんだけど、料麺館と聞いて・・・少々、落胆気味でしたが、まあ、いつものとこだし、これからあんまり行くことも無いだろうし・・・いいかな?というか、ここしかないかな?って。

ボスと言えば・・・こんなことあんなことでたびたびこのブログにも写真を登場させてきたんだけど・・・もう、そんなこともなくなってしまうのかな?って少々さみしい感じ。

きよ氏さんが、みんなが酔っぱらう前に、「一言ずつ」なんていうので、考えてしまったけど、本部では2005年から仕事対策で机を合わせて仕事をさせてもらい、2010年からは後継者と青年部の担当として組織の島(机の塊ね)に呼ばれて、これまた一緒に仕事をしてきました。

もっとさかのぼると・・・まだ、支部にいた頃のいろんなことがあるんだけど、まあ、これらはあらためて11月21日の予算要求集会のあとに開催する、本部書記局全体での歓送迎会で話す?いや、司会やるから話せないか・・・。

この歓送迎会は、清水さん、井手口さん、全建総連の技術対策部長を退任された梅澤さんたちを送る会。

清水さんは前記した通りですが、井手口さんは2001~2002年に組織・青年担当のときのボスだし、梅澤さんは2003~2004年に国保組合に出向していたときのボス。

そんなみなさんを送り出す・・・う~ん、感慨深いものがあります。

さて、本日のボスの送別会は、参加のみなさんから会費をもらい、きよ氏さんと正雄さんでプレゼントを購入して渡しました。

こっちも見たいので、「開けてみて」なんて言ったら、包装紙までは丁寧にあけたものの、外箱はバリバリとやぶるボス(T_T)

P1000204

そして、外箱をそのまま置いて帰るのでした(-_-;)

きよ氏さんと正雄さん曰く・・・「丁寧に包んでくれたのにぃ~」

なんか、くやしいので、昨年9月のとったどーも載せちゃえ!

そして、本当にお世話になりました。

ありがとうございました、ですm(__)m

2012年11月 6日 (火)

やってる?新入部員歓迎会

本日、2日の書記局会議で使った土建まつりの要綱を本番用に仕上げてたんだけど、よっしゃ、これで終わるってとこで「プログラムを終了します」ってでやがった

「うぎゃぁ~」とまでは、叫ばなかったんだけど、半日余りかけた作業だっただけに、また、仕上がりも「まあまあ、かな?」なんて思いながらつくっていただけに、悔しくて、壁に備え付けてあるスチール棚に靴を蹴りこみました

そして、あらためてワードを立ち上げるも・・・復活したのは、途中まで

そもそも、作業に間に・・・業者とのメールのやり取りや社会保険未加入問題のデータの送付なんかでパソコンに付加かけすぎ。

この要綱そのものが、表紙の写真や配置図、タイムスケジュールといった容量の大きな「図」を使い過ぎ。

メモリーだよなぁ~・・・愛の、とかじゃなくてPCのメモリーね。

多分、そのために自動バックアップも効力を発揮しなかったのだろう・・・と、気を取り直し、明日には印刷できるようにと打ち込み直しましたよ

自宅に戻り、ページ構成を手書きで直して、いよいよ明日は印刷です。

このあとの修正は、当日、口頭で、現場でやります。

とは、いうものの、週間予報によると・・・日曜日は降水確率50%

こっちも「うぎゃぁ~」って感じなのですが、今日一日、多くの方々に「日曜日は雨かもね」と声をかけられました。

土・日はなんとか天気であってほしいと祈るばかりです

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、秋の拡大月間も終わり、各支部の青年部では、新歓=新入部員歓迎会がおこなわれてますね。

江東支部青年部は・・・東陽町でこんな感じ↓

1351885814

目標達成のお祝いと新歓だねぇ~

中野支部青年部は・・・お寿司です↓

Pb030022

うにといくらで痛風セットとか・・・

このブログを見ながら380円の仕出し弁当を食べていた、本部組織島ではこんな会話が・・・

正雄:「こんな贅沢してたかな?、いつも飲み放題ばっかりだったけど・・・」

民人:「最近は(お酒を)飲まない子も多いからね~」

正雄:「・・・石憲とか飲まないもんなぁ」

・・・石憲はもう、青年部じゃないし

とにも、かくにも新入部員の歓迎会は、大切です

青年部に入ったけど、なんのお知らせもお誘いもない・・・そんなことがないようにお願いしますね。

それにしても、お寿司がうまそうっす

民は尿酸値高くないし、日本尿酸党の党員でもないし・・・

きよ氏さんは、尿酸値が高いし、足先も痛くなる人なので、日本尿酸党員ですが

でも、民は、いくらよりも筋子が好き。

北海道にいたころは、いくら(わざわざバラバラにした鮭の卵)なんか、食卓に出てこなかったし・・・。

辛子明太子(わざわざ、九州まで持って行って辛子で漬けこんだタラの卵)よりも、そのままのたらこが好き。

とか、書いてもお歳暮が届くわけでもなく、たまには北海道の父に電話して・・・おねだりしよーかなぁ。

農協のAコープとかだと、びっくりするほど安いの。

送ってもらうと宅急便代の方が高いかも。

2012年11月 5日 (月)

日本平和大会青年集会・ピースシャウト

福島青年大集会2012のアピール文は、あらためて福島の現状、とりわけ子どもたちや青年たちの未来を奪っていると怒りと憤りを感じました。

行きたかったけど、もう、青年じゃないし・・・。

でも、青年部の仲間が行ってくれてよかったっす。

ありがとね。

そして、報告もお願いしますね。

当然、11月25日(日)の拡大執行委員会のときがいいよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってなわけで、その拡大執行委員会の前に・・・11月23日(金)、勤労感謝の日=清水ボス(全建総連組織部長)の誕生日に開催されるのが、日本平和大会の青年集会・ピースシャウトっす。

と き 11月23日(金)午後7時~8時半

ところ 明治大学アカデミーコモン1階ビクトリーフロア

住所 千代田区神田駿河台1-1(JR御茶ノ水駅下車徒歩3分)

地図画像

そもそも日本平和大会って、なんなの?ってみんなは、日本平和大会のHPを見て下さいね。

20121123

↑東京大会なので全国から青年が集まりますよ。

青年集会がどんな内容になるのかは・・・実行委員会に入ってるのに、出席できずにいて、あんまり分かってないの。

ごめんなさい。

あらためて、告知するね。

祝日の夜だけど、多くの仲間の参加をお願いします。

「福島青年大集会2012アピール」全文

156463_122467881242120_1147165952_2東日本大震災・東京電力原発事故から1年8カ月。地震と津波による被害に加え、人災である原発事故が生み出した恐怖は、私たちの心に深い傷を残しました。生業とくらしの破壊、避難の困難さ、このまま福島にいてもいいのかという葛藤に悩み苦しみました。そしていまでも、原発事故による苦しみは続いています。同時にその中でも、少なくない青年が「何か役に立ちたい」とがんばってきました。苦しみに寄り添い、向き合いながらの救援活動や反原発・再稼働反対の運動など、私たちは本当にたくさんのことを経験してきました。 

一方で加害者である国と東電は、被災地に一方的な線引きと分断を持ち込み、とくに昨年12月の野田首相の「事故収束宣言」以降、あらゆる支援策や賠償も収束方向に向かわされています。

「もともと安い給料で長時間働かされて、身体も心もぼろぼろだったが、大震災と原発事故でトドメを刺された」という20代の男性、「将来、県外の人とは結婚できないのかなって、友達と話している。健康調査をもっとしっかりやってほしい」という女子高校生、「放射能の考え方の違いでいつも夫婦げんか。最近は放射能のことを口に出すのもためらう。普通にくらしたいだけなのに」という若いママ。私たちがこれまでに出会ってきた青年たちの不安や困難、そしてささやかな願いは、“仕方がない”と、あきらめなければならないものなのでしょうか。 

この複雑な思い――“もやもや”を“スカッ!”とさせるために、私たちはこの集会に取り組んできました。そして圧倒的多数の県民が「原発事故は国と東電の人災だ」、「もっとちゃんと対応してほしい」、「もう原発はたくさんだ」と共通した思いを持っていることを再確認し、私たち県民があきらめなければならない理由がないことを確信しました。 

同時に、これだけの事故を経てもなお原発に依存しようという政府に、まともな避難者支援や徹底した除染、そして全面賠償はできません。しかし、各地でわきおこった反原発デモ、そして首相官邸前金曜行動、さらにそれに連帯した行動が全国津々浦々に広がる中で、政府自身も過半数の国民が原発ゼロを望んでいると認めざるを得ないところまで追い込んでいます。福島県にとってこの流れは希望です。 

この夏、猛暑の中で原発がなくても乗り切れることが証明されました。政治が「決断」しさえすれば、すぐにでも原発ゼロは可能です。「即時原発ゼロ」を掲げ、福島に、そして被災地に寄り添う政治に転換していくことを私たちは求めます。 

原発事故にとどまらず、全国の青年の願いに背を向け続ける政治に未来はありません。安全と安心、そして雇用やくらしを守り、青年の願いに真正面から向き合う日本へと、いま私たちは声をあげます。未来は青年のもの、日本の未来を私たち青年の手に取り戻しましょう! 

再稼働を許さずただちに原発ゼロの決断を!若者に雇用と暮らしの保障を!消費税増税とTPP推進の中止を!平穏をおびやかすオスプレイと米軍はアメリカへ帰還を! 私たちは、多くの青年の意識を揺り動かした3・11東日本大震災・原発事故の被災地である、ここ福島から、青年の本当の願いを発信し続けます。 

全国の青年のみなさん、福島への連帯に私たちは励まされています。福島を見て聞いて感じてください。私たちも全力でがんばります。この連帯の力で、青年を苦しめる政治から、青年の願いがかなう新しい流れへと変えていきましょう。きょうの集会をその一歩とすることを誓い合います。

2012年11月4日                 福島青年大集会2012

2012年11月 4日 (日)

福島青年大集会に代表派遣っす

本日、福島駅前で開催されている福島青年大集会に東村山支部の神石くんと本部書記長の品川すぐるくんが参加しています。

神石くんから送られてきた写真をご紹介しますね。

534010_122432461245662_2043034709_n

↑メイン集会は午後1時半からだから、朝の段階での野外のステージはこんな感じっす。

スタートは10時半からの分科会。いろいろと顔を出しているようですゾヽ(^。^)ノ

374028_122442247911350_736381167_n
↑高校生の交流会では、原発や核兵器のこと・・・いろんな話を出し合ってる。

306689_122446157910959_1496284475_n
↑青年のボランティアの分科会・・・神石くんの話では「青年たちはボランティア=肉体労働って思ってるみたい」って。んなことないよね。いろんな支援の仕方はあるよ。

602547_122445251244383_332280610_n

↑福島から日本の雇用と労働を考える分科会

と、まあ、こんな感じで分科会がすすめられているようです。

午後からの集会の様子も送られてくるかな?

神ちゃん、すぐるくん、よろしくおねがいしますよ。

そうそう、朝早くに神石くんからメールで送られてきた写真↓

P1000203

おはよー、だって(-_-メ)

2012年11月 3日 (土)

拡大運動以前の問題

昨日は、杉並支部の四役会議

拡大月間が終わったばかりなので、当然、その話がメインとなる

10年連続で支部目標を達成した、全分会も達成した、よかったねぇ~、って終わることができれば良いのですが、そうはいきません、支部の四役(委員長、副委員長、書記長、書記次長)会議ですから

四役が担当した分会、所属の分会の様子を話していくのですが、明るい話はありません。

とりわけ、行動参加者が減り、訪問件数は200件も減少

結果が達成でも、中身が悪すぎる

拡大運動って、組合員を増やすだけじゃなく、組合活動に参加する仲間を増やす、組合に関心のなかった仲間に声をかけて、少しでもかかわりを持ってもらえるようにする。

いろんな業務で、組合の運動で・・・今回は建設業の社会保険未加入問題だったね。

さらに拡大運動は「人を変える運動」である・・・これは、また別の機会に書きこみます

1日の拡大行動の参加者が140人から99人に・・・かなりショックな数字だが、現実。

行動日の設定が分会の機関会議と抱き合わせされていても、この人数ってのが深刻。

そもそも、各分会が常設の行動センターをもつようになった一方で分会の財政はカツカツに

毎月の会議や拡大行動でいつでも集まれるようにはなったけど、会議や行動だけでは仲間同士の交流は深まらないよね。

センターはあっても仲間の交流が薄っぺらくなってないか?

集まる仲間の年齢層が高いんだから、対象者だって出てこないし、行動だっておぼつかない。

んなことは、拡大月間に取り組む以前の問題で‘組織強化’の課題。

2ヶ月間をひもとけば・・・9月の目標はクリアできず、そのままズルズルと10月の行動へ。

9月に1人とか2人しか、成果が上げられなかった分会が最後まで、明確に、全体の足を引っ張りました

高齢者が多く、事業所等の対象者もない・・・だから「分会再編」。

軽々しく言うなっての

「分会再編」と言えるのは、支部・分会の現状をしっかり分析し、5年先、10年先の展望まで思い描いた役員・書記だけです。

まずは、足もとを固めること

どうしたら、地域の運動体である分会に人が集まるようになるのか・・・これは青年部や子育て世代の後継者対策部も一緒なんだけど、「行って、楽しいか、楽しくないか」「(組合や組合活動が)自分のためになるか、ならないか」・・・同じ年代の仲間がいて、仕事でグダグダなんだけど、よし、行こう!ってなってもらえる分会になっていないから、集まらない。

日常の活動参加が楽しければ、拡大行動にも出てくれるようになる。

そのために、どうする?

また、支部の執行委員会の議案に「どうして、仲間を増やすのか」がない。

執行委員会の議案に「どうして、仲間を増やすのか」がなければ、分会でも語ることはできないし、分会が発行する新聞にも書かれない。

なんで拡大するの?と聞かれても、紹介すると「クオカードがもらえるから」となる。

アホか

10月に入り、こりゃヤバそうだと、10月の執行委員会に出向いて、建設業の社会保険未加入問題でお話をするも、夜の会議だから20分弱だけ。

しかし、その10月の執行委員会は1時間余りで終わった。

各分会から集まっている執行委員に「討論」してもらうことを描いた議案や提案になっていないの。

1時間で、一方通行で終わる会議なら、伝達だけでしょ

それでたくさんの仲間に動いてもらえるわけがない

この提案で、どんな議論をしてもらい、会議に出席した執行委員のみなさんが、自分のものとして分会に帰って提案するためには、聞くだけじゃなく、議論・討論しなきゃダメなんです。

4月から体制が変わり、早くも半年が過ぎました。

そろそろ、自分たちの色を出して、会議をすすめるときじゃない?

そ・し・て・・・熱く語らないと、人には伝わらない、心に響かない、よって、分会でも話してくれない。

色も気持ちも出していく・・・一つでも二つでもいいから、実績をつくっていく。

そういうときです

追伸

全てではありませんが、行動日に支部事務所にいたけれど青年部員を見ることがありませんでした。

そんなことは初めてです。

このことは青年部自身はもちろんのこと、青年部出身の支部役員、担当書記以外の先輩書記も重く受け止めて今後の対応をお願いします。

2012年11月 2日 (金)

秋の月間が終わっても・・・

秋の拡大月間、大変お疲れ様でした。

支部では今日あたりから11月の機関会議ですね。

こっち(本部)は、あと10日弱にせまった65周年記念行事・土建まつりの準備っす

本日の書記局会議に向けて・・・月間の最終盤も「実行委員会要綱」づくりをすすめてきました(↓写真はイメージです)。

Yoko

書記局全体の意思統一は今日が最後なので、なんとか間に合わせるために、昨日も自宅で夜な夜な作業

なんとか間に合わせて、1日の流れについて説明

いよいよ、各係にも本気モードで対応をお願いするところです。

とりわけ、来場されるお客様が利用されるJR吉祥寺駅が現在駅ビル工事中↓

2


ってなことで、案内・誘導係の配置と誘導のイメージを伝え・・・吉祥寺駅の公園口(南口)から会場までの係はこんな感じ、ってね↓

Dokenfes2


午前6時から搬入車両を会場に入れて、午前8時には撤収→所定の駐車場に誘導ってなこともシミュレーションしていきます。

全体の流れはこんな感じっす↓

Dokenfes

このほかにもステージの進行と司会者用の台本づくり、前記した案内とか駐車場係とか要員のみなさんの配置などなど・・・まあ、キライじゃないけど大変です。

んで、やっぱり気になるのが当日の天気

この一週間は天気予報に釘付けです

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

と、まあ、昨日(11/2)の夕方に下書きしてたんだけど、杉並支部の四役会議に出席して、そのあと飲みに誘われ、新高円寺で次の日になってしまったので更新が遅れました

日付は11月2日でアップします(^_^)v

2012年11月 1日 (木)

再生1万回突破記念ベスト5発表っす

※この記事はPCでご覧ください。 

ってなわけで、このブログの左側にリンクしてある東京土建青年部のチャンネルの動画再生回数が、昨日(10/31)10,000回を突破しました。 

10,000回突破を記念?して、再生回数の上位5本をご紹介します。 

まあ、東京土建青年部のチャンネルとはいうものの、結果として青年部の活動よりも子どもたちの動画の方がよく見られています(>_<) 

それでは、いきなりですが、第1位から、発表です(気持ち的にドラムロースを入れて下さい)。 

2012年2月5日 あかつき印刷・もりりん主催のフットサル大会っす
 

ジャカジャン、ってなことで、今年2月のあかつき印刷・森信太郎主催のフットサル大会。これが10/31現在833回で断トツトップ。 

11/24にも予定されているからか、最近でもどんどん増えてるの。 

1,000回再生も現実的になってきました。 

ちなみに撮影は民じゃなく、トモちゃんです(^-^) 

つづいて第2位です。

 
2012年9月30日 杉並区立松ノ木小学校の運動会
 

ほぼ、1か月前の小学校の運動会。動画のアップロードから3週間あまりで、600回。17分の長編ながらコンスタントに見ていただております。 

実は・・・息子の同級生たちも「you-tubeに出てるじゃん」ってなことで知っているそうです(-_-;) 

それでは第3位です。

 
2009年7月22日 小学校で開催した皆既日食の観測っす
 

今年の5月21日に金冠日食が日本列島を横断するってことで、ん?そういえば皆既日食のビデオはどうしたっけ?と探してアップロードしました。 

この時・・・小学校のPTA会長になって、「日食観測やりましょう!」って言われて、事前に日食グラスを注文し、先生とも打ち合わせして、さらにフジテレビまで取材に来たのに・・・雨(>_<) 

それでも皆既日食を見ることができたのでした。 

続いて第4位っす。

 
2011年11月 小学校の学芸会
 

東京土建青年部のチャンネル、とタイトルをつける前からアップしていた動画です。息子が5年のときの学芸会。 

ダンスの振り付けをふざけてやっていたら、先生に呼ばれ、前に来てやってみて・・・ということになり、洵のダンスが採用されたそうです。 

女子は恥ずかしげ、男子はノリノリの楽しい劇になりました。 

最近、このつづきをアップしたのですが、こちらは女子の声が聞き取りにくいし、長編なので人気なしです(>_<) 

そして、第5位は・・・

 
2012年6月23日 明治公園で開催された国民大集会
 

ここにきてやっと労働組合的な動画がランクインしました。 

今年の4月からHPの担当となり、こうした集会ではビデオカメラを回しています。それなりに編集もできるようになったので楽しいのですが、時間がかかるので、大変は大変です。 

ダイジェスト版としたのは、そのあとに長編をつくろうと思っていたから。 

しかし、それはつくらずじまいでありました(-"-) 

と、いった感じで紹介してきましたが、トップページを開いて「表示」をクリックし、「人気の動画」をクリックすると出てきます(-_-)zzz 

つづきはこちらからお楽しみください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

追伸 

足指の付け根に炎症を起こして接骨院に行き、「一週間は飛び跳ね禁止」となった息子・洵なのですが、昨日の診察で「また、腫れてきたね」と言われて帰ってきました(-_-;) 

「なんか、やったろ」と問い詰めると・・・「あー、あれかな」といって足をかばいながら、踊り出したのがコレでした(@_@。 

 

小学校のお昼休みは放送係が持ってきた音楽がかかるんだけど、なんでこの曲なんだろ? 

この曲に合わせて踊ったら、‘うけた’そうで・・・3人ほどの男子で踊っていたとのこと。 

このダンスが原因でまた、足が腫れてるの? 

土曜日の練習試合もダメってこと?オイオイよろしくたのむよ(T_T)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

SNS

  • facebook