2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

減らない組織・・・3つの特徴

早いもので2012年も本日でおしまい(◎´∀`)ノ

大みそかですね。

最近では建設職人のみんなでも月末のことを‘みそか’って言わなくなったのかな?

毎月の月末は‘みそか’12月は‘大晦日’

建設の仕事は、日給月給・・・1日かける○○○○○円=月給に換算することが多いの。

そして、月末払い。

毎月の月末=みそかは勘定日、そう、給料日ってことです。

まあ、大晦日なので、1年を振り返ってと、いきたいところですが、それはこのブログの過去記事を見てもらうとして、年末に思ったことなのですが・・・。

12月25日に本部登録日があって、ひとまずの2013年1月当初人員が出ました(最終確定は1月24日です)。

その結果、11支部が今年の1月現勢を上回り、増勢しました。

前年の増勢支部は渋谷支部だけだったから、各支部ともに奮闘したということです。

2008年秋のリーマンショック以降、どうしても経済情勢に左右されてしまう建設産業は本当に厳しい状況で組合の組織人員も2008年11月を頂点に減り続けてきました。

全都的には、今年も増勢で新たな年を迎えることができませんでしたが、11の支部が増やして年を越したことは、すばらしいと思います。

さかのぼりの加入なんかもあるので、もうちょっと増勢支部は増えるかな?

一方、27支部は増やすことができなかった。

どうしてか・・・そんなことを思いつつ、ここ2~3年じゃなく、10年くらいの長いスパンでみると今回増えた支部以外のところが上下しながらも増えていることが見えてきます。

資料を職場においてきたので、細かい分析はまた後日なのですが・・・

前記したように、経済情勢に左右されやすい建設産業と、いうことで考えると、住宅を建てなおしたり、リフォームしたりといったお客様の家計の状態がどうしても不況下では「お台所を新しくしたいと思ったけど、もうちょっとガマンするわ」とか、「外壁の塗り替えを予定していたけど、まだ大丈夫か・・・」と、後回しになってしまいます。

当然、建設産業に働く仲間の仕事も減ります。仕事が減れば収入も減る。

収入が減っても、月々の様々な支払い先は減るわけではないので、組合費が払えない(他の支払いが優先される)仲間も出てくる・・・組合をやめる仲間もたくさん出てきます。

こうして、お客さんも仲間も景気の動向などによって左右されるのは当然のこと。

しかし、この10年で減っていない支部を見ていくと、3つくらいの特徴があって、そのひとつにあげられるのが、「仲間の仕事確保」の運動を具体的に仲間に見えるものとして、実際に「仲間が助かった」と、実績をあげている支部が減っていないのです。

過去に藤枝元中央執行委員長がおっしゃっていましたが、景気がいい時も悪い時も、しっかり自治体と手を結んで信頼関係をつくる。景気が悪い時だけ、組合に「仕事、なんとかしろ!」じゃなく、仕事が忙しい時も自治体の住宅相談やいろんな活動に協力しなきゃ、ダメなんだよ・・・と。

1997年、今から15年も前ですが、「仕事と賃金で組織する」との方針が出されました。

仲間の助け合いである共済制度とか建設国保はもちろん大切です。

しかし、仲間が減ったり、医療費が伸びたり、補助金が減らされれば、保険料も上げざるを得ない。

同時に組合が仲間の仕事確保や賃金・労働条件改善の運動で組織する=仲間を増やしていくことが大切なのです。

仕事確保に関しては、住宅センター・・・ってなりがちだけど、すべての仲間をみすえた運動が必要で、町場だけじゃなく、大手ゼネコンや住宅メーカー系列で働く仲間も巻き込んだ運動にする必要がある。

公契約条例制定の運動や地域での防災活動の基盤づくりなど、働き先に関係なく、その地域にくらす仲間を組織していくことができるはずです。

3つくらい特徴があるって、言ったのであと2つですが、

ご想像のとおり、事業所を中心に組織を増やしてきた支部・・・都心支部もあるけど、三多摩でも急速に増勢した支部があります。

急速に増やすのはいいのだけれど、その受け皿となる組織づくりが伴っていない。

だから、減るときも早い・・・これもまた後日、どこかでお話しますね。

最後にもうひとつは、常に仲間の声に耳を傾け、新たな取り組みにチャレンジしている支部じゃないか、と思います。

これは、前記した仕事確保や賃金・労働条件改善の取り組みとも重なるんだけど、例年通り、いつもと一緒の運動方針や取り組みでは、新たな仲間の参加や協力は得られないんです。

新たな取り組みも一度やってダメだったから、ハイおしまいってのもダメっす。

なぜ、仲間に浸透しなかったのか、どうすればうまくいくのか・・・そんな総括も必要です。

人が減ると予算も減って、新たな取り組みを提起しづらいのですが、厳しい時だからこそ、新たな提起・実践は必要なのです。

厳しいときだからこそ、運動と組織確立・強化の重点を決めて、そこに力を注ぐ・・・。

各支部の主任書記クラスは、この年末・年始もそんなことを考えているかしら?

う~ん、2012年を締めくくるには、主観的すぎるわ(-_-;)

2012年12月29日 (土)

うれしはずかし・・・(+_+)

昨日は仕事納め。

ホントに何年かぶりに、日付が変わるまで飲みました。

別にやけになってとかじゃなく、前々からきよ氏さんから・・・「民ちゃん、行こうよ~」って言われてたんだけど、お酒を飲まないきよ氏さんの方が、家は遠いし、青年部の仲間と飲みに行っても、危なっかしいから落ち着いて飲んでることができないし・・・。

まあ、きよ氏さんはエンターテイナーだから、どこに行っても楽しませてくれるんですが、昨日は途中からジュタカさんも現れて、トントン拍子でウロウロと飲み続けたのでした。

もう、途中から声も出なくなっちゃって・・・うー、やっぱり歳だよね(-"-)

しかーし、年末であることに変わりはなく、家に帰れば、やらなければならないことはあるわけで・・・突貫でつくったものの、コメントも入れずに放置していた年賀状に「昨年は大変お世話になりました」とか、「今年もよろしくお願い致します」といった定番のものから、子どもの保育園時代の先生には、「子どもたちの成長はうれしい反面、さみしいですね」なんて入れたりしました。

まだ、お正月ではありませんが、我が家の年賀状は、こんな感じっす↓

nenga

以前、来年は巳年かぁ~で紹介した、息子・悠人のへびの折り紙は、「違うよ、バラバラになってるじゃん!」と言われまして、直しました。

ホントはこうなんだそうです↓

P1000279

うしろのところがバラバラになってたのを直したのですが、やっぱり、写真は分かりにくいっす。

で、まあ、年賀状にはこの1年の子どもたちの写真を見ての通り、‘ちりばめて’みたのですが、その内容までは入れられないので、こんなものまで作ってみました↓

うちの妻が・・・「フェイスブックに載せるから年賀状のデータちょうだい」って言っていたんだけど、解像度を下げれば、写真は粗くなるし、そもそも小さな写真だから、誰だかもわかんない。

それじゃあ、もともとの写真を中心にスライドショーをつくちゃえ!と、昨日の朝やりました。

まあ、中学3年生の息子の写真が少ないのは、ご勘弁を、ということで見てたいだければいいかな~、と思います。

と、いうことで、今年もあと2日。

今日(12/29)は、ほぼ家のことはできなかったので、明日・明後日でお風呂と玄関の掃除、水槽の水替えと掃除をやらなければなりません。

そう、いい年こいて、朝帰り・・・(-"-)

それでは、ドリカムの♪うれしはずかし朝帰り♪をどうぞ、お聞きください。

2012年12月28日 (金)

発表!勝手にアクセスランキング2012

さて、本日、仕事納めでございます。

昨年に引き続きまして、業務日最後を飾るのは、♪ドルルルルルルルルルル(ドラムロール風)

勝手にアクセスランキング2012っす。

昨年6月からスタートしたこのブログですが、昨年の勝手にアクセスランキングは、記事に対するアクセス数も最高値が300超って感じ。

今年は1年間。ホントに多くの皆さんにアクセスいただきました。ありがとうございました。

それでは、いきなりですが、第位から発表です!

位 大切な人がいなくなっちゃった (5月・1119件)

現役のPTA会長の突然の訃報は、ショックでした。

それでも副会長以下、残った役員がみんなでがんばって、なんとかこの1年の活動を楽しく進めることができました。

我が家の年賀状を作っててね、中学の体育祭の写真をあらためて見てて・・・校庭の隅の方に写ってるんじゃないかな?って。

プロレスラー‘ニセ大仁田’こと森谷俊之さん・・・あらためてご冥福をお祈りいたします。

つづいて、第2位!

位 建設業の社会保険未加入問題2 (9月・417件)

国の「方策2011」、そして今年出された「方策2012」と、建設業を再生していくための政策でありながら、まずは社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)の適用をすすめるって、なんか違うんじゃね?ってことで、組合では法定福利費の別枠支給を求めたり、過度な指導をしないように要請してきました。

ここで使われている動画は分かりやすかったっす。

んで、第3位!

位 婚活パーティーの様子をアップしました (1月・383件)

Dsc_0208


この1年は婚活ではじまり、婚活で終わる・・・といった感あり。

結婚したカップルはいるし、出産を控えている方もいる。

今更ながら・・・2011年9月の部会での阿部ちゃんや桧山さんの意見って、ある意味、東京土建、建設産業に働く仲間の声を代弁していたんだと思う。

ホントに開催して良かった。何といっても仲間の団結が深まったもんね。

そして、第4位は、

位 森谷俊之さんを送る会【告知】 (7月・382件) 

P1000069_2


ふたたび、森谷さんの記事。

プロレスの仲間が集まって、追悼試合をやろう!ってなったの。

7月の中学の校庭は暑かった!あかつきのもりりんや杉並支部のプロレスマニアたちもお手伝いに来てくれました。

ありがとう!はちみつ二郎さんも見に来てましたよ。

やっと第5位になって

位 おまたせ!仲間のつどい2012② (2月・298件)

P1000305


青年部のイベントが出てくる・・・2月のつどいは、楽しかったね。

奈良くんとゆうたくんの卒業式。

この日のためにダンスの練習・・・お疲れ様でした。

今度のつどいまであと2カ月・・・ダンスのレッスンはすすんでいるのか!?

そして、第6位は・・・

位 いよいよ明日、建設アスベスト訴訟の判決日 (12月・292件) 

建設アスベストの判決日の前日・・・三宅さんの記事を読みながら、府中国立支部の本間さんが亡くなったことを聞き、想いをこめた記事でした。

判決は全面勝利、とはならなかったものの、「勝訴」と「国の責任認める」の旗出しは一生忘れることはありません。

そして、ふたたび

位 おまたせ!仲間のつどい2012① (2月・291件)

仲間のつどいまであと2カ月、ってことは、青年部の定期大会もあと2カ月、ってことです。議案の準備はすすんでいるのか!

その前には婚活パーティーの準備も入っている。

今回は、言いあいとか口げんかとかしないように仲良くやろうね、きよ氏さん

そろそろ、疲れてきましたが・・・

位 組合の大会で活動報告・・・大変名誉なことっす (2月・285件)

0001


そう、今年3月の組合本体の定期大会の本会議で東村山支部の三輪剛くんが支部青年部の被災地支援活動について報告しました。

そのオファーを入れたのが、2月。

剛ちゃんは、ドッキリかと思ったって言ってたけど、本番は立派でしたよ。

あらためて・・・剛ちゃんの勇姿をどうぞ、ごらんください。

そしてふたたび

位 ワンナイトカーニバルの様子っす (1月・239件)

婚活パーティーの様子です。

この記事は、毎日の更新じゃなくて、ウェブページに載せたものです。

それでもアクセスが多かったの。

連合通信や女性のひろばさんからも取材がきたもんなぁ~、電話だけど(足で稼げよ)。

んで、最後

第10位 ドキュメント?腹痛・入院・手術(T_T) (4月・224件)

まあ、これも突然のことだったので、ビックリでしたが、本人もがんばったけど、子どもたちも偉かったな、って思います。

ホントに虫垂炎だったのかは、未だにわかりませんが・・・。

次点・第11位 山ちゃん結婚おめでとう! (2011年11月・220件)

今年の6月に声優の山寺宏一さんがご結婚されまして、その「検索」をされたんでしょうなぁ~、そしたらこのページがヒットしたってことだと思います。

山ちゃんは山寺宏一さんではなく、うちの副部長・山川くんのことでした。残念?

さて、こうしてみると、想いをこめて書き込んだ記事、写真などで面白おかしく構成した記事など、多岐にわたっていますが、被災地支援の記事がそれほど伸びなかったのが残念だし、さらに反省すべきは青年部の活動が少ないってことです。

なぜ、青年部の活動が少ないか・・・それは、民だけじゃぁ、このブログは運営できないってことです。

担当者が変わると、更新されなくなっちゃう・・・それでは困るわけで、来年、いや新年度になっても続けてほしいものです。

とか、言ってて、東京土建青年部のささやきが・・・「ブログ・民の声」とかに変わっているかもしれません。

そのときは、驚いてください。

それでは、良いお年をお迎えください。

このブログの更新は、年末年始も続くけどね。

2012年12月26日 (水)

東京土建の婚活って、どうなの?とお思いの方へ

昨日は、東村山支部の婚活パーティーの記事にたくさんのアクセス、ありがとうございました。

組合の業務もあと2日ばかりとなりまして、機関紙けんせつの新年号が手元に配られました。

そして、裏表紙を飾る20面には、こんな記事が!

Aaa088

キャ~、今年の1月の婚活パーティーでカップルになったお二人が、すでに挙式の上、来年3月に出産!

ウワサには聞いていたのですが・・・なんて、スピードなの!?

それにしても幸せそうで、なによりです。

さらに、もうひとつ、知る人は知っている方の記事も載っています。

ほりゃ!



Image089_2


「不二子ちゃ~ん」でおなじみの山田康雄くん(本部青年部元副部長や書記次長)です。

なに、なに?二人がであった1月29日に入籍するとな・・・。

そう、康雄くんも幸せを手にしましたよ。

おめでとうねぇ~

この他にも、今度の婚活パーティーが開催される2013年1月27日に挙式をあげるカップルもおられるそうです。

東京土建の婚活パーティーも捨てたもんじゃないでしょ。

と、いうことで、婚活パーティーまで、あと1カ月。

みんなで参加者を集めようね・・・特に、女性の参加呼びかけをお願いします。

Konkatsu4

2012年12月25日 (火)

東村山支部の婚活パーティー

民が自宅で不思議な発見をした土曜日・・・東村山支部の後継者対策部主催の婚活パーティーが開催されました。

まあ、参加はしていないので、詳細は分からないのですが、主催者側の色んな方々がフェイスブックに写真をシェアしてたので、借用して・・・ご紹介します。

もう、どうして、そんな勝手なことするのぉ~、ってことであれば、削除します。

が、年末だからネタはなく、仲間のみなさんの幸せをさらに広げるのが、私の役割である(?)ことを自覚しての記事っす

100

所沢駅前に立つ、青年部担当書記のまっすん・・・隣とは言え、埼玉県で東京土建のスケベ代表って・・・自らすすんでなのか、はたまた、役員や先輩たちの強制なのかは不明です。

101

看板・・・いいっすねぇ~

102

後継者対策部長の涼くん・・・えらいなぁ~、主催者は。

104

最初は自己紹介っす。

みんな、神妙な顔だわ。

ん?なんか、知ってる人がいるっす。

103

背中の大きなひとがいるねぇ~・・・って、どう見てもすぐるだし。

もう、頭に汗かいてるし・・・。

105

こんな二人もいたよ・・・タツと剛ちゃん。

婚活?関係あるのか、この二人は(-"-)

ってなわけで、楽しいそうだよねぇ~、クリスマスの婚活パーティーは。

そうそう、カップルはね、4組できたんだってヽ(^o^)丿

すばらしいっす。

本部の婚活パーティーもたくさん参加者集めて、成功させねば、です。

ね、部長・・・・って、部長も東村山のパーティーにいたのねΣ( ̄ロ ̄lll)

そして、結果はどうだったかは、・・・・・・ひみつを見てね( ̄ー ̄)ニヤリ

2012年12月23日 (日)

来年は巳年かぁ~

今年もあと一週間余り。

この3連休で何とかしなければならないのが、年賀状っす

さっき、杉並南郵便局の前を通ったけど、お休みなのに駐車場がいっぱい

ム・ム・ム、あれは不在の郵便物を取りに行ってるんじゃない、きっと年賀状だ

歩いていけばいいのに、駐車場のあるって、区内じゃあそこだけだからかな?寒いしね。

てなわけで、我が家の年賀状もここ2年は長男・悠がつくった干支の折り紙を写真に撮って使っています。

昨年つくってもらった折り紙の記事がこのブログ上で大ヒットしまして、ホントに多くの方々からコメントをいただきました

あらためて、お礼申し上げます

しかし、長男・悠は中3の受験生・・・今年は、どうするか迷いましたが、冬休みに入ったので依頼しました。

民:「悠、折り紙なんだけどさ~」

悠:「ん、へびでしょ」

民:「うん、へびってなんかあったっけ?」

悠:「あったと思うよ」

と、これまでの恐竜や昆虫とは全く別の折り紙の本を出してきて・・・

悠:「これかぁ~」

民:「ん?どれ?」

悠:「まあ、いっか」

と、折ってくれたのが、この2つっす。

P1000262

左がコブラ、右はヘビ・・・。

うー、これをどんな配置で年賀状に使うのか・・・

民:「こないだの、折り紙探偵団のやつは?」

悠:「あー、あれね」

って、さらに折ってくれたのがコレっす。

P1000266

写真ではチョット分かりにくいんだけど、クネクネとヘビが立体的になってるの。

お正月に玄関に飾っても、ん?ってなるかな?

えーい、こうなりゃ、この作品たちをコラボレーションだ!ってやってみたのがコレっす

P1000268

背景を白くすると黄緑のヘビが良くなるけど、コブラがわかんねー

コブラくんには、チョット外に出てもらって・・・

P1000269

これでどうかな?

まあ、こんな感じで使ってみますか。

兄と二人でヘビのやり取りをしている最中に、弟・洵が出してきたのがコレ

P1000260

あっ、これじゃぁ~分かんないっすね

こうなります

P1000256

仮面ライダー響鬼に出てきたディスクアニマル

他にも鷹とか狼とかカエルとか・・・ライダーたちの味方です

うーん、これも年賀状にはありかな?

ナイス、洵人

2012年12月22日 (土)

脱原発年末ジャンボデモin杉並→中野も

朝から冷たい雨が降る・・・。

有紀に代わるんじゃね? え?誰?

いやいや、雪に変わるかも・・・って感じの気温。

3連休の初日だってのに・・・

とか、思っていたんですが、晴れましたね、よかった。

晴れたのに民が行くと、再び雨が降るような、いやな予感をしつつ・・・着いた時にはすでにデモがはじまってました。

クーッ(T_T)

警察官がやたら多いなあ~なんて思いながら原チャリで杉並と中野の間あたりに到着。

そう、警察署の管轄がまたがるデモは、引き継ぎがあるから、杉並と中野、それぞれの警察官が動員されてたのかな?

もう昔、昔になるけど、賃金引き上げの運動で毎年春は、自転車パレードとか、増税反対で自動車パレードなんかをやってたの。

杉並区内でも警察署が3つあるから、区内をパレードすると杉並→荻窪→高井戸→杉並って、それぞれ引き継いで、少々グズグズってするの。

それはさておき、なんとか、青梅街道の歩道橋から撮影、しかも携帯電話のムービーで・・・だから、画像も粗いっす(-"-)

いうまでもなく、携帯での撮影なので、短いっす。

衆議院選挙が終わって、昨日あたりの新聞では、自民党の安倍総裁が「原発新設を検討する」なんて言い出してる。

そう、これからの運動が大切なんです。

今年2月の集会から脱原発有象無象の集会・デモを繰り返し実施してきた杉並で、選挙後早々にこんな取り組みって、やっぱりうれしいっす。

しかも、中野‘も’一緒だし(^o^)/

各地域でも、色んな形で声をあげていこうね。

ところで、本日の脱原発年末ジャンボデモには絶対原子力戦隊スイシンジャーが現れました。

●●レンジャーっていうと、正義の味方みたいな気がするけど、しっかり見てね、絶対、原子力、推進じゃ~だから、私たちの味方ではありません(>_<)

だから、怪人反原発男にみんな‘がんばれ~’っていうみたい。

くー、生で見たかったっす(>_<)

2012年12月21日 (金)

支部役員の欠員と人づくりの課題

ふーっ、専従役員の次年度に向けた大会議案討議が終わりました。

バタバタして、なかなか大会議案に突っ込む時間がなかったのですが、それは、そもそものところで、少々気になることがあって、2日間くらい、その下調べに時間を要したからっす。

んじゃ、見てもらいましょうか・・・

Kennin

後継者対策の担当になってから、毎年調べてるんだけど、今年は1日がかり

案の定、支部役員(四役・常任執行委員)の兼任の状況は悪化していました。

11専門部あって、半分以上が兼任を赤、黄色は危険水域ってことです

今年は488人中、158人が兼任・・・32.4%、まさに3人に1人は兼任しているってこと。

その前の年までは500人中、134人で26.8%、さらにその前は508人中、125人で24.6%だからおよそ4人に1人だよね。

なんで、支部役員がこうなるかっていうと、支部役員を登用する、地域分会に何らかの問題がある。

また、各専門部のところでも人づくりがすすんでいない、そんな風に仮定してみました。

役員育成の‘ながれ’っていうか、ルートは①分会、②専門部、③青年部だと思います。

そのうちの③の部分を私やきよ氏さん、そして、支部の担当書記のみんなが担っているんだけど、①の分会、②の専門部は、役員、書記の全体的な課題。

そこで「新たな仲間」、「新しい役員」づくりがすすまなければ、支部役員になってもらう人も足りなくなります。

定年制のせいで、欠員や兼任が生じている、って人もいるけど、それは理由になりません、

定年は、あらかじめ、この人はここまでしか役員はできませんよ、って明らかにしてるんだから、それまでに何もやってこなかったから、欠員がでるんじゃん。

自らが、何にもしなかった、って宣言しているようなもの。

そう、やっぱり何にもやってないんだな、って思った。

定年制をひくと、自動的に新たな役員が生まれる、なんてことはありません。

1年かけて、次の人づくりをする・・・これはすべての役員、書記の役割です。

と、まあ、そんな提案をあらためてしてきました。

①分会の問題は・・・まずは群の点検。群役員がこれまた分会役員と兼務してると、新しい人なんて出てこない。群長や群会計になってはじめて分会の会議に出てくるんだもん。まずはここの点検です。

②専門部はどうなってるか・・・分会から支部の部会に出てきた仲間をしっかりフォローしてる?ひとりぼっちにさせて、つまらないと思われてないかな?

また、分会専門部長の役割はしっかりあるかな?行っても行かなくてもいいような専門部会だとこなくなっちゃう。

分会を超えた専門部の仲間のつながりをつくる・・・これは部長や担当書記の大切な役割です。

もちろん、楽しくて、ためになる専門部じゃなきゃね。

それは青年部も後継者対策部も同じです。

てな、わけで・・・2日間で12時間、来年度の大会議案の討議をしてきました。

私の書いた議案は全部で36ページ・・・情報戦略(そんな大そうな話ではないけど)、事業所対策、後継者と青年部。

そして、補足で人づくりの課題・・・。

ここがしっかりしないと、若手・子育て世代だって、出てこなくなっちゃう。

1月の会議で、提案できるかな?

支部は、「出来る人がやればいい」ではなくて、もっと深刻に現状を分析し、真剣に次につなげる人づくりをすすめていかないと大変なことになりますよ。

ちなみに、支部の後継者対策部長のみなさんは、後継者を卒業し、支部や分会の役員になって頑張っています。

支部の部長についても毎年、後追いしてるんだよ。

Gensyoku

白いところは支部役員にはいないの。

分会で活躍してくれてるといいけど・・・どうかな?

今日は、オチはありません。

マジです。

2012年12月20日 (木)

本日、出張中っす。

すいません、出張のため、更新はなしです。
また、明日〜(-.-)Zzz・・・・

2012年12月19日 (水)

宇都宮けんじさんが事務所にきたよ

昨日の記事では、大会議案が終わらないとなっておりましたが、大会議案は終わりました。

っていうか、終わらせた、と言った方が正しいです。

昨日、職場に忘れたはずのUSBメモリーは、PCにささっておらず、もう一度確認してみると、カバンの奥底にしっかりいました(T_T)

人間、あわてているとダメっす(-"-)

さて、今日の午前中に事業所対策の議案を整理して、午後から事業所対策委員会。

専従者は自らの議案が終わっていないらしく、早く終わってほしいビームを出していましたが、こっちだって、一定の議論をしなきゃ、書き込めないし・・・ということでほぼ90分間で会議は終了。

そして、いよいよ、後継者対策&青年部の議案。

西多摩の大野主任から電話があり、議案できてますか?なんて素晴らしいタイミングだったのですが、まったく出来ておらず(-_-)

夕方にかけて少々整理して、11月の活動者会議の議案も引用して・・・・・あー、もう、いいや!って終わらせました。

あとは、会議の中で‘たたいてもらう’しかありません。

それでいいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は前後しますが、本日10時過ぎに、東京都知事選挙に立候補されて、がんばってこられた、宇都宮けんじさんが我が東京土建本部にお礼のあいさつにみえました。

P1000255

選挙期間中は、あまり顔色がよくないなぁ~なんて思っていたのですが、優しい笑顔で顔色も良かったです。

写真は・・・実は熊本県の中学では後輩(4つくらい下かな?)の告坂副委員長待遇(右)と宇都宮さんです。

宇都宮さんは、今後も脱原発、反貧困、そして憲法を守る草の根の市民運動に深くかかわっていきたい、と決意を述べられました。

そして、私たちの運動はこれからです、と力強く語られました。

同時におこなわれた衆議院議員選挙の結果はご存じのとおりです。

すでに憲法を改正できる、3分の2以上の議席が確保できたと思います。

安倍総裁は、まずは96条の改正と言っています。

憲法改正のための要件の改悪です。

そして、9条・・・。

脱原発も、反貧困も。

消費税増税もTPP参加も。

これからが勝負どころっす。

 

 

 

選挙が終わりましたので、宇都宮けんじさんの後援会の決起集会での決意表明の様子をアップしておきますね。

ホントは都知事になってほしかった・・・と思う民です。

2012年12月18日 (火)

大会議案が終わらない(-_-;)

いやぁ~、なんだか風が強いね。

帰り道の青梅街道も銀杏の葉が道路に舞っててね、あれがまた滑るんだよ。

時間と体力がないので・・・と、いうかここ数日は来年度の議案を書くために資料を持ち歩いているから、原チャリ通勤。

11月から義父母が浜田山に転居したので、公園に囲まれた我が家のまわりの掃き掃除は民の仕事。

ほうきを持っている手に力が入らなくなる・・・握力が落ちた?

そういえば、結婚指輪もゆるゆるになった・・・

まあ、当時に比べれば8キログラムくらいやせたんだけど・・・

大会議案を書くために資料を持ち歩いている一方で、そのためにUSBメモリーにデータをコピーしたのに、そのUSBを持ち帰るのを忘れた民。

いかん・・・

議案は3つあって、1つは終わった。

2つ目に着手したのに、データを忘れた。

それでは、3つ目ということで、自宅で書くのだが、以前、何かで書きこんだ・・・という資料がない。

職場かぁ~

と、まあ、こんなことを繰り返し、3つ目の補足部分(議案には生々しく書かないのだが、専従役員会議では提案しておきたいこと)は書き終わりました。

明日は、事業所対策委員会。

レジュメはつくったけど、次年度の大会議案は職場に忘れました。

てな訳で、明日、早めに職場に行って準備します。

大会議案討議の一泊専従役員会議は、明後日(-_-;)

どうする?

まあ、ボコボコに打たれてくるか(T_T)

追伸

本日、12月18日、建設アスベスト訴訟の原告団は、12月5日の地裁判決を不服、というか、心一つにして全員が勝訴するまでたたかう決意をし、控訴しました。

原告団は私たちの代表、その代表であるみなさんを支えていくのが私たちの役割です。

命あるうちに解決を!

政権も変わる、きな臭い状況にもなってきた。

いよいよもってこれからが、私たちや国民のみなさんの運動にかかってきます。

がんばろう、と自分で決意っす。

2012年12月17日 (月)

婚活パーティー2013チラシ(これだ!版)

おまたせしました

電脳の街、秋葉原にピッタリのチラシができました。

Mori


そうそう、コレだよぉ~ 秋葉原はこうでなくちゃぁ~

しかし、このチラシの容量が大きいためPDFにするにはチト時間がかかります。

版権に問題が生じるようでしたら、このページから削除します。

尚、ボツになるだろう版は、校正されて、ここに再アップっす。

Konkatsu4

PDFは、チョットまってね。

他団体からはこっちの方が配りやすい・・・って言われました

一つのイベントでこれだけチラシをつくるってのもないねぇ~

それだけ、力の入ったイベントっす

婚活パーティー2013チラシ(ボツ版)

都知事選挙、衆議院議員選挙が終わりました。

ご奮闘いただいたみなさん、大変お疲れ様でした。

結果は、まあ、見ての通りです

詳細は、追って・・・書かないか

さて、婚活パーティーのチラシがボツのままでした。

しかし、17日(月)午後3時半現在もボツはボツのままでして、ボツの上塗りみたいな案も届きました。

Botsu

どうして、こんなに想いが通じないのか・・・穴埋めにしても、支部に送るに値しないチラシです

それにしても・・・あかつき印刷・森くん・・・遅いよ

2012年12月16日 (日)

本日、都知事&衆議院議員選挙投票日っす

いやぁ~、東京は、ぽかぽか陽気っす

12月も半月が過ぎ、あと2週間余りでお正月

おっと、その前に来年というよりも、日本の将来、子どもたちの未来を左右する衆議院議員選挙と東京は都知事選挙っす。

本日午後8時まで。

001

↑見てみて、20歳代の投票率って著しく低い。

前回の2009年夏の衆議院選挙だって、50%以下だからね、2人に一人は投票してないの。

選挙で投票しても何も変わらない?

めんどくさい?

このグラフをfacebookにシェアしてた方の文書を転記しておきますね

◎選挙に行かない男と、付き合ってはいけない5つの理由

特に20代女子の皆さんに、おっさんから忠告しよう。
選挙に行かない男と付き合ってはならない。

もし彼氏が選挙に行かない男だったら、今すぐ別れを考えた方が良い。

暴論を吐いてアクセス数を稼ぐおっさんめ、と思われたかも知れない。しかしこれは事実だ。
なぜか、を君の彼氏の代わりに解説しよう。5分もあれば読める。

1.選挙に行くのが「面倒くさい」ということだったら
選挙に行かない理由が、「面倒くさい」だったら。
投票所はほとんどの場合、自分の家の近所だ。15分以内と言って良いだろう。
15分以内のところに休日行くのが面倒くさかったら、おそらく彼氏は君の子どもを
どこにも連れて行きはしないだろう。そんなやつとは結婚しない方が良い。別れよう。

2.選挙に行かないのが「どこに入れても同じ」だとしたら
彼が「どこに入れても同じだよね」と言っていたら、彼は日本語を読む能力が欠けている。
例えば、消費税に対し、民主党は「消費税引き上げの増収分は社会保障の財源に」と言い、共産党は「消費税増税中止法案を提出」と言っている。小学校五年生でも両者は全く反対のことを言っている、ということが分かる。

つまり、彼は小学校五年生レベルの読解力もない、ということになる。それだと社会に出てから苦労する。今すぐ別れたほうが良い。

3.選挙に行かないのが「なんだかよく分からない」なら
社会で働くということは、「なんだかよく分からない」ことも何とか調べて、分かったふりをしながらこなしていくことだ。ホンダの営業マンは日産よりも自社の軽自動車がイケてるのを、マニュアルとにらめっこしながら勉強して、お客にアピるだろう。でなきゃボーナスに響く。

ということは「なんだかよく分からない」ことに対して何もしないのが君の彼氏、ということになるので、仕事できないやつである可能性が高い。将来苦労する。考えなおそう。

4.選挙に行かないのが「その日用事ある」なら
期日前投票という制度がある。やり方はグーグルに書いてある。彼氏はおそらくグーグルを使うことができないのだ。若いのにインターネットを使えないというのは、職場における存在価値はほぼゼロだ。そんなやつに未来はない。別れよう。

5.選挙に行かないのが「政治家信頼していない」だったら
おそらく彼氏はそうやって斜に構えているのが格好良いと思っている可能性が高い。
そして99%の確率で、「政治家信頼していない」というほど、政治家についてよく知らない。

マスメディアからの「政治家はダメだ」というシンプルな情報とレッテルを鵜呑みにして、信じきっていなければ、そんな発言はできない。

なぜなら、「政治家」と言っても多種多様で、実際に政治家と会って話せば、ひとくくりにできないことは分かるからだ。それはあたかも「中国人は信頼出来ない」「日本人は良い人」というレッテルと同じようにナンセンスだ。現地に住んでいれば、信頼出来る人もいればできない人もいて、良い人もいれば良い人じゃない人もいる、ということは誰にでも分かる。

だとしたら、彼氏は本当の君を見るのではなく、君を「女子大生」とか「読者モデル」というレッテルで判断している、ということもこの発言から分かる。時間がもったいない。今が別れる時だ。

【まとめ】
さて、若いうちから選挙に行かないとか言っている男とは別れたほうが良い、ということは分かってもらえたかな。
最後に言いたい。選挙を放棄するということは、君にも君たちの子どもの将来にも、本気では関心ないよ、ということと一緒なんだ。
02
とまあ、こんな感じで書いてあって、なるほどと思いました。
現在午後2時っす。
投票所の投票箱のふたが閉まる(見たことないけど)まであと6時間。
投票所に行きましょう!

2012年12月15日 (土)

けんじろう先輩の分会新聞

昨日、中野支部の上山さんから、10年前に本部青年部の四役だった斎藤建二郎くんがつくった分会新聞が送られてきました。

アッ、もう斎藤じゃなかったよ。ゴメンね。

この新聞、建二郎らしさが出ていて、とってもおもしろかったので紹介しますね。

2012

いよいよ、明日は都知事選と衆議院選挙の投票日です。

この呼びかけの通り、投票所に行ってねヽ(^o^)丿

2013

お正月にとどく、けんじろうの年賀状もとんちがきいているっていうか、とても楽しい構成になっています。

人柄が出るんだよね。

ってなわけで、少々しつこいのですが、明日は投票日っす。

Kyuurisekyo


よろしくっす。

2012年12月14日 (金)

婚活パーティー2013チラシ(ボツになるであろう版)

きたよ、あかつき印刷の森くんから・・・婚活のチラシ

20130127_konkatsu3

でもね、これはイメージがおとめチックすぎるの。

エモ~(萌え~)って感じでもない。

いくら秋葉原と言っても、東京土建に関しては、ご主人様(メイドカフェ風)はないわ~となる。

と、いうことで、多くの方々にご迷惑をおかけしておりますが、このゲラは差し戻して、来週にあがってくる予定です。

すいません×3・・・

それでも、これを使いたいって方は・・・アッ、ダメでした。データが大きすぎてアップできませんでした。

やっぱり、来週までお待ちください。

それまでは、一部の同年代の方々に支持された昨日のとりあえず版をご使用ください。

2012年12月13日 (木)

婚活パーティー2013チラシ(とりあえず版)

えー、最初からですが、すいません、スイマセン

後継者対策部主催の婚活パーティーのチラシはまだか、まだかとたくさんの支部から問い合わせをいただきながら、遅れております。

この遅れを取り戻すべく、‘とりあえず’私のイメージするチラシをつくってみました。

20130127_konkatsu

「20130127konkatsu.pdf」をダウンロード

選挙期間中だし、東京都知事選挙のキャンペーンはAKBだし。

会場候補に秋葉原があがったときから、AKBはありだな・・・と

しかし、このチラシを支部に送ったところ、文京支部の瑞樹くんから電話があり、

「昨年の写真で盛り上がってるところとか、ないですか?」

10年前の民なら「はぁ?」っていうのですが、ここは素直に「それじゃあ、作ります」と言って改修したのが、コレっす。

20130127_konkatu2

「20130127konkatsu2.pdf」をダウンロード

AKBはずしたバージョン。

民の世代で秋葉原と言ったら・・・

オノデン坊や♪電気いろいろ秋葉原オノデン♪だとか、

♪いしまるぅ~いしまるぅ~、電気のことなら石丸電気、石丸電気は秋葉原、でっかいわぁ~でっかいわぁ~、イシマル♪

なの。

東京に出てきて、はじめて知った秋葉原電気街の存在。

メガネドラッグやヨドバシカメラ、ビックカメラのCMも北海道ではなかったからね、今でもしっかり脳みそに残っています。

てなわけで、これはとりあえずのチラシです。

明日にはあかつき・森くんがちゃんとしたのを持ってくると思います。

乞うご期待!

2012年12月12日 (水)

ふぅ~、二つの研修会終わったよぉ(@_@。

今日は2012年12月12日

ん?何か?って感じだけど、121212って並んでるなぁ~と思って

同時に、あと1カ月で誕生日となり、四捨五入すると50歳になる年齢を迎えます

1年は早いというか、1日も早く過ぎていく。

だから、時間が足りない!でも、ずっとは起きていられない!

そんなことをつくづく感じるようになりました。

そんな、チーターこと水前寺清子さんの歌のような本日

ん?意味わかんね?

だ・か・ら、ワンツー、ワンツーって、365歩のマーチだよ

さて、話はもどり、本日は池袋にあります、東京土建技術研修センターの情報処理室=PC室をお借りしまして、午前中はパワーポイントソフトの講習会、午後からは登録版仕事NETシステムの研修会をおこないました。

大久保のけんせつプラザでは、確定申告に向けて各支部の書記のみなさんを集めた研修会が開催されていまして・・・当然のように「なんで」同じ日にやるんだ!ってお叱りも受けたところです。

申し訳ありません、税金の日程を把握せず、研修センターのPC室の空き状況だけで判断いたしました、謹んでお詫び申し上げます

そんな日程にもかかわらず、パワーポイントは8人かな?支部の主任書記から職員の方まで、まあ、話をするには程よい人数だと思います。

そう、パワーポイントは民がお話をして、実際、みなさんにソフトをいじくってもらいました。

私自身、パソコンの講習会は、書記になったばかりのころ(昭和じゃなくすでに平成)、まだ、ウインドウズ95がないころ(1990年代初頭)にIBMのに行ったことがあります。

支部の財政と労災のシステムがIBMのコンピューターでシステム組んでいたので、行かされたんだけど、DOSのころは言語とか覚えなきゃいけなくて、チイプンカンプンでした。

それでも、その後の組合員管理システムもウインドウズじゃなかったし・・・そう、思えば私はやっぱり古い書記ですね。

と、昔話はさておき、パワーポイントは過去のデータなんかも引用しつつ、わりとお気軽に、楽しく終わったのですが、問題は午後からの研修っす

2008年の仕事対策の担当時につくったシステム。

担当が変わったら、どうしても使われなくなっちゃう。

そんななかで、組合内の事業所の管理とか、メール送信などができるように改修しました。

こちらの方は11支部かな?

たくさんの人に来ていただいて、ありがたかったっす。

過去の説明会用のレジュメを若干なおして、お話しましたが、以外と覚えているもので、サクサクと1時間弱話をして、システム開発の担当者(市川海老蔵似の久保くん=㈱きかんし)にバトンタッチ。

こんどはマニュアルにそって説明し、実際の入力などをしてもらいました。

ってなわけで、朝9時から、夕方4時前までプロジェクターの映像を見続けたせいか、目が疲れました。

午前のパワーポイントも、午後の登録版仕事ネットも、いじくらないと覚えないし、身につかないものです。

日常的に、とはいかないでしょうが、ぜひ、パワーポイントは楽しく、仕事ネットは毎日のルーティンワークのひとつになってくれることをお願いしますね。

2012年12月11日 (火)

婚活パーティー2013会場決定!

突然ですが、昨日の記事に書いたお二人は、まだ入籍はしていないそうです。

昨日の会議終了後、早速電話したけどつながらず、今日になって電話がかかってきました。

「まだだよ」って、しっかりブログを読んでくれてるし(-"-)

民:「じゃあ、いつだよ?」

康:「来年」

民:「来年って、来月じゃん。何月だよ」

康:「1月」

って、おいおい、秒読みじゃん(-"-)

まあ、ひとまずは、おめでとう!だね。

ゲストとして呼んでやるって言ったんだけど、要員としてだからね(^-^)

さて、昨日の会議では「明日決まる!」ときよ氏さんが豪語した会場が、すったもんだの末、決まりました。

このあと、大どんでん返しがなければ、いいのですが・・・・。

会場は、秋葉原駅前Spacio(秋葉原UDXの中なのかな?)

住所:千代田区外神田4-14-1

秋葉原UDXの中みたい

きよ氏さんが本日、現地に行って打ち合わせてきました。

350人をワンフロアで対応しますよ。イメージ写真・・・実際はどうかな?

main_image

さて、時はさかのぼり、今日の朝、会議でバタバタしているときに、あかつき印刷のもりりんからも電話があり・・・

森:「松井さん、1月27日のチラシを作らせてください」

民:「え?もりりんがつくるの?」

森:「いえ、デザイナーにやらせます」

民:「それなら、きよ氏さんと打ち合わせて、おねがいねぇ~」

って、ことでチラシは森くんがつくるのですが、少々時間がかかります。

支部によっては、「会場、決まりましたか?」って電話で確認してきて、「チラシは自分で作ります」ってとこもある。

こっちが遅いから「本部には任せられない・・・」ってことなのね(T_T)

いずれにしても「箱=会場」が決まりました。

これからは、人集め・・・そして、新たな出会いの演出。

ん?まてよ、よく考えると、開催日の1月27日の前の週って、中3息子の私立の受験。

家の中がピリピリしてなきゃいいけど(-_-;)

2012年12月10日 (月)

婚活パーティー2013実行委員会

うー、今日の朝は寒かったねぇ~(-"-)

おかげで原チャリのエンジンがかからず、キックで大汗。

それでもダメで結局は自転車で出勤。

12月に入ってから雨だとか、やたら寒い日が続いたので、ずっと自転車にも乗ってなかったの。

都連の執行委員会もあって、大久保から高田馬場へもチャリ。

結局、本日の走行距離は20㎞。

うー、足よりも腰が痛いっす。

さて、本日は来年1月27日(日)に開催する婚活パーティーの実行委員会。

しかし、日程は決まっているものの、会場の確定がまだ(T_T)

明日には確定させて、チラシつくるからね。

大変、遅くなって申し訳ありません。

11月に開催した後継者対策部の会議では、「船でやれ」とかいろいろ言われたんだけど、1月末の夜に洋上でパーティーやって、海に落ちた、なんてことがあったらシャレにもならないし、前回の参加者実績からすると350人を乗せて洋上パーティーってなことになると、船を貸し切ることになるので、350万円とかかかっちゃうの。

屋形船でてんぷらとか、もんじゃとか、ってわけにもいかないので、今回の船はなしです。

で・す・が、今、案としてあるのが、普段はあまり行かないであろう、アキバ=秋葉原。

そう、AKB48を生み出した、聖地・秋葉原っすぅ~ぅ。

別にはしゃいでるわけではないのですが、まあ、たまにはいいかな?って。

三多摩からは遠い?新宿から中央線(東京行き)にのって御茶ノ水駅で総武線の西船橋行きとか千葉行きに乗り換えればすぐっす。

いずれにしても、会場は明日決めるよ。

それから、開会時間も早めにして、午後8時には終了させたいの。

そのあと、勝ち組(カップルになった方)も負け組(そうはならなかった方)もうれしかったり、悲しかったりして、飲みに行けたりするでしょ。

そうそう、実はこの記事でネタにした、二人は入籍したそうです(@_@。

あんにゃろ、何も言ってこねーし(-"-)

他にも、昨年のパーティーで出会ったカップルが、1月27日に結婚式を挙げるとか、実は1月に出産するとか・・・まあ、ビックリするような話が寄せられています。

準備は大変なんだけど、それで幸せをつかんだ人たちがいる。

それは、まあ、書記冥利につきるといいますか、やってよかった、と思うわけです。

と、いうことで、次回の実行委員会は2013年の仕事始めの日!そう、1月7日(月)午後7時っす。

支部にいる時には、年明けから会議三連発(四役、常任、執行委員会)ってあったけど、本部に来てからははじめてだわ。

集まった仲間に異論なし。

今回はみんな、やる気モードみたいだよ。

2012年12月 9日 (日)

建設アスベスト訴訟、政治で解決を!

12月5日の建設アスベスト訴訟の判決の翌日は、テレビ・新聞などのマスコミがいっせいにその判決の内容を報道しました。

さらに、その次の日の12月7日、そして、本日の新聞では新聞各社が「社説」で論じています。

朝日新聞(12/7)アスベスト裁判 広い救済に政治は動け

「20121207asahisyasetu.pdf」をダウンロード

東京新聞(12/7)アスベスト裁判 立法救済を一日も早く

「20121207tokyo.pdf」をダウンロード

京都新聞(12/7)石綿東京判決 被害者救済に踏みだせ

「20121207kyotosinnbunn.pdf」をダウンロード

389481_132782996877570_2018681897_n


毎日新聞(12/9)建設石綿被害 今こそ政治が救う時だ

「20121209mainichi.pdf」をダウンロード

北海道新聞(12/9)石綿訴訟判決 被害救済へ政治の出番

「20121209hokkaido.pdf」をダウンロード

今日(12/9)、開催された産業対策活動者会議で首都圏建設アスベスト原告団長の宮島さんは、会議に参加した仲間に対し、この間の支援に感謝の言葉を述べ、次のように今回の判決について話しました(要旨)。

国の責任は認められたものの、それは一部であって、完全ではない。

裁判官は現場の実態を知らぬまま「線引き」をし、私を含めて150人がその線の外におかれた(一人親方、零細事業主などは棄却)。

さらにアスベスト製造メーカーの責任を認めなかった。

メーカーの責任を認めれば、この「線引き」はなかったのではないか。

昨日(12/8)開催した原告団の総会では、上告して、「完全勝利」までたたかうことを決意した。

あらためてご支援をお願いします。

さらに松森書記次長は、原告団のみなさんが、私たち(組合の仲間)の代表として今回の訴訟をたたかっていることを力強く語り、さらには・・・

昨日(12/8)の原告団総会では「(自分の命が)もう1年もつか分からないけれど、奥さんに毎日、毎日想いを語っているから、(自分に何かあっても)その意思を引き継いで、遺族がたたかってもいいのか」と質問した原告もいました、と紹介しました。

これまでのたたかいは、「武器なきたたかい。団結だけを武器にたたかってきたが、これからは司法裁判の判決という武器をもった。これまでと質の違うたたかい、次のステージでのたたかいとなる」と熱く語ったのが小野寺弁護団長。

原告団、弁護団とともに私たちの運動も次のステージへ。

裁判闘争とともに、法廷外の運動の質もあげないとダメだと思う。

他人事じゃない。

だれしもがアスベストが舞う現場で仕事をしてきた。

「裁判でたたかわなくても、被害者が救われる、そんな制度をつくる」このことが私たちの目標でもある。

多くの国民世論、そして、マスコミのみなさんの力も借りて・・・今後ともよろしくお願いします。

年が明ければ・・・(-"-)

昨日は、少々気も滅入ってしまい、ブログはお休みしました。

前記事の最後に書いたとおり、所沢までお通夜に行ってきました。

直接のかかわりはないのだけれど、一緒にPTA活動をした役員さんのご主人が急逝しました。

突然の訃報だったので、死因は分からないまま。

聞くこともできず。でも、事故ではない様子。

以前、「結婚の馴れ初めは?」なんて、飲みの席で聞いたことがあり、同級生だって言ってたから私とも同じ年のはず。

うちの悠(中3)の二つ上のお兄ちゃんと中2の弟くん。

ふたりともサッカーをやっていて小学校の時から知っています。

そんな二人の同級生や後輩たちももたくさんお通夜に来ていました。

40歳代前半で亡くなる。

残された家族はもちろんだけど、本人だって無念だと思う。

これからの子どもたちの成長、自らの仕事や生活・・・この年になったって、夢や希望はたくさんある。

今は、やすらかにお休みください、としか言いようがない。

それにしても、今年は身近な人が、しかも40歳代、50歳代の現役、働きざかりの人たちの死に直面してきた。

年齢的には親が亡くなったり、倒れたりする世代。

結婚式よりもお葬式の方が、圧倒的に多い世代。

そして、自らの体にも変調が出てくる世代なのかもしれない。

毎日、あたりまえのように子どもたちと接し、この子たちの成長が日々の希望だったりする。

もちろん、大好きな組織活動も、多くの仲間の成長や変化も楽しみなことの一つ。

でも、突然、倒れたりしたらどうなるんだろう?

所沢からの帰りの車の中で、一人そんなことを考えていた。

年が明ければ、45歳。

四捨五入すると50歳(-_-;)

そんな歳を迎えます。

2012年12月 7日 (金)

鉄平のおふくろさんは大丈夫(^_^)v

夕方の地震、みんな大丈夫だった?

長く続いた地震にいやな予感がして、まだ揺れている最中に自宅に電話するとなんとかつながった・・・

民:「・・・あ、洵?地震、大丈夫?」

洵:「(少々興奮気味に)大変だよ!」

民:「どうした?何か倒れた?水槽の水は?」

洵:「そっちは大丈夫だけどさぁ、悠くんが起こしても全然起きない」

民:「・・・」

民:「あっ、そう・・・じゃ、今から帰るね・・・」

小6の洵は東日本大震災の日、余震が続く中で友達と外で遊んでいて怒られた。

今日は兄と二人で自宅にいたけど、兄は爆睡の様子。

「悠くん、悠くん、地震だよ!」って起こしても「・・・あー(-_-)zzz・・・」って感じだったようで、頼りにならない、っていうか、あの長い地震の中で寝ていられる鈍感さが違う意味で恐いっす。

帰宅後、洵の話を聞いて、兄の寝顔を見て、鉄平部長に電話・・・。

午後6時をまわった頃は、携帯電話会社が制限をかけていたのか、つながらない。

じゃあ、メール・・・「おふくろさんは大丈夫か?」

鉄平のおふくろさんは石巻にいる。

テレビでは津波警報、避難するように呼びかけている。

おふくろさんには、この間、何度もお世話になった。

なによりも、現地の人たちは地震、津波の恐怖を体験している。

色んな意味で心配になった。

そして、鉄平からメールの返信が来て、おふくろさんは大丈夫ってことが分かり、ひと安心でした。

安心したので、フェイスブックに・・・こんなコメントをシェアしました。

石巻にいる鉄平部長のおふくろさんは大丈夫とのメールが入りました。地震、津波・・・もう、あんなことは起きてほしくない。東京にいる俺たちよりもっと怖いおもいやあの時のことを思い出している人たちがいる。来年も行こう、石巻。行けなかった仲間たちもいっしょにね(^u^)

すると、仲間たちからたくさんの「いいね」とコメントが入りました。

「行きます!また誘ってください!」

「うちは家族総出で来年もがんばるよ」

愛媛に帰る予定のまっちゃんも愛媛から来るって(^_^)v

うれしいねぇ~

これから寒くなる。

東北はなおさらに。

こっちは、暖かくなったら、なんて思ってるけど、現地の人は寒い×2冬を迎えています。

あの、プレハブの仮設住宅で・・・。

寒いなんて言ってられないね。

冬の間にできること・・・それは春になったら、何をするかと同時に「今できることはなにか」を考えることじゃないかなって思う。

そんなことを改めて考えさせられる地震だったと思います。

【追記】

テレビの津波警報が解除されて安心していた矢先、今年一緒に中学のPTA役員をやっている方から電話があり、「Mさんのご主人が亡くなられた」との知らせを受けました。

Mさんは、3年前に小学校のPTA役員で一緒だった方。

昨年、ご自宅を購入して三鷹の大沢に引っ越したばかり。

ご主人の年齢は同じ、40歳代前半。急に病気で亡くなられたとのことでした。

高校生と中学生の息子2人を残して・・・。

明日、所沢で通夜とのこと。

ご冥福をお祈りいたします。

合掌

2012年12月 6日 (木)

建設アスベスト訴訟の報道

昨日の首都圏建設アスベスト訴訟の判決に向けて、前日からたくさんのアクセスをいただきありがとうございました。

P1000246

判決日当日の東京地裁前はこんなふうに脚立による報道各社の場所取りがありまして、ビデオをもって出かけた私としては、宣伝カーの上に乗って撮影するしか手がありませんでした。

その映像が、こちらです。

さらにテレビ局各社のニュース報道もたくさんありましたね。

事前の取材も含めて仲間の想いや無念さを伝える報道も目立ちました。

人の命と健康に向き合う姿勢・・・現場でがんばっている記者さんたちはあらためて、そのがんばりを評価しなければいけませんね。

そのいくつかをご紹介します。

TBSさんは事前取材を含めて4分の報道でした
こちらはフジテレビ。うちの取材班やスタッフがたくさん映っています(>_<)
共同newsさんはナレーションはありませんが、清水ボスの勝ったぞ~!でエンディングっす。

その清水ボスが宣伝カーの上で、男泣きしながら「大きな第一歩」を絶叫している動画を見つけました。

久保田さんって、組合員さんかな?清水さんの話をリアルタイムで聞いていましたが、こっちも泣いてたので、改めて聞くことができてよかったです。

ありがとうございました。

2012年12月 5日 (水)

勝訴!建設アスベスト【追記】

P1000252

首都圏建設アスベスト裁判は国の責任を認めました。

勝訴です。

ひとまずは、おめでとうです。

しかし、原告の全員が認められたわけではありません。

だから、勝訴は一部。

308人の原告のうち、労働者である158人は認められた。

しかし、150人は一人親方や事業主ということで、認められなかった。

認められた仲間も・・・一人親方として働いていた期間を減額され、さらに喫煙歴で減額するなど、全面的に「勝った!」と言えるものではありません。

たたかいはこれからも続きます。

でも、今日の判決=国の責任を認めた判決は、今後のたたかいの大きな武器になります。

がんばろうね。

首都圏アスベスト訴訟原告団・弁護団・統一本部 声明文

P1000251

追記

午後3時の開廷後、すぐさま女性の弁護士さんが「旗」をもって東京地裁から出てきた。

一緒に宣伝カーの上で判決を待っていた清水ボスが鉄製の柵を手でたたき、「勝った!」と叫んだ。

「勝訴」のときは、女性の弁護士さんが出てくることになっていたようだ。

地裁前集会の司会でマイクを握る三宅さんは「勝訴です!」と何度か言ったあと、涙で言葉が出てこなかった。

地裁前は大きな歓声につつまれ、松森書記次長がマイクをにぎり、「国の責任を認めました!」と連呼する。

地裁とは道路を隔てて反対側の総務省前に集まる東京土建の仲間も大きな歓声をあげる。

清水ボスがマイクをにぎり、「私たちは国に勝ったんだです。勝ったぞ!勝ったぞ!」と涙声で連呼する。

その「勝ったぞ!」が「とったどー」みたいだった。

そんな風に思わないと、涙が出てしまうくらいうれしかった。

宣伝カーから降りて、原告団事務局長の清水さんを見つける。

かけよって、抱き合って、涙があふれた。

「よかったね、ホントによかったね~」

この記事を書いていても、涙が出てくる。

しかし、仲間の主張が全面的に認められたわけじゃない。

アスベスト建材メーカーの責任は無罪放免だ。

これからもたたかいは続く。

でも、この裁判と同時に病とたたかっている仲間には時間はない。

この判決を糧にまたひとまわり大きな運動をつくっていく必要がある。

朝から原告につきそってくれた支部の書記のみんな、ホントにお疲れ様でしたね。

P1000253

↑日比谷公会堂の控室にて・・・

追記・・・午後11時04分

2012年12月 4日 (火)

いよいよ明日、建設アスベスト訴訟の判決日

私は2003年、2004年と東京土建(労組)が母体となっている東京土建国民健康保険組合に出向しておりまして、本部・労働対策部と一緒に職業病対策に関わっていました。

2005年に本部に戻り、仕事対策担当になってからも、機関紙にこうした記事も書いたりして・・・

この記事の最後に書いた・・・

アスベストの被害にあわれた仲間やその家族の思いを集め、国や製造企業の責任を追及することが改めて私たち建設労働組合の使命である

そう、その使命をもって国とアスベスト製造企業を相手にたたかってきた首都圏建設アスベスト訴訟の東京地裁判決が明日、12月5日にいい渡されます。

今日(12/4)のしんぶん赤旗には、本部の三宅さんがこの裁判の意義について語っています。

Image070

良く見えないと思うので「image071.pdf」をダウンロードしてみてください。

首都圏建設アスベスト訴訟は、建設現場で建材に含まれるアスベストの粉塵にさらされたために中皮腫(ちゅうひしゅ)や肺がんなどを発症した建設産業で働く仲間と遺族が、国と建材メーカーに損害賠償をもとめて、2008年に提訴しました。

その判決がいよいよ明日です。

2005年のクボタショックから7年、訴訟の準備から含めると5年余り・・・この間に本当に多くの仲間、先輩たちが苦しみながら亡くなっていきました。

5月の横浜地裁は、全面棄却=我慢しろに等しい不当判決を言い渡しました。

東京地裁の判決は当初、9月26日を予定していましたが、明日(12/5)に異例ともいえる延期。

それだけ、書き込んでくれているってこと?

仲間と家族のみなさんの無念の想いが届いてほしい。

おりしも、11月の終わりに府中国立支部の委員長であった本間義孝さんが亡くなられました。

Photo_2


自らも病とたたかいながら、当時結成した呼吸器系疾患患者と家族の会=はなみずきの会の役員として仲間と家族を励まし続けてくれました。

当時の「はなみずき通信」は、私のフォルダに保存されています。

はなみずきの会も来年で結成から10年を迎えるんですね。

本間さんの想いも含めて・・・明日は仲間と家族のみなさんの笑顔が見られることを願ってやみません。

2012年12月 2日 (日)

ガラクタの整理

久しぶりに何もない、日曜日。

朝から部屋に閉じこもり、床下に眠るガラクタ?の整理をしました。

我が家の増築部分(この11月から民部屋、しかし床暖房なし)の床下は、すべて収納ができるようになっていまして、その一区画を使用して、本(ほとんどマンガとギター譜など)、CD、おもちゃ(フィギア、ガチャ系、懸賞で当たったレアもの含む)、喫煙具(ライター、灰皿、マッチ)など、一般的にはガラクタと言われても仕方のないものが、たくさん収納されていました。

しか~し、ガラクタといっても私にとっては大切なものばかりなのですが、これらのものを私のいない間に、黙って出して遊んでいる輩がいる。

そう、息子・洵人(小6)です。

フィギアといっても美少女とか、萌え~って奴じゃなく、仮面ライダーとかなので、遊びたくなるのは分かるのですが、箱を開けて・・・部分的に持ち出して・・・遊んでもとにもどさないので、アレ?なんでここの部分がなくなってるの?となると・・・「洵人!」と、呼ばなければなりません。

フィギアならまだしも、ギターの形をしたライターがあって、箱を開けたら中身がない

洵に聞いてもどこにやったのか思い出せない・・・。

もう、呆れて、怒る気にもならず・・・。

そんな、洵人対策も兼ねて、片付けが完了したのが午後4時過ぎ

その間には、お昼すぎに起きてきた兄・悠人(中3)に「と~たん、ラーメン作って」と言われ・・・

民:「ママは?」

悠:「ん、寝てるよ」

う~ん、ママは調子悪そうだから、作るかな。

んで、昨日、長野の関さんから送られてきたシイタケもつかって兄にはあんかけで、サッカーの練習から帰ってこない洵は、キノコが嫌いなので、ゆで卵でものせて・・・

しかし、サッカーの練習が終わってから1時間も過ぎているのに帰ってこない洵。

なにやってんだ!と迎えに行こうと玄関を出ると、友達と二人で帰宅。

洵:「ずっと、夢の話をしてた。」

民:「は?1時間も?」

洵:「え?今何時?」

民:「もう、2時過ぎだよ!」

ってな感じ

さて、夕方からは後援会の決起集会で中野ゼロホールに行ってきました。

なかなか来ないので、少々ドキドキしたけど、都知事候補の宇都宮けんじさんの話を生で聴くことができました。

その内容は、明日の記事にしますね。

とりあえずは、宇都宮さんと「ほぉー」でおなじみ?の正雄さんのツーショットを出しておきますね。

P1000241


やさしい語り口なのかと思いきや・・・石原前知事のやってきたこと、自民党・安倍総裁の発言などには厳しい口調でしたね。

宇都宮さんの公約の柱は大きく4つ・・・①脱原発、②反貧困、③教育行政を180度転換し、教育現場に自由を、④憲法を活かした都政に・・・。

たのもしいなぁ~、そして、この人が都知事になると都政が大きく変わるんだ、と感じました。

そして、首都・東京が変われば、日本も変わる。

宇都宮さんの決意表明はしっかりメモったよ。

もちろん、ボクノートにね。

あと2週間、東京なのに宇都宮、弁護士だけど、け・ん・じ、を広げようね。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

SNS

  • facebook