2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 定期大会での支部の活動報告っす | トップページ | 分会の専門部長の役割ってなんだろう »

2013年3月 2日 (土)

今年も報告集をつくります

3月になりましたね。

昨日は、夕方まで中央執行委員会。

う~ん、こりゃ、5時までかかるな、って感じで進行していました。

今年度最後、定期大会前の会議。

大会に向けて役員選挙の立候補受け付けもある。

そして、夕方からは地元に戻り、中学校PTAの役員&委員の慰労会。

「司会、お願いしますね~」なんて言われていたのですが、ん?司会ったって・・・開会のあいさつ、主催者のあいさつ、校長先生にあいさついただいて、乾杯ってことでしょ?って、メールで確認し、そんな感じで午後6時10分スタート!

2時間ではおさまらず、とりあえず、中締めして、1時間延長。

さらに、別の店に繰り出して・・・帰宅は12時を過ぎていました。

と、いうことで昨日のブログ更新はお休みしました。

はい、いいわけです。

さて、3月17日の定期大会に向けて、昨年も作成した被災地支援の報告集を作り始めました。

すでに各支部のとりくみは、それぞれにオリジナルの報告集にまとめられているので、そこからはチョイスするんだけど、青年部の仲間たちや青年部の先輩である支部の役員のみなさんの原稿を依頼。

江東支部の名越副委員長と鈴木後継者対策部長は、夜中にきよ氏さんのところへ原稿が届いたって聞いて、杉並支部の二人の役員にも昨日の朝、フェイスブックで原稿を依頼しました。

そしたら、二人とも文章を送ってくれました。

杉並支部の縫村(ぬいむら)副委員長からは、短いけど想いの深い文章。

自分自身の事を言えば、単なる傍観者だったと思う。
何の力にもなってません。
言えるとしたら、南相馬でボランティアで片付けに行った家の事。
まだまだ、住めるのに壊されてしまう事。
なのに、おじいちゃんおばあちゃんは笑顔で見送ってくれた。
どんな思いだろうと、感慨深かった。
原発さえ無ければ、再生出来た物が沢山ある。
ただ、不自由の無い生活を送って来た自分も、原発の恩恵を受けていたのだろう。
と、反省してます。
これから、何が出来るのか暗中模索…

Photo

↑南相馬での活動の様子です。

そして、同じく杉並支部の中村書記長からは、あっという間に以下のような文書が届きました。

ざっと感じるのは『生きている』ということだ。
確かに沿岸部は津波の影響で、一年たった今でも瓦礫は積み上げられ、腐敗臭なども感じる。一歩、住宅街に足を踏み入れれば、そこは見た感じ、何事もなかったかのような風景をしている。ただし、それは表向きだけだ。
震災後、一定の住宅改修は行われたそうだが、まだまだ『住む』ことが容易に出来るような代物ではない。床下からはヘドロの臭気が立ち上がり、押し入れの床には、拭いても拭いても塩が浮かび上がってくる。最低限の修繕を行ったところから一歩も先に進んでいない。大手メーカーは建て替え取り競争で必死だし、町場の職人さんでは、人手が足らなすぎてどうにもならない状況のようだ。

 

「いくら払ってもいいから来て!」と言ったって、それほど楽な生活じゃないだろ?!と思いながらも、それほどまでに住む事が容易ではないのだ。

住宅相談をしながらそう感じた。
多くの人たちがそのような状況の中で生活をしているわけだが、先に記載した何事もなかったような風景だけを見て帰っていく行政を操る人達には『表向き』だけしか見えていないのだろう。
そこに暮らす人たちはたくましい。近所同士で、地域で手を取り合って、助け合いながら、明るく生きている。明るいってのが一番重要だ。

  

我々は 何が出来るだろうか?や何をするべきか!よりも復興できるまで何かをやり続ける事が重要だと。
他の地でも出来る原発反対の運動などは別としても。

この二人・・・今は杉並支部の四役ですが、青年部の先輩。

民が一緒に活動してきた仲間です。

青年部を卒業してから、15~17年くらい経つんだけど、すごいよこの二人は。

中村タカちゃんには・・・「職人にしておくのがもったいない」って言っておきました。

そのタカちゃんが新年度からは本部の役員に戻ってきます。

戻ってくる、っていうのは1992~1997年まで、本部の青年部長だったからです。

あれから16年・・・まあ、お互いに年はとりましたが、ただ年をとっただけじゃない。

仕事を通じて成長し、大きな視野を持っている。

そして、人と人とのつながりが大切だと実感してる。

大会以降、また、一緒に活動できるのが楽しみっす。

こっちもがんばらないとね。

« 定期大会での支部の活動報告っす | トップページ | 分会の専門部長の役割ってなんだろう »

東日本大震災・被災地支援」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も報告集をつくります:

« 定期大会での支部の活動報告っす | トップページ | 分会の専門部長の役割ってなんだろう »

SNS

  • facebook