2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« いざ!宮城県名取市へ復興支援! | トップページ | 9月中にとにかく成果、そして40%到達へ 拡大推進ニュースNO3 »

2013年9月24日 (火)

「名取愛島(めでしま)東部仮設住宅」へ復興支援

9月21日、本部青年部は、宮城県名取市「名取愛島(めでしま)東部仮設住宅」で宮城県労連主催の復興支援「何でも相談会」に11人で参加しました。

P9210023

【みんな1~2時間程度しか寝てないのにいい顔です】

出発は、20日の夜9時ころ。宿に到着したのは、真夜中3時すぎ。仮眠をとり朝一番で津波被害のあった閖上中学校を見学しました。

P9210006


P9210002


P9210003


P9210004


P9210005

はじめて、被災地を訪れた仲間は3人。被害状況をじっと見つめていました。

そのまま、愛島東部仮設住宅へ。まずはテント建て。

P9210008

参加した労働組合や民主団体は、野菜の配布やトン汁などの炊き出しを行ない、青年部は木工教室(本棚、ジェンガ、プランター)と焼き鳥を行ないました。木工教室は盛況で子ども、お母さん、おじいさんも参加し、部員1人が同時に4人の製作を援助するほどにぎわいました。

P9210055


P9210032


P9210049

また、焼き鳥も用意した300本すべてなくなり人気でした。

P9210052


20130921192328195

【大先輩3人にも協力いただきました。部員は「オジサンズ」とよんでいますが、元気です】

反省会では、名取市議会議員の大沼宗彦議員(共産)が「ガレキ処理は進みましたが復興はまだまだです。オリンピックで被災地を忘れることがないよう人的・物資の支援を今後もお願いします」と訴えました。

P9210065

笠原青年部長と山田副部長があいさつ。「僕たちにできることは木工教室を通じて笑顔で元気になってもらうこと。津波被害のあった閖上(ゆりあげ)中学校を見学しましたが、被害の大きさ、復興が進んでいないと感じました。仲間にも復興支援の重要性を伝えたい」と終了しました。

P9210082

« いざ!宮城県名取市へ復興支援! | トップページ | 9月中にとにかく成果、そして40%到達へ 拡大推進ニュースNO3 »

本・支部青年部の活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「名取愛島(めでしま)東部仮設住宅」へ復興支援:

« いざ!宮城県名取市へ復興支援! | トップページ | 9月中にとにかく成果、そして40%到達へ 拡大推進ニュースNO3 »

SNS

  • facebook