2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 11・3新宿ジャック・・・要綱【追記】 | トップページ | 2013全国青年大集会@明治公園 »

2013年10月16日 (水)

青年部員拡大の目標って・・・・

青年部の仲間をふやす秋の拡大月間中なのに・・・このブログの拡大の記事は10月2日の止まってる

う~ん、仕方ない。

担当書記の和也くんが腰を痛めてお休みしてから10日余り・・・青年部員拡大は、組合本体の集約に任されてきたからね

しかしね、そのままにしておくと青年部員拡大って、あとまわしにされるの。

支部の青年部担当書記も分会の担当があるからね、どうしてもあとまわしになる。

それでいいのか?

って、話をすると止まらなくなるので、まずは現状を直視。

20131016
先週の金曜日に170人になってから5日間変化なし。

さらに昨年との比較ではマイナス35人。

目標達成支部は昨年よりも多いし、ゼロ支部は少ないんだけど、増えてない・・・。

あるいは、報告をもらっていないっす。

どうして青年部員を増やすのか、ってな話は9月の活動者会議であったかな?

青年部員拡大の月間目標って、単に数を増やすってことじゃなく、各支部の青年部が「どれだけ多くの青年組合員を訪問し、対話するか」の目標です。

その訪問や対話の結果として「新しい仲間」や「自分の仲間」が増えることになります。

言いかえれば、「目標の数だけ、仲間を増やせばいい」ではなく、目標の2倍・3倍の青年組合員に会って、仕事のこと、青年部のことを話すことができたのか、が問われることになります。

各分会の行動センターの訪問も同じ。

分会のみなさんに青年部の仲間の顔を見せて、青年部の活動を言葉と行動で、熱意をもって伝えることで、理解が生まれ、「あそこの息子、入ってないじゃないか?」、「じゃあ、一緒に行ってみるか」とか、「声かけておいたよ」、「青年部にも入るってよ」って感じで協力してもらえるようになるんです。

要は、自分のための部員拡大になっているか・・・ってこと。

それは青年部員たちだけじゃなく、担当書記も同じだからね。

まあ、担当書記が部員拡大を仕事だと思っているうちはダメだけどね。

オヤジーズと揶揄される民&棚ではありますが、それぞれに青年部担当書記時代があります。

和也くんの療養中は、二人でフォロー。

そんな、民の11年前の拡大推進ニュースはコレだ

20021016
2002年10月16日・・・11年前。

青年部員拡大数の到達は283人・・・100人以上多いぞ。

まあ、東京土建青年部が史上はじめて年間目標を達成した年だからね。

その拡大数での比較だけじゃなく、このころ支部青年部でがんばっていた子たちが今、建設産業で働きつづけているか、親方や事業主になっているか、支部や分会の役員になっているか・・・それが問われます。

少なくとも、その頃の支部の担当書記は主任書記になってるよ。

青年部で一緒に活動した役員のみなさんが、支部や分会の役員になって、今でも一緒に活動できる。

書記の喜びはそこにあります。

若くて経験の少ない支部の担当書記のみなさんには理解しづらいと思うけど・・・青年部員拡大や青年部の活動って・・・未来につながるとりくみなんだよ。

だから、今、この瞬間をがんばる。

後回しにしない。

後回しにすれば、そのツケは必ず5年後、10年後にきます。

と、いうことで青年部員拡大もがんばろうね、ってお話しでした。

« 11・3新宿ジャック・・・要綱【追記】 | トップページ | 2013全国青年大集会@明治公園 »

本・支部青年部の活動」カテゴリの記事

民ぞうのぼやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青年部員拡大の目標って・・・・:

« 11・3新宿ジャック・・・要綱【追記】 | トップページ | 2013全国青年大集会@明治公園 »

SNS

  • facebook