2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

やったぜ!泉南アスベスト勝訴!

年末にいい報告です。

首都圏建設アスベスト訴訟とともに行動してきた「泉南アスベスト訴訟」で、12月25日、国の責任を認める判決をしました。

この判決は、泉南アスベスト被害について、①高等裁判所として初めてアスベスト被害に対する国の責任を認めた、②国が昭和46年以降に規制を強化しなかったことの責任を認めたことで意義があります。

私たち組合の先輩もアスベスト被害で苦しんでいます。国は70年以上前から自ら行なった調査でアスベストの危険性を認識していたにも関わらず、規制や対策を怠ってきました。

今後、仲間の救済のためにも「国は控訴するな」の運動を広げ、アスベスト被害者全員の早期救済を勝ち取る運動が必要です。

Photo


【泉南アスベスト・国会通信より】

本日(12月25日)、大阪高等裁判所第13民事部(山下郁夫裁判長)は、大阪・泉南アスベスト国賠訴訟2陣(被害者33人)控訴審判決で、三度、国の責任を認める判決を言い渡しました。

 判決は泉南アスベスト被害の深刻さに正面から向き合い、生命・健康をまもる国の役割の重大性を改めて確認しました。そして、「産業発展のためには国民の生命・健康が犠牲になってもやむを得ない」として国を免責した先の1陣高裁判決の事実認定と法理論を完全に否定したことにも大きな意義があります。本判決によって、泉南アスベスト被害について国の責任を認める司法判断は固まったというべきです。

 裁判はすでに8年目となり、原告のうちが12名がこの間に亡くなり、提訴前の死亡者とあわせて被害者の6割近くがこの世を去っています。生存原告も日々、石綿による病気の進行、重篤化に苦しんでいて、「命あるうちに解決を」は原告らの切実な譲ることのできない願いであり、広範な世論です。

 私たちは、国が、三度、厳しく断罪されたことを真摯に受け止め、泉南アスベスト被害者全員の早期救済に応じることを強く要求するものです。

「声明」はこちら「131225.pdf」をダウンロード

 

2013年12月20日 (金)

今年最後の会議も盛り上がった

12月18日、今年最後の青年部第6回執行委員会を開催し12支部19人が参加しました。

772890708898

はじめは、拡大月間後の11月~12月「仲間の結びつきを強める運動」について各支部から報告。

豊島は新歓をダーツバーで15人で開催。

足立はクリパを71人で開催し哺乳瓶でホットカルピス早飲みが盛り上がった。

町田は屋形船を25人で開催。

東村山の新歓は国宝の寺を見学してからの交流。

村山大和は新歓に3人の新加入者。日帰りバスツアーは家族含め26人参加。

北は新歓と板橋のクリパに参加。

新宿は1月に「アンダー30新年会」を予定。

府中は1月に新歓、新年会、苗場スキーを予定。

中野はダーツバーで忘年会。

西東京はディズニーシー。

狛江は弾丸日帰りスノボー。

などなど。各支部も新しい仲間に参加してもらおうと工夫を凝らした企画で行なっています。

そして議題は大会議案の骨子(案)討議へ。

来年度拡大目標の設定について。

<現状>

これまでの目標設定は分会数を基本に目標数を決めている。分会再編が進み分会の数が減ってきているので、年々目標数も減ってきている。

<目標の提案>

これまでの目標+1~3でどうか。

これにはいっぱい意見がでました。

<意見>

目標数をふやすよりも拡大のときに未結集の部員を訪問したい。

新加入者は地域分会ではなく事業所従業員が多い。

事業所従業員は支部の地域外に住んでいる。

などなど。

拡大で訪問しているのでみんな詳しく事情を知ってます。

青年部定期大会ではみんなで納得いく目標を決め2014年も楽しく青年部活動をやっていきましょう。

2013年12月12日 (木)

タテ・ヨコ・ナナメのつながり作り

11、12月は、新入部員歓迎会やイベントを開催し、部員同士の交流をはじめ、分会役員、青年部OB、他団体など「タテ・ヨコ・ナナメ」の交流が広がっています。

江東支部では、12月4日「分会交流忘年会」を支部会館で開催し29人(うち青年部員7分会から14人、うち分会役員6分会から12人)が参加しました。

Middle_1386205451


このとりくみは、分会に所属している青年層を「分会活動に近づける」、また分会役員に「青年部の活動を理解してもらう」ことが目的です。交流会のメインは交流。仕事・生活・組合のことをお互いに話す中で、部員と分会役員が同じ高校出身と判明するなど交流が進みました。また当日の料理は青年部が30人分作り好評でした。

Middle_1386204315

Middle_1386204889

清瀬久留米支部は、11月9日「支部青年部結成40周年イベント屋形船」を開催し青年部員、新入部員、部員OBら50人が参加しました。

Dsc_02341


呼びかけは、部員にDMを発送し、OBは分会を通じて呼びかけました。

Dsc_0226


交流会では現部長が来年度の新部長を発表。その光景には前部長と初代部長(60代)も大感激でした。まさに世代を超えた縦のつながりとなる交流ができました。

2013年12月 4日 (水)

秘密保護法案は絶対阻止 宮崎駿監督も反対

連日報道されている秘密保護法。12月3日、「特定秘密保護法に反対する映画人の会」が発足。呼びかけ人は高畑勲(ジブリね)、山田洋二ら。賛同者には宮崎駿(ジブリね)、井筒和幸、山本晋也、吉永小百合、大竹しのぶら。

Photo



他にも著名人として藤原紀香、坂本龍一、田原総一郎、鳥越俊太郎ら多数。もちろん東京土建も反対です。

そもそも秘密保護法とは何か?

特定秘密保護法案は、防衛、外交、スパイ活動の防止、テロ活動の防止の4分野の情報で、政府が「国の安全に著しい支障がある」ものを「特定秘密」に指定、情報を漏らした公務員や情報を取ろうとした記者・市民に最高10年の懲役を科すなど、国民の知る権利を侵害し、目と耳と口をふさぐ、自由と民主主義を壊す法案です。

ん~、よくわからない。そもそも何が秘密なのかが「ひみつ」。

このチラシがわかりやすかな(東京土建本部のつぶやきより)。

1457671_367755036702318_160920889_n

私たちが知りたい原発、TPP、オスプレイなど「安全保障に関わる」とみんな「特定秘密」にされて「逮捕」ってこと。

(仮定の話はよくありませんが)もし、メーデーのデコレーションで「オスプレイは墜落するから危険だ~」と訴えるためにオスプレイのミニチュアを作ったら特定秘密で「逮捕?」ってことも。

11

こんなの認められない。やっぱり廃案にしよう。

「少年H」(妹尾河童著・映画)で戦中の子どもから見た日常の生活が描かれていますが、「戦争はおかしいぞ」と思っても逮捕されるから友達にさえいえない。新聞(マスコミ)も国がいっていることだけを報道する。
まさに秘密保護法は戦中にするようなもの。

だから高畑勲監督は「戦前、心ならずも戦争に対する翼賛を押し付けられた映画界の先達の反省に立ち、その苦渋と悔悟の思いを受け止め、日本映画界は戦後の歩みを開始しました。そのことを思うとき・・・この法案は・・・とても容認することはできません」と訴え、宮崎駿監督は「東アジアの平和のために日本は自由な国でいなければならない」と訴えます。

本日も国会では、秘密保護法案を廃案に!のヒューマンチェーン。

明日もあさっても「国会前」では参議院強行採決を止める運動を行ないます。なんとして阻止しよう!

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

SNS

  • facebook