2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

明日は労働者の祭典メーデー

あいにくの雨ですが、明日はいよいよ労働者の祭典メーデーです。

雨は明日の朝までの予報。デコが濡れないようテルテル坊主を準備。
これまで27支部の青年部が夜なべしながらデコを製作してきました。
Dsc_0136

Dsc_0135

【江戸川】
江戸川支部は例年、ガンダム風、エヴァ風とアニメキャラを作ってきましたが、
今年は何か?まだ秘密です。4月29日最後の追い込みを行ないました。

10151141_631083280307647_6691105074

10177912_631083353640973_6955749753

【町田】
これまたなぞの町田支部。ウワサでは小さなパーツを大量に作り細部までこだわっている様子。また、着ぐるみのデコもあるかも。


いよいよ明日は頑張って製作してきたメーデーデコのお披露目。各支部デコにも期待です。労働者の祭典楽しもう。

2014年4月24日 (木)

やったぜ36人成果 「平均年収530万円めざす」の日建連

昨日(4/23)は青年部集約日。各支部からバンバン報告があり36人の成果です。また、メーデーデコ製作でも連日遅くまで大奮闘。で、報告をまとめた推進ニュースNO3です。

20140424no3

PDFはこちら→「20140424newsNO3.pdf」をダウンロード

と、青年部が拡大・デコ製作に奮闘している中、「賃金引き上げ」にまた一歩近づく報道がありました。

Photo

PDFはこちら→「530teigen.pdf」をダウンロード

企業交渉が集中した4月16日、17日の数日後の建設工業新聞(4/21付)より抜粋です。

<新聞の抜粋>
日建連(ゼネコンの団体)は、新たな提言をまとめた。建設技能労働者の平均年収が全産業平均並みの530万円をめざす。さらに、20代では450万円、40代では600万円をめざす。若い世代の入職定着と産業としての魅力向上を意識。また、設計労務単価の改善措置を踏まえた提言となっています。

これも企業交渉の成果と期待します。
やっぱり、要求を実現するには「数は力」。多くの仲間を結集させて、引き上がった賃金が手元にくるようさらに奮闘しよう。

2014年4月23日 (水)

調布の新歓27人が大集合

ちゃくちゃくとすすむ青年部拡大。
メーデーデコ製作で結集、出陣式で結集、新歓で結集と仲間が集まり拡大がすすみます。調布支部のとりくみを紹介します。

調布支部の石川青年部長(設備)から投稿の投稿です。

4月19日(土)20時~調布駅北口にあるMOON37(ダーツバー)で新入部員歓迎会を開催しました。

Img_3853

欠席者は何人かいたものの、支部役員3人、本部青年部役員3人をお迎えし、青年部員16人、対象者3人、子供3人、書記2人の合計27人の参加がありました。

青年部大会で歓迎会等の交歓は青年部で楽しみ活動家を増やす結集軸として盛大に行い、学習・運動を発展させていく重要なものと目的を位置づけ、役員会・部会で取り組む意義・目的をしっかり討議し成果をだそうと一生懸命部員が参加呼びかけをしてきました。

今回も部員一人ひとりが、交流会の意義を理解していたからこそ沢山の仲間が集う交流会となりました。

Img_3911

今後も青年部四役・部員が運動の方向性や交流会の持つ意味の討議を深めていきます。

対象者も2人が5月1日付け加入をすることを約束してくれて支部へのお土産も出来ました。

本部四役・三浦部長・坂東・福士副部長ご参加していただき本当にありがとうございました。

2014年4月22日 (火)

燃える男たち 拡大推進ニュースNO2

本日から第2次行動です。
青年部拡大もブイブイいこう。

普段から熱い青年部ですが、もっと熱く「燃える男たち」がいました。紹介します。

20140422newsno2

PDFはこちら「20140422newsNO2.pdf」をダウンロード


と、第2回執行委員会に参加した5人の新・執行委員のみなさんです。
さぁ~青年部拡大も燃えていきましょう。

2014年4月18日 (金)

「やろうぜ拡大よし」と第2回青年部執行委員会

昨日(4/17)第2回青年部執行委員会を開催し、拡大目標達成、メーデーデコガンバなど意思統一を行ないました。

参加は13支部から21人。1回目より部員2人増。20人の仲間がいると教訓の交流も活発になります。

Img_1903_2


新しく執行委員になった仲間も参加です。
Img_1881

Img_1896

Img_1882

Img_1899



そして、執行委員には女性も。
Img_1890_2



拡大は各支部工夫をしながらとりくんでいます。
対象者名簿を持って分会センターを訪問する(村山大和)。

8759

事業主の部員に社員の同時拡大をお願いしている(町田、小平)。
4月はデコ製作で仲間の結集。拡大は5月にやるぜ(府中国立、江戸川)。
後継者と一緒に同世代の仲間を訪問するぜ(豊島)など。



そして、メーデーデコ製作でも4日連続11時まで作業しているなど各支部奮闘しています。
清瀬久留米の事務所には、デコを製作する青年部用に「お菓子カンパBOX」も設置してありました。

Img_1878

メーデーで仲間の結集をすすめ拡大を達成しようと意思統一しました。




2014年4月15日 (火)

さぁ~春の拡大ガンバ 統一行動スタート

春の拡大月間統一行動がスタートします。で、推進推進ニュースです。

Photo

PDFはこちら「20140415newsNO1.pdf」をダウンロード


世田谷が春の目標達成。事業所の社長に青年部の魅力を伝え拡大です。

節目標を達成した町田は、事業主の青年部員が従業員を同時拡大です。

さぁ~、春の拡大月間達成にむけ「YKY(やろうぜ拡大よし)」。そして「YKY(焼肉食おうぜよし)」でガンバです。

2014年4月14日 (月)

「青年部の部長はミニ委員長」と埼玉土建青年部大会

4月13日、昨年40周年を迎えた埼玉土建青年部の大会に参加しました。ちなみに埼玉土建の仲間は2月23日に行なった東京土建青年部の大会に来賓参加してくれました。

Evernote_camera_roll_20140414_16542


会場に入って「じぇじぇじぇ」だったのは上の看板。大会ってかたいイメージがありますが、この看板のおかげかとっつきやすいです。

あいさつに立った青年部長は、情勢と合わせ「仲間が集まる青年部をつくろう。そのために拡大もがんばろう。仲間の集め方は分散会で議論しよう」と訴えました。

また、来賓として埼玉土建の書記次長は、「青年部は独自要求と独自財政で活動する独自の機関です。青年部長はミニ委員長、担当書記はミニ書記長です。仲間の要求が実現するよう運動を広げてほしい」とあいさつしました。

東京土建でも「めざすは仲間の要求実現」です。そのために拡大、結集、学習、イベントなど工夫し運動をすすめています。

Evernote_c2amera_roll_20140414_1654


大会で特徴的だったのは、次世代対策部(東京土建では後継者対策)が14人参加していること。各支部青年部の仲間と一緒に支部代表として参加していました。




2014年4月10日 (木)

拡大準備すすむ 渋谷はアンケートを活用

4、5月は拡大月間。メーデーデコ製作と合わせ拡大の準備もすすんでいます。

渋谷支部では、訪問にあわせて「こんことやりたいアンケート」と「働き方アンケート」を準備しています。

Sibuya2


Sibuya1
PDFはこちら→「sibuya.pdf」をダウンロード


「こんなことやりたいアンケート」では、富士山登山、スカイダイビング、婚活、キャンプなど仲間の要望にあった企画をやろうと工夫をしています。

ちなみに2013年に実施した渋谷イベントは、マイハシ作り、BBQ、スキー尾瀬高原、ボルタリング、鍋パーティーでした。2014年度おもしろい企画に期待です。

また、「働き方アンケート」では、残業時間、休日の有無、仕事に満足・不満などをききとり、青年労働者の実態も把握します。仲間の実態を要求に変え→要求実現のため運動する。そんな青年に私もなりたい。

と、各支部が拡大達成にむけ奮闘しています。

2014年4月 8日 (火)

ちゃくちゃくとメーデー準備

5月1日は労働者の祭典「メーデー」です。各支部でデコレーションの製作準備が始まっています。風刺のきいた企画に期待です。

メーデーとは何か?ネットでわかりやすいものを見つけたので紹介します。

PDFはこちら→「mayday.pdf」をダウンロード

Photo

さて、清瀬久留米支部では、4月6日に行なった春の拡大出陣式のときに、青年部が「拡大達成するぞ~」の決意表明と合わせ、デコ製作の協力と差し入れのお願いをしました。

P1050297

Evernote_camera_roll_20140408_19251

デコ製作では、現場ごとに分散している青年が集まり、職種をいかした分担で1つのものを作り上げる。そこから仲間との交流、横のつながりにも発展していきます。

毎年、連日、連夜と奮闘する仲間の声をたくさんききます。 デコ製作ガンバロウ!

2014年4月 4日 (金)

企業交渉で「賃金引き上げ」を

4月16日(水)、17日(木)を中心に第59回大手企業交渉を開催します。今回の企業交渉は、設計労務単価が3118円引き上がった下で行なわれるため、「自分たちの賃金も引き上げるぞ」と重要なとりくみです。その交渉団会議を4月4日行ないました。

Evernote_camera_roll_20140404_16480

基調報告でも強調されたのは、「賃金」について。交渉で重視する項目を確認しました。

・企業側の賃金調査の結果が引き上がっているか(前回報告との比較)

 →これは設計労務単価が引き上げにともない労働者の賃金が実際に引きあがっているかの確認です。

・企業側の賃金調査と組合がしている賃金調査の比較
 
 →例年組合が調査している金額の方が低い

・労働者の適正な賃金確保のために発注金額を増額したかどうか

・標準見積書の活用と法定福利費の別枠で確保しているか

などなど。

さらに、現場実態の声を集めて労働条件の改善をしようと意思統一しました。





2014年4月 2日 (水)

有楽町で「賃金上げて」の駅頭宣伝

3月30日(日)有楽町マリオン前で、全建総連東京都連合会青年協議会(都連青協)の「建設職人の賃金を上げて」駅頭宣伝行動に参加しました。全体で10人の参加でした。

*都連青協とは、全建総連に結集している東京土建、ユニオン、東建従、東京建設ら14組合の連合会です。各組合の青年部でも要求で団結しようと学習会や宣伝行動を行ない、本部四役を中心に参加しています。


Img_1851


当日は、あいにくの雨と強風と有楽町の大都会で緊張しながらでしたが、4組合から集まった青年部が交代で建設業界の実態や賃金引き上げの訴えを行ないました。用意したチラシ入りティッシュは1000個配布することができました。



【有楽町の人たちに訴えた】
ありとあらゆる場所に建築物は存在します。建設職人がいなければ、街はうまれないのです!
建設職人に適正な賃金を払わなければ、街をつくる人がいなくなります!
そんな私たち建設職人の置かれている立場は、非常に厳しいです。
このままでは、生きていけません!
「仕事が無い」、「仕事はあっても賃金が安い」、「保険料も年金も払えない」、「病気になっても、医療費が払えず病院にも行けない」、「借金地獄」など、若い職人が本当に悲痛な叫びをあげています。
私たちが毎年行っている建設職人を対象とした「賃金調査」では、毎年賃金が下がっています。賃金だけでなく、労働日数も引き下がっています。
4月から消費税が5%から8%に増税され、建設職人・労働者の生活にさらなる負担が課せられてしまいました。
この建設産業に、夢と希望を持てる、そんな日本に、盛り上げていくためにも、私たち若者が立ち上がり、活動をしていかなければなりません!

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

SNS

  • facebook