2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

会津若松へ青年部で復興支援に行こう!

ようやく具体的になってきた「2014年青年部復興支援住宅デー」。

昨年大会方針議案で「大型バスでみんなで行こう」と決定し、具体化は本年度の執行委員会で日時・場所など決めてきました。

が、参加者が集まらない・・・。と心配していましたが、昨日(8/28)事前学習・打ち合わせを開催し、現時点で23人が参加する予定。プラス仕事調製中が5人くらい。ひと安心です。

で、事前打ち合わせでは、「木工教室の後は掃除機がなくちゃ」「炭の火おこしはブロアーがあるといいぞ」「大判焼きはチョコ味がないといやだ」など役割分担から材料まで議論しました。

Img_2802


今回は会津若松市の仮設住宅で住宅デーを開催。

9月13日に出発してJビレッジ~富岡駅を見学。

9月14日に住宅デーを予定です。

Photo
【参加募集チラシ】

まだ、募集中です。参加したい方は本部連絡を。

2014年8月25日 (月)

東京都連青年協議会の名刺交換交流会に参加

8月23日、東京都連青年協議会(都連青協)は、「ビジネスマナー・名刺交換・交流会」を開催し、4組合(東京土建、ユニオン、東建従、東京建設)の青年部員20人が参加し交流しました。

Img_2781


当日は、保険外交員を講師に「老後までに1,000万円貯蓄しよう」の説明を受け、さらに名刺交換のマナー、営業トークなど講演を受けました。

参加した仲間から「月収ででっこみ、ひっこみがあるが大丈夫?」「万が一のときは引き落としできるの?」「建退共と比較してどうなの」など多数の質問がありました。


講演の後は交流会。各組合の運動を交流。「フットサルをすると若い仲間が集まる」「標準見積書は難しい」「集団自衛権のことも話題にしないと」「現場で組合のタオルを配っている」「12月に大コンパをやる」などなど。

4組合の交流も深まり、閉会あいさつを東京土建の岸書記長が行ない「社保未加入問題で賃金引き上げのチャンス」「第50回都連青協大会を多くの参加で成功させよう」と閉会しました。

2014年8月22日 (金)

パワーゲームで議長決定 第4回執行委員会

昨日(8/21)第4回青年部執行委員会を開催し13支部16人が参加しました。

Img_2765


盛り上がった議題は9月7日に行なう活動者会議の議長の選出。

ベテラン執行委員は「俺はこれまで何度もだまされて議長をやった。もういいでしょ」とけん制。

ターゲットにされたのは今年から執行委員になったばかりの2人(北、調布)。「1度やっとけば次回の会議からは振られにくくなる」「1度やれば下を向いている必要はない」などプレッシャー攻撃です。

が、新人の2人はなかなか「OK」といわない。そこで作戦変更か、議長の役割を説明しはじめた。さすがやさしい先輩たちです。「午前の議長は忙しい」「午後は分散会もあるからいいよ」など細かく説明。

すると、はじめに調布の栄執行委員が「やります」と快諾。で、北の安藤執行委員も快諾。

決して押し付けることなく(?)話し合いで決める。いいですね。しかも新しい仲間が経験を積めるようにやる。すばらしい。




2014年8月19日 (火)

酒と筋肉のビアガーデン練馬

練馬支部からの投稿です。

練馬支部青年部は、8月9日に「青年部よるぞら交流会」を池袋西武ビアガーデンで開催。初参加や女性もきて全8人で楽しみました。


と、ビアガーデンで楽しく飲んでいたはずが、なぜか「俺はいつでも本気だぜ腕相撲大会」が勃発。キャー、フンフン、バキバキと盛り上がりました。


Photo
PDFはこちら→「nerima.pdf」をダウンロード


さらに、この交流会は9月7日に行なう支部55周年企画「どけんねりまフェスタ2014」の打ち合せも目的。青年部ブース成功と青年部員をいっぱい集めようと酒と筋肉の交流でした。

2014年8月18日 (月)

台風にも負けず「流しそうめん祭り」清瀬久留米

8月10日(日)清瀬久留米支部では、後継者、青年部が協力し第2回「流しそうめん祭り」を開催しました。

Img_2702


当日は、あいにくの台風で暴風雨。会場の清瀬久留米支部会館1階駐車場まで第2駐車場から約50メートルも歩けないほど。

が、駐車場では実行委員の仲間が、ちびっ子用にゴミ袋で簡易カッパを作ってくれて会館に到着するケースも。

さらに会館に到着すると屋根のない場所、外階段までオール養生。さすが建設組合と感動でした。


まずは会館3階で開会式。川村実行委員長のあいさつに続き、大田本部後継者対策部長もあいさつ。

10340130_530105083783378_5037365677


さぁ~流しそうめん祭り開始です。

Img_2677

10485287_530105660449987_6975885747


ちびっ子には専用レーンもあり安心です。流れてくるのはそうめんに限らず、ミニトマト、ゼリー、団子と楽しみました。

この竹は前日に実行委員の仲間が山から採ってきたもの。山といっても支部会館の隣です。長さは5メートルはあったかな。

10458851_1493669260878589_803996121


と、流しそうめんでお腹いっぱいになった後は、会館3階で木工教室の砂絵。

Img_2692

Img_2697


そして最後は仲間の手作りデザート「巨大プリン」。

Img_2698


参加した仲間も運営した仲間も楽しめた企画でした。

10561819_530104557116764_2389264776

2014年8月 8日 (金)

機関紙「腕自慢」サマキャン⑦

青年部の新聞は季刊紙ではなく機関紙。

つっこまれる前に作ろうと青年部機関紙「腕自慢185号」の発行です。サマキャン特集。

Photo

Photo_2

PDFはこちら→「2014camp.pdf」をダウンロード


やっぱり青年部の活動は紙(機関紙など)でも報告(仲間に返す)しないと。作りながら改めて感じました。




2014年8月 5日 (火)

跳んだ、回った、借り物競争 サマーキャンプ⑥

サマキャン2日目。ゲームは借り物競争と○×ゲーム。これは盛り上がりました。

○×ゲームのお題。

第1問 この仲間は二重跳びを3回以上できるか○か×か?

Vlcsnap2014072316h34m53s0

Vlcsnap2014072316h33m08s239


第2問 この仲間はリフティングが3回以上できるか○か×か?

Vlcsnap2014072316h35m31s142

Vlcsnap2014072316h33m22s140


第3問 この仲間は手を使わずにおでこに乗せたお菓子を30秒以内に食べられるか○か×か?

Vlcsnap2014072316h38m10s154


また、借り物競争でもお題ができそうな人を連れてきてもらい実際にやってもらう。

お題 10回その場で回って30秒立っていられる人。

Vlcsnap2014072915h32m31s47


お題 支えなしで逆立ち10秒できる人。

Vlcsnap2014072316h46m35s106

Vlcsnap2014072915h23m15s137


など、盛り上がり皆大爆笑しました。










2014年8月 4日 (月)

見入る技術「青年技能競技大会」

8月3日、東京都連第28回青年技能競技大会を開催し、選手13人(うち東京土建は11人)が協議課題「四方転び踏み台」製作で技術を競いあいました。

東京土建青年部は東京都連青年協議会(土建、ユニオン、東建従、南建などの青年部)から、大会運営補佐員として協力しました。


作業手順は、①原寸図の製作、②部材の木削り、③墨付け、④加工仕上げ、⑤組み立ての順番で行ないます。

Img_2465


原寸図の政策では、デカイ三角定規、さしがね(L字の定規)、コンパスなどを使い、A0版ケント紙(110×80)に書き込みます。

Img_2467


原寸図も審査対象で、終わった選手から審査員へ提出します。
で、別室で審査。


次は木削り→墨付け→加工です。
木を削るカンナもたくさんあり、手でさわり、目でみて確認しています。

Img_2478

Img_2521

Img_2516

Img_2552



のみもたくさんの種類があります。
釘を使わずに組み立てる「ほぞ(棒)」と「ほぞ穴(穴)」です。
まさに見入ってしまう技術に感動。

Img_2563

Img_2565

Img_2571

Img_2574

Img_2625



そして組み立てです。

Img_2588

Img_2602

Img_2611



組み立て後に最後の仕上げ。ホゾが出っ張ったところも、なめらかになるまで何度もカンナかけ。

Img_2630


仕上がったところはスベスベでした。

Img_2626


そして、組み上がった「四方転び踏み台」は審査へ。
角度、長さ、足の幅などミリ単位で審査されました。

審査の結果、

金賞 氏平達也さん(東京土建江戸川支部・大工)
銀賞 赤井立矢さん(東京土建江戸川支部・大工)
銅賞 柴田輝実さん(東京土建村山大和支部・建具)

が受賞しました。選手のみなさんお疲れ様でした。

最後は記念撮影です。

Img_2650



青年部も補佐員として奮闘しました。こちらもお疲れ様でした。

Img_2639












































« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

SNS

  • facebook