2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

「理想の旗を掲げた海賊になれ」と都連青協学習会

9月29日、都連青協「第13回青年後継者対策研修会」に6組合(東京土建、ユニオン、東建従、東京建設など)43人の仲間が参加しました。


Img_3001

午前、新建ハウジング代表の三浦社長より「住宅業界の動向と展望」の講演をうけました。

①「大手」ハウスメーカーとよぶのはやめ、「量産」ハウスメーカーとよぼう。
②理想の旗を掲げた海賊になれ
③住宅市場は中古住宅へシフトする
④東京ではオリンピックまでは仕事がある
⑤自信を持って仕事をしよう
など。参加した仲間からは「夢が持てた」と好評でした。また、「新建ハウジングで技能大会を取材・掲載して」と要望もありました。


午後、松岡全建総連賃対部長より「社会保険未加入問題と標準見積書」について学習を行ないました。千葉土建の仲間が40%増で見積もりをかちとった一方で、「まだまだ運動が必要だ。標準見積書で請求運動を広げていこう」と学習意思統一しました。


東京土建から参加した高橋日野支部青年部長は、「オリンピック以降も仕事が途絶えないように技術を高め、提案もできるようになりたい」と感想・決意がありました。

Img_3006

2014年9月26日 (金)

西東京が同時加入 ブイブイやって30人

拡大月間も中盤になり各支部奮闘が広がっています。

また昨日は本部集約日。四役から支部へ激励の電話を行ないました。

20140926no3
PDFはこちら→「20140926newsNO3.pdf」をダウンロード


中間決起の報告もあり、楽しみながら拡大行動が進んでいます。

2014年9月25日 (木)

あなたに「ど」ストライクと行動始動 推進ニュースNO2

ちゃくちゃくと拡大行動が広がっています。

で、拡大推進ニュースNO2です。

20140925no2
PDFはこちら→「20140925newsNO2.pdf」をダウンロード


9月も後半です。

この行動で新たな仲間を迎えましょう。

2014年9月19日 (金)

復興支援ニュース 青年部機関紙「うで自慢」No186

9月13日~14日に開催した復興支援住宅デーを機関紙で紹介します。

東京土建青年部の機関紙「うで自慢」。季刊発行をめぜし今季2回目の186号です。

18620140919_4
18620140919_3
PDFはこちらから→「udejiman20140919no186.pdf」をダウンロード



2014年9月18日 (木)

僕やっちゃう 仲間をふやすぞと推進ニュース①

仲間をふやすぞ拡大月間2次行動です。

全支部で新たな仲間をむかえ目標達成できるようガンガンいきましょう。

20140918no1

9月7日に開催した活動者会議では初参加の仲間も多く、分散会の感想では、「こんなにまじめに仕事・生活の話をしている人たちをはじめて見た」と感激していました。

その後の懇親会では、皆が「仲間をふやそう」と意思統一。

さぁ~、楽しみながら仲間をふやしましょう。

2014年9月17日 (水)

会津若松仮設住宅へ26人で復興支援

9月13日(土)~14日(日)青年部は福島県会津若松扇町1号公園仮設住宅で5支部(世田谷、調布、府中国立、小平、東村山)26人が参加し復興支援住宅デーを行ないました。

P9140145


1日目は福島県沿岸部を見学。Jビレッジで「生業を返せ」原告団の菅家さんにガイドをお願いし、津波被害の跡が残る「富岡駅」、はじめて非難するために集められた「夜ノ森公園」、そして海に突き出して建設されている「福島第二原発」を見学しました。


P9130011

P9130015

P9130017

Vlcsnap2014091714h35m45s23_2


津波・原発被害を学習後、会津若松仮設住宅へ。

仮設住宅の塚本会長より、震災着後から現在までの話を伺いました。

1次避難では、原発の状況を知らされず「明日には帰れるだろう」と何も持たずに公園に集合。そこから小学校やホテルなど避難場所を変え、4回目の避難先として仮設住宅へ。はじめ、支援物資も届かないときは毛布1枚に3人でくるまって寝たこともあったといいます。


P9130023


その後、仮設住宅の見学を行ないました。

P9130033

P9130040


仮設住宅は、玄関→四畳半→6畳となっていて、四畳半の部屋が通路となり使いづらいと現状を話してくれました。



2日目は8時から設営。10時から全体で意思統一して「復興支援住宅デー」を開始しました。

P9140059


住宅デーでは、木工教室(イス、本棚、銅版)、やきそば、やきとり、大判焼き、フランクフルト、かき氷、ポップコーンを実施。会長が事前にチラシ配りや掲示板にも貼ってくれたおかげで、スタートから大盛況になりました。

10609655_284171538442845_1137995142

P9140065

P9140080

P9140076

P9140077

P9140086

P9140092

P9140106

P9140108

P9140109

P9140115

P9140122

P9140129


終了後、会長から「震災当初は支援の人も多かったが最近はこなくなった。若いみなさんがきてくれて元気をもらえた」と感想をもらい、参加いただいた方も笑顔になってもらった復興支援デーを開催することができました。


P9140145_2

2014年9月11日 (木)

やっちゃう拡大!仲間はいいな!と活動者会議

9月7日(日)青年部活動者会議を開催し23支部65人が参加しました。

P9070034

P9070018


今回の議長は安藤執行委員(北)、栄執行委員(調布)の2人。2人ともはじめての議長でしたが、立派に運営しました。



開催あいさつを行なった山川副部長は「『すき家』などブラック企業の利益追求の経営で労働者が苦しめられている。今こそ労働組合が必要だ」と訴えました。

基調報告では、サマキャン動画、支部・ブロックのとりくみ報告、仲間をふやそう意思統一、復興支援参加確保、他産業の仲間と共闘運動など提案議論。

支部経験報告は板橋と中野。その後、原水爆禁止世界大会・広島に参加した3人から報告を受けました。

P9070049

P9070051

P9070061


3人の報告をきいて、「来年の長崎大会に参加したい」「戦争について考えないと」など積極的な感想が多くありました。


午後は分散会。仕事、遊びがテーマ。
仲間の仕事状況では、「技術を教えてもらう時間がないので、とにかくやってみて、違ってたら先輩が怒る。怒られて覚えるようにしている」との発言に皆拍手。また、19歳初参加の仲間の感想では、「仕事や生活について本気で考えている人たちをはじめて見た」と感動でした。

P9070097

P9070103

P9070070

P9070108

P9070120

P9070106

P9070124


参加したみんなが発言する分散会はいつも盛り上がり時間が足りないのが現状です。


分散会後は、全体会場に戻り、分散会でどのようなことを話したか報告です。

P9070143


分散会報告は、初参加の仲間が指名されることが多い。そんな仲間の雄姿を動画で抑える仲間も。

P9070156


そして報告後は盛大な拍手です。

P9070138


仲間のやさしさに触れた活動者会議でした。もちろん月間目標達成しようと団結がんばろうで閉会。その後、懇親会でさらに交流しました。

2014年9月 5日 (金)

2014笑顔いっぱいサマーキャンプ【動画】

2014年サマーキャンプの動画ができました。

写真もいいけど動画もいいです。

Photo


2014サマキャンは「ここ」から(音楽なし)。


過去動画はこちらから→2013サマキャンは「ここ」から。

2014年9月 2日 (火)

仲間ふやし僕らがやります 2014年秋の拡大月間スタート

9月1日、京王プラザで行なった2014年秋の拡大本部出陣式。

「仲間ふやし運動 僕らがやります」と本・支部を代表した部員10人が登壇しました。

Dsc_0414


決意表明を行なった青年部長は「仕事があっても単価が安い。今こそ賃上げのチャンス。仲間をふやして要求実現しよう」と訴えました。

また、建設業界や他産業で働く仲間のためにも「ブラック企業は許さない」とブラック企業殲滅を訴え、目標達成めざし「がんばろう」を行ないました。



また、豊島支部は、8月30日池袋東武16階ビアホールで16人が集まり拡大出陣式を開催。事業所の仲間の参加もあり盛り上がりました。

Photo




« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

SNS

  • facebook