2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

ラスト1日!!!最後の奮闘でドラマを作ろう

 青年部拡大に尽力されたみなさん、大変お疲れさまです。
 昨日も各支部で拡大行動が取り組まれ、品川支部では電話掛けで達成を迎えるなど、4支部が結果を出し、トータル33支部が支部目標達成の到達となりました。
20181031no11
 泣いても笑っても拡大月間は残り1日。
 仲間のみなさん、すでに全都の年間目標はみなさんの活躍により超過達成です。
 さあ、あとは全支部達成!
 青年部結成60周年式典を控えた歴史的な秋の月間、全都の仲間の頑張りで最高のドラマをつくっていこう。
 【つづく】
 
 

2018年10月30日 (火)

残り2日!!29支部が目標を達成

 2018年・青年部秋の拡大月間もあとわずか。
 最終盤のさなか、支部の奮闘が次々と報告され「達成させたい」意欲がビシビシと伝わってきています。
 今回の10号目の推進ニュースでは本部目標超過を全面にして、直近の支部の成果状況&今後の動きや拡大に向けた意欲を紹介。
20181030no10 ニュースにもありますが、今日の行動で目標達成を目指している支部も多くあります。これぞ青年部の底力。
 
 今までの努力が徒労に終わらぬよう、最後の最後の奮闘で全支部達成を目指そうぜ!
 
 

2018年10月29日 (月)

残り3日!やろうぜ全支部達成

 月間も最終盤に突入、現在36支部中24支部が目標達成の到達です。
 
 仲間の奮闘を伝える拡大推進ニュースでは、この間活発に行動をおこなっている杉並支部の取り組みを紹介しています。杉並支部・青年部は春の月間で早期に本部の年間目標を達成、さらに秋の月間ではその手を緩めることなく支部独自の目標を設定し青年部拡大と仲間の結集の両面で突き進んでいます。
 
 考えてみればあと3日間ある!
 
 全支部達成もまだ狙える!
 
 仲間の奮闘を力に変えて、最後まであきらめずに仲間づくりをやりきろう !20181029no9
 
 

2018年10月25日 (木)

残りSeven Days!

 みなさん大変お疲れさまです。
 
 拡大月間は今日を入れてあと一週間。
 
 この間、今までがんばってきたみなさんの活動の成果が続々と報告されています。
 
 そしてついに本日、本部目標100%を超えました。
 
 この到達は紛れもなく各支部の青年部員、また支えてくれた役員さんや書記局のみなさんの努力のたまものです。
 
 
 
 今回の拡大推進ニュースではこの間報告のあった支部の奮闘の様子を伝えています。
 
 タイトル通り「新しい誰かと出会うために」、残りの一週間を仲間の力を結集させて最後の最後までともに頑張りましょう。
 
 
20181025no8
 

2018年10月24日 (水)

残り8日間!

 秋の拡大月間も残すところ今日を入れてあと8日間。各支部では対象者訪問や分会センター訪問が実施され成果がぞくぞくと報告されています。
 
 今回の拡大推進ニュースでは大田支部・葛飾支部の活動の様子などを紹介しています。地道な活動が仲間づくりにつながります。多くの支部では今日・明日が行動日です。全支部達成に向けてがんばろう!
20181022no7

2018年10月19日 (金)

地上の星

 平成年号最後の「秋の拡大月間」も終盤戦に突入、青年部員を増やす取り組みをすすめながら同時に青年部への結集&継続参加を目指して各支部が奮闘中です。
 
 今回の推進ニュースでは、墨田支部青年部が一人でも多くの活動参加者を増やそうと皆で意思統一して取り組み、活動参加者が一人また一人と増えていった経験と現在の活動の様子を掲載しています。
 
 青年部の楽しさを全面に押し出し「参加したい」と思わせる青年部の姿勢は、その後の青年部の組織確立や活動の活性化に直結します。他支部の経験に学び、楽しい青年部をつくるため失敗を恐れず果敢に挑戦をし続けよう!20181018no6

2018年10月18日 (木)

イベントを通じて青年部に結集しよう

 拡大月間も残すところあと半月を切りました。
 推進ニュースでは品川支部の経験を掲載、イベントをただ取り組むだけでなくそこで繋がりを作ってその後の部会などの結集に結び付けた教訓です。
 支部では現在、新歓や交流会、スポレクなどのイベントの告知を対話の材料として訪問行動を実践しています。拡大月間中はそのような企画周知も兼ねた対象者訪問等で部員拡大につなげ、さらにイベント当日に働き掛けを意識的におこないその後の青年部結集につなげていこう♪20181017no5

2018年10月16日 (火)

青年部半端ないって!

 朝晩がめっきり寒くなってきました。乾燥のためかのども痛くなることもあります。上着を着ようかどうか悩む今日この頃…。季節の変わり目の時期、みなさんも体調管理をしっかりして風邪などひかないように元気に行動していきましょう~。
 
 さて、行動と言えば今は拡大運動の真っ只中です。この厳しい拡大運動において攻勢的な行動をおこなっている狛江支部青年部の経験を推進ニュースで紹介しています。寒暖の差に負けず行動のチャンスを逃さず旺盛な行動で仲間づくりをすすめていきましょう。 
201801012no4

2018年10月12日 (金)

支部の中間決起集会に参加しました

 さる9月30日、練馬支部でおこなった中間決起集会に参加、当初は全世代型交流の場として建設職人フェスタを計画・準備をしていましたが台風24号接近のため急きょ支部会館での開催となりました。さまざまな企画がなくなったことは残念でしたが、フェスタで出店を予定していた主婦の会や石神井分会が飲食を用意して169人の参加者を盛り上げました。
 
 分会からはやりきると前向きな決意表明、後継者対策部はおそろいのオリジナルTシャツで仲良く活動をアピール、青年部は歓談のなかで分会の部員とも接点づくりをおこないながら部長から元気よく月間の意気込みを訴えるなどさまざまな組織づくりの前進を実感。
 
 分会も後継者対策部も、もちろん青年部も一丸となって10月拡大運動への意思統一ができた集会となりました。Photo

2018年10月11日 (木)

ブロックで結束しよう

 拡大月間も後半戦、達成支部は現在8支部の到達です(10/10現在)。
 
 タイトルにもある「ブロック」とは全都を9つの地域で分けたもので、このブロック・3~6支部の結集を足掛かりにして①本部・執行委員の補足をおこなう②支部間の交流をおこなう③結集が困難な支部を助ける、ことを目的に青年部での取り組みをすすめているところです。
 それぞれのブロックで年平均4~5回の頻度で会議がおこなわれいるほか、学習会やレクリエーション活動なども企画・実施され旺盛な交流のなかで他支部のすぐれた教訓を共有しています。
 多摩北ブロックの仲間が企画・運営をおこなった「サマーキャンプ」を今回の拡大推進ニュースで紹介しています。雨が続いた9月、仕事のずれ込み等で参加者確保に課題はあったものの、一泊キャンプを通じて様々な企画をおこない、参加者からは「時間がたくさんとれたことで大いに交流がおこなわれた」との感想がありました。
 
 支部が困難なときこそブロックの仲間とともに活動をおこない、他支部の部員達と影響しあって仲間づくり・拡大運動を推進させていきましょう!201801010no3
 

2018年10月10日 (水)

主婦の会も元気!

 本部主婦の会の中間決起集会に参加させていただきました(9月26日)。
 主婦の会のみなさんも青年部に負けず劣らず元気いっぱい、月間に向けた決意表明を楽しくおこない交流を深めました。
 
 ある方から「うちの息子がいつもお世話になっています」と言われびっくり!!よく知っている青年部役員のお母さんにもお会いすることができました。お声を掛けていただきありがとうございます。
 
 それぞれの専門部・個別組織での結束はもちろん重要。さらに発展して、層の厚い全世代が組合運動をおこなうことで、それぞれの役割を発揮して大きな力が生まれるのだと思います。今後もあらゆる機会で組合の仲間や主婦の会のみなさんとも助け合いながら明るく元気に活動を前進させていきましょう♪Photo

2018年10月 9日 (火)

9・28青年部担当書記会議で月間に向けた意思統一

 担当書記会議は29人の参加で開催、青年部の現状や課題、秋の月間と周年事業の成功に向けた提起をおこなったほか、分散会では各支部のすぐれた教訓と課題を共有。
 参加者からは「失敗を恐れず活動をしたい」「組合とは何かをあらためて伝える必要性を感じた」など前向きな感想をもらいました。
 
 担当書記と青年部員が一緒の方向を向くことで組合活動がすすみます。11月に迫る青年部結成60周年の取り組みを支部青年部発展の足掛かりとして、新たな活動家づくりや青年部再建など支部独自課題の克服へ向け支部青年部一丸となって秋の拡大月間の取り組みをおこなおう。Photo

2018年10月 5日 (金)

組合全体で仲間づくりをすすめよう

 秋の拡大も折り返し地点、各支部の青年部拡大がすすんでいます。
 
 全都の仲間の奮闘を伝える推進ニュースでは西多摩支部青年部の様子を掲載。青年部が組合役員に青年部の状況と人集め・活動協力の訴え・対話をしたことから組合全体が青年部を支えようという構えの構築がされた経験です。
 
 青年部が支部・分会と積極的に関わりを持つことで、組合機関も未来の建設産業や組合活動の”担い手”である青年部への理解につながります。青年を含める組合全体が互いを理解し合い一体になることは悪政を跳ね返す力として不可欠な要素です。
 
 ベテランの先輩方も青年時代は誰でも経験してきました。世代のギャップを恐れず話せば気のいいお兄さん、お姉さん、お父さん(!?)達です。旺盛に関わり合いを持ち、全世代での運動前進の展望をしよう。   
20181004no2

2018年10月 4日 (木)

青年部拡大集約~全都の奮闘の報告される!

 9月27日は青年部拡大集約日 = 本部四役から各支部青年部へ拡大の激励の電話掛けをおこないました。
 
 電話のなかで「支部では11月の周年記念式典の参加確保をしている」「これまでに部員拡大成果が3人、その後の青年部会にも参加している」「部会で対象者リストの確認や部員の結集に向けてレクを計画中、目標は必ずやりきります」「今まさに青年部は訪問行動中~!」など、活発な活動の様子が報告されました。現在7支部が部員拡大達成の到達です。
 
 各支部青年部のみなさん、お忙しいなか電話対応ありがとうございました!
 
 残る10月を全支部達成の笑顔で迎えられるよう、全都の仲間とともに頑張りましょう!!
 Photo
 

2018年10月 2日 (火)

青年部周年事業に向けた実行委員会を開催

 今年は本部青年部結成60年です。
 青年部60周年事業は、全支部青年部の組織強化と再建、青年運動の発展につなげる契機として位置付けています。この周年事業の構成としては、①式典・レセプションの企画・運営、②記念グッズ作成、③記念誌作成の3つを柱として話し合いをすすめています。
 
 実行委員会は今年に入って3回開催、支部選出の実行委員は周年事業の成功に向けて奮闘しています。
 9月25日におこなった実行委員会では、主に記念グッズのタオルやピンバッジのデザインの確定や記念誌の内容について討議をおこないました。参加支部からは「新たな青年組合員が部会に参加した」「青年部レクで新たな部員らと楽しく交流をおこなった」など活発な活動が報告されました。
 
 現在、11月開催の式典に向けて青年部員参加の声掛けが各支部ですすめられているところです。
 60周年の記念の年、先輩方が築いた歴史を後世に引き継ぐ青年部最大のセレモニーとして成功を目指す取り組みを全支部一丸となってすすめていきます。

Photo_3

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

SNS

  • facebook