2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

集会

2018年11月 6日 (火)

労働組合に加入しよう ~新宿で宣伝行動~

 11月4日(日)新宿駅で都内の労働組合青年部のメンバーが結集、今年で5年目となる青年部大宣伝行動をおこないました。全体参加は約80人、東京土建青年部は20人でした。
 
 当日は時折雨の降るあいにくの天気でしたが、「8時間働けば暮らせる賃金を」などのプラカードを持って元気よくアピール。場所的に若い方が多く歩いているおかげなのか、労働組合紹介などのチラシを折り込んだティッシュは、昨年西口でおこなった取り組みと比べて倍近く配布することができました。
 また労働相談コーナーでは「雇止め」「有給が使えない」など若者の切実な相談が相次ぎました。
 
 各組合の代表がおこなったリレートークでは、東京土建青年部の栄書記長がマイクを握って建設労働者の現状を報告、「若者が団結するチャンスは労働組合にある」と訴えました。
Photo

2016年11月 9日 (水)

オスプレイ配備撤回を求める院内集会

 117()衆議院第2議員会館にて『沖縄と連帯、オスプレイの低空訓練に反対し配備撤回を求める院内集会』に10団体、90人が参加しました。

 

 オスプレイは墜落の危険が高くエンジン・フィルターにも重大な欠陥があることを認識していながら日本での運用・配備をすすめている現状のほか、そのオスプレイを配備する狙いやアメリカの対テロ戦争において空中給油を可能にしていく想定があることが話されました。特に事故率の面では、当初防衛庁が「(オスプレイが)飛行すればするほど事故率は下がる」と説明していましたが配備以降は1.93(2012年5月)から3.69(2016年1月)へ倍増、墜落と事故を繰り返すまさしく『空飛ぶ棺桶』です。

 

 未来の建設産業従事者が二度と戦争に加担しないためにも、オスプレイの危険性の周知をすすめていきます。Photo

SNS

  • facebook